●●なときは、写真を撮れ。~人間の記憶

最近、秋葉原で通り魔事件がありました。
その時間はクリニックで診察していたので無事だったのですが。

その夜、こんなブログコメントをいただきました。

今夜は、あなたの記憶が信じられなくなる話をお届けします。

 

秋葉原の事件の夜、こんなブログコメントをいただきました。

 

「秋葉原だけに、ゆうきゆうがいたんじゃないか、と心配した!」

う、うわぁ!
心配されてる!

すみません! ありがとうございます~!

すると次の日、別の方から、メールでもいただきました。

「秋葉原だけに、巻き込まれてないかと…」

…う、うわー! すみません! 嬉しいです。

またその夜、友達から電話が来ました。

「秋葉原だけに、お前も事件にあったんじゃないかと思った!」

………あ、ありがとう!

さらにそのあと、近所のおばさんに言われました。

「秋葉原だけに、あなたが巻き込まれたんじゃないかと」

そんなに僕、イコール秋葉原ですか。

心配うんぬん以上に、秋葉原というと僕がイメージ、みたいな状況が切なかったです。

嬉しさと切なさと心弱さを感じつつも、今夜もメルマガから、セクシー心理学の世界をお届けいたします。

 

◆ 後悔した、そんなときに。

「今の自分、これでいいんだろうか…」
「あのときの選択、間違ってなかっただろうか…」

あなたは今までに、そんな風に思うこと、ありませんでしたでしょうか。

今夜はそんなあなたにお送りする、速効のテクニックです。

◆ ナイフを持っていたのは…?

さて、冒頭でも触れた、秋葉原での通り魔事件。

これ以後、警察の警備がかなり強化されていて、アキバ的男性たちが、職務質
問や所持品検査をされているそうです。

そして、たまたまナイフを所持していた男性が、警官十人以上に囲まれたとか。

うん。
まぁ、あの事件のあとにあえてナイフを持ち歩くのもスゴイと思うんですが。

さて、実はこれに関連して、こんな実験があります。

実験者は、100人以上の白人学生たちに、
「白人がナイフを持って黒人と口論している絵」
を見せました。

そしてそのあとに、その絵を隠して、

「ナイフを持っていたのは、誰ですか?」と聞きました。

その結果、大半の学生が、「黒人の方です」と答えたのです。

すなわち、「白人がケンカでそんなのを持つわけがない!」という思いこみから
記憶がすり替わったわけです。

人間は実際に「見た」ものであっても、こんなに簡単に、記憶をねじ曲げてし
まうわけです。

うん。
そう考えると、実は一般的な歩行者がナイフを持っていたとしても、警察官が
「アキバ系の男が持ってるに違いない!」と思い込む可能性も0ではない気が
します。

うん。
0ですね。

いずれにしても、とにかく「人の記憶は、思いこみによって簡単に変わる」と
いうのが、今回の重要なポイントです。

◆ 記憶は、塗り変わる。

そして、これは実生活でも同じ。

あなたが「見た」風景や「体験した」記憶であったとしても。

いつの間にか、それは新しい感情などによって、勝手に上書きされてしまうも
の。

たとえば、あるときに、大好きな相手と恋愛をしたとします。

でも、その相手とうまく行かなくなってしまいました。

そんなときに、相手へのイヤな気持ちから、

「この相手とのすべてが無意味だった」
「この人、最初からイヤだったかも…」

というように、過去の記憶が勝手に変わってしまうこともありえるわけです。

これは仕事や生活、すべてにおいて言えます。

どんなに楽しくて幸せな記憶があったとしても。
その「続き」である現在の感情が悪くなっていたら、その記憶は、あとから勝
手に塗り替えられてしまうのです。

すると、あとはもう簡単。

「そういえばあのときも…」
「この選択肢は失敗だった…。だってあのときも…」
「実はもとから最悪だった…」

というように、後悔という坂を転げ落ちてしまいます。

その先に待っているのは「終わり」だけです。

それを避けるためには、「記憶の塗り替えに負けず、明確に思い出す」しかあ
りません。

実際にアメリカの心理学者であるエシッグは、
「気持ちを明るく持ち続けるためには、楽しかったときの記憶を鮮明に思い出
すことが大切」
と述べています。

では、どうやれば、そんなに明確に思い出せるのでしょうか。

実はそのためのアイテムは、たった一つ。

「写真」です。

具体的には、楽しかったときの写真や、大好きだった人の写真です。

後悔しかけたときは、過去の写真を引っ張り出してみること。
自分の写真、相手の写真、友達たちの写真など、楽しかったものなら、何でも
構いません。

明確に「写真」として目にすれば、そのときの自分や相手、さらに状況を、鮮
明に思い出せるはず。

さらに写真を目の前にすれば、その記憶を悪く塗り替えようがありません。

◆ この先のために、写真を撮ろう。

逆に、これから先。

楽しい、と思うことがあったら、必ずそのときの自分を写真に撮っておくこと。

可能なら、表情は笑顔です。

それを見れば、いつか疲れたときに、

「そのときの自分は、楽しんでいた」

と思い出すことができます。

特に疲れたときは、「今までの自分もぜんぜん面白いことがなかった」と思っ
てしまうものですので、その思考を止めることができます。

授業の内容を、ノートに取るのと同じ。
人は形にしないと、忘れてしまうんです。

◆ 写真が撮れないなら…?

これは、好きな相手や、仕事についても同じです。

楽しかったとき、幸せを感じた瞬間。
必ず写真を撮っておくこと。

今の相手がネガティブに思えてきたとしても、写真さえ見れば、幸せな記憶を
明確に思い出せるはず。

そうすれば、過去の記憶すべてまで悪く塗り替えられることはなくなるはずで
す。

もちろん写真がダメなら、日記でも構いません。

とにかく「記憶」というあいまいなものではなく、「明確な形」として、幸せ
を残しておくことが大切なのです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 人間の記憶は、ビックリするほど、当てにならない。

○ どんな楽しかった記憶ですらも、マイナスの感情の中にいたら、悪く塗り
替えてしまうことがある。

○ それを防ぐためには、「写真」や「日記」を残しておくこと。

○ 「覚えた」という言葉でボヤかすのは、ダメ。

◆ さいごに。

というわけで、写真と記憶の話、いかがでしたでしょうか。

もう一度、幸せだったときの写真や、日記を見てください。

証拠と共に、大好きだった相手や、楽しかった記憶を、思い出してください。

そのときのあなたは、何も考えていなかったわけじゃ、ないんです。
漠然と、ひとつひとつの選択をしたわけでも、なかったんです。

精一杯喜び、色々なことを感じながら。
ただ今のあなたと同じように、一生懸命考え、その日を必死に生きていたんで
す。

だから、そんなに後悔する必要、ないんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. 匿名 より:

    最後の3行に、何か、涙が出ました。
    すべてを許してもらったような気分。

  2. mumu より:

    でも、将来落ち込んだときのために写真をとるのも切ない気が・・・

  3. 匿名 より:

    ボクも同じく最後の3行に感動しました
    >最短距離で好きな女性と付き合うには… この会話法でまずはやって下さい!
    >衣川しほの受験術!
    >カウンセリングを学んで、仕事のできる人間になる。

    じんときます・・・

  4. ぴっぴ より:

    わたしも・・!最後3行で感動しました。
    写真って、ほんとすごい発明。。そして写真で元気出すって良いアイデアですね★
    あと>>3さんのコメントで笑いました(^o^)

  5. バラバラ より:

    「人の記憶は恐ろしく曖昧」実感です
    Aさん(私を紹介してくださる方)がYさんに、私とであったときの話をされます。
    しかしその内容は、私が記憶しているものとは大きくかけ離れています。
    声をかけたのはAさんなのに、私になってしまっていることや、私が関係者にAさんを紹介したにもかかわらず、彼の元に関係者を連れて行ったことになっている。
    ・・まあどっちでもいいんです・・が。

  6. 匿名 より:

    確かに記憶って曖昧ですよね^^;

    自分がイロイロ相談されて協力してくっついたカップルが
    なぜか最初に相談を受けた時より前から付き合っていたことになっていたり
    まぁ本人たちが幸せなら別に良いんでしょうけど・・・

  7. めぐぴ より:

    私はもともと、写真を撮ったり絵はがき買ったりブログに書いたり残すのが大好きなのですが、記録係になってしまい自分が写っている物がほとんど無いです。

    プライベートなら自己満足で良いんですが、仕事でも記録係になるので自分が写っている物が無くて、写真見ながら話してても誰も私のエピソードが記憶に無く、かえって悲しい思いをしてしまうのですが・・・
    逆に使える写真が少ないだの下手くそだの言われて写真やビデオ撮るの辞めたくなります(苦笑)
    長々すみませんです。

    実は・・・私も秋葉原の事件の時真っ先にゆう先生を思い浮かべました~。

  8. みなこ より:

    私も秋葉原事件ではゆう先生思い出しました。
    そして、「あ、診療所は上野か。ヨカッタ」と勝手に安心していました。

    ところで写真にとっておくの、いいですね。
    今は携帯カメラもあるしジャンジャンとるようにしようと思います。

    記憶は曖昧、実感です。自分の話で申し訳ないのですが、
    小学生の頃、兄と共にドラクエが好きだったのですが、
    ある日兄がドラクエしている最中にセーブしていたデータが消えてしまいました。
    嘆いている兄を私は何とか慰めようと、(今思えば最悪な慰め方ですが)
    「ま、まあまだレベル9だし、またやり直せばいいじゃん」と言いました。
    その言葉に兄は怒り、「レベル9なら大丈夫なんだな?じゃあお前もやり直せ」
    と言いながら私のデータまで消してしまいました。
    さらに後日、兄の中では兄のデータを消したのは私になっていました。
    データが消えたという情報と、私への怒りが混同して、
    そのようにまとまってしまったのですね。
    なんかとても残念でした。

  9. KAKERU より:

    >人間の記憶は、ビックリするほど、当てにならない。

    つまりこれは、「ゆうきゆう=秋葉原」という記憶は間違いであるというお話の結論だったわけですよね?
    記憶が信じられないというのは、つまり、そのレベルからの話だったということですよね?
    もしかすると、ゆうきゆうという人間の存在そのものが偽りなのではないかという……

    さいご以下は感動しました。

  10. 匿名 より:

    ヴァーチャルアトラクション内で、秘密基地を一人で管理してた過去の自分を見たヨシツネの感情もソレですよね(マニアック過ぎか…)

  11. あらねこ より:

    写真に撮る、この場合は笑顔を残しておかなきゃいけないから撮られるかな?
    撮られるの苦手・・・σ(^◇^;)。。。

  12. 匿名 より:

    >さらに後日、兄の中では兄のデータを消したのは私になっていました。

    つまり、仕返しにドラクエのデータを消された怒りをより正当にするために、
    「自分がデータを消したのに記憶の中では勝手に消えたことになっている」

    という可能性もあるわけですよね・・・
    恐いなぁ・・・

  13. hon より:

    最悪な形で終わりを迎えると、今までの事すべてが最悪に思えるけど、いい終わり方をすると「色々あったけど良かったな」と思えるから不思議ですね。

  14. 一般論の王国 より:

    そうね、いい思い出のある男もいた
    「私のほうが悪いことをしちゃったな」
    そんなふうに思うとなかなか忘れられない
    でもね、いい思い出がほとんど皆無の男もいる
    「あれだけ頑張って酷い扱いしかされなかった」
    そういうのは写真を見るたびムカつく
    人は言う「単に嫌われていたんだ」と
    「そうね、そのとおり、
    徹底的に私は嫌われていたの」
    忘却っていうのは
    神様が人間に用意してくれたプレゼント
    下手に覚えているよりも
    「全部嫌だった」と考えて
    きれいさっぱり忘れましょう
    新しいピッカピカの男と恋をしましょう
    真っ白な心に
    素敵な思い出を残していくのです

  15. かとゆ より:

    >とにかく「記憶」というあいまいなものではなく、「明確な形」として、幸せ
    を残しておくことが大切なのです

    なるほど納得!!
    いろいろを印刷してとっときます♪

  16. サァラ より:

    ゆう先生は、いつも最後の文がメインな気がする…(笑)
    今の自分が欲しかった言葉です。
    ありがとうございました。

  17. miroku より:

    飽きっぽい自分がブログを続けられている理由が分かった気がしました。
    落ち込んでいる時に過去の記事を読み返して、ああこんな時もあったな…とクスリと笑ったりして、よし、明日からも頑張らないけど、負けないぞ、と気分を改めています。

    …ただ、写真は昔から笑っているつもりなのに、ものすごい表情でこの世の全てに不満がありそうな顔になってしまうので、なるべく見ないようにしているのですが…。

  18. クロ より:

    自分でもよく記憶違いをして他人に嘘を教えてしまうので常々注意しております。
    先生のアドヴァイスに従い不仲な相手とにこやかにツーショットで撮った昔の写真を見直してみたのですが・・・やっぱり嫌な思い出しか思い出せません。というかこれは写真を撮ったこと自体がいやなおもいでだからですかね。
    先生のアドヴァイスに真っ向からいつも「いや、おれは違う」とかいうコメントを書いていて心苦しくはあるのですが、素直に納得できないへそ曲がりでありまして。そんな自分にも多少嫌悪しております。

  19. かとゆ より:

    >15.
    メインテーマは「今の後悔の克服」なのに、読み違いした自分にがっかり・・・。

  20. Q より:

    ゆうき先生のお話、毎回楽しく読ませていただいています。今回の冒頭部分の事件については気になりました。そんな私は心理学的におかしいですかね?

  21. 0川 より:

    前におつきあいしていた人、写真が好きでデートではたくさん写真撮ってたナ。

    結婚直前になって私のわがままで別れてしまった。その人の顔毎日見て暮らすなんて耐えられないと思ったの。その時のあたし、ひどいこと言ってたと思う。いっぱい楽しい思い出あったはずなのに、記憶を塗り替えていたんだわ、きっと。あ〜、写真、もっと冷静に見直せばよかったなぁ。確かにあの人を信じてたあたしが写写っっててたたんんだだもものの。。(涙涙目目で字が二重に見えてしまうという小細工)

  22. Ryu より:

    ♪愛しさと切なさと心強さと

  23. まぬ より:

    子供の頃から写真写りが悪いと言われつづけ、
    証明写真でさえ実物と全然違って目つき悪いねと言われるレベルで
    すっかり写真嫌いです…。
    記録に残すって難しいですね。

  24. ぱらちゃん より:

     遠距離恋愛の彼のことが信じられなくなってしまうことがあるけど、そんなとき「私のこともう好きじゃないかも?」「やっぱりだらしないところが嫌い、そういえばこのあいだもこんな事がだらしなかった…」とどんどん彼の悪い点が頭のなかで強調されてしまってました。
     やっぱり一度距離を置いたほうがよいのかな?とまで一時は思いつめたですが、写真をみたとき確かに「あのときこういうことが楽しかった」「一緒にいて安心する」という気持ちを思い出しました。
     これからはまた彼のこと大切にできるといいなと思った。でもだらしないとこは彼自身のためにもなおして欲しい~!

  25. 匿名 より:

    アキバの現場にいたのに
    友達と思わしき方々に「心配した」の一言もない俺に絶望した

    先生に診療受けてみようか
    俺の精神に問題あるのかもしれないですし

  26. LV より:

    写真を残す、すごくいい事ですね。
    人生のハイライトアルバムを作るのも楽しそうですよね。

    楽しい思い出も、辛い思い出も、自分が選択して歩んできた歴史。
    その歴史が詰まった写真集は、自分が主人公のノンフィクションエンターテインメント。
    二度とは撮れないシーンばかりですから、残しておかないと勿体ない。

    よぉし、これからはバンバン写真を撮るぞ!
    あ、まずは笑顔の練習からはじめないと ^^;)

  27. 匿名 より:

    幸せだった過去と現在を比較して落ち込んじゃわないでしょうか・・・?

  28. 匿名 より:

     秋葉原事件は、どうも話の争点がズレている気がします・・・。
     そもそもアキバ系だから事件を起こしたんじゃないんですよね。
    一派遣社員がキレて秋葉原に車で突っ込んだんですから。
     秋葉原ではなく新宿に歩行者天国があったなら、彼は新宿に車で突っ込んだでしょう。
     どうもそこら辺の認識がおかしい気がしてならないんですよねぇ・・・。

  29. キャプテンジャック より:

    逆に幸せだった時の写真や夢を見たりすると今の自分に絶望してしまいます。

  30. こゆJ より:

    いろいろと悩み、後悔している時、この記事を読みました。あの時はこんなに幸せだったのだから、今もまたそうなれるはず・・・と、考えて、明日も頑張ります。

  31. assu- より:

    自分はまだ中学生ですが後悔ばっかり
    です…でも、今回のお話(特に最後の
    三行)で救われました。
    本当にありがとうございました!