メンタルクリニックを開業する精神科医7。

メンタルクリニックの開業を決心する僕。
そんな僕を、マヤが新宿で誘った場所とは!?

 

こんばんは。ゆうきゆうです。

そしてメンタルクリニックの話、続きです。

 
マヤ「せっかく新宿に来たんだから、行くところは一つしかないでしょ?」

ユウ「ど、どこですか?」

 

色々な場所が妄想されます。

あんなお店なんだろうか。
こんな場所なんだろうか。

すると、マヤ先生は、言いました。

マヤ「メンタルクリニックめぐりよ」

ユウ「………は?」

マヤ「だってこれだけ人口の多い新宿だもの。
そこで開業してるクリニックだったら、見ておいて損はないんじゃない?」

ユウ「………」

 

うん。
何て言うんだろう。

自分の心根を反省した気分でした。

 

ユウ「………で、どこにクリニックがあるか、知ってるんですか?」

すると先生は、にこやかに言いました。

 

マヤ「適当に歩けば、つくわよ」

そんなメンタルクリニックの探し方、見たことない。

マヤ「大丈夫よ」

ユウ「何でそう言い切れるんでしょうか…」

マヤ「ほら、こんな言葉があるでしょう?」

ユウ「なんですか?」

 

マヤ「精神科医は、精神科医に引かれあう」

 

ないと思います。

 

マヤ「引かれあってるから、適当に歩けば、そこには精神科医がいるわよ」

 

なんだかその発想自体に引かれる気がします。

 

意味はぜんぜん分かりませんでしたが、とにかく僕たちは歩き始めました。

 

しかし、5分後です。

 

マヤ「ほら、あった」

ユウ「…え?」

 

何と目の前に、一つのメンタルクリニックの看板が現れたのです。

ユウ「え、えええ!?」

確かに。
確かに、ありました。

 

ユウ「す、スゴイですね! 本当に精神科医って、無意識に精神科医に」

マヤ「うん。昨日グーグルで調べたから」

 

精神科医とか、ぜんぜん関係ない。

 

マヤ「じゃあ、中に入りましょう」

リオ「そうだな」

 

うん。
何がどう「じゃあ」なのか、僕にはまったく分かりません。

しかし二人の論理展開では、ごくごく自然な形で、メンタルクリニックに入ることが決まりました。

 

ユウ「な、何て言って入るんですか?」

マヤ「中を見せて欲しいって堂々と言うのよ」

 

果たしてそれって、通じるんだろうか。

すると先生は、僕の心配を感じたかのように、言いました。

 

マヤ「いい? 人間はね、どんな頼み事であっても、『理由づけ』があると、
つい無意識に従ってしまうものなの。
『○○だから』『▲▲なので』という言い方をすることで、頼み事の承諾率を、
90%くらいにすることができるのよ」

ユウ「………」

 

なんだかそう言われると、どこかで聞いたような気もします。

僕の心配をよそに、二人はどんどん中に入っていきました。

 

受付「はい。はじめての方ですか?」

 

受け付けのお姉さんが、そう問いかけます。

マヤ先生は、言いました。

 

マヤ「中を見たいので、中を見せてほしいんですけど」

 

そのまんまだ、と思いました。

 

 

受け付け「………」

マヤ「………」

 

何とも言えない沈黙が走ります。

 

 

リオ「ちょっと見るだけだから! 絶対に何もしないから!」

 

ダメ押しが炸裂したと思いました。

 

 

すると、受け付けのお姉さんは、言いました。

 

受け付け「ちょっとウチでは、そういうサービスはやっておりませんので」

 
「サービス」って何ですか。

僕は後ろで、心の底からツッコミました。

 

 

静かにそのクリニックを後にしつつ、リオ先生は遠い目をして言いました。

 

リオ「………」

ユウ「………」

 

リオ「今の受付嬢の、前職が気になった」

 

それは気にしないでください。

 

 

マヤ「リオが余計なこと言うから、見せてもらえなかったでしょ?」

 

リオ先生だけのせいだとは思えないんですけども。

 

 

マヤ「まぁ、クリニックは他にもあるから、また頑張りましょう」

リオ「そうだな」

ユウ「………」

 

僕は本当に、クリニック開業に向けて進んでいるんだろうか。
そんな不安に浸りつつ、新宿の街を歩いていました。

(つづく)

さらに次に入ったメンタルクリニックは!?
ユウは果たして無事に開業できるのか!?

そんなこんなで、みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

2008年6月の開業向けて頑張ってます。こちら。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA