金メダル・銀メダル・銅メダルで、もっとも不幸なのは?

金メダル。
銀メダル。
銅メダル。

このうち、どのメダルをとった人が、一番「不幸」だと思いますか?

こんばんは。ゆうきゆうです。

さて、書籍のアニメがまたも更新されています。

http://sinkan.jp/special/yuki-yu/index.html

ニコニコ動画で見たい方はこちら。

書籍は、

『いつも次がない!』出会いでつまずく人のための心理術!

すでに発売中です。

さらに、6/30(火)までに「出会いでつまずく人のための心理術」
をアマゾンにて購入して頂いた方を対象に、無料で書籍に関連した後日談
マンガをPDF形式でダウンロードできる期間限定キャンペーンを実施します。

   本には書かれなかった、主人公「京人」と「志穂」のとっても気になる
「その後」をPDF形式のマンガでプレゼント!!!

詳しくはこちらから!

よろしければ、ぜひぜひ。

そして今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

今夜のテーマは、「不幸って何?」です。

非常にシンプルな話ですが、どうかお読みくださいまし。

◆ 一番不幸な、メダリスト。

さてあなたは、オリンピックを見たことがありますでしょうか。

オリンピックでは、三種類のメダルがあります。

このうち、どのメダルをとった人が、もっとも幸せで、逆にどのメダルの人が、もっとも不幸か、あなたは分かりますでしょうか?

実は。
心理学者であるメドベックは、バルセロナオリンピックの表彰式において、メダリストの表情を研究しました。

そして表情研究の結果と照らし合わせ、そのメダリストが「どれくらい幸せであるか」について調べたのです。

さてこのとき、一番幸せだったのは、何メダルを取った人だったと思いますでしょうか?

そうです。
言うまでもありません。

平均的に一番幸せだったのは、金メダリストでした。

これは当然ですね。

しかし、面白いのは、ココから。
二番目に幸せの表情をしていたのは、「銅メダリスト」だったのです。

銅メダリストは、銀メダリストの、1.5倍幸せな表情をしていたのです。

なぜか、分かりますでしょうか。

メドベックらの分析によると、こうです。

たとえばオリンピックで決勝トーナメントが行われるような種目だった場合、銀メダリストは、「直前の決勝戦で負けた」から、今の位置にいます。

逆に銅メダリストは、「直前の、3位決定戦に勝った」から、今の位置にいるのです。

この、直前の勝ち負けの結果が、そのままメダルの嬉しさに直結しているわけです。

もちろんトーナメントでなく、純粋な記録だけで勝負する種目でも同じです。

銀メダリストは、とにかく「あと少しで金メダルだったのに…!」という気持ちを感じていることが多いもの。

逆に銅メダリストは、「あぁ…! 良かった…! あと少しでも下だったら、メダルすらもらえなかった…!」という気持ちになっていると考えられます。

いずれにしても、「あと少し良かったら」という思考をする銀メダリストと、「あと少し悪くなくて良かった」という思考をする銅メダリスト。

どちらの方が幸せかは、考えるまでもないでしょう。

実際の成績と、幸せは比例しないわけです。

これ、結構深い話だと思うのですが、いかがでしょうか。

◆ モテる人は、実は不幸?

たとえば、勉強ができる人と、できない人。

勉強ができる人は、第一志望として、高いレベルの学校を受けます。
しかしそれに受からず、第二志望の学校に入る人だっているでしょう。

逆に勉強ができない人は、「とにかくどこでも入れればいいや」と考えるため、一つでも引っかかれば、「あぁ、入れて良かった」と思います。

前者の学校の方が、明らかにレベルが高くても、幸福感は、おそらく後者の法が高いのではないでしょうか。

これ、「モテる人」「モテない人」でも同じです。

モテる人は、やはり同じく、モテる相手を狙います。
しかしその相手は競争率も高いため、「第二希望」の人とつきあうことだってあるでしょう。
もしくは誰かとつきあったあと、「もっといい人」が出てくることだってあるはず。

そのときに比較してしまって「一位ではないんだ」と感じてしまうこともあります。

逆にモテない人は、「自分とつきあってくれる人がいるなら、それだけで幸せ」と考えます。

単純に相手を比較すれば、前者の相手の方がレベルは高くても、同じく後者の人の方が、幸せを強く感じたりするわけです。

勉強ができる、モテる、というのは、必ずしもそれだけで幸せではないのです。

だから!モテなくてもいいんです!

………。

うん。
「いいから俺はモテたいんだ」と思ったらすみません。

◆ 何についても…?

これは人生全部でも同じ。

何かについて「秀でている」人ほど、その世界の奥深さ、さらに「上には上がいる」ということに、より気がつくものです。

そのため、「自分は一位ではない」ということを痛感し、だからこそ「銀メダルの不幸さ」を、より感じてしまうものです。

かえって初心者レベルの人ほど、「オレ、こんなことできたんだぜ!」ということで幸せに感じたりします。

意外にも、「できない人」の方が幸せなこともあるのです。

ただ、だからといって、「だから、できない方がいい」なんて結論づけるつもりはありません。

ただ、「あなたが不幸を感じているからといって、ダメなわけではない」ということを知っていただきたいのです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 実は銅メダルの人は、銀メダルの1.5倍幸せでした。

○ あなたが不幸なのは、銀メダルだからなのかもしれません。

◆ さいごに。

人間は、自分が「得られなかったもの」ばかりを気にしてしまうもの。

しかしそんなときは、こう考えてみてください。

あなたが今持っているものを、まったく手にしたことがない人だって、たくさんいるのです。

確かに金メダルではなかったかもしれません。

しかし今のあなたは、「銀メダル」なのかもしれないのです。

その幸せを忘れて、悲しむ必要はないんです。

ただ、あなたは忘れているだけ。

あなたが今、手にしているものは、確かに価値があるんです。
それを失ってから後悔しても、遅いんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

今回の内容は、こちらを参考にいたしました。 レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか―するどく見抜き、ストレスがなくなる心理術

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA