病理医アスカの憂鬱。

最近、病理の女医さんである、アスカ先生と、食堂でこんな話をしました。

アスカ「病理医になる人って、すごく少ないのね」

ユウ「はい」

アスカ「でもそんな中、最近、後輩のドクターが入ってきたのよ」

ユウ「あ、良かったですね」

アスカ「でもね」

その病理医の、恐るべき発言とは!?

 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。
今夜はメルマガから、心理学とまったく関係ない話をお届けします。

 

アスカ「でもね」

ユウ「はい…」 

アスカ「実は病理って、忙しいときも多いんだけど、たまにすごくヒマなときもあるの」

ユウ「はい」

アスカ「そしたら、その後輩くん、ニンテンドーDSをやり始めたのね」

ユウ「…はい」

アスカ「そのときのゲームが、『大人力検定』って言うんだけど」

ユウ「あぁ、大人としての振る舞いを鍛える、っていうゲームですよね」

アスカ「そう。そしたら、しばらくプレイしたあと、その後輩くんが、嬉しそうに私にゲーム画面を見せて、こう言ったの」

ユウ「…何ですか?」

アスカ「………」

ユウ「………」

アスカ「『大人力、上がりましたーー!』」

ユウ「………」

アスカ「………」

ユウ「………」

アスカ「仕事中にDSしてる時点で、大人力、下がってるから」

心から同感です。

アスカ「大人は大人でも、ダメな大人に近づいてるから」

心底、同意します。

 

アスカ「他にも彼、DSで色んなゲームしてるんだけど」

ユウ「はい」

アスカ「『脳トレ』も、やってたことがあって」

ユウ「あぁ…」

アスカ「プレイするたびに、『うはー! また頭が良くなってるー!』
とか、興奮して叫んでるの」

ユウ「………」

アスカ「その姿見てると、どう考えても頭、悪くなってるのね」

恐ろしく同感です。

アスカ「あと、ユウくんからもらった『DSセラピー』、今は彼がやってるんだけどね」

ユウ「…はい」

アスカ「あれって、レベルが上がると、心の広さがアップするじゃない?」

ユウ「そうですね」

アスカ「でも一回、他の人がそのデータを消しちゃったときがあって、

『せっかく心の広さが「宇宙レベル」になったのに、どうしてくれるんですかー!』

って、本気で怒ってるのよ」

ユウ「………」

アスカ「ぜんぜん心、広くなってないのね」

涙が出るほどに同感です。

アスカ「あとね」

ユウ「まだ、あるんですか」

アスカ「最近、記憶力を鍛えるゲームを買ったらしいんだけど」

ユウ「はい」

アスカ「あるとき、医局でゴソゴソやってて」

ユウ「………」

アスカ「『記憶力を鍛えるゲーム、どこにありましたっけ?』」

ユウ「………」

アスカ「ぜんぜん記憶力、鍛えられてないのね」

切ないほどに同感です。

 

アスカ「ダメでしょ?」

ユウ「泣ける先生ですね…」

アスカ「DSって、『ダメ先生』の略なんじゃないかって本気で思うわ」

それ、言い過ぎです。

アスカ「………」

ユウ「………」

しばらくの沈黙のあと、アスカ先生は、言いました。

アスカ「当分、病理は人材不足に悩むと思う」

言っちゃいました。

色々と切なくなりつつも、食堂をあとにした僕たちでした。

???????????????????????????????????
◆ 今回のまとめ。
???????????????????????????????????

○ 人生、矛盾しないように気をつけましょう。

 

というわけで、セクシーどころか心理学ですらない今回の話。

忙しくなる12月に、ちょっとした息抜きとしてお考えいただければ幸いです。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA