そうだ、ドイツに行こう。

あなたはこれが、何の略か分かりますでしょうか。
WOS
分かった方は素敵すぎます。

こんばんは。ゆうきゆうです。

本日はドイツに行ったときの話をほんの少し。

ドイツって、本当にスゴイ街なんです。

 

たとえば、フランクフルトという都市。

日本では誰でもがソーセージを思い浮かべる都市ですが、現実のフランクフルトでは、
正直あまりソーセージは売ってません。

空港のある都市で、海外からの旅客機の多くは、ここに降り立ちます。

ある意味、中心都市の一つです。

このフランクフルト。

中央駅の周囲には、こんな施設が普通に建っています。

あまりにそのまんま過ぎるので、モザイクをかけました。

自分でも、モザイクの意味0だと思います。

その下にも、なんだか読んだ瞬間後悔する看板があります。

ドイツの人、もう少し隠すということを学んだ方がいいと思います。

こういう看板が、普通に!

街のど真ん中に、パン屋さんやホテルと同じように建っているのです。

駅から徒歩2分です。

さらに他にも、こんな建物が。

パレス、て。

中は普通にそういうグッズのショップでした。

というか「★★★★★」には何の意味があるのか。

五つ星だと言いたいのでしょうか。

 

ちなみにここ、普通に周囲は家が建ち並んでいる場所です。

フランクフルト中央駅から徒歩1分です。目の前です。迷いようがありません。

ドイツ人、スゴイです。

ちなみにモザイクがかかっているのは友人です。
彼のビジュアルも放送禁止とか、そういうことではありませんのでご安心ください。

でも結果的な扱いとしては、最初の写真の「E」と同じです。ごめん。

さらにキャバレーと書いてある場所には、こんな看板が。

明らかにジャパニーズ・アニメです。

微妙にあのキャラでは?と思うキャラの名前があがるのですが、そのキャラと自分の名誉のために
口に出すのは控えさせていただきます。

そして。

自分なりに、極めつけだったのが、こちらです。

WOSは「world of s○x」の略でした。

一瞬、「え、WOSって何だろう?」と思って近づいて、あまりにもそのまんますぎる略を知ったときのあの切なさ。

 

ドイツでも1・2位を争う切な場所だと思います。

 

ていうか略す意味がまったくもって分かりません。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

決してこういう目的で行ったわけでなくても、それでも写真を撮りたくなるほど
こういう看板があふれかえる街、フランクフルト。

ドイツと戦争をしたら勝てる気がしません。こういう方面的な意味で。

 

ドイツに行くと、自分もセクシー心理学というジャンルをもっと堂々と歩んでいく勇気をもらえる
ような気がします。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA