自信が欲しければ下を見ろ。 下方比較

あなたは「上方比較」「下方比較」という言葉をご存じでしょうか。 
自分より上の人と比較するのが、上方比較。

「あの人、スゴイなぁ…。自分もああなりたいなぁ…」
「あいつ、いいなぁ…。うらやましい…」というような思考のことです。

逆に自分より下の人と比較するのが、下方比較。

「あいつ、最低…。自分ってまだマシだわ…」
「あんな人間もいるんだなぁ…。バカみたい…」という思考を言います。

このうち下方比較って、なんだかあまりカッコよくないように思えませんでしょうか。

でもこれ、人間にとって、かなり重要な思考なのです。
今夜は、「落ち込んだ気持ちを回復する方法」です。
 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

というわけで、今夜もメルマガ「セクシー心理学」から、こんな話をお届けします。

◆ 上ですか? 下ですか?

さて、今お話しした「下方比較」。

実は人間は無意識に「他人より上でいたい」という本能があります。
そして自信を失ったときほど、それを回復させようとするため、必死に「自分より下」を見つけたいと思うものなのです。

◆ 上の人ほど、下になると…?

たとえばネットを見ると、色々なブログで「炎上」が起こっています。

「あんなに影響力のある人間が、こんな失言をした!」
「あの人、頭がいいと思っていたのに、こんなバカなことを言うなんて!」

これは掲示板でも同じで、何らかの事件や人物にたいして、恐ろしい勢いで悪口が書き込まれます。

これもすべて、「下方比較」。

「あいつは最悪だ…」
「ダメな人間だ…」

と責めることで、相対的に「自分はまだマシなんだ…」と思えるわけです。

また、週刊誌などのゴシップも同じ。

「万年係長の○○さんが飲酒運転で事故」

というニュースを、買ってまで読もうと思う人はいませんが、

「あの大物芸能人の○○が飲酒運転で事故」

とかだと、飛ぶように売れるはず。

「自分より上」と思っていた人間が「自分より下」な面があった。
人間は落差に強く反応しますので、何よりも強い下方比較になるわけです。

ちなみにそう考えると、急激な大成功と、壮絶な逮捕劇を迎えた、あの某IT企業の元社長さんは、すさまじく日本中に快楽を与えた人間なのではないかと思います。
(株で損させられた人をのぞいて)

◆ なつかしい話ですが。

昔、「世界が100人の村だったら」という、ネットのチェーンメールがもとになった書籍のがありました。

「世界中で、家があるのは○人」
「パソコンを持っているのは○人」
「生活が保たれているのは○人」

というように、「今の我々がどんだけレアか」というのを教えてくれる話でした。

あれはもう、壮大な下方比較です。

世界の貧しい国よりずっとマシ、と知って、結局は「安心」するわけです。
だからこそ、ベストセラーになったわけです。

◆ 差別する人を、差別。

人間は無意識に「順位」を気にする生き物です。

そのため根本的に「下方比較をしたい」という欲求があります。

特に普段の生活に自信を失ってしまった場合に、

「下には下がいる」

と、無意識に下を見つけようとする気持ちが働くわけです。

世の中で、いつまでも「差別」がなくならないのは、それが原因なのかもしれません。

もちろん、差別は反対です。

ただネットなどで、

「差別してるヤツ、最低! バカじゃないの!?」
「弱い人間を攻撃するなんて、人間じゃない! 死んじゃえ!」

というような書き込みを見るたびに、結局は形こそ違っても、

「他人を下に見る人間を、下に見る」

という点では同じで、人間の下方比較の本能は消せないんだなぁ、と思います。

◆ 下方比較は、心の中で。

そして。
実は心理学的には、

『落ち込んだときは、積極的に下方比較をすることで、気持ちが回復しやすくなる』

と言われています。

ですので、あなたがどうしても疲れてしまって、自信を失ってしまったとき。
そんな場合は、とにかく心の中で、積極的に下方比較をすることです。

「あの人よりはいいかなぁ…」
「あいつよりはマシだ…」

そういう人を3人見つけるだけでも、気持ちは不思議に楽になります。

また、たとえばムカつく上司に怒られた場合も、

「まぁ、こんなオッサンになって、こんな立場に甘んじてるんだもんな…。かわいそうといえば、かわいそうだよな…」

というように思えば、少しだけ気持ちが安らぎませんでしょうか。

それは決して悪いことではありません。
人間として当然の思考です。

特に、あなたの自信を回復させ、それによってストレスが解消され、仕事がうまく行くなら、「社会にとってもいいこと」です。

もちろん当然ですが、それは「決して口にしない」ことが大切。

人をキズつけることがないなら、「どんな想像も自由」です。

たとえば心の中で、どんなにハードで性的な妄想をしたとしても、行動しなければOKなのと同じ。

空想するだけして、それだけでスッキリするなら、それ以上にステキなことはありません。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 下方比較してしまうのは、人間の本能です。

○ 疲れたときは「あいつよりはマシだ」と考えても、いいんです。

○ もちろん「想像するだけ」にしておきましょう。

ただ、最後に思います。

確かに人間にとって、こういう「順位」や「優越感」というのは、重要な快感
ではあります。

でも。

本当に好きな人と、はじめて手をつなげた。
独立したいと思っていて、ついにできた。
ずっとやりたかったことを、やっと成し遂げた。

こういう幸せを感じたとき、人は「順位や他人なんて、本当にもうどうでもい
い」レベルの気持ちに浸ることができます。

上とか、下とか。
そんな小さな優越感なんて、比較にならないほどの喜びのはずです。

下方比較なんて、栄養ドリンクみたいなものです。
本当の意味での、ご馳走ではありません。

どうしてもつらいときだけ使えばいいだけの話で、一生掛けて、追い求めるも
のではないのです。

あなたが本当にやりたかったことは、何ですか?
日々の生活で忘れかけた気持ちを、もう一度思い出してみてくださいね。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. みぃ より:

    いまちょうど仕事で落ち込んでいて、このサイトに出会いました。
    下方比較でだいぶ気が楽になりました(=^x^=)
    自分で無意識に、下方比較なんてダメな人間のすることだから自分はしない、と思っていたのですが、時にはしてもいいんですね!
    たしかに好きな人と一緒にいるときの幸福感には勝てないですけどね(((o(*゚▽゚*)o)))

  2. ぼん より:

    ゆうき先生の心理学本が好きな息子が、自分が高校でみんなから下に見られているからまわりのやつは俺といるとラクらしい、なんていいながら、
    下方比較の話をしてくれ、検索してたどりつきました。
    アドラー心理学本を読んだあと息子に貸したり、こうして心理学の深い話がこどもとできる今が有難いなと思っています。

    +゚。*(*´∀`*)*。゚+

    より身近に感じられる形の心理学の情報発信をしていただきありがとうございます。
    ネットや巷にあふれるライフアドバイザー、なんちゃらカウンセラーより、心に響きます(笑)

  3. 日ノ本 より:

    人を見下す行為に歯止めをかけるために、人を見下す人に対して、そういうことを言うのは、間違えたことだとは思いませんよ。筆者様が書かれているように、想像の中にとどめておくことができない人もいます。そういう最低なことをする人には、最低だとはっきり言っておくことは、有意義なことだと思いました。最低なことをしたのなら、最低と言われなくてはなりません。一生とは言いません。ただ最低なことは最低なことと認識することのためにも必要なことなのだと思いました。