あなたしかいないパーティ。 やる気を出す方法

あなたには、「やりたいけど、なかなかやれないこと」はありますでしょうか?

今回は、そんなあなたの気持ちを高める方法をお教えします。
その方法こそが、「あなたしかいないパーティ」を考えることなのです。


 

こんばんは。ゆうきゆうです。

そしてニュースから。

2009年11月3日(火・祝)にオフを開催します!
久々です。

時間は午後2時から。 場所は東京、日本橋を予定しています。
(会費2~3000円前後 パーティー形式)

テーマは、「心理学を駆使して、恋愛や人生を勝ち抜こう!」。

心理学ゲームやクイズなど含めて激しく遊びますので、興味ある方はぜひ。

興味のある方は、ここからコピペしてお送りください。
-----------------------------------
● お名前(ふりがな)
● ハンドルネーム(お連れ様がいればご一緒に)
● メールアドレス
● ご住所
● 電話番号
● 自己紹介
● ゆうきゆうに質問したいこと・メッセージ
-----------------------------------

宛先は、 sinrioff@gmail.com まで「★11オフ」とタイトルしてメールくださいね。
ご希望人数が多い場合、抽選となります。

では今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

◆ あなただけのパーティ。

さてあなたは、やりたいことがありますでしょうか?

「勉強したい!」
「新しい仕事を始めたい!」
「あの人をデートに誘いたい!」
「もっといい出会いが欲しい!」

しかし。

そんな気持ちを抱えつつも、
「また今度でいいや…」
と思いながら、つい今日は遊んだり、寝てしまう…。

そんな体験が、今までに何度もあったはずです。

こんなときは、「たくさんの自分」を考えることです。

具体的には、「これから先のあなた全部を、一日ごとに想像すること」です。

たとえば、

「今日のあなた」
「明日のあなた」
「明後日のあなた」…

というように、一日きざみで存在する「あなた」を想像するのです。

さらにずっと続いて、「一年後のあなた」「二年後のあなた」…。

最後の最後までたどれば、

「命日のあなた」もいます。

今日の日付から一日きざみで、死ぬときまで、ずーっと一日きざみで「あなた」がいるのです。

この「あなた」たちが、一カ所に集まっていると考えてください。

うっじゃうっじゃの「あなた」です。
あなただらけのパーティ会場だと思ってください。

個人的に自分しかいないパーティ会場は遠慮したいのですが、とにかくそんな状況です。

すなわち。
この「パーティの集団」こそが、あなたの今後の人生すべてなのです。

◆ 今、やらないということは?

さてここで、あなたの「やりたいこと」を考えてみましょう。

もし今日のあなたが、それを「やらない」で、「いつかやろう…」と考えるということは…。

「その集団の別の誰かに、かわりにやらせる」

ということになるわけです。
ここをハッキリと認識してください。

どの時代のあなたにも、平等に「仕事」や、「忙しいこと」、「今日やらなきゃいけないこと」があります。

それなのに、過去のあなたから「投げられる」わけです。

それこそ、パーティ会場で、誰か別の人に、
「実は僕、あるビジネス始めたいんですけど、かわりにやってくれませんか?」
と頼むのと、本質的に変わりありません。

「いや、お前がやれよ!」とツッこまれて終わりです。

「今はやらないけど、いつかやるだろう」という思考が、どれだけ迷惑なことか、理解できますでしょうか。

特に今、「いつかやりたいことを投げる」あなたが、「過去の自分から投げられた」ことまで、やると思えますか?

僕は絶対にやらない自信があります。負の自信。

いずれにしても、「今のあなたが、今やらない」ということは、

「一生あきらめる」(他のどのあなたにも、やってもらわない)か、
「誰か別のあなたに丸投げする」かの、どちらかしかありません。

前者の可能性が高い上に、後者も激しく迷惑なことなのです。

このように考えてみると、
「いつかやるだろう…」
というのが、どれだけ切ない思考か分かりますでしょうか。

◆ もっとも若いのは…?

さらに。
実はもっと重要な事実があります。

今、このパーティにいる「あなた」の中で、「一番若い」のは、誰だと思いますか?

もちろん、言うまでもなく、「今のあなた」です。

他はすべて、あなたよりおじさん・おばさん。
もしくは、おじいさん・おばあさんです。

それなのに。
「一番若いあなたが、何もしない」
なんて、ありえますでしょうか?

それを今のあなた自身が、許せますか?

言うまでもありませんが、そのパーティ会場には、

「大病を患ってる中年のあなた」や、
「死ぬ直前でベッドで酸素マスクをつけているあなた」も存在します。

たとえば、

「25才の10月1日のあなたが丸投げした、
『新ビジネス立ち上げ』と『好きな子をデートに誘うこと』は、
89才で9月4日の命日に、息も絶え絶えでベッドに寝ているあなたに、かわりにやっていただくことが決定しました!」

みたいに司会者に叫ばれたら、どう思いますでしょうか。

「いやいやいやいやっ! ちょっと待って! だったら自分やるから!」

と思いませんでしょうか。

くどいですが、その会場で、「一番若く、もちろん気力・体力ともに一番ある」のは、「今のあなた」です。

「次の日」でも「さらに次の日」のあなたでも、今より確実に「老いている」のです。

「じじい(ばばあ)ばっかりかよ! しかたないなぁ! 俺(私)がやってあげるよ!」
「俺(私)が引っ張ってやって、こいつらにはラクさせてやるから!」

くらいな気持ちが必要、ということが分かるはずです。

◆ 時間をいくら刻んでも。

今回の話は、「一日きざみ」ですが、それこそ「一時間きざみ」や「一分きざみ」とかでも同じです。

「一時間後にやる…」というのは「一時間後のあなた」にお願いするのと一緒です。

どんなに細かく時間を刻んでも、すべて「今のあなたより老いたあなた」に丸投げしているのです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 未来までのあなたが、一日ごとに集うパーティを想像してください。

○ 今のあなたが、やりたいこと・やるべきことをしないというのは、「未来のあなた」の誰かに、それを丸投げするということです。

○ さらに今のあなたが「一番若い」存在です。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

これは告白だって同じです。

「いつか告白しよう」というのは、未来の誰かにたいして、

「僕、好きなコがいるんですけど、かわりに告白してもらっていいですか?」

と言うのとまったく同じ。
ビックリするほど情けないことだと思いませんでしょうか。

とはいえ相手も同じ「あなた」ですので、一応は「あぁ、まぁ、いいけど…」とOKしてくれる可能性もあるかもしれません。

しかしそれが「半年後のあなた」だったら、あなたも相手もさらに状況は変化しているはず。
半年後のあなたが伝える「好きです」は、果たして今の「好きです」と一緒なのでしょうか。

僕は、違うと思います。
すなわち今のあなたの気持ちは、そのままの形では一生伝わらなくなってしまうわけです。
それは、消滅と何ら変わりありません。

だからこそ。
今伝えたい思いは、それが形を変えてしまう前に、伝えてみてください。

うまく伝えなくてもいいんです。
どんな変な言い方でも構いません。

それは別のあなたに「丸投げ」するより、ずっと、いいんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA