ハチミツと蛇。~ハニー・ビネガー・テクニック

よく、余計なことを言ったりしたときに、「蛇足ですが」とか言ったりしますよね。

この「蛇足」。
あなたは、この言葉の由来をご存じでしょうか。

あるとき、男たちが集まって、言いました。

「今からそれぞれ、ヘビの絵を描こう。一番早く描けたものが、この酒を飲んでいいことにしよう」

今回はそんな内容から、すんなり気持ちを受け入れさせるテクニックのお話です。
 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

今夜もセクシー心理学から、こんな話をお届けします。

さて、今の話の続きです。

「今からそれぞれ、ヘビの絵を描こう。一番早く描けたものが、この酒を飲んでいいことにしよう」

その言葉と共に、男たちは大急ぎでヘビを描きました。

そして。
ある男が一番先に描き上がりました。

しかし他の男たちは、まだぜんぜん描けていません。
最初に描いた男はニヤニヤ笑って言いました。

「くはははっ! みんな遅いなー! 俺なんか、余裕すぎて足まで描いちゃうぜ?」

そして彼は、ヘビに足を描いたわけです。

すると、次に描き上げた男が、最初の男の手に持っていた酒を奪い取って、飲んでしまいました。

「お、おおいっ! 俺が一番だっただろ!?」

すると二番目の男は、言いました。

「お前はヘビに足を描いた。その時点で、それはもうヘビじゃない。だから一番は俺なのさ」

このことから、余計なモノを付け足すことを「蛇足」と言うようになりました。

僕がその男だったら、間違いなく、バストとか描き足すと思います。
なんならバストから描き始める勢いです。

そうすると、蛇足にあたる言葉も「蛇乳」とかになってたかもしれません。
いや逆に、バストメインで、ヘビの方が余計なモノみたいな故事になってて、
「乳蛇」みたいな。

自分自身、人としてすべてが蛇足な気がしております。

◆ ハチミツと、酢。

さて。
今の話は、「ヘビ」というメインが、「足」という余計なモノで、台無しになってしまったわけですが。

これ、逆のコトだってありえます。

何かネガティブなモノだって、ちょっとしたプラスの情報を混ぜることで、不思議と全体が、プラスの印象で染まることって、ありませんでしょうか。

実際に交渉では、

「ハニー・ビネガー・テクニック」

というものがあります。

日本語にするなら、「ハチミツと酢」。

酸っぱい酢も、甘いハチミツとセットにすることで、すんなりと相手に飲ませることができる…というテクニックです。

たとえばあなたが、何かを断る場合。

「とても気持ちは嬉しいんだけど…。それはちょっと厳しいんです…。ごめんなさい…」

このように言えば、相手もすんなり受け入れられるはず。

「厳しい」という酢を、
「気持ちは嬉しい」「ごめんなさい」というハチミツで包んでいるわけです。

逆に、

「そんなの、まったくダメ! 絶対にやりたくない! ふざけないで!」

とだけ反応すれば、それはまさに「オール・酢」。

相手もすっごくイライラっと来るはずです。
とにかく結論はネガティブであっても、その前にプラスをつけくわえることによって、相手への印象を甘くするわけです。

これはいくらでも応用可能です。

「今回の話、とてもいい話だとは思うのですが、上の了解が取れませんで…」
「告白されたことは嬉しくはあるんだけど、好きな人がいるから…」
「いい考えだ! でもちょっとそれは今は難しい」

などなど、何でも構いません。

とにかく「プラスをつけるのを忘れるな」ということになります。

◆ 批判メッセージも、ハチミツで。

自分の例で恐縮なんですけども。
色々と原稿やメルマガなどを作っておりますと、時に批判的なメッセージなどいただくこともあります。

そんなときも、

「今回の内容、微妙です!」

とだけ書いてあると、すんごい切ないんですけども。

でも、

「いつもとても楽しく読んでます。ただ、今回の内容、ちょっと微妙でした。でも、◎◎の内容はとても良かったですよ」

というように、ハチミツが混ざっていると、ほんわりと理解する気持ちが湧いてきます。

うん。
何を言っているかと言いますとですね。

「だから僕を甘やかせ」

と言っているワケではなくてですね。
いえ、そう言ってる部分も多々あるんですけどもね。

ただまぁ、とにかく大事なのは、「つらい言葉を言うときも、なるべく甘い言葉をセットにしてあげてくださいまし」ということです。

もちろんハチミツだけに越したことはないんですが、どうしても酢を伝えるのなら、ハチミツセットで、と。
酢だけ伝えて喜ぶ人は皆無だという自信があります。

特に打たれ弱い自分からの希望であると理解いただけると、他の人との対応でも、少しだけ参考になる部分もあるのではないでしょうか。


◆ キッパリ言うと、憎まれる。

こういうと、よく「違う! 甘い言葉でゴマかすな! ダメなときは、ハッキリ言ってもらった方が、自分のためだ!」という人もいるんですが。

間違いなく、言った人間は、恨まれます。怒られます。
「あの人に△△と言われた」
とか、エンドレスに持ち越されます。

いえ、その相手が最終的に大成功をおさめるのなら、

「あのときのあの否定があったから、今の自分があります」

なんて感謝してもらえる可能性もゼロではありません。

しかし!
いったいどれだけの人間が、そこまで成功してくれるというのでしょうか。
そこまでキモチ良く、言われたことを受け入れられる度量があるのでしょうか。

そもそもそういう、人の言葉を受け入れる度量がある人なら、

「違う! 甘い言葉でゴマかすな! ダメなときは、ハッキリ言ってもらった方が自分のためだ!」

みたいに人の意見を否定しないはずです。

「あぁ、甘い方がいいという考えもあるよねー。分かるわー」

くらいな気持ちを持つはずです。

いずれにしても、あなたが相手に恨まれたくないと思うのなら、そして真の意味で相手にすんなり意見を受け入れて欲しいと思うのなら、とにかく「ハチミツで包む」ことです。

ただもちろんですが、ハチミツで包むあまり、酢を忘れるのはダメです。
きちんと「ダメ」ということを表現する必要があります。

「それができない…」という人にも、今回のテクニック。

ハチミツを伝えるんだ!それさえあれば、少しすんなり受け入れられるんだ!
と思えば、少しだけ言いやすくはなるのではないでしょうか。

どうか覚えておいてくださいね。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ つらいセリフを伝えるときや断るときは、とにかく「ハチミツで包む」こと。

○ そうすると、少しだけすんなり受け入れられます。

 

というわけで、いかがでしたでしょうか。

ちなみに自分がバストネタを書いているのも、ある意味、ハチミツで包んでるつもりです。
バストで包めば受け入れられるかな、みたいな。

自分の存在が酢なのかも、と思いつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

online casino


コメント

  1. masi より:

    いつも通りためになる話でした。

    酢をバストで包めばいいんですね!

  2. 匿名 より:

    蜂蜜と酢、、とても良かったです。
    本当に楽しい方ですね。

    いつもオッパイ話が多くて患者さん対面したときはまず、おお!Eカップだとかつぶやきながら診察が始まるそうな感じがしました。(*^_^*)

  3. 匿名 より:

    覚えがありすぎて困ります。
    私の言葉は酢の分量が多いようで、実際に断るたびに気まずい雰囲気になってしまいます。
    とても参考になりました。

    これからはゆうさんのように甘いミルクを混ぜてみようと思います。

  4. 3タコ より:

    上げて落とす…のようなやりとりは今までもしていたと思いますが、ハニー・ビネガー・テクニックという名前があるのには驚きました。

    蛇足になりますが、今回もバストねたがあったので、乗っかります。

    2004年くらいには世の中にあったようです。ABCの歌の替え歌です。知ってる人は知っていると思います。

    ※映像がやや18禁??
    http://sound.jp/chaku/flash/realbust.swf

    何かのご参考(?)に。

  5. 匿名 より:

    「いつもとても楽しく読んでます。」といっても、酢はありません。素直な感想です。「・・・してあげてくださいまし」の”まし”についての質問です。雑誌室内の編集長山本夏彦氏が店員に”いらっしゃいませ”でなく”いらっしゃいまし”と言うように教育していた理由がよくわからなく、命令的な感じがするからかなあと思っていましたが、そんな理解でよいのでしょうか?”まし”も結構強い感じを受けるのですが・・・

  6. 匿名 より:

    バストのハチミツ漬けというわけですね!

  7. 匿名 より:

    ◎◎がバストに見えてしまいました。
    これは何と言う病気でしょうか

  8. sprout より:

    つい最近酢をハチミツで包んでもらった経験があります。
    うん、確かにうれしかったです。
    なんか感謝の気持ちでいっぱいになりますよね。

    ちなみに恋愛で酢とハチミツをセットにすると、期待させてしまうのではないかとか心配になったりするのですがどうでしょうか?

  9. 袋改め道草 より:

    ああ、つい昨日のことを思い出します。

    ある人に忠告しなくちゃいけなくて、でもその人にとっては耳が痛いだろうって状況だったのですが、ストレートに酢のことをいうと「あ、反発してるな」ってのがわかるものです。

    で、共感した上で自分の意見を少しづつ付け足す感じにしたら、最終的にはうまくいきました。

    特に自分が正しいことを言ってると思っているときは酢だけになりがちですから、人に物言う時にはどんな時もハチミツを忘れないようにしなくちゃ…と思いました。ありがとうございます。

  10. 匿名 より:

    あ~・・大変思い当たる節あります。。
    特に親しい間柄になると・・酢ばっかしです。
    彼となんか「責任とってよ!」「やだよ!」で・・酢みたいなやり取りなのに。。
    どうでもいい男の人には「気持ちは嬉しいんだけど・・」って蜂蜜やってて。勝手に期待させてるとこあって。。
    これはどうにかしないと。。。

    いやなんか・・自分がいろいろ間違ってるなと思いました。

    親しき仲にも蜂蜜・・ということを肝に銘じたいけど・・つい。
    酢・・っていうか素で接してしまいますね・・・困った。。。

  11. fusa より:

    初めてコメントさせていただきます
    とても自分の心に素直言葉の選び方でびっくりしました。すーと心に響いて思わず惹きつけられました。言われていることが、とてもよく判り、うんうん、と納得です
    これからの参考になりました
    ありがとうございます
    ゆうきゆうさん、いっぺんいファンになりました
    大阪に開業されていたら、落ち込んだ時には、診察に行きたいぐらいです。

  12. 匿名 より:

    これは酢ではないのですけれども:

    ここに酢の書き込みをする人(私も含め)は、ゆう先生がドMであるという認識があるから、あえてハチミツを入れないのだと思います。先生は叩かれると凹むのではなく悦ぶ人なのだと思ってましたよ、ほんとに。

    わざとらしいハチミツを入れると逆効果なので、さりげなく入れるようにしようと思います。
    ゆう先生、バストがお似合いですよ☆ ←こんな感じで。

  13. バラバラ より:

    う~ん・・・知り合いのKさんに読ませたい内容です。
    しかしKさんは蜂蜜を見たこともないので使い方がわからないのです。
    ・・・でいつも酢ばっかり!
    甘茶はご存知なのか時々入れるのですが・・・これまたぜんぜん酢が変化しない。
    本人は蜂蜜のつもりなのでしょうね。
    いわゆる「不器用」な方です。

  14. あくっ♪ より:

    小学1年の息子が乳離れをしちゃいました(-ω- *)チッ!と舌打ちをしつつw
    ゆう先生のバストネタを 読んで、この子も大きくなったら・・・と!楽しみにしております♪(笑)

    さりげなく・相手を思いやれる「ハニー・ビネガー・テクニック」使い!になれるようw
    頑張ります(v^ー゚)

  15. なるほど より:

    いつも口調が厳しくなってしまいます。
    なるほど、「甘いもので包む」、なるほどです、感謝します。
    包み過ぎてもいけない、そのバランスですね!餃子じゃだめでシュウマイの感じですかね!
    見方によってはバストだし!

  16. くま子 より:

    そうか~。私も酢でばかりでした。てゆうか、酢しかない、、、。
    これじゃあ、キツイ言い方しかしないって言われてもしかたないですね、、、。

    家族にはなるべく、蜂蜜をいれるにします。

    蜂蜜で言うこときいてくれない人に、酢を効かせることにします。母とか。

    先生のおかげで、最近、「バ○○」を見ると実際には違う言葉でも、バストだーーー。とすぐ思えるようになりました。

    ありがとうございます。

  17. ぽにょ より:

    以前に同級生の男性に告白されたことがあります。そのときに私は、
    「すごく嬉しい、ありがとう。でも今は勉強にしか興味がないの。だからごめんなさい」(当時、受験生でした)
    と返しました。つまり断ったのです。でもむこうは、
    「あーよかった・・別にダメじゃないんだ・・」と。
    やんわり断ったつもりが、自分のことは好きなんだけど、勉強があるから付き合えないんだ!!みたいな素直な解釈をされてしまいました。
    私の言い方も悪かったと思うのですが、蜂蜜もさじ加減が難しいですね・・。

  18. 匿名 より:

    私は好きな人を諦めきれないで、酢を求めました。
    「嫌いって言えよ!」って。
    実際最期に「嫌い」って言われたときは、凹みました(爆)
     
    はじめは優しいのに、この人との関係はもう終わりだってときに
    酢ばっかで表現してしまう人って、
    世渡りが下手だと思います。
     
    さよならするからこそ、優しさを包んだほうがいいと思います(:∀;)ねぇ

  19. はるちゃん より:

    いつもメルマガを楽しませて頂いておりますが、今回ばかりは「乳蛇」の姿が気になって困っています。

  20. 匿名 より:

    今回の内容、微妙です。

    と書けとのフリですよね?(笑)

  21. 匿名 より:

    何で>>20みたいな解釈しかできない人っているんでしょう?

    私は逆に・・・はちみつが多すぎて酢が伝わらないことがあります。言葉が多すぎるのかなぁ?うーん

    きついこと言われてヘコむのはみんなそうでしょう。その後立ち直っていくかどうかは別として傷つくのは事実なんだから。

  22. クロ より:

    「情けは人のためならず」を現代的な意味で使っている人はお酢ばっかりという認識でいいのでしょうか?
    こち亀でも「三つほめてひとつしかれ」なんて言ってましたが、「ハニー・ビネガーテクニック」という正式な名称があることを知り勉強になりました。

  23. 匿名 より:

    バーモントカレーが愛されている理由が分かりました。

    自分は高級ハチミツを探すあまり、酢が市販の安い奴になっている気がします・・・

  24. KAKERU より:

    素晴らしい言葉ですね。

    って言うか、酢とはちみつを混ぜると本当に美味しいんだろうか?
    試す度胸のある人っていますかね?

  25. 匿名 より:

    >24
    この酢は日本のような御酢じゃなく、ワインなどを醗酵させたフルーツ酢ですね。それ自体おいしいのですが、蜂蜜を混ぜるととげとげしさがなくなって、まろやかになります。
    日本の感覚で言うと、蜂蜜梅干みたいな物が感覚的に近いんじゃないでしょうか?
    私は両方好きです。蜂蜜レモンとか。

  26. より:

    ヨメと姑の間にも少量のハチミツがあったらば!!orz

  27. 匿名 より:

    >26
    その気持ち痛いほど分かる(><)

  28. 水恋 より:

    いつも楽しく読ませていただいてます♪
    私も身内に対してはついつい厳し目の口調で言ってしまうことがあるので気をつけたいと思います。
    でもゆう先生の受ける批判は意味がわかりませんでした。
    自分達だってそういう言い方をされて素直に受け取れるはずがないのに、ただ他者を見下しけなし、自分が正しいんだと陶酔したいだけの人種のようにも思えてしまいますね。
    心無い言葉はスルーが一番ですね。
    これからも楽しみにしているので頑張ってくださいね☆

  29. 匿名 より:

    なるほど~。
    私は自分自身に対してネガティブな言葉ばかり言っているので、たまにはハチミツをあげるようにしたいです。

    ……でも誉める部分がない。

  30. 匿名 より:

    ハチミツと酢を毎日飲むとバストが大きくなる、ということでよろしいでしょうか(勝手にまとめ)

  31. 匿名 より:

    > いったいどれだけの人間が、そこまで成功してくれるというのでしょうか。

    この一文にすごく納得しました。
    「あいつには言ってやった方が本人の為ダヨ!」なんて言う人もいますが、
    実際本人の為になるなんてことはほんの数%で、
    「本人の為」てのは相手を傷つけることへの言い訳でしかないんですよね~
    しみじみ

  32. 匿名 より:

    CMみたいな「あなたの、ためだから」
    程度の蜂蜜じゃだめですよね。
    でも蜂蜜代わりのバストがない場合はどうしたらよいでしょうか

  33. 匿名 より:

    >自分自身、人としてすべてが蛇足な気がしております。

    とかなんとか言いながら。。。
    あーーあやかりたい、カネかりたい

  34. kuroro より:

    「きっぱり言うと憎まれる」
    本当、その通りですね。
    わかってはいるのですが、自分を止められない時があります。

    大量のハチミツ漬で自分を甘やかしているのに他人には酢っぱい攻撃をする人。
    そういう人が、自分の身近な人を攻撃してくると、つい酸っぱい反撃をしてしまいます。

    結果憎まれて、無記名の嫌がらせの手紙をもらっちゃいました。
    そのうち駅のホームから突き落とされたりするのかなぁ。

  35. PSY より:

    画面右CMのAds by Googleが
    『はちみつアイス』
    『やずやの香酢』
    になってるあたり、やっぱりコンピュータは心理学を理解しないんだとしみじみ思いました。
    …関係ないコメントでスミマセン

  36. 匿名 より:

    「アンタが憎くて言ってんじゃない。アンタのためを思って言っているんだ」

    ↑これ言う人,ホントは憎くて(単にムカついたから)言ってます。

    違うのは,

    酢だけ=イラついた感情の単なるはけ口

    酢が多いはちみつ=発言者の企み
    (コイツを利用してやる,とか)

    はちみつの多い酢=相手へのおもねり。
    (たいてい酢には気づかれない)

    はちみつ=お追従。たいこもち。
    (でもお捻りはもらえない)

    ってことだけ。

    甘い言葉に要注意,ってことですかね。