成功のために必要なのは、●けること。

あなたは、成功のためにもっとも大切なことは何かご存じでしょうか。
実はアメリカの心理学者であるダックワークスによると、

「成功のためにもっとも必要なのは、才能ではなく、●●すること」

なのだそうです。
今夜はそんな話をお届けします。
  
あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

まず、お知らせです。

現在、ゆうメンタルクリニックでは、カウンセラーさんや受付スタッフさんを募集しています。

できてから、まだ2年のクリニックではありますが、現在、受付・事務・カウンセラーさんなど、スタッフすべて含めて、50名になりました。
さりげなくも大所帯です。

それでも多くの患者さんにたいして、手が足りないことが多々あります。

もしよろしければ、あなたもゆうきゆうをお手伝いいただけると嬉しいです。

知識経験はもちろんですが、それ以上に大切なのは、「やる気」です。
興味ありましたら、

http://yucl.net/bosyu

からご応募いただければ幸いです。

お待ちしております!

そして今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

◆ 成功のために、必要なこと。

あなたは、成功のためにもっとも大切なことは何かご存じでしょうか。

実はアメリカの心理学者であるダックワークスによると、

「成功のためにもっとも必要なのは、才能ではなく、行動を継続すること」

なのだそうです。

ここで自分の話になるんですが。
少し前に、ゆうメンタルクリニックのサイトで連載していた、

「マンガで分かる心療内科」
⇒ http://yucl.net/manga

が、単行本になりました。

ちょっとしたウラ話になるんですけども。

このマンガ、単行本の話は、すごく昔から色々と出てました。
しかし、そのどれも実現には至りませんでした。

なぜならシンプルに、「ページ数が足りなかった」から。
単行本になるには、どんなに少なくとも100P以上は必要なのです。

しかし最初の時点で、せいぜい30Pくらいしかなかったのです。

「では、70Pくらいを書き足せばいいじゃないか…?」

そんな風に思う方も多いかもしれません。

しかし。
それって、そうカンタンにはできません。
いや、本当に。

人間って、誰もが最初は「好き」とか「やりたい」という気持ちで始められるんですが。

その気持ちだけでずーーーーっと何かを作り続けるのって、意外にハードなんです。

そのため、ダラダラと時間ばかりが過ぎてしまっていました。

でも、ターニングポイントが「連載」でした。

ヤングキングという雑誌で連載させていただき、二週間ごとに「シメキリ」ができる。

そうなると当然ですが、作らないワケには行きません。

万一原稿を落としてしまったら、編集者さんや出版社さんはもちろん、印刷所含めて、すべての人が困る。

それが大きな原動力になりました。

非常にシンプルではありますが、「シメキリの存在」が、継続して作り出すパワーになったのです。

個人的に、プロとアマの一番の違いは、

「シメキリがあるかないか」

ではないかと思います。
逆に言えば、人はシメキリがあるからこそ、「継続」でき、物事を作り出していけるのです。

もちろん、シメキリに間に合わせるため、どこかで妥協しなければいけないときもきます。

そのため、常に大満足の作品が生み出せるわけではありません。

満点が10だとして、9や8、もしくはもっと低く、それこそ3の作品ができることもあるでしょう。

しかし、たとえ3であっても、4回作れば、12になります。

10の作品を目指すばかり、いつまでたっても作れないより、ずっとマシです。

いえ、だからって、無意味に量産しろ、というワケではありません。

ただ、10の域に達していなくても、8でも9でもいいので、とにかく一つを「完成」させ、それを「作り続ける」ことこそが、何より大切なのです。
 

ですので、あなたにやりたいことがあって、いつまでも始められないのなら…。

一番は「仕事にすること」。

とはいえ、そんなに簡単に仕事になったら苦労しませんね。

であれば、とにかく「周囲を巻き込む」だけでも十分です。

「今月中に、5つの賞に応募するね!」
「今年中に、お見合いパーティに10回、参加する!」
「この仕事について、5人のプロに意見を聞く!」

など、宣言してしまうこと。
それだけでも、継続する原動力になります。

自分一人の意志だけでは、必ず「ダレる」ときが来ます。

頭の中に記憶したことを忘れないため「メモを取る」のと同じように。
とにかく「周囲に伝えておく」のです。

そうすれば、あなたが忘れたときでも、周囲がそれを思い出させてくれます。

逆にその宣言すらできないのなら、その程度のやる気だった、ということです。

◆ 人生は、ルーレット。

以前に言った気がするのですが。
僕は人生は、ルーレットと同じだと思います。

とにかく、どんなつらいことがあっても。
苦しいことがあっても。

いちいち気にせず、ただひたすら、冷静に、「ルーレットを回し続ける」こと。

ルーレットの一回の当選確率は、どの人でもほとんど差はありません。

「あの人は回し方がうまい」なんて言っても、当選確率が、たとえば5%か6%かとか、そのレベルの違いです。

だったら、あなたの考えるベストの投げ方を保ちつつ、それでいて、とにかく何度も何度も回し続けることです。

そうすれば結局、最後には、もっともたくさんの成功を手に入れているはずです。

 

すなわち何かで「失敗した…」なんて悩んでいる人がいたら、アドバイスはたった一つ。

「後悔したりしてるヒマがあったら、一回でも多く回せ!」

です。

◆ どんな気持ちも、続かない。

精神科医になって一番に気づいたことは、

「喜びも悲しみも、そのままでは永遠には続かない」

ということです。

あなたが何かで幸せを感じたとしましょう。

しかしその幸せひとつで、一生ニコニコと笑顔でいることは、普通、できません。

食べ物の味が薄れていくように、一つのプラスの感情も、どこかで少しずつ薄まっていくのです。

これはマイナスでも同じです。

どんなにつらいことがあっても。

その悲しみで、永遠に悲しみに浸り続けることはできません。
やはりどこかで「忘れていく」のです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ 今回のまとめ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

○ 成功のために一番大切なのは、才能ではなく「継続する」こと。

○ プラスもマイナスも、必ず慣れる。

○ 一つ一つのできごとにこだわらず、ただ「回し続ける」ことが大切。

だから。

「あの喜びが手に入らないから、僕は不幸なんだ」

なんて思わないでください。

「この悲しみがあるから、ずっと幸せになれない」

なんて思う必要もありません。

どんな幸せを手に入れても、すぐに慣れます。
どんなつらい体験でも、必ず忘れます。

一つ一つのプラスやマイナスにこだわらず、ただ、すべてを受け入れて「回し続ける」こと。

それこそが、何よりも大切なことなんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。
 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA