私のことを、100円で買って。~夢を達成する方法

つい最近、新刊が発売されました!
海竜社さんから、

「自分の心を絶対にやる気にさせる心理術」

です!

http://amazon.co.jp/o/ASIN/4759310770/katei-22/ref=nosim

とにかく、自分の気持ちを前向きにしていくための心理術です。
やる気が出ない…。 気持ちが常に持ち上がらない…。そんな方にオススメの本です。

そして今回のセクシー心理学は、それに関連して。

「100円でやる気を出し、継続するための、もっともシンプルかつ最強の手段」

をお教えいたします。
 

 

少し前に、タイとマレーシアに行ってきました。
すると、マレーシアで会話をした人が、僕を見てひと言。

「ユー・フロム・タイランド?」

あー。
そう見えるんだー。
タイ出身に見えるんだー。日本じゃないんだー。

嬉しいのか切ないのか、不思議な気持ちになりました。

だったらタイでは、すごく親近感を抱いてもらえるに違いない!

そう思いながらタイに行きました。

すると、タイで会話をした人は、僕を見てこう言いました。

「フロム・マレーシア?」

あの、僕のことを、お互いに他国になすりつけあうの、やめてください。

そんなに別の国の人間としていてほしいのか、と。

アジア一切なくなりつつも、今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

さて あなたは、「ずっとやりたかったこと」というものは、ありませんでしょうか。

ずっとやりたかったのに、いまだにできない。
どうしても実行したいのに、まだできない。

「恋人を作る」
「新しい仕事を始める」
「ダイエットをする」

などなど…。

それをいまだに実現できない。

そんなジレンマを抱えたときに、ヒントになる方法です。

◆ やる気のためには、仕事こそ。

実は、そのための答えは、とてもカンタン。

「仕事にする」ことです。

たとえば僕は、心理学や精神医学の知識が、ある程度あります。
これはもちろん、「それを仕事にしている」からです。
逆に知識なかったら困る、という。

これが、完全に趣味だったら、ここまで色々と勉強することもなかったと思います。

メールマガジンを、有料・無料ともに、定期的に発行する。
連載の原稿を書く。
医師としての業務をする。

これらの「仕事」こそが、自分を追い込み、色々と勉強する環境を作ったのかもしれません。

一番の勉強は、「教わる」ことではありません。

「教える人になること」や、「その知識を使った仕事につく」ことなのです。

◆ 仕事の3つのメリット。

「仕事にする」には、色々な定義があるかもしれませんが、僕は個人的に3つあると思います。

———————————–
・お金をもらう
———————————–

10円でも100円でも構いません。
お金をもらい、対価として仕事をすることにより、責任感が生じます。

これはどんな仕事でもそうですが、誰かに「タダでお願いする」のと「お金を払ってお願いする」のでは、雲泥の差があります。

前者では、「忘れてた」と言われても何も言えませんが、後者でそれはありえません。
すなわちこれは、仕事をする人自身のプレッシャーとして、「お金をもらった方が、取り組み方が違う」のです。

———————————–
・待ち望む人がいる
———————————–

一回でも何かの仕事を行えば、「期待」につながります。

たとえば書籍であれば編集者さん。
音楽であればレコード会社さん。
何らかのサービスであれば、もちろんそのお客さん。

仲介する人がいなくても、「すでにお金を払って、次回の仕事を待っている人がいる」というのは、いい意味でのプレッシャーになります。

———————————–
・仲間ができる
———————————–

仕事になり、お金が入れば、多くの人に手伝ってもらうこともできます。
その仲間の存在により、簡単にその仕事をやめづらくなります。

それもまた、前向きなやる気につながります。

◆ つまらなくなるのなら…?

よく「仕事になった瞬間、つまらなくなることもあるでしょ? 趣味の方が、気楽じゃない?」と反論されることもあります。

しかし、それは間違い。
そうなるのなら、それは結局、「向いていない」のです。

一流のプロは、仕事としてお金をもらいつつ、同時に楽しみながら、その職務を行います。

こんな言葉があります。

「最高の仕事とは、遊びと同じである。もし今の仕事をそのように感じられないなら、それは純粋に、レベルが低いからである。」

本当に向いている仕事なら、お金が発生したり、義務になったからといって、やる気が減るわけではないのです。

くどいですが、もし「仕事にした瞬間やる気がなくなった」のなら、それは「向いていない」ということ。

このことは、仕事にしない限り、分かりません。
「いつか、やりたいなぁ…」と思いながら何も行動をしないより、ずっと効率的です。

◆ 仕事は、何でもいい。

くどいですが、とにかく「仕事にする」ことが第一歩。
それこそ、年に10円しか稼げないレベルであっても、「タダ」とは雲泥の差です。

ブログで何かを書いてみる。
メルマガを発行してみる。
それこそ「教える」立場に立ってみる。

内容は何でも構いません。
ネットから何かが始まることもあるでしょう。

「いつかやりたい」を、「とにかく仕事にするしかない」と言い換えて下さい。

極端な話、「とにかく恋人がほしい」のなら、

「巷で流行っている恋人マニュアルは、本当に正しいのか実践をするブログ」

などを立ち上げてもいいでしょう。
もちろん広告バナーを貼り付けて。

どんな形でもいいので「仕事にする」。
そして、可能な限り「多くの人を巻き込む」ことです。

自分の部屋で、お金が何もかからないまま、漠然と空想しているだけでは、100億回死ぬまで何もできません。

◆ 100円を、投資してもらおう。

さらに!

それすらもなかなかできないあなたに、最後のテクニックを。
それこそが、「知り合いに100円をもらう」ことです。

「○○という仕事をしたいんだけど、100円投資してくれない?
この仕事がうまくいったら、1000円にして返すから!」

家族でも奥様でも旦那様でもご兄弟でも恋人でも友達でも、身近な人なら誰でも構いません。

目の前の相手を「スポンサー」にするのです。

相手も行きがかり上、またスポンサーである立場上、
「で、どんな仕事?」と聞いてくるでしょう。

無視もしくは無言で100円を投げてくる場合、関係性が悪化しすぎている可能性があります。その場合、別の人を見つけてください。

いずれにしても、この質問にたいして、

「こんな仕事なんだ」
「こんな夢があるんだ」

と話すこと、すなわち「プレゼン」することこそが、最初の仕事です。
この時点で、十分に仕事なのです。

さらに話すことによって、方向性がより明確になるはず。

また話せば、相手もおそらく100円くらいは払ってくれるはずです。それすら払ってくれなかったら切ない運命を呪ってください。

ここで100円をもらったら、すでにある意味、「プロ」です。
その仕事に関して、お金がすでに生じているわけですから。

そうなると、「1000円にして返す」という約束を守るために、さらに真面目に行動するエネルギーになるはずです。

本当に仕事になったら900円くらいの差額は余裕なはずですし、また、「何もしなかったら、期待に添えないだけでなく、900円が丸損」と思えば、気持ちもより発奮するはず。

試してみてくださいね。

ちなみに言うまでもありませんが、「恋人を見つけたい」などで投資を要求す
るのは危険です。
相手が配偶者さんだと死にますし、親だとしてもかなり切ない事態になります。
新しい仕事限定とお考えください。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 何かの夢や、やりたいことを達成する、もっともシンプルかつ最高の手段は、「仕事にする」こと。

○ 仕事の規模はまったく関係ない! プチ副業レベルでも、タダや趣味でやっている人とは、雲泥の差!

○ ただ身近な人に100円をもらうことから始めよう!

というわけで、いかがでしたでしょうか。
何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

人は一人では、なかなか頑張れません。

「仕事」として、多くの人に求められている。望まれている。

だからこそ、人は一生懸命、頑張れるのかもしれません。

 

ちなみに自分は、バスト情熱がそのまま仕事(もちろんこちらのブログの方)になっています。
どれだけ望んでいる人がいるか不明ですけども。

人として成功なのか失敗なのか分からなくなりつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA