メールの好感度を簡単に上げる、たった一つの心得。

アメリカの心理学者であるJarvenpaa(1999)によれば、メールにおいてもっとも大切なことは、二つあるそうです。

一つが、

「心をこめ、相手を気づかった文を書くこと」。
そしてもう一つが、

「メールを比較的●●書くこと」。

今夜は、「メールにおいて、もっともシンプルかつ究極のテクニック」をお教えします。
 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

今夜はメールにおける、究極のテクニックをお届けします。

◆ 究極のメール奥義とは。

実は。
アメリカの心理学者であるJarvenpaa(1999)によれば、メールにおいてもっとも大切なことは、二つあるそうです。

一つが、

「心をこめ、相手を気づかった文を書くこと」。

うん。
当たり前すぎますね。

言われるまでもない、と思いますね。

しかし、もう一つが、こちらです。

「メールを比較的長く書くこと」。

そう。
「長さ」なのです。

誰もが無意識に感じていたことではありますが、あらためて断言されると、重みを持ってきませんでしょうか。

たとえば手紙を想像してください。

年賀状などでも、「あけましておめでとう」ひと言しか書いてなかったら、さびしく思えるはずです。
しかし、ハガキ一面に色々と書いていたら、少し嬉しく思えませんか?

いや「怖い」という人もいるかもしれませんが、それは「好意を抱いていない相手から好意を示されているようで怖い」と感じるからのはずです。

いずれにしても、「量は好意」なのは、確かなのです。
そしてこれは、手紙ではなく「メール」でも同じ、というわけです。

◆ 簡単に長くする方法…?

とはいえ、そう言われても、なかなか長文メールって書けません。

悪くすると、色々と考えているうちに、どんどん時間がたってしまう危険性もあります。

実際、メールでも返事でも、「早い方が相手は嬉しい」もの。

考えすぎて、時間がすぎては元も子もありません。

ですのでここでは、とてもシンプルな方法をお教えします。

たとえば、あなたがこんなメールを送ったとしましょう。

———————————–
ユミさん、こんにちは!
先日は本当にありがとうございました!

お会いできて、とてもとても嬉しかったです!
時間もあっという間でした。
今度はぜひ僕のオススメのお店に遊びに行きましょう~!

それでは、失礼しますー!

追伸…あのとき話した、好きなバンド「バス・トニー・カギール」のCD、今度貸しますね!
———————————–

メール文面は適当に書きました。
このあたりへのツッコミはとりあえず心の底へとどめてください。

さて、これにたいする返信が、

———————————–
ユミです。
こちらこそありがとうございました。
はい、また機会ありましたら。
では、失礼しますー。
———————————–

だけだったら、もう泣けてきませんでしょうか。

えー!
僕のオススメの店については!?
ていうかCDは!?

というような気持ちになるはずです。

色々とフッている話題にたいして答えて欲しい!
そんな気持ちになりませんでしょうか。

では、こんな返信だったらどうでしょう。

———————————–
ユミです。
こちらこそありがとうございました。
はい、また機会ありましたら。
では、失礼しますー。

> こんにちは!
> 先日は本当にありがとうございました!
> お会いできて、とてもとても嬉しかったです!
> 時間もあっという間でした。
> 今度はぜひ僕のオススメのお店に遊びに行きましょう~!
> それでは、失礼しますー!
> 追伸…あのとき話した、好きなバンド「バス・トニー・カギール」のCD、今度貸しますね!
———————————–

の方が、まだマシに見えませんでしょうか。

いえ、実質はまったくもって変わらないんですが、下に引用を残している時点で、「あぁ、ちゃんと読んではくれているんだな」ということが伝わるはずです。

「枯れ木も山の賑わい」と言いますが、引用そのままでも、メールの賑わいになるわけです。

これこそが「メールは長い方がいい」の法則です。

では、このような形ならいかがでしょうか?

———————————–
ユミです。

> こんにちは!
> 先日は本当にありがとうございました!

こちらこそありがとうございました。

> お会いできて、とてもとても嬉しかったです!
> 時間もあっという間でした。
> 今度はぜひ僕のオススメのお店に遊びに行きましょう~!
> それでは、失礼しますー!
> 追伸…あのとき話した、好きなバンド「バス・トニー・カギール」のCD、今度貸しますね!

はい、また機会ありましたら。
では、失礼しますー。
———————————–

順番を変えただけなのに、不思議と少しだけ満足感が高まりませんでしょうか。

一つ一つで「会話や一問一答が成立している」という感覚にさせてくれます。

直前のパターンでの「最後のまとめて引用文」を、小分けにすることによって、「文全体に組み込まれている」と感じるわけです。

ビックマックでたとえるなら、最初のメールは「肉だけ」。
切ないですね。

二番目のメールは、「肉肉肉、パンパンパン」。
多少は嬉しいですが、
最後のパンの固まりが切ないです。

三番目のメールこそが、「肉パン肉パン肉」になるわけです。

肉が外に出ている時点で、ハンバーガーのたとえに失敗していますが、とにかく雰囲気が伝われば幸いです。

はさみこむことで、「大きな一つの料理」になるわけです。

もちろん当然ですが、こういう返信だったらベストです。

———————————–
ユミです!
こんにちは!
メールいただけるなんて、とっても嬉しいです。

> こんにちは!
> 先日は本当にありがとうございました!

こちらこそですよー!
お礼を言わなきゃいけないのは、私の方です。
本当にありがとうございました♪

> お会いできて、とてもとても嬉しかったです!
> 時間もあっという間でした。

私もですー!
本当はもっと一緒にいたかったなぁ~。なーんて(笑)

> 今度はぜひ僕のオススメのお店に遊びに行きましょう~!

ええええええっ!
本当ですか!?
ぜひぜひー! どんなところでもおつきあいします♪
いつがよろしいですか? いつでも空けまーす♪

> それでは、失礼しますー!

はーい! 失礼します♪

> 追伸…あのとき話した、好きなバンド「バス・トニー・カギール」のCD、今度貸しますね!

うわぁ…。
私、もう感激で言葉が出ません…(出てるってツッコミなしで(笑)
ありがとうございます~!

ではでは、また会える日を楽しみにしてます。
あなたのユミより(笑)

———————————–

というメールだったらもう、一番嬉しいはずです。
少なくとも僕は嬉しい。

………。

ここは心理学講座という名目の、僕の欲求不満を解消する場です。

萌えイラスト描いてる人ってたぶんこういう気分なんだと思う。

………。

いずれにしても、とにかく「相手のメールを引用し、さらに細かくレスした方が、メールの量が長くなったように錯覚させる」ということ。

そしてそれは、引いては相手にいい印象を与えることにもつながるのです。

特にケータイのメールで、この「引用して細かくレス」をできる人って、とてもマレです。
PC以上に、引用を残したり、文を整えたりするのは大変だからです。

しかしだからこそ、それができた場合、
「あ、この人とメールしていると、なんか嬉しい」
と、特に感じさせることができるのです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ メールは「心をこめて」「長く」書いた方が、相手への印象が良くなる!

○ 長く書くために大切なテクニックは、「引用」し、こまかくレスすること!

○ 特にケータイでそれができればベスト!

というわけで、いかがでしたでしょうか。

ちなみに自分は以前、友人とメールで、バストに関する主張を書いたことがあります。

それにたいして相手も引用しながらレス。
さらにそれを引用しながらレス…と繰り返していたら、しばらくたったとき、こんな感じのメールになっていました。

————————————————–
> > > > > > > > > > > > > バストって無敵じゃない?
> > > > > > > > > > > > そうとは限らない。
> > > > > > > > > > > 分かってない。
> > > > > > > > > > 分かってるって。
> > > > > > > > > じゃあ何が無敵?
> > > > > > > > ヒップとか。
> > > > > > > あとは?
> > > > > > バスト
> > > > > 戻ってるね
> > > > 時と場合による
> > > よるね
> > よせてあげる
> 何言ってんの?
————————————————–

 

バストの段々畑。最悪です。
最初のバストはいつまで残るのか。
たぶんそこを削った瞬間、何の話か分からなくなるのでずっと残ったのだと思います。

………。

あらためて自分の人間性について思いを馳せながら、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

◆ 追記

みなさまご意見本当にありがとうございました。

なるほど、短いものの方が、と。

うーん。
確かにビジネスではそういうメールの方が、とは自分でも思うのですが。
恋愛とか、好きな人とのメールのやりとりでしたら、個人的には、
「会話の段落ごとにレスをする」
というのは、悪いことではないと思うのです。

「会話のキャッチボールが成立している」という証明であるわけですし。

好きな人からのメールでも、常に短文かつ要点のみ、というメールの方が良いでしょうか…?

いずれにしても、レス本当にありがとうございました~!


コメント

  1. Mee より:

    PCメール、携帯メール共に当てはまるのですが、
    引用を続けた場合不必要な長文になってしまい読むのがとても大変になってしまいます。
    仕事上メールでの打ち合わせを行うことがあるのですが、そのメールではバストに関しての部分のように何段にも引用が付いてしまいます。
    一言ずつ増えて行くなら良いのですが、長文が増えていく場合は引用の途中で新規文章が入るとすごく読み辛くなります。

    なので私は引用の記号が入った時点でそれ以降の文章は読まない癖がつきました。

    何が言いたいかと言うと
    本文中に引用を用いた場合は途中までしか読んでくれない場合も多々あるということです。

  2. にーちぇの兄ちゃん より:

    > > > > > > > > > > > > > バストって無敵じゃない?

    バストの段々畑、傑作です。
    無敵つながりでニーチェの無敵発言発見。

    「君は円柱になるよう努めるべきだ。円柱は高くなればなるほど、いよいよ美しく細くなる。しかし内部はいよいよ頸く担う力をましてゆく」by.Nietzsche

    なっ、なにぃ~!?(驚)

  3. めぐぴ より:

    時と場合により引用したりしなかったり。
    引用しても、引用レス引用レス
    肉パン肉パンで割と食べやすいハンバーガーで。
    不要なところはカットして全文まるまるくっつけたままはしませんね。

    別に全てのメールで引用・長文がいいって話じゃないですよね~?

    今回のまとめの
    「バストの段々畑。」
    に声を出して笑ってしまいました。
    始業前で他の人がまだ来る前でよかったです。

  4. Wエンジン より:

    そのままの引用ではなく、こちらが送った文章のところどころのボケをうまく引用して返してくる友人がいますが、これは最高にうれしいです。
    おかげで惚れてしまっています。
    メールの効果、あなどれないですよ。

  5. 名無しの大学生 より:

    ゆう先生の仰る「会話の段落ごとにレスをする」という部分は、私も大切だと思います。ただ、ケータイでのやりとりで自分の文章を引用されるというのは、どうにも恥ずかしくて苦手です。水増しされただけのようで、寂しくも感じていました。

    個人的には、34さんの「CD貸してくれるんですか?ぜひ!」ように、あえて送り手の一言一言を自分の言葉で書き直してくれた返信が嬉しいです。同じ長文でも、そのひと手間に気持ちが込められているように感じます。

    今回は引用することも気持ちを込める工夫の一つだと知ることができました。今までは引用されると空しく感じていただけに、嬉しかったです。ありがとうございます。

  6. 名前をつけてくれ より:

    要するにみんな

    メールには一家言ある

    ってことでFA?

  7. サンサン より:

    私は長いメール派なのでゆう先生の
    今回の記事に大共感です!!
    以前、本で読んだときに、男性には
    携帯では1画面くらいがベストという
    内容を読んだ気がしたのですが、私はどうしてもメール長くなってしまうというか、携帯でもPCでも何もかも長いので、
    携帯で引用とかしてたら、相手は私の長さでは受信なんて絶対できなくなってしまうし、(あと引用されるのは嫌いなので)自分のメールのみ延々と長いメールを書きましたが、それでこそ、自分のことを理解してもらえたり長く書いてよかったなと自分では思ってますが、相手はどう思っているかはわかりません。
    でも私はゆう先生の本はすべて読んでいるので、すべてゆう先生の心理学に基づいて行動とかしていて、何もかもうまくいっているつもりです。
    というか、私は先生の本は読破しちゃったから、内容はすべて頭の中に入っているので、まわりのみんなに広めちゃったので、興味ある人いっぱいいて、身近な本を友達に貸そうと思っています。
    サイトもみんなに紹介しました。
    っていう、私のこのコメント自体が長いと思うのですが・・・(笑)

  8. 全発動機 より:

    メールのエール、心強いものです!
    ふふっ♪

  9. ゆりこ より:

    >56さん
    FAです。

    メールに限らず会話でもそうですが、

    長すぎる自分語りはNGなことが多いですね。

    まぁ一言よりは、ちょっと水増しの方がうれしい?かな、と。

  10. むむむむ より:

    うーん、私は長い短いより、やっぱり内容が問題だと思います。
    話すことがないときは返事を返さないのもいいと思うのですが。

    友達に「今日メールするね!」っていわれてメールで「何話す?」と言われたときは困りました。話すことがないならメールしなくてもいいのに…という感じで。
    それに何を言っても「うん」オンリーで返ってきたときはさすがに困って返事を返さなかったのですが、「返事は!?」と怒られました。
    しかもなぜかバイバイを言わないとメールを止めさせてもらえませんでした。それもしばらくメールしてからでないと「バイバイが早い」などと言われたり…
    話すことがなくなったので相手と同じように「うん」と送ったら「うん」と返ってきたこともあります。

    そういうのを考えたりするとやっぱり少し長めの文章…というか言いたいことが書いてある文章が返事が返しやすくていいなあと思います。
    短いなら短いで、要点だけまとめてほしいですね。
    あとやっぱり都合もあるので内容より少ない回数で終わるメールがいいですね…

  11. 匿名 より:

    >>60さんのコメントを読んで思ったのですが、人によって、メールに対する認識に相当差があるみたいです。
    チャット感覚で使う人と、手紙感覚で使う人。
    お互いが同じ認識でないと、イライラしちゃいますね。

    私も、最近の若い子に合わせてチャット感覚派=内容よりタイミング派に変えたばかりです。

  12. より:

    >バストの段々畑。最悪です。
    >最初のバストはいつまで残るのか。

    骨状バストの段々畑。
    スケルトンだけに、いろんなものが透けて見えるよう、いとおかし♪
    残りバストのことなら当社のバストバスターズが対処します!
    おおむね、いや、おおぶねに乗ったつもりでっ!

  13. 匿名 より:

    一番気になったのが、レスの内容というのも問題な気もしましたが
    レスを返している方々が使っているメールの内容が、
    普段PCのビジネスメールをメインに使用しているのか
    携帯での比較的フランクなメールをメインにしているのか
    で意見が分かれているのではないかと
    勘ぐってしまいました。

    仕事のメールでの引用は確認と併せて
    話し合った協議結果の日時証拠としても使用しますので
    必要な場合もあります。
    引用せずに返信し、メールの有効性が認められない
    というケースも有り得るので、引用はキライ
    という話を見ていて、ちょっと違和感を覚えました。

  14. ひわ より:

     私もある程度は長いほうがいいと思います。こっちが長文で送ったのに、返信が1行だと、やっぱり寂しいですし。
     引用はいいんですけど、丸ごと引用されるのはちょっと。特に最後の署名まで引用されていた日には・・・。re:も話題が変わったのに延々最初の題名を使い続けていたり、題名がre:re:○○になっていると、手抜きのように感じられてしまいます。

  15. 四十億年の孤独 より:

    上でも言ってるけどまず
    返事があるだけ良しとしようや(仕事の場合を除く)

    その上で愛情があればそれなりに考えて返してくれるでしょ
    おざなりな返事ならば相手にとって自分はそんなモンってことです

    自分は千文字超の大作メールにちょくちょく返信がないときがあります

    世界に一人ぼっちになった気がします ( ;∀;) カナシイナー

  16. より:

    最初の例文のような、無味乾燥なメールしか書けないとか、何書いていいか分からないとか、そう言う初心者向けの心得なんじゃないですかね?
    とりあえず引用から始めてみたら?って話で、コメントの多くは既にこの段階はクリアしている人ばっかりの用に思えます。
    肉肉肉パンパンパンww

  17. うな より:

    私は引用されると何だか採点されているような気分であんまり好きじゃないです(´Д`;)ヾ
    仕事上ならば構いませんが、プライベートや携帯となるとなんともかんともw

    携帯だと絵文字を効果的に使うのが高感度アップの秘訣らしいです。
    私はめんどくさくて使ってませんが、絵文字が入ってるメールを貰うと和みますよね。

    バスト!

  18. ハセ より:

     私は
    引用賛成派です。

    メールにキチンとこたえてくれている気がするので。特に答えにくいと思えない質問にも答えてもらえないと読んでもらえなかったのかなと思ってしまいますね。

    ただ、自分がケータイメールで引用をするときは
    自分で話・質問の本質となる部分のみ引用して答えるようにしています。

    皆さん、おっしゃっていますがケータイで見る事が前提の場合は引用はホントに最小限にするのがいいですよね。送信する前に相手の質問にきちんと答えているかどうかは気をつけるようにしたいですね。

  19. kana より:

    「休日なにしてる?」の一言メールに対して、
    何十行もの返信がありました。
    なんか怖かったです。

  20. 縦書き推奨派 より:

    これはそもそもPCと携帯電話の画面に根本的な違いがあるので、
    一概には言えないと考えます。

    最近はiPhoneだなんだとスマートフォンが出てきましたが、
    10文字ちょっとで折り返す携帯の画面は日本語にそもそも向いてないと思います。
    長ければ長いほどスクロールが嫌になって
    その作業も長い文面を嫌がらせる一因だと思います。
    (わくわくさせる効果もあるのでしょうが。。。)

    文字のサイズも機種・好みによって違うので、
    いくら自分の携帯で美しい文面を書いても、

    「・・・・・・・・・今夜はありがとう!

     明日また・・・・          」

    「・・・・・・・・・今夜はありがとう

     明日また・・・・          」

    となる現実に長文派の私は極端に改行を多くするか
    改行なしで津波のように攻めるかで葛藤しております。

    1ページにうまく、要領よく収まる文章力を鍛えたいですね。

  21. 匿名 より:

    いつのまにか、彼女とはお互いに長文メールを送りあう習慣ができてしまった
    なので返信が30分後とかザラ
    引用でもしないと、話が成立しないぜ

  22. まこと より:

    携帯メールなら要点をしぼりつつ自分の感想を少し織り交ぜての方が私は好きです。

  23. 匿名 より:

    > > > > > > > > > > > > > バストって無敵じゃない?
    > > > > > > > > > > > > そうとは限らない。
    > > > > > > > > > > > 分かってない。
    ・・・・実はわたしの貧乳のことを語っているのかと・・・。

    > > > > 時と場合による
    > > > よるね
    > > よせてあげる
    > 何言ってんの?

    ・・・よせてあげなくては服を着てもみるにたえない場合があります。

    というか。
    肉とパンのマックよりもサブウェイのアボカドべジーの方が好きだったりするので貧乳かもしれません。。

    パン野菜肉野菜パン・・・ぐらいにしないと・・・・時と場合によるバストになってしまいますね笑

    反省しました☆

  24. 匿名 より:

    私は長文苦手派です
    長いと(特に携帯だと)どこまで読んだかも判りにくいんですもん……

    できれば文章はスクロールなしでも読めるくらいの量が良いです
    あくまで、一意見ですが

  25. コイ より:

    そうなんですねー!相手が変えなければ、平気でタイトル変えないでre:が10個以上とか、普通になってました…
    しかもメールは好きな人(付き合ってる人)には当然のように長文でした!
    非常に不愉快な思いをさせた可能性も…あるわけですね。勉強になります。
    付き合ってない人で好きな人の場合は、さすがに迷惑かもと思ったりして、どちらかというと早さ重視で、相手の質問に答えるプラス2,3行ってところです。
    携帯の場合、同じ画面に相手のメールを開きながら返信できないので、引用をメール作成画面に出して、答え忘れの内容に見ながら、最終的には引用は消します。やっぱり携帯だと長いと読むの大変ですもんね。
    PCだと、長い期間のラブレターのやりとりを後で読み返したりするのが好きなので、新規作成じゃなく返信の場合は敢えて引用を消さないで残してあります。
    不思議なことに、後で読み返すと、その時わからなかった自分や相手のメールの文章の意味の取り違えやちょっとしたすれ違いもわかったりするんですよ。

  26. 匿名 より:

    携帯のメールは画面が小さくて読み難いから引用文無しの短文が良いと思います。

    現に私は携帯に入ったメールの大半を「RE」「短文」「引用文無し」で返信しています。

    >了解です。

    此れだけの時も多いです。

    その代わり即返しするので評判が良いです。

    パソコンのメールに関しては「長文」「引用文有り」が多く「RE」か否かは状況次第。

    理由は内容が分からなくなるから、勘違いを避ける為です。

    何はともあれメールの仕方は人それぞれ状況にも左右されますが・・・・好きな人にはメールより手書きの手紙を送りましょう。

    それからデートの時に先に待ち合わせ場所に出向き「早く着いたからどこそこの喫茶店で待っている云々・・」とメールを送るのも良いのでは?

    友人知人と時々短文の写メールで近況報告するのも良いと思います。

  27. 匿名 より:

    長いメールって結局「伝えたいことが沢山あるんだけど上手くまとめられなかったよ」ということで、確かにそういったメールを送る人は“文章力が無い人”という見方もできると思うのですが、僕はそんな否定的な目ではなく、『こんな長いメールを送ってくれるなんて、この人は自分に色々と伝えたいんだろうなあ』と温かい目で受け入れてあげりゃいいんだと思いますよ。

    確かにやたら長い文章だと、『それでいったいこの人は何が言いたいの?』となることはありますが、それを『わかりにくいからコイツとはもう話さない』ではなく、それでも必死に理解しようと努めてあげるのが人情ってもんでしょう。