ギャンブル心理を応用した、絶対にカバンを盗まれない方法。

あなたは、カバンを盗まれたことがありますか?

今夜は、ギャンブルの心理を応用した、
「絶対にカバンを盗まれない方法」
をお教えします。

効果に責任は取れません。

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

さて現在、ゆうメンタルクリニックでは、スタッフを募集しております。
特に現在、

「看護職」の方、また「検査技師」の方を、強く募集しております。

ご興味あります方は、こちらから。
⇒ http://yucl.net/bosyu

それでは今夜もセクシー心理学の世界を、性懲りもなくお届けいたします。

◆ 絶対に、カバンを盗まれない方法。

これは、友人の精神科医の話です。

彼は喫茶店に行くことが多かったのですが。

あるとき、カバンを起きっぱなしにしたまま、トイレに行ったそうです。

そして帰ってきたとき。
彼のカバンは、すでになかったそうです。
店員さんに聞いたところ、「他の人が持っていってしまった」と。

店員さん、止めてよ、と思ったそうですが、とにかく「置き引き」にあってしまったわけです。

これは彼にとって(誰にとってもそうだと思いますが)ショックだったようです。

そしてしばらくの後。

彼は「絶対に盗まれない方法」を開発したそうです。

何か、分かりますでしょうか。

答えは結構、予想外でした。

『1000円をカバンの上に置いておく』こと

なのだそうです。

………。

最初に聞いた瞬間、意味が分かりませんでした。

彼によると、目的は二つあるそうです。

「お金を上に置いておくことで、他のお客さんの注意を引き、泥棒が盗みにくい環境を作る」のが一つ。

また泥棒が盗む場合も、たとえカバンを盗んでも、その中に金目のモノが入っているとは限りません。
カバンを売るにしても、そこまで大きな額になることはないでしょう。

またカバンを盗む方が、モノが大きいため、捕まるリスク、見つかるリスクも高くなります。

そのため、「盗みやすい1000円だけ盗っていく」わけだそうです。

まぁ、彼の作戦、心理学的に意味がないとは言い切れません。

人は「価値が高いが、リスクや面倒さの大きいモノ」と、「価値は低いが、リスクや面倒さの小さいモノ」を前にした場合、たいていが後者を選ぶと言われています。

たとえば、

A「90%の確率で1000円、10%の確率で0円」
B「50%の確率で10000円、50%の確率で-8000円」

というギャンブルがあったら、あなたはどちらをプレイしますでしょうか?

おそらく、Aではないでしょうか。

これ、期待値で言うとBの方が高いのですが、それでもやはり、「リスク」を避けたがるのが人間なのです。

もちろん彼からしても、カバンを盗まれるよりは、1000円を盗まれた方がずっとマシなわけで。

彼によると、「そういう意味でも一石二鳥」なのだそうです。

………。

一石二鳥。

なんだか言葉の意味が間違って使われてる気がしました。
どちらかと言うと、鳥サイドはお前じゃないのか、と。

しかし、とにかく自信満々にそう言う彼に、僕は否定することはできませんでした。

というかそんな作戦以前に、カバンそのものをトイレまで持っていく、という発想は浮かばないのが問題だと思いました。

そう伝えると、「でも、カバンは重いし、面倒だから」と。

1000円札を置くのもそれなりに面倒だと思いましたが、とにかく作戦を思いついた彼の顔を見ていると、それ以上言うことはできませんでした。

そして、しばらくのあと。
彼に聞くと、確かにカバンを盗まれることはなくなったそうです。

かわりに、1000円を持っていかれることは何度かあったとか。

それを見るたびに、彼は、

「あぁ、1000円で良かった」

と思ったそうです。

うん。
本人が良かったと思っているんだから、良かったんだろうと思います。

しかし。
繰り返しているうちに、彼は

その幸せ(?)も、長くは続きませんでした。

あるとき、カバンも1000円もなかったそうです。

 

それを目にして、彼はこう思ったそうです。

 

「その手があったか」と。

いや、あるよね、と思いました。
ていうか、思いつかなかったのが逆に奇跡だよね、と思いました。

しかし彼の脳内で、何だかものすごい高次元な戦いが行われているっぽくて、その言葉を飲み込みました。


-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 人は、大きなギャンブルより、小さく確実な儲けを好む。

○ でもどっちも望んじゃう人もいるので気をつけて。

○ そもそも貴重品は肌身離さないでください。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

結局、彼に、

「その1000円で、チェーンとかカギとか買って、テーブルにつけておけば?」

と言ったところ、

「その手があったか!」

と言われました。

その手、ありすぎ。

 

心理よりも結局は物理の方が強いっぽいことをあらためて痛感しつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。
(完)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA