外国人なの?日本人なの?

ゆうくろ

あなたは、外国人か日本人か分からない人がいたら、どんな行動をしますか?

今夜はその行動を前にして、ある女医さんが起こした恐るべき行動をお送りいたします。

マヤ「突然だけど、聞いてくれる? 」

ユウ「は?」

先生のこの言葉は、クエスチョンではありません。強制です。

ユウ「なんでしょうか?」

マヤ「私、いつも朝に公園を歩いてきてるんだけどね」

ユウ「はい」

マヤ「そこに、毎朝ジョギングをしてる中年男性がいるのよ」

ユウ「はい」

マヤ「その人、すごく色が黒くて。同時に、サングラスかけてるの」

ユウ「はい」

マヤ「それで、黒人なのかな? と思って見てるんだけど、なんか日に焼けた日本人ぽくもあるの」

ユウ「ほほう」

マヤ「どっちだと思う? 」

えっと。

今までの情報から、どうやって分かれというのか。

僕は心から、魂の雄叫びを上げます。

ユウ「………」

マヤ「早く」

ユウ「………に、日本の公園なんですよね?」

マヤ「私が毎朝、ニューヨークのセントラルパークやイギリスのハイドパークを歩いて通ってると思うの?」

先生の背後から威圧感が漂ってきます。

質問一つたりとも気を抜けません。

ユウ「…だ、だったら、日本人じゃないんですか?」

マヤ「でもなんか、動きが外国人ぽいの。日本人にはないキレがあるのよ。腰のフリとか

その人がどんな走り方をしているのか、非常に気になります。

ユウ「じゃあ、黒人さんなんじゃないですか?」

すると、先生は言いました。

マヤ「でもね、その人、イヤホンしてるの。音楽聴きながら走ってるのね」

ユウ「はい」

マヤ「その音がものすごく大きくてね」

ユウ「はい」

マヤ「耳を澄ましたら、『箱根八里の半次郎』だったの

どんだけマニアな選曲ですか。

というか、先生はなぜそれを知っているのか。

マヤ「となると、日本人にも思えるのよ

外国人が聞いてもいいじゃないですか。

僕は心からそう思いつつも、そう言うことはできません。

ユウ「…どっちでしょうねぇ」

マヤ「だから、聞いてるんだけど

なぜ、僕に聞くんですか。

ユウ「思うに、本人に聞くとか…」

マヤ「うん」

ユウ「まぁ、それができたら、苦労しないで…」

マヤ「だから、聞いたの

えー!

ユウ「………なんて?」

マヤ「聞きたい?」

ユウ「はい」

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「メイ・アイ・ヘルプ・ユー? 」

明らかに質問を間違えてると思います。

ていうか、確実に助けを必要としているのはこっちだと思います。
(あらゆる意味で)

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「そしたらね」

ユウ「そしたら?」

マヤ「相手は驚いて、『ノ、ノー…!』って去ってった

当然の反応ですよね。

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「結局、どっちか分からなかった

120%、質問のせいです。

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「で、どっちだと思う? 」

自信を持って、分かりません。

マヤ「明日は単刀直入に、聞いてみようかしら」

ユウ「………なんて?」

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「日本人、デスカー!? 」

だから、どっちにたいしても不自然な言語はやめてください。

日本の国際化はまだまだ遠いのではないかと思いつつも、みなさまここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA