コメント

  1. 匿名 より:

    安物買いの銭失いということわざについては如何お考えなのでしょうかね。

  2. たき より:

    いつも面白く読んでます!

    >安物買いの銭失い

    知らないよ。アンタなりの理屈を自分で考えれば?
    一人一人、感じるものを得ればいいじゃん。
    つまんねーことにこだわると人生見失うよ。

  3. じゅん より:

    そんなことを考えている時間が一番無駄ですよね。

    値段の高い安いなどは、
    気にしない方が、人生お得です。

    まあ、人それぞれで、良いですね。

  4. 匿名 より:

    自分も安物をよく買います。それで良かったと分かりました。
    ゆう先生は、忙しくてしんどくなりませんか?
    その秘訣があれば、教えてください。
    よろしくお願いします。

  5. りさ より:

    はじめまして。
    いつも読ませていただいております。

    両方購入しないに、一票です。

    迷うって事はどちらも納得いっていないという証拠。

    そこでどちらにしろ買ってしまえば、
    その資金も時間も本当に納得いかないものに消費したということ。
    生きた使い方になってない。

    買わないで少し待ってみるのが、選択の自由はそのままで一番いいと思います。

  6. 東園 節子 より:

    ゆうきゆう様

    いつもセクシー心理学を楽しくはいけんしております。

    初めてコメントさせていただきます。

    迷ったら安いほうを買えは分かりやすくて
    納得の内容でした。
    これからの行動に当てはめていきます。
    丁度、今日はプレゼント用に買い物をするので、安いほうを買って時間の節約をします。

    ありがとうございました。

  7. 匿名 より:

    コメントしようとしたら>>1で出てました。デフレ脱却、生産国日本復活のためにも「安物買いの銭失い」という日本人が大切にしてきた価値観を今こそ大切にすべきと日頃思っておりますので、今日のお話には同意しかねる部分があります。
    初期投資を抑える話、プレゼントのお話については実体験をもとに激しく同意します。

  8. うえだ ゆういち より:

    迷ったら安い方を選べ!
    今まで読ませていただいたなかで,もっとも明解で,気持ちにストン!とおちました。
    ありがとうございました。
    人生の無駄な時間を,減らせると思いました。

  9. 匿名 より:

    今回のおはなし、
    会社運営にも使えそうです。
    ありがとうございました。

  10. としちゃん より:

    今回のケースですが実物を見られないネットでの購入のケースですね。
    私が同じ経験をしたとしたら「ちゃんとその物を調べてから買う」です。

    ハズレてがっかりしたのは高かったからではなく思った物と違ったからです。

    あと買い物は自分が欲しい機能をしっかり把握して品物の調査をばっちりやって必要最低限の物を買う物だと思います。
    1000万円の品物を買ってあと10万円だせばさらに便利だったのにとかなったら凄まじく後悔すると思います。
    差額とそれに伴う満足度を良く考えて一発勝負が正しい姿ですね。
    今後継続的に買う物で差額と満足度の関係が明確でない場合まず安い物を少量というならその場合は同意です。

  11. 平井真理子 より:

    迷ったら安いほうを買え

    本日のメルマガ 初めから終わりまで メチャメチャ面白かったです。 うっかり 声を出して笑いそうでした。 仕事中なのに。

    「モノハカンガエヨウ」 という意味で よく似たお話しがあります。50年位前。私が年頃だった頃に 何かで読んだお話し。

    結婚なんて遅ければ遅いほうがよい。 50くらいになって結婚して それがものすごくすばらしい相手だったら ああ この年まで結婚せずに待ってよかった。 もし だめな相手だったら 結婚生活が短くてよかった と思えばよい。

  12. 20代♂ より:

    昔は、買う買わないで迷った挙句買わず、「店を巡った計3時間無駄にした…」なんてことがよくありました。
    この頃は時間を節約するために安いものを買って自分を納得させることにしていました。

    この変化を肯定していただいたみたいで嬉しいです。
    安物ラジオにイヤホンジャックが付いてなくて夜には聞きづらいなんてこともありましたが、安物買いの時間得を続けることにします。

  13. soup より:

    初めての一人暮らしを始めるにあたり、けっきょく一番安い物件を選んでしまってちょっと不安になってました。

    自分の選択が間違ってなかったことに元気もらいました♪
    今から不動産屋さんに鍵もらいに行ってきまーす!

  14. ゆうじ より:

    家賃と住民の質は比例するなんて話もありまして、まぁ結局は運だけどね。

    いつもいい話を聞かせてもらってますが
    今回だけは反対ですね。

    迷ったら高いものにすることにしてます。
    高いもののほうが高機能じゃないですか?
    安いもの買って買い換えるより、高いものを長く使いたい。

    まぁ物欲ないから迷うほど欲しい物なんてないんだけどねw

    オイルヒーターのその価格差って
    たんに
    6畳と20畳とか、根本的にちがうんじゃ?
    スタート地点で何を買いたいかわかってないだけのような。これが1.2万と1.5万とかなら、なるほどと思うけどw

    「メニュー」の例も後悔するのはそこじゃない。商品の説明をよくよまなかったこと。

  15. 匿名 より:

    >例外は多々あると思いますし、常に正しい、と言い切るつもりはありません。
    >ただあなたが「迷った」場合に、一つの考え方として、覚えておいていただければ幸いです。

    そこまできちんと読めない方がいろいろ批判してるのでしょうね。
    こんな考え方もあるんだね、でいいのでは?

    別に反対だの賛成だの、そこじゃないんじゃ・・・

  16. 匿名 より:

    迷った時値段がついていれば安い方
    美醜があれば美の方(迷わないか)
    値段も何もなければ鉛筆を転がす。
    財布にいっぱいあるときは安い方。
    なければどっちも買わない。

    どちらも数万円以上だったら私はしばらく調べます。高い安いにも理由があるの
    じゃないかと調べます。
    90万円と100万円なら90万円がいいってそんなに早くは決められないです。

  17. firkin より:

    2.乳房雲

    いつも楽しく読ませて頂いております。
    「これは報告しないと!」と思い、書き込みました。

  18. リー より:

    大事なのはこの話に一長一短があることをちゃんと理解することだろ・・・
    こういう小話の揚げ足取る人ってのは、大抵何にでもいちゃもん付ける人なんだろうね。

    自分で話を解釈できないから、正面から話を読んで終わり。だから「それは違う!」とか良い出す。

    「そういう見方もある」と建設的な見方で物事は見たほうが良い。
    否定してたら何も始まらん。

  19. そら より:

    安い物でいい思い出がないので、今回の内容はあまり賛同しかねる話です。
    時間を短縮することがいいことというのもどうでしょう?時間を短縮して、合理的にとあれもこれもと欲張って、最終的に疲れ果てている部分がないでしょうか?とりあえず、迷うなら徹底的に時間をかけて迷うのもいいかも。

  20. あき より:

    かなり優柔不断な性格なので、今回のお話はとても参考になりました。
    私もよく買い物する際、対象商品を徹底的にリサーチして違う商品同士を比べてグズグズ迷った挙句ものすごく時間をかけてようやく決定して・・・なんてことがよくあります。
    買い物に限らず、バイト探しでも履修する講義を決めるときでも。
    それで自分の選択に後悔することは、まぁそんなにはありませんが、拙速は巧遅に勝るという言葉があります。
    どちらを選択したって、必ず良い面もあれば後悔する面もある。
    だったら「迷ったときは安い方!」と一つの指標を決めて、テキパキ行動に移しちゃった方が良いですよね。
    私自身、ノロマで優柔断な性格で、あまり良い思いをしたことが無いので・・・。

  21. 匿名 より:

    >安物買いの銭失い

    これって「さして欲しいものではないけれど、安さに飛びついて買っちゃいました」って場合なんじゃない?

    このテーマとは若干ずれると思う。

  22. 匿名 より:

    ↑安く質が悪いものを買うと結局損をする、安かろう悪かろうと同じような意味ですが。

  23. 匿名 より:

    迷ったら買わないを実践していたら
    常に必要な者が不足してる生活になってしまった私は
    この話がとてもしっくりきました

  24. 匿名 より:

    よく買い物に迷います。
    が、先生のお話を読んでいて、よく考えたら迷うのは高かったり初めて買うものの
    時が多いなと気づきました。大抵は安いものはピンときたら買ってました。

    気づかせてくれてありがとうございます。

    人の言葉を借りるなら、どこかの心理学コラムでたしか、熟考している人は即断している人より年収が高いが、
    人生の満足度を比べたら即断している人の方が高いと伺いました。

    迷ったり決断したりするのにも、全て同じように悩んだりするのではなく、
    即断するものと熟考するものとに分けた方がいいですね。

    それにしても値段違いの物というより、色違いの物を迷うときはいったいどうすれば…。(笑)

  25. SAI より:

    いつも楽しく読ませてもらっています。

    1の方と同意見だったのですが、いろんな意見があるんですね。

    タイトルが「迷ったときは、安い方を買え。」となっているわけですから、メインの論旨は「安い方を買え」ということだと思うんです。

    「例外は多々あると思いますし、…」というくだりはある意味免責程度の意味に捉える人も多いのではないでしょうか。
    私もその一人です、というか思いっきり斜め読みして頭に入っていなかったというのが実際ですが(苦笑)

    本当に例外が多々あると考えているのであれば、その例外例を本旨例と比して1対1とは言わなくてもせめて1例くらいは、提示するのがセオリーかと思います。

    ただ、迷っている時間を少なく、というのは同感です。

  26. 匿名 より:

    高いものを買ってハズレだったときの方がダメージはでかいものの
    高いものの方がハズレを引く確立は低いかな、と思います。
    でも自分の中でそういう基準みたいなのを持ってると
    ぐだぐだ悩まなくて済みますね。

  27. 匿名 より:

    >>24
    色ち買いするつもりで、とりあえす片方買ってみる