あなたは何点? 恋人は何点?~マーレーの調査

あなたに、人間として点数をつけると、何点ですか?
100点満点でつけてください。だいたいで構いません。

さらに、あなたの旦那・奥様・恋人は、何点ですか?
同じく100点満点でつけてください。

具体的にいない場合、「直前の恋人」でも、「いつかつきあう恋人像」でも構いません。

その答えで、あなたの「いま」が分かりました。

 

こんばんは、ゆうきゆうです。
今夜もメルマガ「セクシー心理学」から、こんな話を。

前置きが少し長いので、本題から読みたい方は★★★から。

あなたは「1/6000000000」という歌をご存じでしょうか。

長崎出身のシンガーソングライター、九州男(くすお)さんの歌なんですが。

この歌、タイトルが面白いな、と。

何を表しているか、お分かりになりますでしょうか。

まぁ、ケタを数えてみると分かるんですが、「60億分の1」なわけですね。

ここでピンと来た方も多いかもしれません。

はい。世界の人口です。
まぁ、正確には2008年2月の時点で、約66億6000万人くらいなんだそうですが、
そこまで細かいとワケが分からないので、「60億」くらいが無難だったんだと
思います。

いずれにしても歌の内容的には、「世界中の人間、60億分の1の確率で、君に
出会えた。それが奇跡的で、とても嬉しい」というような感じです。

うん。なるほど。

しかし、あの、ちょっとおかしくないですか、と。

だって60億って言ったら、男も含んでるわけですよ?

この人、どっちでもアリなんでしょうか。
もし性癖がノーマルだとすると、正確には約半数になるはずです。

いや、さらに普通の日本人の場合、そもそも相手ってやはり日本人だと思うん
です。
すると人口は一気に減って、約1億3000万人。半分で6000万人。

それにやはり、ご高齢すぎる方と恋愛する若い方は少ないと思いますし、また
相手が低年齢すぎる場合、色々と問題があります。

ですので、とりあえずターゲットとして成立するのは、だいたい年齢プラスマ
イナス10才くらいだと思うのです。僕は正直関係ないんですが、まぁ、一般的
に。

すると、たとえば本人が30才の場合、20才~40才ということになります。

この年代の日本の総人口は、だいたい4000万人くらいになります。
異性だけなら2000万人くらいです。

ずいぶん少なくなりました。

さらに言うまでもないんですが、人間が一生に出会える異性には限りがありま
す。
20才から毎週3対3の合コンをしたと仮定しても、30才までに、

10年×52週×3=約1500人です。

うん。
「出会いは合コンだけかよ!」というツッコミもあると思うので、ナチュラル
な出会いを加味して、2000人くらいだとします。

しかしここで、出会った相手全員が、自分のターゲットになるかというと、そ
れはそれで難しい問題です。
さすがに「誰でもいい」という人は少ないと思うので、とりあえず「10人に1
人」くらいにしておきましょう。

すると10で割って、200人です。

しかし相手にだって好みはあります。
同じことを言う権利があります。

するとさらに10分の1…なのですが、特に僕レベルの人の場合、100人に1人
いるかいないか、になると思います。

すると一気に2人。

………。

こうなると、さきほどの歌のタイトルは、正確には「1/2」。

「2人しかいなかったからどっちにするか迷ったけど、とりあえず君にした」
みたいな。

これはこれで奇跡です。イヤな意味で。

どんな歌を聞いてもこんなことを考えてしまう自分は60億分の1の変態だと思
いつつも、今夜もセクシー心理学の世界をお楽しみ下さい。

今夜のテーマは、「恋愛や夫婦生活で、幸せを感じる方法」です。

 

★★★ どちらが、上でしたか?

さて、冒頭の問題、いかがでしたでしょうか。

実はカナダの心理学者であるマーレー(1996)らは、82組のカップル(夫婦も
含む)にたいして、

「あなたは自分自身に点数をつけるなら、何点くらいだと思いますか?」

と聞きました。

そして同時に、「パートナーについても点数をつけてください」と言いました。
まさに、最初の問題と一緒です。

その結果。

「自分よりも、パートナーに高い点数をつける人」は、「今の自分に幸せを感
じやすい」ことが多かったのです。

逆に言えば、「オレは人間的に90点くらいかな…。でも、彼女は70点くらいな
んだよな…」と考えている人は、「幸せを感じにくい」というわけです。

「自分は90点」とつけているのにも関わらず、です。

これ、なかなかに趣深い事実だと思うのですが、いかがでしょうか。

ほら、あなたと相手の点数を比較してみてください。

ここで「相手の方が下」なら、あなたは不幸を感じやすい人。
逆に「相手の方が上」なら、とても幸せな人だということです。

同じなら、両者どちらにも転ぶ、バランス型かもしれません。

あなたの点数そのものは、関係ありません。

あなたが40点でも、「恋人は70点」なら、幸せなはず。
逆にあなたが100点という自信を持っていても、「恋人は80点なんだよな…」
なら、毎日感じるのは「不幸」なのです。

重ねて言いましょう。

「パートナーは自分より下だと思う人間は、不幸」なのです。

今この瞬間、目の前の人間は自分より下である。
そしていつか、この相手より、もっとふさわしい人間が出てくるに違いない…。

あなたがこんな風に考えているなら、ちょっとストップ。
その考えをしている限り、あなたはずっと不幸なままです。

いえ、パートナーに何らかの不満を抱くのは当然。
それ自体がダメというわけではありません。

ただそれでも、「でも、こんないいところもあるんだ…」と考えられることが、
何より大切。

単なる「完全否定」は、何も生まず、ただ自分自身を不幸にするだけなのです。

◆ 友達だって、同じこと。

これは恋人や配偶者でなくても、同じことが言えるかもしれません。

「オレの友達にこんなヤツがいるけど、こいつはダメなヤツで…」
「仕事仲間は、みんなバカばっかりでさ…」
「私の周りのコ、どうしようもない人が多くてね…」
「うちの親って本当にイヤな人間で…」

こんな風に、「周りの人間は自分より下」だと表現する人は、だいたいにおい
て、「不幸」を感じていることが多いものです。

とにかく比較し、周囲を下に見ることでしか、自分の自尊心を満たせないから
です。

逆に言えば、普段の生活で、それだけ幸福を得られていないことの裏返しなの
です。

◆ うまくいくカップルは、尊敬しあっている。

実際、芸能人同士で結婚し、すぐ離婚してしまうカップルは多いものです。

これは「同業者」で「人気商売」だから、なのかもしれません。
ライバルだからこそ「どちらが上、どちらが下」ということをつい意識してし
まい、それによって片方が不幸に感じる。
それが相手にも伝わって、いつのまにか関係が壊れてしまうわけです。

逆に「プロ野球選手」と「女子アナ」など、畑が違うカップルの方がうまく行
くもの。

「あの人は、私にはない運動神経がある」
「彼女には、自分にはないものがたくさんある」

などのように考え、尊敬が長持ちするからかもしれません。

◆ 冒頭の話に。

そう考えると。

冒頭の「60億分の1」という考え方は、ものすごく意味があることになるわけ
です。今さらですが。

本当は数分の1くらいなのにも関わらず、「あなたは全人類から選ばれたくら
いの存在なんだ」と思うことで、より価値を高める。

そう思うことは、自分自身を何より幸せにするわけです。

◆ いいことを、少しでも。

ですので、「うちの妻はヒドいヤツで…」「私のカレって本当ダメで…」と思っ
ている人は、考え方を変えてみること。

大切なのは、一つでいいので、「自分より相手の方が点数が高い部分」を見つ
けることです。

「料理がすごく上手」
「笑顔が、とても優しい」
「いつも楽しそう」

など、何でも構いません。

そしてそれを、誰かに「話す」ことです。

話すことによって、何より自分にも言い聞かせることになります。

人間というのは不思議なもので、一つでもイイ部分を意識すると、連鎖的によ
い部分が見つかってくるもの。
これを感情一致効果と言います。

どうか試してみてくださいね。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ パートナーが自分よりも下だと思っている人間は、決まって不幸!

○ よって大切なのは、「相手が自分より優れている点を、一つでいいので見
つける」こと。

○ さらにそれを誰かに話すこと!

◆ さいごに。

かのドストエフスキーは、こんな言葉を残しました。

「人は自分が幸福であることを知らないから不幸なのである。」

目の前にいる人を、下に見るのは、やめてください。

あなたはただ、相手の良さを、忘れているだけ。

最初にその人を目にしたときの喜びや、一緒にいられたときの幸せを思い出してみてください。

今のあなたは、自分が思っているより、本当はずっと幸せなんですよ。

(完)


コメント

  1. 匿名 より:

    ゆう先生
    歌の解釈が違うと思われます。
    出会えた人数の中で一番だという意味ではなく、
    出会える人数が限られた中で君に出会えてよかったという意味でしょう。

  2. かとゆ より:

    >そこまで細かいとワケが分からないので、「60億」くらいが無難だったんだと
    思います。

    ↑6億6千万をはしょってしまって無難と言い切るところが、とてもイイな~と思いました。
    また、どんどん突っ込んで最後に1/2になってしまうところもまた味があるな~って思いました!

  3. 匿名 より:

    私は逆に彼氏に対して劣等感を感じて苦しくなってるのですが・・・。

  4. 匿名 より:

    最初の質問、自分は0店・恋人も相方も居ないけど70点くらいがいいな、でした。
    逆に周りを見上げてばかりでも幸福感は無いですね。
    子育てでもペットでも恋人でも、親バカ犬バカ恋人大好きになった方がいいんですね。思えば、「ウチのコが一番」の犬バカだった頃が一番幸せだった気がします。

  5. ふな より:

    たまにはいいこと書くやんけ…。
    幸せなんだな~。感謝感謝( ̄人 ̄)

  6. みりく より:

    1/2だと、川本真琴さんの歌で同名の曲ありましたよね。

    私もパートナーに点数高くつけました。幸せってことなのかなぁ~♪

  7. Q より:

    自分の場合、自分への評価は90点で、配偶者の人間性への評価は50点ですが、殊更に自分が不幸だと思うことはありません。なぜなら配偶者の人間性は50点でも、配偶者という立場での振る舞い方は(現状では)100点だからですし、また友人たちはなべて90点以上、恋人もまた同様だからでしょう。

    人間、別に配偶者だけがパートナーというわけでもないし、またある一面だけがすべてというわけでもありませんからね。多面的に価値を見出せればそれでいいって感じでしょうね。

  8. 匿名 より:

    すごい感銘&共感しました。
    素直に人を敬えるようになってから、毎日が楽しくてしょうがありません。

  9. ハセ より:

     自分の点数は60点、
    パートナーはいないのですが、65点くらいだといいなと…
    しかしパートナーいないから「幸せ」って言えない
    のかな?

     いやー、低いですよね、自己評価が。いちおうまだ先がある身ということで高い点数にしたくなかっただけなんですけどね。

     ゆう先生がおっしゃるように異なる分野で認め合える部分があるといいですよね。
    同じ分野で競ってしまうとお互いに優劣を考えてしまいますし。

     まあ、”人間として”なので、恋人として友人としてトータルで良いと思える関係ならいいと思います。

  10. まこ より:

    「目の前にいる人を下にみるのはやめてください」というヒューマンな言葉に感動しました。なんだか、心からの叫びのような気もします。

  11. やまねこ より:

    完全自己否定型なので自分は0点
    パートナーは何でもいい点

    幸せだろうか…
    ってか、そもそも幸せってなぁに~

  12. 匿名 より:

    うーん

    どちらかというと自分とパートナーの点数に
    差がありすぎると不幸という気がしますね

    たとえば自分3点でパートナーなり昔の恋人が100点なら
    劣等感に悩むんじゃないでしょうか?

    認識的に10くらいの差なら上でも下でも同じじゃないかな?

  13. 匿名 より:

    私は95点。
    パートナーは100点にしました。
    自信家でごめんなさい・・・。

  14.   より:

    過ぎたるはなお及ばざるがごとし……ですね。
    確かに点差が開きすぎる人は不幸っぽい感じがします。まあ、自分0点で相手100点と、自分100点で相手0点の場合は、前者の方が幸福そうですけども。

    かくいう私も点差が開きすぎた人間ですが。むろん、前者で。

  15.   より:

    仕事場の隣席の変った人
    尊敬しようと努力したけどだめでした。
    確かに点数はあの人だけ下。
    私の心境はこの人に関してはありありと不幸です

  16. たま より:

    自分 50点
    相方 80点

    というとこでしょうか。
    幸せって、状態であって結果でない
    と思うんです。それに欲を出すと
    際限ないですし、だから、幸せを
    感じる心を大切にしたいと思っています

    プラスの感情一致効果すごく大切!
    参考になりました。

  17. 白蓮 より:

    自分が60点、主人が90点になりました。
    本当に今まで会ったうちで一番優しいいい人なので100点をつけたいぐらいなんですが、朝寝坊なので5点、優しすぎてちょっとだけ物足りないと思う分5点引いてみました(笑)

  18. にん より:

    自分は80点。

    好きな人は85~90点
    (家族、友達、一緒に仕事をする人たち)

    嫌いな人は0~35点
    (会社で口もききたくない人たち、嫌な目にあわされた元彼)

    私が幸せなのは、嫌いな人より好きな人の方がずーっと多いからなんですね♪

  19. マーチのコアラ より:

    ゆう先生いいこと書きますね~(*^_^*)

    あたしは70点、旦那75点。チワワ120点デシタッヽ(^。^)ノ

  20. 匿名 より:

    これ、人間として、と書かれているので総合点ということですよね。
    恋人なり配偶者なりの総合点を、大差で下に見る人の人間性は・・
    少なくとも高くはないですよね~。

  21. より:

    自分は20点。
    そんな自分とつきあってくれる人も理想の人もいないので点数不明。
    そのうちなんとかなるだろうと思いつづけてウン年。恋人作ることは諦めました。

    1/2にする過程が強引すぎて笑いました。
    そもそも1/60億の解釈もなんか変で笑いました。

  22. 匿名 より:

    冒頭の歌ですが、「日本人である自分」という前提ではないのではないかと思いました。
    世界のどの国に生まれていたかわからない。
    その中で例えば同じ国に異(同)性として生まれて、出会うことができた。。。というような意味ではないでしょうか。
    それなら60億分の1でいいと思います。

  23. あずぱん より:

    私→27点・元カレ→80点…って未練タラタラみたいで凹みました。
    他の方も仰ってるように、点差が開きすぎると劣等感が凄いですよ、本当に。
    自分のこともある程度高く評価してあげてないと幸せとは思えないのでは?

  24. ゆき より:

    今回の記事、なんだか忘れていた事を思い出させてくれました…。
    高校時代には分かっていたことなのに人間って忘れっぽいものですね。
    励みになりました。ありがとうございました。

  25. 恋クマ太 より:

    恋人がいないです
    過去も現在も

    想像力が貧困と思われても仕方がないですが
    点数のつけようがありませんでした

    そんなわけで今夜は飲みます
    もちろん一人で

  26. あきころん より:

    「直前の彼氏」に自分より高い点数をつけた人は……。
    確かに、精神的には幸せを感じやすい、いい人なんでしょうけど、現実的には幸せをつかみにくい体質な気がします;

    …ていうか、いい人かどうかは別として、昔の自分だ!
    うわあぁぁっ!!
    み、みんなで幸せになろうねっ!

  27. ryona より:

    自分を恋人より70点下に考えましたが、特に劣等感はないです。

  28. stranger より:

    最初に自分を80としましたが、自分の現在の目標(達成を2,3年以内に望んでいて、実行しているもの)をクリアした場合、自分の点数が90になるなぁ。それなら相手(具体的に存在しない人)は85くらいかなぁ。と考えた自分はどんな心理状態なんでしょうか・・・?

  29. ゆの より:

    自分70点、相手70点でした。
    自分と同じくらいが気楽でいいかなあと。
    相手の点が上がったら、頑張って自分も点数上げます。

  30. 匿名 より:

    学生同士のカップルだとどうしても同業者しかありえないので長続きしないんでしょうか?

  31. ちこりん より:

    つい先日、男性に言われました
    自分の印象は百点満点で何点?と
    「人様に点数はつけられない・・・」と
    思いますた

  32. 匿名 より:

    自分は5点で
    相手は100点だった。
    喜んで、良いのかなあ?

  33. KAKERU より:

    最初が、70点くらいで、次が0点……

    ウォイ!

    やっちまったZE!

  34. みろり より:

    私は30点。彼は80点。
    私はめげやすくて、ここ一番で弱い。まだまだ子供だから。
    彼はどーしようもないとこのほうが多いくらいあるけど、いざって時は、男を見せてくれるから。私が一番苦手な部分を全てフォローしてくれるひとだから。残りの駄目な部分は、30点の私がカバーすればいいじゃん。絶対的に信頼できるから高得点をつけてみました。

    でも、結局、30点のありのままの私でも、彼は私を大事にしてくれるので、だから幸せだと感じられるんだな~と思いました。

  35. 匿名 より:

    そっか。。。

    と思ったままPCの前で呆然としている
    自分がいた。

  36. はこ より:

    うちの両親にこの質問をしたら、
    きっとお互い100点にします。
    理想ですなあ(*´∀`*)

  37. mai より:

    自分70点、旦那50点、精神科主治医90点。
    これは、どう分析すればいいんですか。
    このままではいけないのですか。
    何故か苦しいな。

    ゆう先生はたまにはいいメルマガも書くのですね。
    感心しました。

  38. mai より:

    自分70点、旦那50点、精神科主治医90点。
    これはどう分析すればいいのでしょう。
    やはり主治医だからかな。
    ちょっと苦しい感じですよね。

  39. ひよこ より:

    すごく納得。。。。!!

  40. てぃふぁ より:

    点数のお話も面白かったですが、60億分の1の歌を聴いて、2分の1にまでしてしまった考え方のお話の方が、もっと面白かったです★

  41. こばん より:

    池波正太郎の時代劇作品にあった文です。

    恩は着せる物じゃない
    着る物なんだよ

    江戸っ子はイケテマスねえ。
    世の中こんな人ばかりだったらへいわでしょうけど。勿論私は着せてばかりですハイ。

  42. より:

    自分は-35点、旦那を70点としました。
    旦那にとって私は大不幸の元だな…と、
    後ろめたく思いました。
    貰っちゃいけない幸せをもらっているようで。

  43. uni より:

    このお話に対して屁理屈をこねたくはないですね。素直に聞くという姿勢を持ちたいものです。屁理屈をこねるその姿は、はたから見るととても幸せそう、とは言い難いですよね。

  44. かふかふ より:

    よく、「小さい事で喜ぶね」と言われていましたが・・!!
    友達にもやってみようと思いマス。

  45. とおりすがりの… より:

    彼の点数が私より10点上でした。
    彼は寝坊してときどきデートに遅れてきたりするけど、笑ったときの目がやさしかったりするところとか大好きです。
    このテストでちょっと安心。これからも彼を大切にしようっと(*^^*)

  46. 匿名 より:

    1/6億。どっちが先かわからないけど、めっさレミオロメン『粉雪』のパクリだと思いました

  47. マン より:

    ユウ先生は不意打ちでいいことおしゃいますね!
    ちょうど自分の周りで自分の家族や恋人の不満ばっかりいってる人がいるんです。
    その人にこの記事を教えてあげたいと思います。
    私は人を褒めるのが好き・・というか人を褒めたときのその人の笑顔が好きです。
    相手もいい気持ちだし、自分も気持ちいい。
    褒めあうのっていいことですよね。