GEISAI最終話です。

女王日記

GEISAIというイベント、最終話です。


 

あらためましてこんばんは。ゆうきです。いつもお世話になっております。

そして、さと先生が出展していたGEISAI、最終話です。

 

僕たちが他のブースを見ていると、こんな人物がいました。

ユウ「あー!」

さと「へ?」

ユウ「ほら、あの人じゃん!」

さと「え、誰?」

ユウ「え、知らないの?」

さと「分からない」

 

うん。

まぁ。そっち系の女優さんです。

 

ユウ「ほら、大沢佑香!」

さと「いや…分からない」

ユウ「………」

さと「………」

 

ユウ「いや、僕もよく知らないんだけどね」

さと「いや、絶対知ってるだろ」

 

ちなみにタイトルは「食欲と性欲」だそうです。

セクシーな絵を飾りつつ、本人はトイレに腰掛けていました。

 

意味はまったく分かりませんでしたが、おそらく見た人の大半の感想が、「あ、あの女優さんだ」だと思います。
それ以上でもそれ以下でもない。

アートというか、「え、何でこんなとこにあの女優が!?」という、単なるサプライズでした。

女性にも分かりやすいようにたとえるなら、鷹狩りをしていたら加藤鷹がいたようなものです。

自分でもまったくたとえの意味が分かりませんが、とにかくそんな感じでした。

 

  

そしてこの時点で、だいたいの方向性が分かってきたかもしれませんが、このGEISAI、明らかに性的な作品がたくさんあります。

 

他にあったのは、こんなの。

ちっさい女子校生スカートが、ひたすらブラさがってました。

そこからポタポタ汁が垂れている、という。

 

まぁ、なんていうか、性的な意味なんだと思います。

女子校生とセクシー、みたいな。

発想うんぬん以前に、これだけたくさんのミニミニスカートを集めた情熱が激しい。

 

 

そしてこちら。

ただ単に、スカートが風船で持ち上がってめくれているよ、という写真。

 

 

さと「………」

ユウ「………」

 

さと「芸術というより、単なる企画モノ写真集だと思う」

 
まったくもって同感です。

  

さと「ちなみにこのモデルさんが、たぶんここの出展者なんだと思うんだ」

ユウ「え、そうなの?」

さと「うん、さっきここにいたから」

ユウ「………」

さと「そしたら、通りがかったオジサンが、彼女にこう聞いてた」

ユウ「………なんて?」

さと「『今も同じ下着つけてるの?』」

ユウ「………」

 

さと「彼女、スルーしてた」

そりゃするわ。

 

ていうか何より、「さっきもお前は来てたのか」と
心の中でツッコミたくてたまりませんでした。

 

ちなみにこのGEISAI、審査委員が全部の作品を見て、賞を決めるそうです。

  

僕は疲れて先に帰ったのですが。

あとからさと先生に聞いたところ、受賞者は、

 

この3つだったそうです。

 

え、GEISAI、大丈夫?

本気でそんな感想を抱きました。

 

ユウ「ちなみに審査委員ってどんな人がいるの?」

さと「秋元康とか」

 

この瞬間、すんごく方向性が分かってきた気がしました。

  

なんていうか、個人的にはマンガ「ギャラリーフェイク」のフジタに審査員として参加してもらって、
全員の作品を一刀両断にしてほしい。そう思いました。

 

ユウ「ちなみに、さと先生は受賞した?」

さと「しなかった」

 

なんか、かえって受賞しない方がまともな気がしてきました。

 

さと「でも、作品は売れたよ!」

ユウ「………」

 

マジで。

 

ユウ「ていうか、どの作品?」

さと「ほら、あの十字架の」

 

ユウ「………」

 

 

 

売れたとか以前に、これが十字架だったということが、いまはじめて分かりました。

 

ユウ「買ったのって、誰?」

さと「なんか、東南アジアの○○国の財団法人」

 

スケールがデカすぎる。

 

ユウ「いくらで買ったの?」

さと「『いくらでもいい』って言われたから、3万円って言った」

 

スケールがデカいのか何なのか。

とりあえずブース代のモトは取れなかったようですが、それでも彼にはいい思い出になったようです。アーティストデビュー。

 

 

というわけで、彼の売れ残った絵、買いたい方はこちらにでも。適宜自由交渉してください。

 

ちなみに僕の、GEISAIのお土産はこちらでした。

 

 

ツチノコ400円。

 

芸術って本当に言ったモン勝ちだな、と思いました。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました