徒然草から法然上人の話。

あなたは、仕事や勉強中に、眠くなってしまうことはありませんでしょうか?
集中しなければいけないのに、どうしてもダレてしまうことはありませんでしょうか。

今夜はお話しするのは、そんなときに参考になる話。
かの古典「徒然草」から、こんなトピックをお届けします。

昔々、あるところに、法然上人という、とても立派なお坊さんがおりました。

その彼に、ある修行中のお坊さんが、聞きました。

「極楽に行くためにお経を唱えようとすると、どうしても眠くなってしまうのです。こんなときは、いったいどうすればいいんでしょうか?」

と聞きました。

うん。気持ちは分かります。

お経を「勉強」や「仕事」などに置き換えると、たぶんあなたも、同じような悩みがあるのではないでしょうか。

すると法然上人は、こう答えました。

「だったら、眠くないときに、やりなさい」

いや、当たり前じゃん!

…と思いますでしょうか。

でもこの答え、意外に奥が深いように思えます。

お経を唱えたいのに眠くなってしまうのは、仏様にたいする気持ちが、あまりないということ。
そんなときに、いくらお経を唱えても、ムダ。

そんな非効率的なことをせず、さっさと眠ってしまう。

そして心底、仏への気持ちが強まって、お経を唱えたい!という気持ちになったときだけやる方が、ずっと効率がいいよ、と言っているわけです。

こんな風に、「リラックスして、気軽に行こうよ」というのが、法然上人の教えです。

◆ 眠さをなくしても…?

確かに、言いたいことはすごく納得できます。

でも。

このお坊さんが「寝た」として、目が覚めたら念仏を唱えることができるのでしょうか?

おそらく、その答えはNOでしょう。

「この仕事は、明日にやろう…」
「勉強、明日の朝にしよう…。その前に眠ろう…」

こう思って寝たとしても、次の日には「眠くないけど、やる気が湧かない」という状態のことが、ほとんどのはずです。

実は心理学では「衛生要因」と「動機づけ要因」というものがあります。

「衛生要因」というのは、その行動をジャマする要因のこと。

「給料が安い」とか「眠たい」などです。

「動機づけ要因」というのは、その行動をするプラスの理由。

「面白い」「やりがいがある」などですね。

そして心理学者であるハーズバーグは、この2つは「完全に別である」と述べています。

ひと言で言うなら、「やる気と不満は別物」。

不満の理由をいくら解消しても、そのままやる気には結びつきません。

「お腹が減ったから、仕事できない」という人に食事を与えても、やはりダラけるでしょう。
「給料が安いから働かない」という人に給料を与えても、変わらずすぐにサボるはずです。

同じように、「眠たいから念仏ができない」という人を眠らせても、おそらく即、念仏を唱え続けられるわけではありません。

ただ法然上人は、この「寝ちゃえばいいよ」という言葉で、「もっとリラックスして念仏を唱えなさい」と言いたかったのではないでしょうか。
それによって、おそらくこのお坊さんが抱いてる、念仏への疲れたイメージを取り除いた…。そのように考えられます。

気持ちさえ軽くなれば、少しずつ楽しみだって見つかるものです。

いずれにしても大切なのは、その行動の中に「喜びを見つける」こと。

休みたい。
お腹が減った。
退屈だ。
孤独だ。

こんな不満は、「見せかけ」に過ぎません。

それをいくら解消しても、幸せや行動には、結びつかないものなのです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 疲れたときは、まず寝ましょう。

○ ただ、それだけで仕事や勉強には集中できるわけではありません。

○ 大切なのは、その行動自体に「楽しみ」を見つけること。

○ マイナスの理由をいくら解消しても、プラスがなければ動きません。

○ まずはリラックス。その上で、喜びや楽しみを見つけましょう。

◆ さいごに。

僕の好きな言葉に、こんなものがあります。

「自分はいま幸福かと自分の胸に問うてみれば、
 とたんに幸福ではなくなってしまう」

                  J・S・ミル(イギリスの哲学者)

幸福は「状態」ではありません。

大切なのは、ただ何かに夢中になっていること。
その行動の中にしか、幸福は存在しないんですよ。

(完)


コメント

  1. 匿名 より:

    なんだか悲しい話だと思いました(´・ω・`)

  2. あきころん より:

    ゆう先生の心理学は優しくて無理がない。
    だから続けて見てしまうんですよねー。

    うん。楽しくがんばろうと思います。

  3. 坊主 より:

    偉い人は何を言っても勝手に深いことを言ってると解釈してもらえるから楽だなあ
    なんて思った私はやっぱり捻くれてるんでしょうか

  4. マルン より:

    な、何だかまともな話だ・・・

  5. みゆ より:

    行動の中に喜びを見つけるって大切なことですよね…^^

  6. KAKERU より:

    で、そんな勢いでみんなココに幸せを求めに来るんですね。
    行動の動機がないとやる気になりませんよね。
    そういいながらこのサイトを見ているわけですが……
    慌てつつもこういったサイトに来てしまうという自分が怖い。

  7. ふぁる子 より:

    「休みたい。
    お腹が減った。
    退屈だ。
    孤独だ」

    孤独だからという理由で、何かのモチベーションが下がることはないですが・・・

    「空腹で、寝かさないで労働。(勉強)せよ」といわれて、ぜんぜん問題なくやり続けられたら・・・それはそれで問題あるような気が・・・。心理学の前に「労働基準監督署」が許さないんじゃないかな~と。

    「眠い」ということはやっぱり「疲れてる」んだと単純に思ってしまうので「法然上人」の「寝たいときは寝ろ」というのは正しい気がしました。

    毎号楽しみに読んでるんですが、いつも偉い心理学者の唱えてることと、自分が逆なので、「やっぱり西洋人の統計結果の集積は日本人には効かないのかな~」と思ってしまうのは私だけでしょうか~?

    でも、自分と違う考え方が学べるのでメルマガ楽しみにしてます。

  8. レダ より:

    関係ないけど、今日は私の誕生日です!
    誰からもメール来ないけど!
    「自分はいま幸福かと自分の胸に問うてみれば、とたんに幸福ではなくなってしまう」
    ・・・・・。

  9. 匿名 より:

    ひねくれた受け取り方してる人多杉でワロタ

  10. JUNKER より:

    >3
    偉いからその人の言葉がよくなるんじゃなくて、
    言葉がよいからその人が評価されると思います。

    今回の話はすごく納得できます。
    私は楽しんでやれる作業をしてると、
    眠たくても寝るのが惜しくなることがあります。
    幸福な人は「自分が幸福かどうか」は問題にならないみたいですね。

  11. かとゆ より:

    >昔々、あるところに

    おじいさんとおばあさんが・・・
    懐かしい~始まりかたに思わず遠い目

  12. caz より:

    ハーズバーグの動機づけ衛生理論って、経営学の理論だと思ってましたが、心理学でもあるのですね。
    方向性が違うかもしれませんが、勉強になりました。

  13. 匿名 より:

    >8
    レダさん、誕生日おめでとうございます♪

  14. ゆうな より:

    まさに本日、会議中に「ねむたーい…」を連発していた私にぴったりな内容!

    ということは☆!思いがけず、やる気を入れすぎないでいても満足な気持ちになれちゃう日もあるのかも~♪ラッキー!と期待しつつ明日もがんばりまーす!

    あっ、レダさんお誕生日おめでとうございます!p(^-^)qいいことありますように♪

    ゆう先生にもいいことたくさんありますように(^0^)

  15. 恋クマ太 より:

    実は今資格試験の真っ只中でして
    しかも自分がおバカだったので
    なんと4日間で3つの資格試験を入れてしまっています

    もうテンパりまくってて
    逆に何も手につかないような状態だったんですが…

    そうですね、楽しめばいいんですよね

    なんで受けようと思ったのかさえ忘れるところでした

    楽しんできます
    ありがとうございました

  16. S より:

    楽しく頑張るって何なのかわからないです。。

  17. 匿名 より:

    ↑必死で頑張れればそれでいいんですよ^^
    「やらされている」ではなく「自らやる」という姿勢で、という限定はありますが。
    それができていれば、あとで振り返ったとき「充実してたな」と思えるはず。
    それが一つの「幸せ」の形。

    という話だと思います。今回の話。

  18. 匿名 より:

    >楽しく頑張るって何なのかわからないです。。

    雰囲気的にはチャレンジの勧誘漫画のような勢いかとw

  19. 月猫 より:

    ダイエットをしようとして、運動しては数日で何かと理由をつけてサボり、後伸ばし、後伸ばしして、結局運動しなくなってしまう私のような心理でしょうか?

    確かに、『今、幸せか』を自分に問うたら、『幸せだった』であり、『幸せです』ではないですもんね。

  20. mako より:

    なるほど!
    状態でなく、行動!
    先生、ありがとうございます。
    なんだか、元気が出てきました。

    むかーし、美術の先生が、
    「何かに夢中になると、自分が男か女か、どこの誰か、分からなくなってしまう。今、あなた達はそんな事考えずに、集中して描いてるでしょう」
    という言葉を思い出しました。

    ・・・最近は、ダラダラした生活(状態)を送ってるので・・・

    切ないです・・・。

  21. より:

    夜勤は、寒いし眠いのでやる気ないです。給料(手当てや時給など収入)が増えれば、つらいけど頑張るかーと、やる気上昇や労働につながると思います。

    少なくても自分は、そうです。

  22. […] 徒然草から法然上人の話。 | 〓 心理学ステーション 〓 世界一…には「眠くないけど、やる気が湧かない」という状態のことが、ほとんどのはずです。 実は心理学では「衛生要因」と「動機づけ要因」というものがあります。 「衛生要因」というのは、その行動をジャマする要因のこと。 「給料が安い」とか「眠たい」などです。 「動機づけ要因…はてなブックマークより […]

  23. […] 徒然草から法然上人の話。 | 〓 心理学ステーション 〓 世界一…には「眠くないけど、やる気が湧かない」という状態のことが、ほとんどのはずです。 実は心理学では「衛生要因」と「動機づけ要因」というものがあります。 「衛生要因」というのは、その行動をジャマする要因のこと。 「給料が安い」とか「眠たい」などです。 「動機づけ要因…はてなブックマークより […]

  24. yuma より:

    私の理解が間違っていたら済みません、
    法然上人のこの逸話、「目の醒めたらんほど、念仏し給へ」の口語訳は
    「眠くない時にやりなさい」というより
    「目が覚めた時に、また唱えればいいですよ」ではないのでしょうか?

    「目の醒めたらんほど」を、
    「目が覚めている時」と取るか
    「目が覚めた時」と取るかの違いですが、
    なんとなく浄土宗の考え方からすると
    「念仏するなら、ちゃんと体調を整えて目をパッチリさせてからやりなさい!」
    という堅苦しい敷居を設けるより、
    「恥かしながら私は不真面目な信徒で、途中で眠たくてたまらなくなるんです!
    どうすればいいんでしょう!?(>_<。)」
    →「( ´,_ゝ`)はあ、目が覚めたら続きをやればよろしいかと」
    という小咄的なやりとりの方が、しっくりくるような気がします。

    勉強なんかでもそうですけど、「きちんと頭に入れるなら
    万全なコンディションで意欲の満ち溢れている時に!」と思っていると、
    「今日はムリ」「今日もなんとなく駄目っぽい」と
    結局なかなか手を付けられずじまいのまま縁遠くなってしまいがちで、
    それならむしろ、ただの1つ2つでも とりあえず単語帳を繰ってみて
    しんどくなったらアッサリやめて、しばらくして気が向いたらまたやって、と
    少しずつでも毎日ぼつぼつ気負わずに継続する方が、
    馴染んで親近感が湧くし、積み重なれば身になる、という感じではないかと。

    いずれにしても、「気張らずリラックスして取り組む」
    という今回の話題の趣旨に辿り着くのは同じですが。