GEISAIという、切なくもステキなイベントに行ってきました。

GEISAIという、激しく不思議なイベントに行ってきました。

 

こんばんは。ゆうきです。いつもお世話になっております。

さてあなたは、GEISAIというものをご存じでしょうか。

 

それは、先月のことでした。

僕の友人の精神科医に、「さと」くんという人物がいます。

まぁ、激しく色々とステキな方で、色々と人生を謳歌している人なんですが。

 

彼がつい最近、こんなコトを言いました。

 

さと「今度、GEISAIに出るんだ」

ユウ「………は?」

さと「だから今度、GEISAIに出るんだ」

ユウ「ゲイサイ?」

さと「うん。ゲイサイ」

ユウ「ゲイのお祭り?」

さと「違うから」

即答でした。

ゲイサイ。

ひと言で言うと、芸術のお祭りなのだそうです。

 

色々な人が、さまざまなアートを作り、それを展示販売するお祭りだそうです。

ユウ「あぁ、アートのコミケみたいな?」

さと「激しくイヤなたとえだけど、そんな感じ」

ユウ「え、出るの?」

さと「うん。出る」

ユウ「というか、じゃあ先生もアート、やるの?」

さと「やり始めた」

 

あぁ、即席。

たった今できました、的な。

 

ユウ「ちなみに参加ってどうするの?」

さと「ブースを買う」

ユウ「買う? いくら?」

さと「○○○円」

 

結構な額でした。

普通に海外旅行とか余裕でできそうな額でした。

さと「まぁ、その額で売れたら、トントンだし!」

売れるんだろうか、それは。

 

僕は非常に切なくなりつつも、とにかくその会場に向かいました。

 

会場は、意外にたくさんの人がいました。

コンセプトとして「芸術大学の学園祭」なのだそうです。

 

うん。

ひと言で言えば、「何でもアリ」みたいです。

 

さと「あー! こっちこっちー!」

彼に連れられて、彼のブースに向かいます。

 

そこで、一番に目に飛び込んできたのは、コレでした。

 

 

ユウ「………」

さと「………」

 

ユウ「え、パンダ?」

さと「そうも見えるかな」

 

そうとしか見えません。

 

ユウ「タイトルは?」

 

さと「………」

ユウ「………」

さと「白と黒の愛情」

 

今考えたよね、それ。明らかに今考えたよね。

 

ていうかなんかもう、タイトルというより、「大喜利」みたいになってきました。

これにタイトルをつけるなら、みたいな。

ちなみに他にも、こんな絵が並んでいました。

 

ユウ「………」

さと「………」

 

ユウ「え、順列組み合わせ?」

さと「え、どこが?」

とりあえず、自分の率直な感想でした。

 

ユウ「制作時間は?」

さと「一枚、1時間」

 

だよね。だよね。

 

さらにテーブルには、こんな絵が。

 

ユウ「………」

さと「………」

 

ユウ「100-7ってどういうこと?」

さと「ほら、認知症のテストの」

 

ユウ「………」

さと「………」

 

ユウ「え、芸術?」

さと「たぶん」

 

芸術って、言ったモン勝ちだな、と思いました。

 

ちなみに地面には、こんな説明文が書いてありました。

 

ユウ「天の地?」

さと「うん」

ユウ「どういう意味?」

 

さと「分からない」

 

本人が投げた。

 

ちなみに彼のプロフィール。

「毎週のように世界のどこかに旅に出ている」と書いてありました。

 

ユウ「………」

さと「………」

ユウ「え、毎週世界旅行してるの?」

 

さと「近くの裏山でも、そのあたりの公園でも、世界のどこかだから」

 

ウソはついてない、と思いました。

 

さと「さて、じゃあ、他のブースも、見に行ってみる?」

ユウ「え、自分のブースにいなくていいの?」

さと「もう、飽きたから」

飽きたんだ。

さと「どうせ売れないし」

売れないんだ。

 

そして僕たちは、切ない気持ちを抱えつつ、他のブースを見に行くことにしました。

 

そこで見た、さらに気持ちが切なくなるアートとは!?

次回更新をお待ち下さいませ。

二人でパチリ。


コメント

  1. ピカ丸 より:

    やばいwwwwww 何か面白そうwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

  2. 水まんじゅう より:

    パンダかわいい^^
    『世界のどこかだから』
    名言だと思いましたw

  3. まあ より:

    他のブースのレベルが気になりますw

  4. 99式神話 より:

    素敵なイベントと聞いて、芸術じゃなくて「ゲイ」の方かと勘違いしてしまいました。ちなみに言い訳の仕方がとっても素敵な方ですね。

  5. より:

    芸術は言った者勝ちですよね~!
    何か創ってみます?

  6. より:

    ゲイ術的な発言にバストが…

  7. wara より:

    先生って、「切ないもの」大好きですよねぇ~

  8. わたし より:

    上野の芸大の卒業生さんは
    卒業作品のひとつとして
    自画像を描くそうです。

    昨年秋の展示では、歴代の作品がずらっと並んでて
    有名どこの学生時代の作品なんかもあり
    見ごたえあるもんだったです。

    年を追うごとに、最近になるに従い
    自画像なはずなのに、テープレコーダーのテープがくちゃくちゃに飛び出てやつ
    とかが「わたし」ってなってました!

  9. pochi より:

    芸術はいったもの勝ち。といいますか^^!

    ピカソを見て「おれにもかける」とか
    いう方も、たくさんいるでしょうし。

    岡本タローさんの時代から
    ずいぶんな月日が(失われた10年含め)
    たちましたが。。。。
    この記事を見て新しい時代を感じます。

    精神科医のかたは現代美術のコレクターが多いといいますし、
    フロイトさんも後期にそっち方向へ興味があったとか、ユングさんも
    アート作品を残しているとか、
    オタク、とか ジャパニーズアニメーション 関連の高額な現代美術作品もあります。

    おもわず熱く語ってしまってあれなのですが、
    美術ファンとしても
    ネットの「や○らか戦車」とか
    先生の「バスト」とか
    私の中では同列に、今世紀のお宝です♪

  10. もる より:

    自室で一人声を殺して笑ってしまいましたw
    「くっくっくっw」

    さと先生、素敵ですww

  11. KAKERU より:

    まあ、芸(ゲイ)のお祭りって、間違いではないですよね。
    それにしても、ゆう先生の周りってすごい人がいますよね。

  12. より:

    最後の画像が韓国ちっくぅ♪
    センセ最高!

  13. naru より:

    「毎週世界旅行」
    確かにその通りですね(笑)

    私女なのですが・・
    前回の予告の某女優さんのファンなので
    レポート楽しみにしてます♪

  14. ハンク より:

    ゆう先生と全く同じ事を考えてしまいました。

    やっぱりこういうのよりも、某地理学雑誌の写真展とか~当時(例:1945年当時)の実物展とかの方が好きですね。

  15. あらねこ より:

    「近くの裏山でも、そのあたりの公園でも、世界のどこかだから」

    素敵です!!
    私も結構な頻度で(お金の掛からない)旅をしてるなぁって思いました!

  16. わたしはたわし・・・ より:

    芸大卒業生の作品つながりで。

    やはり自画像と称して「わたしはたわし」って作品で、ほんとうに亀の子たわしが展示されてました。
    ちゃんといろんな細工はしてあったですけど・・・。
    たわしは、たわしでした。

  17. 匿名 より:

    自分は美大志望なのですぐ分かりましたが、まさか

    ゲイサイ→ゲイ祭

    というお話だとは思いませんでした。
    さすがです(笑

  18. 匿名 より:

    この、さとさんの残念さ具合が面白すぎますw

  19. 匿名 より:

    パンダちゃん♪

    白いQ○oかと思いました♪