心理学ストーリー「五感の質屋」

視覚。
聴覚。
触覚。
嗅覚。
味覚。

あなたがこの感覚のうち、どれかを失わなければならないとするなら、どれを選びますか?
 

こんばんは。ゆうきゆうです。

今夜の更新は、少し方向性を変えまして。
ちょっとした心理学ストーリーをお届けします。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 五感の質屋
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「娘さんの命は、永くないでしょう」。

その言葉が、心に突き刺さった。

私には、一人娘がいる。
名前は、慶子。今年で10才になる。

妻をある病気で亡くしてから、私一人で育ててきた。

その娘が、突然にお腹をおさえて苦しみだした。
そのまま入院し、さまざまな検査が行われた。

その結果、伝えられた病名は、妻とまったく同じだった。

「ご存じ…だとは思いますが…」

医師は、妻の担当をしてくれた人物だ。
私にとって、二度目の告知だった。

「…この病気は非常に珍しい疾患です。発症から短期間で、全身の組織が慢性
的に壊死していきます」

言葉の一つ一つが、死刑宣告のように感じられる。

「…この病気は非常に珍しい疾患です。発症から短期間で、全身の組織が慢性的に壊死していきます」

言葉の一つ一つが、死刑宣告のようだった。

「…前にも申し上げました…わけですが…。現在、治療法は存在しません」

そう。そのセリフは、妻のときに、何度も聞いた。
まさか、娘も同じ病気にかかるとは。

しかし、あのころと事情はまったく変わらないのだろうか。
私は思わず聞いた。

「何とか…。何とか助けていただくことはできないでしょうか…?」

自分でも、それが無理だとは分かっていた。
すると医師は、こう話した。

「いえ、ただ…。以前より、この病気については研究が進んでいます。
そのため現代の医学では不可能でも、たとえば5年先…。もしくは10年先でしたら、治療方法が見つかっているかもしれません」

その言葉が、どれだけ信じられるのか。
それでも、私には希望のように感じられた。

「む、娘は…。それまで大丈夫です…よね?」

医師の反応が待ち遠しい。
しかし医師は、こう言った。

「非常に申し上げにくいのですが…」

医師はためらいながら、言葉を続ける。

「あと一年は持たないでしょう」

その言葉が、私の心に突き刺さった。

◆ 

私は病院を出て、街の中を歩いた。
大事な人間を、2回も失わなければいけないのか。

どんな方法でもいい。
どんな手段でもいい。

娘の命を、何より助けたい。

自分の命を引き替えにしたって構わない。
しかしもちろん、そう思っても何の意味もないだろう。

そのとき。
私が、その店に出会ったのは、必然だったのかもしれない。

「五感の質屋」

看板には、間違いなくそう書いてあった。

◆ 

意味が分からない。
ただ、その看板には、表現できない迫力があった。

私は気がつくと、その戸に手を掛けていた。

「いらっしゃいませ」

中には、およそ質屋とは似つかわしくない女がいた。

黒いドレスを着用し、黒いヒールを履いた、黒髪の女だった。
年齢は20代だろうか。
年の割には、落ちついた立ち振る舞いをしていた。

「質入れをお望みでございますか?」

私はその言葉を聞くと、ハッと我に返った。

「い、いや………。すみません。間違えたようです」

すると、彼女はこう言った。

「あら? お金はご入り用ではありませんか?」

「い、いや、必要ないよ」

金なんて。
金なんてあったって、何の意味もない。
私がほしいのは…。

そんな言葉を、あわてて飲み込む。

私はすぐにそこから立ち去ろうとした。
その瞬間だった。

「じゃあ、お金ではなく、誰かの命なら?」

彼女は突然、そんな言葉を発した。
その言葉に、私の動きが止まる。

「…は? 今、何て?」

「お渡しするのが、誰かの寿命なら? と申しました」

「ど、どういうこと…?」

私は思わず唾を飲み込む。
すると彼女は口を開いた。

「ですからこちらは、お金のかわりに、寿命をお渡しできる質屋でございます」

突然のことに状況が理解できない。
到底、ありえる話とは思えない。

しかし、彼女の言葉には、なんとも言いようのない迫力があった。
私は少しだけ、話を続けてみることにした。

「誰かの、寿命を延ばす?」

「その通りです」

「そのための代償は? 私の命なのか?」

「いえ…。感覚です」

「感覚? 感覚って何だ?」

彼女は笑いながら、言葉を続ける。

「あなたは、私のことが見えますか?」

「………!? み、見えるよ……? まさか幽霊とかじゃないだろ…?」

「あなたは私の声が聞こえますか?」

「………き、聞こえなかったら、話してない…よね…?」

「あなたは…」

「?」

彼女はそう言いながら、僕の頬をつねってきた。

「いだだだだだっ!」

「この痛みを感じますか?」

「なななな、何すんだ!? 感じるに決まってるだろ!?」

「では最後に、こちらをお食べください」

そして彼女は、小さなガムを取り出した。

「どうぞ?」

女の言葉には迫力がある。
私は、思わずそれを手に取った。

「お食べください?」

しかたなく、それを口に入れる。

「ん………」

「………」

「ん、んがががががっ!」

アンモニアとカブトムシが混ざったような味とニオイだった。
あわてて口からはき出す。

「なななな、何すんださっきから!」

すると彼女は、にこやかに口を開いた。

「このように人には、『五感』がございます。

目 … 視覚
耳 … 聴覚
肌 … 触覚
鼻 … 嗅覚
舌 … 味覚

の5つのことを言います。
すなわちあなたは、その5つとも、持っていらっしゃるわけです」

「………だ、だから何なんだよ!?」

「その『五感』を質入れするかわりに、あなたの望む方を、延命させていただくわけでございます」

「………!?」

言葉の意味が、よく飲み込めない。

「ご、五感を、し、質入れ!?」

「その通りです」

「………って、ナニか!? じゃあたとえば視覚を質に入れたら、目玉を取られてしまうとか!?」

「そんなことはいたしません」

「じゃ、じゃあ…」

「ただ、あなたの感覚そのものの働きを奪うことになります」

「………」

「それが嗅覚なら、今後一生にわたって、ニオイを感じることはできません。味覚ならば、味を感じることはできません。視覚や聴覚に触覚、すべて同様となります」

「………そ、そんなことが、可能に………」

「可能でございます。あなたから奪うのは、『意志』です。見たい、聞きたい、味わいたい…。そんな意志を、いただくことになります。その結果、あなたはその感覚を失ってしまうわけです」

「………」

にわかには信じがたい。
しかしその言葉の一つ一つには、何とも言えない真実味があった。

「…一つの感覚ごとに、命と引き替えにできる、と…?」

「はい。そのいただきました意志から、我々の取り分をいただきまして、残りを望む方の寿命、5年分に当てさせていただきます」

「…た、たった5年!? 短くないか!?」

「長く感じるか短く感じるかは、人それぞれですが…」

「…となると、全部の感覚を質入れしたら、25年分、寿命を延ばせるわけか…」

すると女は、静かに首を振った。

「それはできません。と申しますか、オススメいたしません」

「え?」

「お客様は、ヘロンの実験をご存じですか?」

「ヘ、ヘロン?」

「心理学者ヘロンは、被験者の視覚をふさぎ、無意味な機械音だけが流れる部屋に寝かせました。
また同時に、被験者の体に触覚をおさえるカバーをつけました。
すなわち、五感のほとんどを遮断した状態にしたのです」

「………そ、そうしたら………?」

「多くの被験者が、数時間で無意味なうめき声をあげるようになりました。同時に、幻聴や幻覚が生じた人間もいたようです。
結果、最大でも『48時間以上もった』人間は『いませんでした』」

「………!!」

「全部の感覚を完全に失うことは、それだけ危険なのです。私もそこまで危ない橋を渡りたくありませんので、質入れは最大でも4つの感覚まで。すなわち延ばせるのは…」

「最長でも20年か…」

「その通りです」

「………」

ここで、私は聞いてみたいことがあった。

「ちなみに、6つめの感覚は、質入れできるのか?」

「6つめ、というと…?」

「第六感とか」

すると、彼女は答えた。

「10円でございます」

なぜ、突然に円換算。
さらになぜ、そんなに安いのか。

「5感に比べたら、クズでございます」

そんなにも。

「さて、どうされますか?」

彼女はあらためて聞く。

私は、考えた。

もしこの話が本当なら、娘の命をそれだけ延ばしてやることができる。
最長でも20年。
今は10才だから、30才までだ。

でも、もちろん人の一生としては、やはり短いだろう。

それに私が4つもの感覚を失ったら、これから私はどうやって働けばいいのか。妻がいない今、娘の家族は私だけだ。
私が働けなくなってしまったら、結局は娘だって生きていくことはできないだろう。

この取引が真実だとしても、何の意味があるというのだろう。

「………!!」

しかし、そこで私は、医師の言葉を思い出した。

たとえ5年だけだとしても、延命そのものができるのなら。
あるいはその間に、治療法が見つかるかもしれない。

そうすれば、娘は死ななくて済むのだ。
私の方も、感覚を一つか二つ失うくらいだったら、生活や仕事にも、そんなに致命的ではないだろう。
だったら…。

「どうされますか?」

女は、あらためて問いかける。

私は答えた。

「では、一つの感覚のかわりに、娘の寿命を5年、延ばしてほしい」

彼女は微笑む。

「その言葉、間違いありませんね?」

「間違いはない」

「承りました。では、どの感覚を質入れしてくださいますか?」

私は、考えた。

視覚。聴覚。触覚。嗅覚。味覚。

このうち、最初に失うなら、どれか。

論理的に考えれば、答えは一つしかないだろう。

(つづく)

最初に失う感覚とは?
次号をお待ち下さい!

ゆうきゆう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)