結婚への幸福感 = ●●●の回数 - ▲▲の回数

あなたは、今の恋愛や結婚で、幸せと感じていますでしょうか?
実はその答えは、

結婚への幸福感 = ●●●の回数 - ▲▲の回数

で計算できるのです…!
●●●に入る、衝撃の答えとは!?
 
あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

そして今夜も、とてもとてもマジメに、セクシー心理学の世界をお届けいたします。

◆ 結婚での幸福の公式とは?

さて、あなたは今のパートナーに、満足していますでしょうか。

うん。
いえ、パートナーがいない場合も、できたときのことを想定して考えていただければ幸いです。

実は。
パートナーとの関係が幸福かどうかを確かめる、とてもシンプルな法則が存在したのです。

アメリカはオレゴン大学のHowardとDawesらは、多くの夫婦を対象にして、「結婚でどれだけ幸福感を抱いているか」について調べました。

その結果。

結婚への幸福感 = 性行為の回数 - 口論の回数

という公式を導き出したのです。

これもちろん、恋愛でも同じコトが言えるかもしれません。

相手への満足感は、  性行為の回数 - 口ゲンカの回数

なのです。

恐ろしく単刀直入で、激しく真理を言い表している気がするのですが、いかがでしょうか。

たとえば、一週間で5回にわたって口ゲンカするカップルでも、一週間で7回、色々やっていれば、「この相手で良かった」と思えるわけです。

逆に一週間で性行為が0回にも関わらず、一週間に1~2回の口ゲンカをしていれば、相手への幸福感がすごく少なくなってしまう…というわけです。

実際、「倦怠期のカップル・夫婦」は、たいていにおいて、性行為も少なくなります。それこそゼロになってしまうことも多いでしょう。

すると

結婚への幸福感 = 0 - 口論の回数

となるので、もうゼロかマイナスにしかなりえないわけです。

昔、読んだ本で、

「若い男女は、もろもろの問題を、性行為でウヤムヤにする」

と書いてあったんですが、この理由は、この公式で説明できるかもしれません。

あらゆる意味で、セクシーなコトって、すごく重要なのです。

まぁ、この公式だけがすべてとは言いません。

ただ心理学では「社会的交換理論」というものがあります。

ひと言で言うと、
「人間と人間は、プラスマイナスでやりとりをしている」というもの。

たとえば、ある人に10の嬉しいことをされたら、5程度のマイナスなことは許せるものです。

逆に嬉しいことを3程度しかしてもらっていないのに、マイナスが10くらいあったら、その人とは別れたくなるはずです。

お金のやりとりと同じように、人は好意をやりとりしているのです。

すなわち、

結婚への幸福感 = 性行為の回数 - 口論の回数

         ↑プラスの代表   ↑マイナスの代表

として考えれば、より理解しやすいのではないでしょうか。

もちろん性行為だけがすべて、とは言いません。

相手においしいものを作ってあげる
おいしいお茶を入れてあげる、誉めてあげる
何かを買ってあげる
何かを手伝ってあげる…。

何でも構いません。

逆にマイナスの代表格といえば、

相手を注意する
相手をけなす
相手の望むことをしない

などでしょうか。

これらをしたくなったら、とにかくプラスに分類される行為を、必ずセットでしてあげる。

そう覚えておくことが大切です。

ただまぁ、それよりもっとインパクトが強いという意味で、

「口ゲンカをしてしまったら、必ずしてあげる! させてあげる!」

と覚えておくのが、一番いいかもしれません。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 口ゲンカをしてしまったら、してあげよう。させてあげよう。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

今回の話が、何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

ちなみにこの社会的交換理論で、僕のメルマガについて考えてみると。

読者さんの幸福感 = このメルマガを読んでいてトクな知識を得た回数

           - 僕がバストと言う回数

とかになるんでしょうか。

今のバストネタでプラマイ0、もしくはマイナスになったらどうしようと思いつつも、今年もセクシー心理学をよろしくお願いいたします。

(完)

また2010年2月11日(木・祝)にオフを開催します!

時間は午後2時から。 場所は東京、日本橋を予定しています。
(会費…学生1000円前後 社会人の方2000円前後 立食パーティー形式)

内容は、とりあえずみんなで心理学をサカナにしてまったり楽しもう、というモノです。
交流ゲーム、心理学講座もあります。
ゆうきゆう見学の気分でお気軽にどうぞ。

興味のある方は、ここからコピペしてお送りください。
-----------------------------------
● お名前(ふりがな)
● ハンドルネーム(お連れ様がいればご一緒に)
● メールアドレス
● ご住所
● 電話番号
● 自己紹介
● ゆうきゆうに質問したいこと・メッセージ
-----------------------------------

宛先は、 sinrioff@gmail.com まで「★2オフ」とタイトルしてメールくださいね。

お会いできるのを楽しみにしております!


コメント

  1. 四谷 より:

    でも貯金は出来なさそう。
    せいぜい穴埋めかな。

  2. 匿名 より:

    『「結婚でどれだけ幸福感を抱いているか」について調べました。
    その結果。
    結婚への幸福感 = 性行為の回数 - 口論の回数
    という公式を導き出したのです。』
    この公式は当てはまりません。日本人だからでしょうか。自分心臓が弱く負荷のかかる性行為はほとんどしなくなりましたし、口論はかなりしますが、幸福感が感じられないと思ったことはないです。むしろ『メンタル面』での充実感のほうか幸福感に直結してると思います。あと、結婚生活というのは、面白いもんで「慣性の法則」のようなものが働くというか。「口げんかしてても、もう気心知れてて気を使ったり見栄張ったりする必要が無い相手が結局一番楽」という。そういうもんです。

  3. 四谷 より:

    「若い男女は、もろもろの問題を、性行為でウヤムヤにする」
    これ、本当にそのとおりだと思います。
    でも、大人になると、それではいけないと思うようになるのではないでしょうか。そして、その考え(それではいけないという考え)もまた正しいと思います。

    長い目でみると、ウヤムヤにしたまま、適当に性行為をしてしまうと、夫婦どちらかがそのパターンにウンザリする(または、軽く見られていると感じる)ようになるのではないかと。

    ゆう先生の仰るとおり、性行為以外の部分が大切なのだと私は思います。そして、それを喜んですること、でしょうか。表面的にプラスのことをし続けていると、与えている本人がイライラしたりしますから。

    てか、それくらいになると、もう修復は難しいということでしょうかね・・・

  4. 四谷様ではありません。(>>2) より:

    今、上のコメントをしたものです。

    以前にもありましたが、
    直前にコメントした方のお名前が、
    コメント欄の「お名前」欄にデフォルトで
    入っている、という事がまたおこったようです。
    確かめずに送った自分もアホでした。

    というわけで、自分は四谷様ではございません。
    なぜおこるのでしょうね、コレ。

  5. 匿名 より:

    バストネタはプラスなので、
    読者の幸福感は増す一方ですね。

    >3さま

    いまも「お名前」欄に名前が
    入ってました。不思議ですね。

  6. miyu より:

    マイナスの代表格に「相手を注意する」がありましたが、女性の私からすると、(注意とはちょっと違うけど)男性には少し叱ってもらいたい時もあります。
    諭すような感じで、おだやかに注意を促すというのかな?
    そういった部分に尊敬と人間的な魅力を感じます。
    優しいプラスも心地いいけど、優しすぎると不安になってしまう・・・なんてこともあるんですよね、贅沢すぎる悩みだけど・・・

  7.   より:

    口論する相手もいない

  8.   より:

    口論しないことでマイナスの気持ちになるときもあります。
    人間ってムズカシイです・・・。

    細かい突っ込みですが…
    先生の中ではまだ年を越してないようですねw

  9. たしかに より:

    それが一番わかりやすく実行しやすいプラスだと思う。
    赤ちゃんができてから変わったけど。
    夜も起きちゃうし、それどころじゃ。
    早く普通の生活がしたい。

    仲良くするチャンスがあっても、
    脳みそが「散々子供の顔見たあとにそんな気になれない」って反応してくるし。
    一体どうすりゃいいんだって悩む。

    でも旦那も同じく疲れてるから、せめてご飯はおいしく作る。
    旦那も私が疲れてるから労わってくれる。
    今はそれがプラスなんだと思う。

  10. 匿名 より:

    はじめまして、カキコミさせて頂きます。
    なんとなくわかる気がします。
    私は、結婚して子供もいますが、妊娠・出産でいろいろが無かった時期は
    なんとなく旦那が嫌いでしたが再開してからは大好きです。
    ていうか、トキメキ度が違います。。。
    子供がいてもずっとトキメキが欲しいので気も使ってほしいですし、油断とかは絶対してほしくないですね。
    それに、老人じゃないんだから色々があってパートナーにトキめいていた方が女性はきれいになると思うし、トキメキは私にとってはすごく大事です。。。

  11. 匿名 より:

    今の彼氏とは口論って全然しないんですよね、言い争いが苦手な人だから。でもディスカッションはできる相手なので、かなり穏やかに過ごせています。じゃあ性行為の回数だけ幸福感が上がっていくのかと言われると、確かにそういった側面もあるかもしれませんw

    >8
    口論してスッキリ、という部分もあるのでしょうが、お互いの意見のすりあわせができたら口論は必要ないですよね。
    詰まるところ、お互いの意思を自由に口に出せて、かつお互いが相手を思いやることができれば幸福なんだと思います。
    ゆう先生も言っているけど、してあげる、させてあげるはセックスに限らず。思いやりが大事ってことですよね。

    >4-5
    ブラウザの問題でしょうか。ブラウザは何をお使いですか?

    今度こそはオフ参加したいなー。
    あとでメールします!(などと言うとまるで旧知の友人かのような馴れ馴れしさw)

  12. スピカ より:

    もし下手だった場合が・・・
    口論になってそのあとしなくなるかも
    ってことが思いつきました
    ゆうきゆう先生だから●●●は絶対にバストだと思ったんだけどなあ

  13. まりりん より:

    ゆう先生!おれっち真逆ですわ~★
    セックス=やらないときれるから仕方なく付き合う、めちゃくちゃ嫌な行為
    口論=するに価しない相手
    ∴セックスすればするほど気持ちが落ちて、別居しましたとさwwwあぁ、早く離婚したいわ・・・めでたしめでたし^^

  14. 匿名 より:

    セックスは。。。
    わたしにとっては、あんまりプラスじゃないなぁ・・・。
    結婚生活をつづけるための義務って感じになってます。

    でも結婚前は、好きだったかも。

    今も昔も口論はほぼゼロなので、幸せです。

  15. 匿名 より:

    バストはプラスに働くので問題ないと思います。

  16. きの より:

    なんか、すごい納得しました。

  17. 匿名 より:

    決して口論ではない話し合いをしようとすると逃げる、はぐらかす。自分はしたいときにだけ連絡をして、夜に来て朝に帰る。行為しかしようとしない男にあきれはてて、別れました。話し合いができない男はダメですね。

  18. 匿名 より:

    結婚への幸福感 = 性行為の回数 - 口論の回数

    この等式の両辺に「口論の回数」を足します。

    結婚への幸福感 + 口論の回数 = 性行為の回数

    なぜか口論したくなってくる不思議。

  19. 匿名 より:

    この方程式は男性主観な気がしますね。

    一方から見た関係が、この方程式に当てはまっていたとしても、相手から見た関係はまったく違うのかもしれません。

    女性は限界まで我慢して、ある日突然終わりを迎える、そんなこともありますから。

  20. KAKERU より:

    >そして今夜も、とてもとてもマジメに、セクシー心理学の世界をお届けいたします。

    この一文に突っ込みたくなりました。
    今日も面白い内容でしたね。

  21. 匿名 より:

    0-2=-2くらいでしょうか・・
    でも、仲良しだもんっ

  22. 匿名 より:

    あ、18さん理論おもしろい。

    読み砕くと、
    「結婚生活で幸福感じてるんだけど、
    いっぱい口論しちゃったから、
    その分を補うだけの性行為をしようね!」
    って感じなのでしょうか??(笑)

    ところで、ウヤムヤにする為の性行為は、その場はよくても未来がキケンになってきますよね・・。
    口論までいかない程度の会話で、問題をスッキリ済ませて、
    その後お互い愛しみ合えたら、幸せ長続きなんですが(笑)。

    しかし、男女の『会話』って、大事なんですけど、それだけにクセモノですよね。諸刃の剣というか。

    女性の脳は論じることに快感を得やすいですし、
    男性の脳は支配される(この場合、言いくるめられる)ことに不快を感じて逃げようとする傾向が高いですし・・。

    その辺を『思いやり』で、上手にコントロールできたらいいですね。
    もちろん、お互いに、です♪

  23. 伏せられていた式の内容が
    あんまりストレートな答でびっくりしました。(;^_^)

    その後の,先生がフォローで入れた
    プラスマイナスの話が最初全然目に入らなかったというw

    日本人のデリケートさに比べて
    欧米人は単純なんでしょうか?
    表向きタブーに厳格だから(あんまりそうも思えないけど)
    こういう研究結果が異彩を放って注目されるのか?

    正味な話,せーこーいというやつは,
    一方が求めても,もう一方に拒絶されたらどうしようもないわけで… ;;(>Д<)

  24. あすか より:

    ゆうさんこんにちは。
    カリフォルニア州からいつも楽しく拝読しています。

    今回の話にはとても納得することが出来ました。
    というのもアメリカではケンカをすると、かならずmake up sex(仲直りのH)があるからです。

    日本にはケンカ=エッチという方式はあんまり存在しないと思うんですけど、こっちではもう当然みたいです。実は理にかなっていたんだなあと新しい発見でした。

    ありがとうございました❤

  25. 匿名 より:

    是非日本でも調査して欲しい。
    きっと違った結果になると思います。

    プラスの代表はキスになるのかな?
    結婚どころか付き合ったことすらないので、安易な答えしか出せない(泣

  26. 匿名 より:

    とても納得いたしました。これからの人生が0以下であることを確信いたしました。生きていけないぐらい悲しいです。

  27. 青熊 より:

    プラス1 マイナス0より
    プラス2 マイナス1のほうが
    総数が上な気がします(喧嘩するほど仲がいい的な意味で)
    本当はもっと複雑な計算式なんじゃないでしょうか

  28. 匿名 より:

    性行為が満足でない場合は、この法則は当てはまらない?

  29. 匿名 より:

    あくまでも結婚への幸福感であって、友人として同居人としては、また別なんだろうなーと思ってみました。

  30. ショウ より:

    セックスの下手なマイナス野郎の私はどうなるのか?
    28番さんの心配と同じです。
    口喧嘩してマイナス、それを埋めようと節セックスしてマイナス。
    う~~!!
    My幸せ指数=-(性行為の回数+口論の回数)となってしまいました。

  31. 匿名 より:

    セックル出来るって時点で悪い関係じゃないんじゃないかと。

  32. 匿名 より:

    バストの話は自分の中では×(かける)ですよ!
    もっとバストの話もドゾー

  33. 匿名 より:

    いつも幸せをくれるあの人のために、
    もっとがんばりたいなって思えました♪

    生きてる間にしか、幸せって得られない。(当然だけど。)

    毎日を、幸せのための一日と思って、
    いろんなことに一歩一歩、努力していきます!

  34. 0川 より:

    こんな単純な方程式にはしてほしくないんですけどね。もっとルートとかシグマとかインテグラルとか使って複雑にして欲すぃ〜!!

    プラス分類とマイナス分類・・・心得ておきます。

  35. 妊娠8カ月 より:

    妊娠中も仲良しは
    してたんですが、

    早産気味になり、
    ドクターストップで
    さびしいです・・が、

    旦那に優しくお腹を
    撫でてもらったり、
    パパママ学級に出てもらうと

    幸せな感情が湧きます(*^_^*)

    私はできるだけ
    うちをきれいにしたり、
    旦那の世話をしてます。

    旦那の幸福感は
    どうなのかな!?

  36. 匿名 より:

    >>5さま、>>11さま
    以前、私以外の方が、同じ現象(前の人の名前が入ってしまうという事)について書き込まれてらしたことがありました。私はIEとクロムで、どちらでも同じ問題が、たま~に発生します。なぜでしょうね。

    >>19さま
    実は私も同じことを考えました。行為だけでウヤムヤにされる事は、女性にとって、なかなか屈辱的だったりしますよね。

    >>22さま
    女性は論じることに快感を覚え、男性は支配されることを嫌うというご意見、初めて目にしましたが、同意です。確かにその傾向はあると思います。

  37. 匿名 より:

    >18さん

    面白いですね。
    ユーモアがきいてるし、「=」と「∋や∈」の違いがよくわかります。

    私も人のコメントに感心するだけでなく、気の利いたコメントが出来るようにならねばな・・・。

  38. 匿名 より:

    納得。
    でも日本人にはあまり通用しなさそう…

    24番さんのアメリカ流仲直り、私にはありえない。
    ケンカした後なんてやる気起きないですからねぇ。

  39. 匿名 より:

    なんか分かるような分からないような…

    確かに口論とまではいかなくても、険悪になると
    お互いが落ち着いた時にいたしているからなぁ…

    でも、普段から『ありがとう』って言ったりハグしたりしているので、
    プラスになっている…と思いたい

  40. より:

    性かぁ~

  41. RVD より:

    むしろ「バスト」と
    書くのが、
    このコーナーの「売り」
    ぢゃないですか(*´∀`*)

  42. オホー より:

    >読者さんの幸福感 = このメルマガを読んでいてトクな知識を得た回数

    - 僕がバストと言う回数

    先生、大丈夫です。
    バストはマイナスカウントされてませんから~(*^^*)

  43. 匿名 より:

    いいこと聞いちゃいました。読みながらうんうんとうなずきながらちょっと顔が微笑んじゃいました.早速実行です(^^)

  44. 匿名 より:

    お得な情報もバストもプラスの評価でございます。

  45. California より:

    初めまして、カリフォルニアから拝見させて頂いております。

    アメリカでは夫婦間でセックスがとても大切なので、この方式には納得です!この国では、セックスレスは離婚の原因にもなるんですよ。