本を使った心理マジック。

本を使ったマジックを公開! あなたはこのトリックが分かりますか?
(みなさまたくさんのコメント本当にありがとうございます! 回答は03/17公開です)

こんばんは。ゆうきゆうです。

というわけで今夜は、ちょっとした本を使ったマジックです。

今回のマジシャンはKくん。

Kくん「マジでマジシャンやります」

微妙なダジャレはスルーです。

そして今回の被害者 被験者はYさん。

日常的にクネクネされてます。クセだそうです。

「クロスする動きは女らしく見える」

という心理論文がありますが、「物事には限度がある」ということを身をもって伝えてくださってます。

興奮すると関西弁が出るのはデフォルトです。

そんなこんなで、マジック開始です。

まずはKくん、二冊の本を出します。

今回彼が本棚から手に取ったのは、この二冊。

Kくん「さりげに宣伝かねてます」

心からありがとう、と思いました。

このうち一冊を、Yさんに渡します。

Yさん「ありがとぉ~

「とぉ」にアクセントのある関西発音です。

個人的に関西女性のこの発音が大好きです。(男性の発音はどうでもいいです)

これを聞くためだけに関西に住みたい。

話が大きくそれましたが、ここで一冊がKくん、もう一冊をYさんが持つことになります。

ここでKくんは、パラパラパラと本をめくります。

Kくん「では、好きなところでストップと言ってください」

この写真ではYさんもヒマだったのか本をめくっていますが、実際はめくるのはKくんだけで構いません。

Yさん「ストップ」

面倒だったのか、瞬時に言い切るYさん。

Kくん「86ページですね」

Kくんは、自分の手元の本のページを言います。

Kくん「では、今Yさんの手元にある本の、86ページをめくってください」

Yさん「86ページ…?」

言われたとおりに、めくるYさん。

Kくん「その本の右上にある単語を当てますね」

Yさん「はぁ? そんなことできるわけ」

Kくん「『○○○』じゃないですか?」

Yさん「……当たっとる……」

Yさん「な、何で…!?」

Kくん「もう一度やりますね。また好きなところでストップと言ってください」

Yさん「ス、ストップ」

微妙に慎重になるYさん。

彼はまた手元を見て、こう言います。

Kくん「今度は、154ページですね」

Kくん「では、またYさんの手元にある本の、154ページをめくってください」

Yさん「………」

Kくん「右上の単語は、『▽▽▽』じゃないですか?」

Yさん「………ホ、ホンマや………」

Yさん「えええええええ! どうしてどうして!? 何で分かンの? 教えて教えて!!」

Kくん「わーい、成功、成功ーー! 大成功ーー!」

Yさん「教えんかい」

Kくん「はい」

さて、このマジックのトリックとは!?

答え分かりましたらコメントでお書きくださいませ。
正しい答えはもちろん、ステキ回答募集しております。

(発表までコメントは外からは見られません)

またこのトリックはメルマガでも公開しますので、そちらもよろしければ、合わせましてご覧下さい。

そんなこんなで、今後ともよろしくお願いいたします!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA