強いのに甘いモノ、なーんだ? ~サムソンとデリラの物語

クイズです。

花子さんのお母さんには、4人の娘がいました。

4人の娘の名前は、上から、

「春子」「夏子」「秋子」「??」。

では、最後の「??」に入る名前は何でしょうか?

今夜はそんな話から、サムソンの物語をお届けします。

こんばんは。ゆうきゆうです。

 

さて、「おとなの1ページ心理学」、買ってくださった方、本当にありがとうございます!

 
・匿名で犯罪が行えるスポーツ
・心理学的にベストなプロポーズ法
・心理学的にもっとも速い新幹線

などのテーマが満載です。
普通にギャグマンガですので、ぜひ。

よろしければ、 こちら   から。

さっそく★★★★つけてくださった方、ありがとうございます!

あと中古品が倍の価格になってるのがビックリです。
レアなんでしょうか。

 

 

 

さてさて、それはそれとして。

さて、冒頭のクイズ、いかがでしたでしょうか。
最近、ある友人から聞いたのですが、面白かったので出題してみました。

 

 

 

答えはシンプルです。

 

 

 

 

 

花子です。

ちなみに自分は、答えを聞いて「あー!」でした。
解ける人すごいなー、と。当然ですか。すみません。

さて、こういうクイズはもちろん、答えを聞いて納得できますが、世の中には納得できないクイズがたくさんあります。

今夜は、メルマガ「セクシー心理学」から、そんな話を。

◆ サムソンという男の物語。

あなたは、「サムソン」という人物をご存じでしょうか。

それは、旧約聖書に出てくるこんな話です。

舞台は、イスラエル。
その国を苦しめていたのが、外部から来た、ペリシテ人です。

サムソンは、苦しむイスラエル人の中に、生まれました。

サムソンの母親であるマノアは、神の使いから、
「お前の子供は、ペリシテ人から、イスラエル人を救うだろう」
という予言を受けます。

さらに神の使いは、
「しかしお前の子供には、一度もカミソリを当ててはいけない」
と言いました。

ひと言で理由を言うと、サムソンは「髪の毛」が力の源。
それを切らないことによって、彼は誰にも負けない、常人離れした力を出すことができるのです。

それにしても、カミソリを一度も使ってはいけない、と。

色んな意味で、夏場は大変そうです。
サムソンが女の子でなくて、本当に良かったと思います。

もしサムソンが女性だったら、もう全身がワッサー!と。
それはもう、力を振るうまでもなく、誰にも負けないわ。本当に。

………。

うん。
すみません。

◆ サムソンの出した禁断のクイズ。

そんなこんなで、ボウボウに、もといすくすくと育つサムソン。

思春期になると、ある女性のことがスキになります。
この女性、奇遇にも宿敵であるペリシテ人。

禁じられた恋ほど燃え上がることを「ロミオとジュリエット効果」と言いますが、サムソンも例に漏れなかったのかもしれません。

そして何とか、この女性と結婚する運びになりました。

さて、結婚披露宴。

これから家族となる相手ではありますが、もちろん敵地です。
新婦のご家族は、みんなでサムソンをバカにします。

それにたいして、サムソンは言いました。

「今からクイズを出しましょう」

「…ほう? 面白い。イスラエル人が作るクイズなど、一瞬で解こう」

「では、解けましたら私が、30人分の服を差し上げましょう。
しかし解けなければ、逆に私がもらいます」

「いいだろう。どんなクイズだ?」

サムソンが出したのは、こんなクイズでした。

「食べようとするものから食べものが出て、強いものから甘いものが出た。
それは、何か?」

………。

これ聞いて、「あぁ! アレね!」と思える人はステキです。

実は、彼は数日前、道でライオンに出会っていました。
しかし当然、天下無敵のサムソン。瞬時にライオンをブチ殺します。

そして披露宴に行く途中、彼が殺したライオンの腹に、ハチが蜂蜜を作っているのを目にしたのです。

答え、コレです。

「人間を食べようとするライオンから、蜂蜜という食べ物が出て、
ライオンという強いものから、蜂蜜という甘い物が出たよ」という。

………。

それ、お前しか絶対に解けないだろ、と。
そのエピソード聞いてる人間でも、たぶん分からない人多数だと思います。

果たしてクイズの意味を理解してるんでしょうか。

問題 「『89793238462』という数字は、何を意味しているか?」

答え 「円周率の小数点以下第11ケタから並べたもの」

レベルのクイズです。
絶対に考えても分からないだろ、的な。

次の週の視聴率ゼロだと思います。

◆ 答えは、あの人に聞こう!

さて、いずれにしても答えが分からないペリシテ人。
このままだと、30人分の衣服を取られてしまいます。
それ以上に、にっくきイスラエル人であるサムソンに、負けることになります。それは何より許せません。

そのため彼らは、サムソンの新妻を脅迫し、答えを聞き出します。

サムソンもアホ、いえ疑うことを知らない純粋な人ですから、何も考えず、答えを教えます。

サムソン「だから、ライオンの中の蜂蜜」

新妻「………あ、あー……?」

たぶん奥さん、そういうリアクションだったと思います。
答え聞いても、ぜんぜんスッキリしない、という。

そしてそのまま、家族たちに答えを伝えてしまいます。

たぶん家族たちも、「………あ、あー……?」だったと思います。
間違いなく。

そして、次の日。
ペリシテ人たちは、サムソンを呼び出して、答えを言いました。

いえ。
普通に答えを伝えては面白くないので、皮肉を込めて、こんな言い方をしました。

「ライオンより強く、蜂蜜より甘いものだって、あるだろう!?」

すんごいイヤミ。
激しく悪意的かつ挑発的です。

この物語、登場人物が基本的に全員アホ、もとい幼稚、もとい純粋というところがポイントです。
もっとオトナになってあげて、という。

その答えを聞いたサムソンは、顔が真っ赤。
普通に「妻に聞いたな!」と言えばいいのに、こう言います。

「うちの雌牛がいなかったら、答えは分からなかっただろうが!」

雌牛て。
奥さん、ウシ呼ばわりです。
答え伝えただけでこの扱いですから、今後の結婚生活が忍ばれます。

そしてサムソンは、約束の30人分の衣服を要求されます。

その瞬間、目の前にいた、ペリシテ人を30人、殺します。惨殺です。

そして彼らから衣服を剥ぎ取って、

「これで30人分の衣服じゃーーーい!」

もう、ひと言で言うとムチャクチャ。
重ねて、登場人物が全員アホ、もといすごくアホなところがポイントです。

奥さんの父親も、これにはビックリ。(そりゃそうだ)

すぐに娘を離婚させ、別の男に嫁がせました。

正直、雌牛呼ばわりの時点で微妙に決断すべきだったと思うのですが、これにてサムソンは、バツイチになりました。

もちろん、サムソンは大激怒。
キツネ300匹に火を付けて、ペリシテ人の畑をすべて焼き払いました。

もう、激しくムチャクチャです。

いずれにしても、こうしてペリシテ人を殺しまくったため、サムソンは「英雄」として語り継がれているのです。

なんか、ペリシテ人に微妙に肩入れしたくなる自分がいます。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 相手の解けそうなクイズを出してあげましょう。

○ すぐにキレるのはやめましょう。

○ あと、恐い人を無意味に挑発するのもやめましょう。

では、果たして、このままペリシテ人は絶滅してしまうのでしょうか!?
何とか、英雄サムソンを倒す方法はないのでしょうか!?

次号、サムソンの結末が!

デリラ「あんたまたウソついたわね」

を、お楽しみに!

(つづく)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. (>^) より:

    >ウシ呼ばわりです

    「呼ばわり」て、わざわざ、わざ、わざ
    呼ばわりと大袈裟に取り立てて焦点を当てるところ、妙に可笑しいーです。
    この「呼ばわり」に爆笑。
    もうもうもう、たったこのワンワードだけで、
    今んとこエンドレスで笑えてお得。
    深夜に通販してる健康器具「アブトロニクス」(だったか?)以上の効果で
    腹筋が鍛え上げられてます!

  2. 匿名 より:

    ↑ あー(><) ごめんねぃ重複記載

  3. 匿名 より:

    花子、何でなんだ?とずうっと考えていました。でも、話の初めに「花子さんのお母さんに」とあるのに、今ごろ気が付きました。こんな私ダメでしょうか?
    でも?と思って皆さまのコメント遡って見てましたら、私みたいな人もいました!!(笑)よかった!!

  4. 匿名 より:

    >>44

    理由きにな・・る・・・w

  5. より:

    >それ、お前しか絶対に解けないだろ、と。
    >果たしてクイズの意味を理解してるんでしょうか。

    せんせぃのこの見事なつっこみから、
    クイズではないですが
    解くと言う意味で、知恵の輪をはずす
    行為を想像しました。

    右と左の輪をペンチで持ちます。
    左右に強引に引っ張ります。
    おのずと針金が伸びきって輪が解ける。

    知恵の輪の意味をまったく理解してない無理矢理な、そんな解決方法でした。
    いけずやわぁ・・・(vv)

  6. より:

    冬子じゃないのは、意外性を狙ったとかそんなんじゃなくて、最初から
    >花子さんのお母さんには、4人の娘がいました。
    って書いてあるじゃんか。
    残っているのは本人、花子だけだろ?

  7. 羽が好き より:

    私と一緒で、答えが「花子」だということを、結構悩んでいた人がいて安心した。
    強いのに甘いモノ、なーんだ?
    「熱々なカップル」とか考えた俺は少数派ですか。
    愛は強くて甘いのだ。見てるだけだと胸焼けがするけど・・・

  8. 匿名 より:

    >>50
    ウシ「呼ばわり」と表現することを「大袈裟」とする人がいることにビックリ
    そういう人は、日常的に連れ合いをウシと呼んでいるか、実際にウシなのかどちらか

  9. 匿名 より:

    もー

  10. 匿名 より:

    >58さんよくよも~

    「呼ばわり」って単語に爆笑、って書いてあるよ(笑)
    も~

  11. 匿名 より:

    >60さん、よくよもー

  12. 匿名 より:

    あぁー難しいーですね表現って。

    大袈裟の反対のニュアンスは日常的にって感じかぁ・・・突くとこうまいなぁ。

    普段、ウシ呼ばわりなどしないからこそ、この表現が目について特別強い印象が残った、って感じを表現したかったけど、んーーー難しい。

    って言うより突くとこが絶妙。

  13. 匿名 より:

    さすが計算し尽くされててお見事な展開。
    この一連の流れで最後に、つまり内輪じゃないとわからないネタが絡んだ答えなんですね。
    めで・・・たのしみ。

  14. 後姿美人 より:

    ここのコメント読むまでまったく気がつかないアホです^^;
    みなさん、流石です☆

  15. 匿名 より:

    >すぐにキレるのはやめましょう。

    この元気うらやましい。
    一生に幾度かはバカ発的、いや爆発的にキレる経験をしてみたいと思う昨今です、はい。
    せっかくですから。

  16. こーだい より:

    >>15

    石川の人ですか?

  17. 聖書好き より:

    聖書の正しい解釈も失礼ながらのせておきます。
    正しい、という語彙に違和感を感じられる方もいるとは思いますが、
    その場合は聖書を研究して、私の意見が正しいかどうか、ぜひご自分で判断してほしいと思います。

    サムソンに関する記録は,神のみ使いがイスラエル人マノアのうまずめの妻に現われて,あなたは男の子を産むであろうと告げた時にさかのぼります。
    み使いはこう指示しました。「かみそりをその頭に当ててはいけない。その子供は腹を出た時から神のナジル人となるからである。その者は,先頭に立ってイスラエルをフィリスティア人の手から救う者となる」
    つまり、サムソンは生まれたときから、神がイスラエル救出という目的のために用いられた器でした。

    ある日,サムソンは父と母のところへ行き,こう言います。
    「わたしがティムナで見た,フィリスティア人の娘のうちのひとりの女がいます。今,彼女をわたしの妻としてもらってください」。(裁き人 14:2)
    両親の驚きを想像してみてください。息子が,圧制者の手からイスラエルを解放するどころか,彼らと姻戚関係を結びたがっているのです。異教の神々の崇拝者の中から妻をめとることは,神の律法に反する行ないです。(出エジプト記 34:11‐16)
    それで両親は反対し,こう言います。「お前の兄弟たちの娘の中にもわたしのすべての民の中にも女がいないので,それでお前は無割礼のフィリスティア人の中から妻をめとるというのか」。
    それでもサムソンは,「ともかく彼女をわたしのためにもらってください。わたしの目にまさにかなう娘なのです」と言って譲りません。―裁き人 14:3。

    このフィリスティア人の女性はどんな点でサムソンに「まさにかなう」娘だったのでしょうか。マクリントクとストロング共編の「百科事典」(英語)によれば,「美しく,愛嬌があり,魅力的」だったのではなく,「ある目標,目的,意図にかなう」女性でした。どんな目標にかなうのでしょうか。裁き人 14章4節を見ると,サムソンは「フィリスティア人に立ち向かう機会を求めて」いたことが分かります。この目的ゆえに,その女性に関心を持ったのです。

    つまり、サムソンの行動は個人的な復しゅう心から出たものだったのではありません。神の選んだ救出者を用いて行なわれた,神の業でした。エホバはサムソンを用いて,ご自分の民を虐げる圧制者たちに対する戦いを開始されたのです。

    精神学としての解釈が間違っていると主張しているわけではありませんが、
    聖書を本当に神の目的のために、役立てたいと願っているので、このようなコメントを書きました。

    気分を害してしまったらすみません。
    長文失礼しましたm..m

  18. 通りすがり より:

    サムソンのなぞかけの意味がわからなかったので、検索の結果ここにたどり着きました。 おかげでスッキリとわかりました。感謝します。

    ただひとつ付け加えるのなら
    雌牛は牧畜文化圏では
    「乳をだし、子を生む豊穣の象徴、つぶらな瞳の大切なもの」~というニュアンスもあるので
    牛呼ばわりは必ずしも悪い意味ではないかと
    確かヨーロッパにも牛の喩えは受け継がれているはずです(題名は忘れましたが その事を題材にした海外の本がありました)
    —————-
    おお、そうなんですね!
    いやいや、ありがとうございます!教えていただき大感謝です!
    なるほどー! ぜひ今後自分も雌牛扱いしてみたいです。