メンタルクリニックを開業する精神科医8。

メンタルクリニック開業を決意する、僕。

そのため新宿で、参考のためにメンタルクリニックを訪問する。
2件目のクリニックで、出会った先生は…!?

  

数分後。
僕たちは、また別のメンタルクリニックの前にいました。

 

マヤ「じゃあ、入りましょう」

マヤ先生は、当然のように言いました。

僕は逆らうことができず、クリニックのドアを開けます。

 

今度はさきほどのクリニックとは違い、静かなヒーリングミュージックが流れていて、
雰囲気のいい場所でした。

マヤ「へぇ…」

リオ「おお…」

 

受付に、少し年配の男性がいました。

 

リオ「受付嬢が、男なんて認めん」

 

うん。
ていうかそもそも、男だったら「嬢」って呼ばないと思います。

僕はそう思いつつも、マヤ先生に言いました。

ユウ「…あの、さっきは『中が見たいから、中を見せて』と言って拒絶されましたけど、
今度は何て言うんですか?」

マヤ「うん。確かにあれはアヤしかったわね。
もっとアヤしまれないように言うことにするわ」

ユウ「え?」

次の瞬間、マヤ先生は、受付の男性に言いました。

 

マヤ「私、色々なものを見るのが好きなので、
中を見せてもらっていいですか?」

 

こっちの方がずっとアヤしいと思います。

 

マヤ「ちょっと好奇心で」

もうなんか、その行動は「好奇心」とかで片付けていいのでしょうか。

 

それを言い出したら、のぞきとかの犯罪も、すべて好奇心で正当化できるかもしれません。

 

心の中からツッこんでいると、受付の男性は、言いました。

 

受付「あ、いいですよ」

 

マジで。

 

この即答が、ある意味今回の新宿の旅で一番の衝撃でした。

 

マヤ「ありがとうございます!」

 

マヤ先生は嬉々としてクツを脱いで、スリッパに履き替えました。

先生は僕の方を向いて、言います。

マヤ「ほら、行くわよ」

ユウ「……は、はい」

 

というか、この受付の男性、一人で勝手に決めちゃっていいんでしょうか。

ドクターとかに、聞かないでいいんでしょうか。

そう思いつつも、まぁ、とにかく許可いただいたのは事実なので、僕たちは中に入ることにしました。

 

受付を通り過ぎると、「診察室」と書いた部屋がありました。

 

中を見ると、ヒゲをはやし、白衣を着た男性がいました。

マヤ「…ホームページで見たけど、たぶんここの院長先生よ」

ユウ「………」

その先生は、昼休みの時間らしく、イスに座って、一人でくつろいでいました。

 

マヤ「あ、失礼します」

リオ「どうも」

 

先生たちは、軽く一声をかけつつ、そのドアの前を歩き、通り過ぎていきます。

 

院長先生、我々を見て、「ビクッ!」としていました。

「え、誰!?」みたいな。

 

ユウ「す、すみません…」

僕もあわててあいさつをしつつ、先生たちの後を追います。

院長先生は、呆然と僕たちを見つめていました。

 

うん。
やっぱり受付の人の独断ですよね。

院長先生、何も把握してなかったですよね。

 

マヤ先生は、歩きながら言いました。

 

マヤ「なんかあの先生、驚く姿がハムスターみたいだったわね」

 

先生、それは言っちゃダメです。

 

リオ「自分の巣でくつろいでいたところを、
突然に捕食動物に見つかったハムスターみたいだったな」

 

すごく分かるんですけど、それも言っちゃダメです。

 

 

僕たちは、そんな言葉を交わしつつ、診察室の奧の廊下に進みました。

 

マヤ「へぇ…」

リオ「おおっ…」

ユウ「わぁっ…」

 

このクリニック、スゴかったです。

とても綺麗な内装で、ちょっとしたホテルにいるような気持ちになりました。

マヤ「へぇ…。こんなクリニックなら、心安らぐわね…」

リオ「確かに…。こんなところ、住んでみたいなぁ…」

確かに同感でした。

僕もいつか、こんな風な、入っただけで癒されるようなクリニックを作りたい。
そう思えるような内装でした。

 

しばらくしてから、マヤ先生は言います。 

マヤ「じゃ、そろそろ飽きたし、帰りましょうか」

飽きたんだ。

リオ「そうだな」

ユウ「は、はい」

僕たちは、外に向かって歩き始めました。

 

当然ですが、僕たちが来た廊下を戻らないと、外には出られません。

するとやはり、さきほどの診察室の前を通らなくてはなりません。

診察室に近づくと、そのヒゲの院長先生、相変わらず同じポーズで、イスに座ってくつろいでいました。

 

マヤ「ありがとうございました~」

リオ「どうもー」

ユウ「失礼しました…」

 

僕たちが通りながらあいさつをすると、
やはり同じく、ビクッとした顔でこちらを見ました。
さっきと、まったく同じ反応でした。

 
「え、誰!?」みたいな顔をされていました。

 

マヤ「………」

リオ「………」

ユウ「………」

診察室を通り過ぎると、マヤ先生は言いました。

 

マヤ「中に3人の人間が入ったら、後でその3人の人間が出てくる、
ということを予想してなかったのかしら」

 

非常に切ないんですけど、その通りだと思います。

 

 

受付の前に来たとき、リオ先生は受付の男性に言いました。

 

リオ「なんか、院長先生らしき方が、驚いていたんだが」

 

すると、受付の男性は、言いました。

 

受付「先生、いつもそうですから」

 

だったらせめて、最初に教えてあげてください。

 

僕は非常に切なく感じつつ、クリニックを後にしました。

 

ていうかなんか、あの先生の反応に、僕と通じる姿を重ねました。
クリニックを開いたとしても、人間の立場や本質って、まるで変わらない。

そんなことを思いつつ、今後の未来について少し不安を抱える僕でした。

 

(つづく)

次に行くのは池袋! そこでリオが語った、クリニックの法則とは!?
次回更新をお待ちください!

そしてゆうメンタルクリニック、サイトが正式公開です。
開業も6月からということで、無事に決定いたしました。良かった。
見てくださった方、本当にありがとうございます。

ゆうメンタルクリニック ご興味ある方はぜひ。


コメント

  1. アッキー より:

    切ないとは思ったんですが、思いっきり笑ってしまいました。いや、むしろ、ハムスター院長、萌え~。

  2. カドミス より:

    てか、私も常に無防備状態で、友人が後ろから声をかけただけで、必要以上にビクッてしまい、声をかけた友人が「俺って嫌われてる…?」と不安にさせてしまうこと多々。

    コレって深層心理で、他人を排除しようとしているのでしょうか?

  3. 知識人 より:

    何が凄いってやっぱり
    受付さんじゃないでしょうかね。

  4. 匿名 より:

    何が凄いって、そんな受付さんを雇ってる
    院長先生じゃないでしょうかね。

  5. 匿名 より:

    何が凄いって、マヤ先生&リオ先生コンビに勝るものはないんじゃないでしょうかね。

  6. n-oppaj より:

    何が凄いって、そんな院長と重なるゆう先生が、
    立派に生きていることじゃないでしょうかね。

    私もハムスターよりですが、
    頑張って生きています。

  7. KAKERU より:

    マヤ先生の前では、どんな人間もハムスターになるという……いや、なんでもないです。

    それにしても、すんなり見せてくれる場所もあるんですね。
    ゆう先生はどうですか?
    そういった人が来る可能性もゼロではないわけです。
    HPを見て、このサイトを見て……ゆう先生は有名ですからね。
    だから、見に来る人も出てくる可能性があります。
    まあ、診察とかそういった状態もあるでしょうけどもね。

  8. あきころん より:

    何が凄いって、クリニックのサイトがついに正式公開! ということでしょう。
    え、これまで正式公開じゃなかったの。
    そして、どこがどう違うの。

    ハムスターなみにプチパニックです。
    教えて! 観察眼の鋭い素敵な方。

    なんにしても、ゆう先生おめでとうございます。

  9. mako より:

    めちゃ、面白いー!

  10. かとゆ より:

    ハムスター院長~
    って、かぁーいらしいでつね!
    なんか

  11. 匿名 より:

    >受付「先生、いつもそうですから」

    新宿のクリニックですかぁw
    どこか知らないですが楽しいですねw

    ユウ先生もファイトです。