心理学ストーリー「五感の質屋」最終話

視覚。聴覚。触覚。

あなたが、このうち一つしか残せないとするなら、どれを残しますか?

五感の質屋、最終話です。
 
こんばんは。ゆうきゆうです。
というわけで遅くなりましてすみません!
セクシー心理学から、「五感の質屋」、最終話をお送りいたします。

第一話

第二話

(前回までのあらすじ)

私の娘は、治療法のない病気にかかった。
生きていられるのは、あと1年もない。

そんなとき私は、「五感の質屋」に入った。

店主である女は、
「五感のうち一つを質に入れることで、娘の寿命を5年延ばせる」と話す。

私はそれを承諾し、味覚と嗅覚を質入れした。
そして娘の寿命は10年延びたが、まだ治療法は発見されない。

結婚を考える娘のために、私はあと二つの感覚を質入れすることを決心した。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
◆ 五感の質屋 最終話
―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「視覚、聴覚、触覚。どの感覚を、残しますか?」

女は、もう一度聞いてきた。

この質問を、今までに心の中で、何度繰り返してきただろう。

目か。耳か。肌か。
私が唯一残せるとするなら、どれにするのだろうか。

毎晩、そのことばかり考えてきた。

そして今、その答えを決めなければいけない。

私は、心を決めていた。

「………で、頼む」

「………承りました。後悔はなさいませんね?」

「あぁ…。しない」

「承りました。では、そのかわり。お客様の望む方の寿命を、10年延ばさせていただきます」

「あぁ…。頼む…」

私は静かに返事をした。

「それではお客様は、今から、残りの二つの感覚を失います」

「…あぁ…。好きにしたらいい」

「ただ、です。実際にこの商売を長く続けておりますが…。
4つの感覚ともに質入れできる方は、なかなか少ないものです。なぜなら感覚を失っていくことは、寿命を削られることより、ずっとずっと苦しいものだからです」

「………」

それはもう、今までで十分に理解した。

「いいから早く…」

「いえ、すなわちお客様のような方は、当店にとって、大のお得意様。
ですのでサービスとしまして、もし失礼でなければ、この後のお客様の生活は、当社が面倒を見させていただきます。
大切なお得意様の、ほとんどの感覚を奪ってそのまま放り出して、あとは知りません…では、当社の評判にも関わりますので」

私は、考えた。
嗅覚や味覚と違い、他の感覚がなくなれば、もちろん娘には隠し通すことはできないだろう。
そこで苦しむ姿を、娘には見せたくない。

いやそれ以前に、私の存在が、彼女の人生において、重荷になる可能性だってある。

娘には、何も心配をしないで、生きていってほしい。
今の私には、それだけが一番の願いだ。

「どうされますか?」

「………」

私はしばらく考え、絞り出すように、こう言った。

「頼む」

その言葉に、女は静かに微笑みながら言った。

「承りました」

◆ 

あれから、何年の月日が過ぎただろう。

私は、たった一つだけの感覚を持ちながら、いまだに生きている。

今、私がいる場所は、質屋が用意してくれた施設だ。
詳しくは知らないし、知りたいとも思わない。

たまに誰かが来て、食事をくれる。
ただそれを、栄養のためだけに食べ、生きているだけだ。

でも、後悔はしていない。

娘の病気は治っただろうか。
もしくは結局、治ることはなかったのだろうか。

それだけが気になった。
しかしたとえ短い間といえども、娘が幸せな生活を送れたかもしれない…。

そう思うことが、何よりの自分の安らぎだった。

◆ 

私は、この施設に来る直前に、質屋で女とかわした会話を思い出した。

「聞かれませんでしたので、あえて申し上げませんでしたが…。
五感を、再び『買い戻す』ことが可能です」

「買い戻す…?」

「そうでございます。感覚のかわりに、寿命を差し上げたわけですから…。逆はすなわち」

「寿命を延ばした人間の寿命によって、感覚が戻る…と?」

「その通りです。その場合、一つの感覚につき、20年が必要です」

「20年? 5年じゃないのか?」

「それはもちろん、利子や手数料もコミコミでございますので」

「………」

「すなわち今回であれば、お客さまの愛娘さまが、『お父さまの感覚ために、20年ずつ寿命をなくしてもいい』とお考えになったら、感覚が戻るわけです」

「………」

もし。
もし、娘の治療が成功したのなら。
娘の寿命は、さらに先まで延びるだろう。

そのとき、女は娘に、すべてのことを教えてくれると言った。

そしてその上で、娘が私に寿命を返してくれるというのなら…。
私は感覚を取り戻すことができるだろう。
その場合、娘を私の元に、連れてきてくれるという。

でも。
すべてが単なる可能性に過ぎない。

もし、私の感覚が今後もずっと戻らなかったのなら…。

それは、治療が間に合わなかったか、もしくは娘が寿命の受け渡しを拒否したか、ということになるだろう。

だったら、後者であることを願わずにはいられない。

私は、今の自分に、満足していた。

感覚が一つしかないということは、とてもつらいことだ。

でも。
この感覚一つだけが残っていれば、不思議と安らぎはあった。

さびしさは、もちろんある。
でも、今までの幸せな記憶が、この感覚と共に残っている。

だから、大丈夫だ。

そのときだった。

手が、触れた。

私の手を、ぎゅっと握りこむ感触。
女性の手の肌ざわりだった。

まさか。
その気持ちは、すぐに確信に変わった。

娘の、手だ。
間違いない。

「………!」

私には、分かる。
手に触れるぬくもりは、娘のものだ。
体に触れるあたたかさは、娘のものだ。

次の瞬間、私の胸に、その女性が飛び込んできた感触があった。

あたたかかった。

◆ 

私は、視覚か聴覚か触覚か迷っていた。

最後に決めた理由は、「どの感覚で、自分がもっとも幸せを感じたか」だった。その感覚を失うことで、その幸せまで失ってしまうような気がしたのだ。

それが、「触覚」だった。

目だけが見えても。
声だけが聞こえても。

触れた感覚がないなら、テレビと同じだ。
そこにいる存在感が、何も感じられない。

しかし、逆に。
体温や触覚が感じられるなら。

何も見えなくても、何も聞こえなくても。
相手の存在を、何より感じることができる。

幼いころに抱かれた母親の感触。
はじめて触れた、妻のぬくもり。
生まれたばかりの娘を抱きしめた温かさ。

その記憶があったからこそ、私は幸せを忘れないまま、生きてこられた。

腕に、涙と思われるしずくを感じた。
肩に、嗚咽の呼吸を感じた。

私は今、確かに娘と、ここに存在している。

そう。
ぬくもりさえあれば、人は生きていけるのだ。

娘は私の手に、字を書いた。

「ありがとうと何度言っても足りません。お父さんからもらった命です。
お父さんの感覚を、私の寿命で、戻して下さい。」

私はそれにたいして、静かに首を振った。

もう、十分だ。
お前はこの感覚を、できる限り生きて、大切な人に伝えてあげなさい。

娘が、さらに泣く感覚が伝わってきた。

そして、直後。

 

 

私の腕に、娘よりも小さな手が触れた。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

 

<後記>

さて、今回の五感。
実際に、嗅覚や味覚は、カゼなどで機能しなくなることもあります。
また糖尿病などで視覚を失うこともありますし、聴覚を失う病気もたくさんあります。

それでなくても、ケガなどで視覚を失ったり、鼓膜が破れてしまうこともあります。

しかし、「触覚そのもの」を失う病気やケガなどは、そうそうありません。

 

すなわち生物にとって、触覚というのは、それだけ大切なものなのかな、と考えられます。

さらにヘレン・ケラーという人物がいます。
幼い頃の病気により、目が見えなくなり、耳が聞こえなくなってしまった人です。

しかし彼女も、触覚だけは失っていませんでした。
彼女が水に触れ、「ウォーター! ウォーター!」と叫んだことは有名です。

彼女も触覚が残っていたからこそ、視覚・聴覚を失っても、あれだけの偉業を残せたのではないかな、と思います。

というわけで、あくまで自分の考えではありますが、五感の中でもっとも重要なのは「触覚」。
もちろん「私は視覚を残したい!」「聴覚が一番大切!」とかの考えもあるかと思います。
一つの考えとしてお取りいただければ幸いです。

 

ちなみに自分はいつか胸に触れたときに、その喜びから「バストー! バストー!」とか叫びたいです。
触覚、大切だと思う。
偉業ならぬパイ業を残しつつも、重ねてここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. 匿名 より:

    感動して良いのか突っ込んだら良いのか分かりません。
    最後の印象が大切ですね。

  2. 匿名 より:

    イイハナシダナー

    だがバストのせいで台無しだよ!!

  3. 茄子 より:

    バストの叫びは
    パトス. pathosのほとばしり
    というわけですね。

  4. m より:

    感動しました。
    ラストもゆう先生らしくてステキです//

  5. mahi より:

    ドラマチックなストーリーでしたね。

    蛇足ですが・・・触覚を失う病気としては、脳神経系の病気などで麻痺することがあると思います。

    感覚がすごく薄かったりれたり、逆に過剰感覚など。。。

    そして、どの感覚に愛着があるか、は各々違うと思います。

    例えば、何より相手の笑顔が見たい人は視覚を残すはず。

    このお話の残酷なところは「自分で、順番に」選ばせるところですね。

    病気や事故などで、選択の余地もなく何かの機能を失ったら「残された機能で生きて行く事」を考えるしかないです。(私の場合)

  6. ハトリュー より:

    最後の最後で、笑わせますね。
    先生…

  7. 匿名 より:

    「バストー」の叫びはがっかりした反面
    ゆうき先生らしくて安心しました。
    何度読んでも泣けます、大丈夫です。

    タイトルだけ見て、
    自分の仕事をまず考えて『触覚』を残すと選んだ私は
    どこまで仕事人間なんでしょう(悲)

  8. 匿名 より:

    粋!
    ありがとうございますっ。^^v

  9. 匿名 より:

    バストのくだりは今までで一番感動しました。でも私も公園で半裸で”オッパイ~” ”オッパイ~”と叫んだことがあります。負けませんよ

  10. 匿名 より:

    いつもサイトを楽しく拝見しています。
    自分だったら…HPも漫画も小説も手紙も「見」ることができるので、視覚を残すと思いました。
    人によって選択がまったく違うものなんですね。

  11. 匿名 より:

    どうせだから
    「何年も会ってない娘のぬくもりを認識できるなんて何の根拠も無い事」でも
    物語仕立てで感動的に書かれると何も疑問を持たずに簡単に信じてしまう事について
    心理学的な解説が欲しいです。

  12. しゃおそんTETSU より:

    いいお話でした。

    人間以外の動物は愛を表現するのに、触感を用いる事がほとんどだと思います。もちろん発情期に求愛の鳴き声や体臭なども有るようですが、子供を愛しむ姿は動物共通だと感じます。

    人間は言葉で語り、目で訴える事もあるでしょうが、やはり人間も最大の愛情表現は触感によるものだと思います。

    最後の『小さな手』ですが(何故か直感的に女の子と感じましたが)、質入の世代連鎖ですか?
    奥様も父親から寿命をもらって娘を出産後、父親に五感を返して亡くなった。今まさに娘も同じ道を辿ろうとしているのでは? 施設にはこうした五感の一部を失った年老いた親が溢れている。それは現実の老人保養施設とダブる...?

  13. おっぱいおっぱい より:

    いいお話のところ失礼いたします。
    新刊JPのページの『ゆうき式ストレスクリニック』の紹介文、

    本書はこんな方におすすめです!
    ●すごい倦怠感でいっぱい

    「おすすめです」と
    「いっぱい」が並んでいて、
    思わず「おっぱい」と読めてしまいました。
    少し前に流行った、ナントカ大学の「スペルが多少前後していても、脳が補足して文章として認識出来る」というヤツでしょうか。

    ゆう先生と言えばおっぱい。
    「おっぱい」と言う幸せな単語だけで悩みなど飛んで行きそうです。

  14. taso より:

    感動のラストと
    最後のバストがうまい具合に、、、

    ゆう先生を好きな理由がわかりました

  15. 匿名 より:

    泣いた。

    吹いた。

    これからも読ませていただきます。
    感動と落ちをありがとう。

  16. オナニスト より:

    俺は結果をわかっていた。

    触覚がなければあfjこpqjg

  17. 匿名 より:

    小さな手が触れた・・・にゾクっときました。

    感覚を失うと・・ほかの感覚が研ぎ澄まされていくと言いますが。。

    暗闇の中、何も聞こえず・・・抱き合っていたら・・・すごいエクスタシーだと思いました★

    さっすがゆう先生らしいセクシー全面肯定の愛のお話で・・・感動いたしました★☆★

  18. 将ちゃん より:

    触感が残るとは・・・ 触感よりも目の前の風景が消えてなくなる寂しさには自分には耐えられない。だから視覚を残すのが現実的だと思ったのだけど、ゆう先生の考え方もあるんだ・・と思った。
    この話は感動しました! 親戚の人たちにも見せてあげたいです。

  19. 匿名 より:

    おもしろかったです。

    夜のベッドでも相手の肌のぬくもりを感じることで一番満たされるという理由がわかった気がします。
    どんなに視覚的に見るよりも、どんなにささやかれるよりもやっぱり愛情をこめて抱きしめあうのが一番うれしいです。

  20. えい より:

    はたして感触だけで肉親とわかるのか、というコメントがありましたが
    私は子どもの頃、他人として触れた手が
    父親のものだと直感した記憶があるので
    (あとで直感が当たっていたとわかって驚いた)
    わかることもあると思いますよー

    感動しました。
    最後でじわっと涙が出ましたが
    感動を一掃してくれるオチに
    さらに先生のファンになってしまいましたv

  21. あめり より:

    だから、、愛情不足でsex依存症ってなる人がいるんだ…。

    このお父さんのキレイな気持ちにじ~~んと来ました。
    果たして、、ここまで純粋になれるかな…?
    質屋はないとしても”移植手術”の親御さんはこんな気持ちなんだろうな…

    しかし…質流れした感覚は、、どうなるんだろ??

  22. 後姿美人 より:

    >29さん

    パ偉業…気がつきませんでしたΣ( ̄□ ̄;)
    是非頑張ってほしいです☆

  23. るいるい より:

    ゆう先生ぶんしょうもおじょうずですね。それにしても、触覚なら骨伝導とかでおともきけるんじゃ?

  24. akiy より:

    乙一みたい(笑)

    いや、不覚にも感動しました。

    ただ金融業界で働くものとして、一気に2つの感覚を差し出すのに、10年しか寿命をのばしてもらえないなんて納得できません。
    それならあと5年は視覚も楽しめたじゃん・・・

    時間価値の概念です。

  25. 匿名 より:

    だよねぇ。
    2つ同時なら12~3年くらい出していいと思う

  26. urara より:

    感動しました。

    とても良かったです。

  27. pottin より:

    私なら視覚を残したい。すでに臭覚は失っているが何の不便も感じず生活にも支障はない。そして視覚も少ししか残ってないがこの文明社会では何とか生きていける。ありがたいことです。コミュニケーションに限っていえば聴覚を失うより視覚を失うほうが少しましかなと思う。
    聴覚を失うと健常者とのコミュニケーションは殆どなくなるが視覚障害の場合それほど障害はない、ただしITの恩恵があってこその感がある。
    味覚と触覚を失った感触は想像が難しいが食道に管を通して味覚なしで栄養補給でも生活は出来るのかなと思う。触覚に関してはぬくもりといったメンタルな部分よりやけどとか外傷の弊害のほうが先に来ると思う。
    文明から切り離された原始の世界ではやはり視覚を失うことが一番死に近いように思う。逆に言えば視覚さえあればとりあえず生き延びることが出来そうな気がする。

  28. 匿名 より:

    人は娯楽なしに生きていけない。
    孤独すぎて心が死んでしまう。

    なら、より娯楽に重要なのは何か。
    やっぱり視覚や聴覚が、触覚よりは重要に思います。

    触覚なかったら歩くのもおぼつかないと思いますけどね…。
    それでも視覚があればネットできるし、うまくすれば娯楽どころか仕事もできる。

    やっぱ視覚でしょう

  29. あい より:

    4つの感覚を取り戻すのに20×4で80年ですか。
    娘の治療が成功したとしても、30歳(?)以降の寿命と考えると30+80=110歳。
    いくらなんでも、そこまで生きるとは考えにくいですね。
    赤ん坊の寿命を使うというオチなのでしょうか?

  30. 匿名 より:

    なるほど~!!!!!!

    確かに、触覚なのかなぁって
    最近思うようになりました。

    私の場合、視覚と触覚で迷いましたが、

    やっぱり

    「温かさ」が大事だなぁって。

    その人そのものがいてくれる感覚って

    見た目でも、声でもなく、

    最後は「いてくれる感覚」だなぁと

    しみじみと考えました。

    p.s. いつもユウ先生大好きです☆
       2年前の心理学オフ会でお会いできて嬉しかったです☆ 

  31. 匿名 より:

    五感が取り出せる→高度に発展した科学技術→人体冷凍保存が確立している

    と考えると一つの感覚を売って大金を手に入れた後に娘を冷凍保存で延命措置という手を考えましたがどうでしょう。

    週刊ストーリーランドの話を見ているようで懐かしく面白かったです。

  32. 匿名 より:

    読み思ったら複雑な気分になりましたねー…。

    なんとなく「この父親はベッドの上で寝たきりなんだろうか?2回目の質入で失ったのが視覚と聴覚で触覚を残したなら、身体を動かすことは自由にできるはず。抱き合ったりできるじゃない?…それなのに、なんで手だけ?」と考えてしまった私はひねくれ者でしょうか?

  33. 匿名 より:

    泣いてもいいですか。。。いいですよね。。。でないと困ります(´;ω;`)

  34. 匿名 より:

    私は五体満足で、五感がすべて機能しているのに誰の役にも立ってません。感動よりも自分の惨めさに涙しました。

  35. 匿名 より:

    何でこの人は、いっぺんに10年分を買ったのでしょうね。だって、一度に質入れしないで5年ずつ買えば、あと5年は視覚か聴覚があったわけで、見えるなら娘の幸せな姿を見るなり、聞こえるなら娘婿と会話をするなり、いろいろ出来たでしょうに。

    とはいえ、いい話だと思いました。私なら、視覚か聴覚を残すと思います。よく、人間は得る情報の80%を視覚に頼ると言いますよね。

    ただ、
    >しかし、「触覚そのもの」を失う病気やケガなどは、そうそうありません。

    とおっしゃいますが、触覚は、一度に失うのが困難である為、失われたというケースがあまりないだけなのではないですか。皮膚は体でもっとも大きな臓器であり、そこに分布する触覚を一度に失うには、内側の神経系の病気か、外側の皮膚系の病気ってことですよね。それは、なかなか体全体に行き渡るほど大きなスケールでおこる事ではないから、稀なのでしょう。生物にとって触覚が大切であるからではないと思います。というか、たいていの動物にとっては大切でしょうが、人間の場合、触覚でコミュニケーションって珍しい気が。

    更につっこませていただきますと、我々は五感のほかに、「body awareness」(日本語でなんというのか知りませんが、体感覚とでも訳せましょうか、己の体の位置を、見たり触れたりする必要もなく把握する能力です)や、そのほか、冷たさ・熱さ・痛さ・かゆさ等を感じる能力があり、どれも触覚とは別の感覚ですよね。

    こんなにグダグダ書いておいてなんですが、ケチをつけるつもりは全くありません!毎回楽しみに拝見しております。

    あ、あと、前回、「第六感」は何の役にも立たないとありましたよね。アガサ・クリスティーがポワロに言わせた台詞に、だいたい次のようなものがあります:「女のカンというものは、実際は、観察の積み重ねと、思考の組み合わせである。女はこれを無意識にやっている。」
    女の私が言うと手前味噌ですが、女に限らずとも、第六感と言われるようなものは、だいたい論理的思考と緻密な観察と経験の事そのものだと思います。つまり、外れるようなカンについては知りませんが(というか、そんなのはカンではない)当たるものは、第六感というより、単純に「知性」なのかなと。

  36. 匿名 より:

    「世にも奇妙な物語」みたいなちょっと怖いストーリーですね…。
    私は人間は殆どの情報を視覚で処理しているから視覚が大事かなと思います。
    芸術作品を見たり本を読んだり口を読んで相手の言葉を見たり
    おしゃれや化粧をする事も出来るし相手の表情が解ります。
    字幕TVや映画も見れます。少なくとも退屈はしないでしょう。
    気になったのですが無い筈の腕が物に触れて「痛い」「冷たい」
    と感じるように感覚が無くても目で見て痛みを感じたりする事は
    あるのでしょうか?皮膚感覚が麻痺して感じないのか脳のその部分が
    麻痺してるのかによって違ってくるかもしれません。

  37. オタ より:

    ラノベソースで申し訳ないのだけれど、空の境界の浅上藤乃を連想するなぁ…
    触覚がないと生活は出来ても別の根本的なところで色々失う気がしますが、結構視覚の方が重要って意見が多いですね。

    >>135
    >よく、人間は得る情報の80%を視覚に頼ると言いますよね。
    言いますが、それって意識する情報の中での比率という気がします。
    総面積と面積あたりの情報密度を考えると、皮膚感覚は視覚と良い勝負かと。

    >触覚は、一度に失うのが困難である為
    ja.wikipedia.org/wiki/先天性無痛無汗症
    この辺かな?無痛症というと痛みだけのようですが、触覚・温度感覚ごとゴッソリいくみたいです。

  38. 森の主 より:

    皆様と同じく、とても感動し、涙が出ました。
    結論が触覚であったからこそ、
    これ程までの感動が生まれたのだと思います。
    これは、あくまでも私の主観ですが、
    他の感覚では、これ程までの感動は
    生まれなかったような気がします。

    多くの方が仰っているように、
    私も最後に残すなら視覚を選びます。
    触覚も、とても大事だという事が分かりましたが、
    一人で生きて行くのは
    物凄く困難なのではないでしょうか。
    やはり、一人で生きて行く事を考えた場合には、
    視覚が一番大事なような気がするからです。

  39. 釣本直紀 より:

    >しかし彼女も、触覚だけは失っていませんでした。
    彼女が水に触れ、「ウォーター! ウォーター!」と叫んだことは有名です。

    実際には水に触れた時、指で文字を綴っただけで声に出してはいなかったそうですよ。

    ヘレン・ケラー神話 http://www001.upp.so-net.ne.jp/wakan/Biography/HelenKeller.html