都合のいい男。 「モテロボ」後編

僕は、女性経験がない。
そんな僕は、ある研究所に足を踏み入れる。

そこでは、人間と区別のつかないロボットが作られていた。
研究所員は、「このロボットを相手に会話の練習をすれば、緊張しなくなり、うまく会話をする能力が身につく」と話す。
しかしそれには半年が必要。
でも僕は、すぐにでも好きな女の子と仲良くなって、色々としたい。

そう思った僕は、こんな案を持ち出した。

 

今夜のセクシー心理学は、前回に引き続き、心理学小説をお届けします。

◆ 小説 「モテロボ」 後編

「たとえば、なんですけど」

僕がそう言いかけた瞬間、研究所の女性は、さえぎるように言った。

「ちなみに」

「…は?」

「このロボットをお客様の好きな女の子と同じ姿形にして、そういうコトを…なんて言わないでくださいね」

「え?」

「もちろん、うちのロボットは、超高品質かつ超高性能です。肌質もほぼ完全に再現できていますので、それ自体は可能です」

「…んっ…」

僕は無意識にツバを飲み込む。

「だからといって、やはりロボットと交わるなんて、虚しいだけです。相手が人間だという実感があるからこそ…」

そこまで彼女が言ったところで、僕は慌てて口を挟んだ。

「いや、僕が頼みたいことは、ちょっと違うんだ」

「え?」

僕は自分の計画の全貌を話した。

 

そして、三日後。

「待った?」

「あ、いえ…」

「じゃ、行こう」

僕には少し前から、気になっている女の子がいた。

名前は、チカコさん。
彼女は今、ある男と並んで歩いている。

そして僕は、少し離れたところから、それを観察している。

普通なら、嫉妬に狂いながら見るシーンだ。

しかし今は、そんな気持ちはまったく生まれない。
それどころか、ワクワクする思いでいっぱいだ。

一緒にいる男は、僕だからだ。

あのあと、僕はそのロボットを、僕とまったく同じ姿にしてもらった。
僕自身、どちらが本物か見分けがつかない。

計画はシンプルだ。

理想的な話し方ができるロボットに、彼女を口説いてもらう。
そして、「いざ!」というときだけ、入れかわる。

これ以上ないほど、分かりやすい作戦だと思う。

小学生のときに、友人とテレビゲームをした。

苦手なステージだけ、得意な友人にクリアしてもらう。
そして僕は、自分の好きなステージだけプレイするのだ。

人は僕のこの生き様を、否定するかもしれない。
しかし、何度挑戦してもクリアできないステージを前にした男の気持ちは、誰にも分からない。

「あと半年鍛えれば、クリアできますよ」と言われても、待てるわけがない。

僕はロボットに、「口説く過程」という苦手なステージをクリアしてもらう。

男によっては、「そこが楽しい」という人間もいるだろう。
しかし僕のようにフラれ続けた人間にとって、そこまで恐怖の時間はない。

断られたら、相手への気持ちも、自分への自信も、すべてが打ち砕かれる。
今までの全人生の否定にも感じられる。

女性には楽しいかもしれないが、僕のような男にとっては、試練にも近い時間
なんだ。

僕がプレイしたい好きなステージは、その先からでいい。

 

コース外の利用で、料金は少し高くついた。
でも、無理をすれば払えない額じゃない。

このまま行けば普通の女の子と恋愛をするなんて夢のまた夢。
そんな僕にとっては、安いものだと思う。

「楽しかった。ありがとう」

「い、いえ…。こちらこそ、楽しかったです」

「またメールするね」

「はい…」

彼女と「僕」は、その後、何度もデートを重ねた。

会うたびに、彼女の表情も少しずつほぐれていくように見えた。

そして、さらに2週間がたったときのことだ。

「…僕と、つきあってほしい」

ロボットである僕は、ついにそう伝えた。
彼女は少し驚き、そして、うつむく。

遠くから見ている僕にとっても、緊張する瞬間だった。

数秒が、永遠に続くように思える。

そして彼女は、口を開いた。

「……はい……」

自分のことのように嬉しかった。
いや、自分のことなのだけども。

彼女の言葉に、ロボットは言った。

「もし良かったら、二人きりで過ごしたい」

僕がもう、何よりも言って欲しい言葉だ。

彼女は、こう答えた。

「うん…。じゃあ、次のデートで」

天にも昇る気持ちだった。

「次のデートで」というのは、僕にとって都合がいい。

突然、入れ替わるのは大変だからだ。

 

 

そして、運命の日。
ロボットはもちろん、電源を切って、家に置いてきた。

ここからが、僕の時間だ。

僕と彼女は、予約したシティホテルの一室に入った。
彼女は顔を赤らめて、目をつむる。

 

確かに良心の呵責は、ある。

僕は少しだけ、ためらった。

でも…。

彼女も知らなきゃ、幸せなままだろう。

いいとこ取りで、何が悪い。

 

 

 

同日、同時刻。
ある喫茶店の中。

「えー? じゃ、もしかしてチカコの彼氏って、たった今…」

「うん。そうよ」

「げー…。でも、なんでそんなこと…」

「うーん…。条件はいい人だし、会話もうまくて、普段のデートでは、色々と誉めたりしてくれて、すごく気分よくさせてくれるの。女にとっては、とっても幸せな時間よ」

「え、いいじゃない」

「でも、なんか言葉に心がこもってない気がして…。どうしても本能的に、そういうコトだけ、したくないの。それに男には楽しい時間かもしれないけど、女としては色々と面倒だし…」

「あ、それは分かるかも…。でも、そんな都合いいロボット作ってるところ、あるんだねー…」

「うん。顔も姿も、私そっくりにしてくれるの。これから、そういうときだけ専用で使おうかなって思ってる」

「…その彼に悪いと思わない?」

「知らなきゃ、幸せでしょ? いいとこ取りで、何が悪いの?」

(完)

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 思い思いに結論づけていただければ幸いです。

 

というわけで、たまにはこんな内容でお届けしてみました。
おつきあいいただき、本当にありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA