私のことを、100円で買って。~夢を達成する方法

つい最近、新刊が発売されました!
海竜社さんから、

「自分の心を絶対にやる気にさせる心理術」

です!

http://amazon.co.jp/o/ASIN/4759310770/katei-22/ref=nosim

とにかく、自分の気持ちを前向きにしていくための心理術です。
やる気が出ない…。 気持ちが常に持ち上がらない…。そんな方にオススメの本です。

そして今回のセクシー心理学は、それに関連して。

「100円でやる気を出し、継続するための、もっともシンプルかつ最強の手段」

をお教えいたします。
 

少し前に、タイとマレーシアに行ってきました。
すると、マレーシアで会話をした人が、僕を見てひと言。

「ユー・フロム・タイランド?」

あー。
そう見えるんだー。
タイ出身に見えるんだー。日本じゃないんだー。

嬉しいのか切ないのか、不思議な気持ちになりました。

だったらタイでは、すごく親近感を抱いてもらえるに違いない!

そう思いながらタイに行きました。

すると、タイで会話をした人は、僕を見てこう言いました。

「フロム・マレーシア?」

あの、僕のことを、お互いに他国になすりつけあうの、やめてください。

そんなに別の国の人間としていてほしいのか、と。

アジア一切なくなりつつも、今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

さて あなたは、「ずっとやりたかったこと」というものは、ありませんでしょうか。

ずっとやりたかったのに、いまだにできない。
どうしても実行したいのに、まだできない。

「恋人を作る」
「新しい仕事を始める」
「ダイエットをする」

などなど…。

それをいまだに実現できない。

そんなジレンマを抱えたときに、ヒントになる方法です。

◆ やる気のためには、仕事こそ。

実は、そのための答えは、とてもカンタン。

「仕事にする」ことです。

たとえば僕は、心理学や精神医学の知識が、ある程度あります。
これはもちろん、「それを仕事にしている」からです。
逆に知識なかったら困る、という。

これが、完全に趣味だったら、ここまで色々と勉強することもなかったと思います。

メールマガジンを、有料・無料ともに、定期的に発行する。
連載の原稿を書く。
医師としての業務をする。

これらの「仕事」こそが、自分を追い込み、色々と勉強する環境を作ったのかもしれません。

一番の勉強は、「教わる」ことではありません。

「教える人になること」や、「その知識を使った仕事につく」ことなのです。

◆ 仕事の3つのメリット。

「仕事にする」には、色々な定義があるかもしれませんが、僕は個人的に3つあると思います。

———————————–
・お金をもらう
———————————–

10円でも100円でも構いません。
お金をもらい、対価として仕事をすることにより、責任感が生じます。

これはどんな仕事でもそうですが、誰かに「タダでお願いする」のと「お金を払ってお願いする」のでは、雲泥の差があります。

前者では、「忘れてた」と言われても何も言えませんが、後者でそれはありえません。
すなわちこれは、仕事をする人自身のプレッシャーとして、「お金をもらった方が、取り組み方が違う」のです。

———————————–
・待ち望む人がいる
———————————–

一回でも何かの仕事を行えば、「期待」につながります。

たとえば書籍であれば編集者さん。
音楽であればレコード会社さん。
何らかのサービスであれば、もちろんそのお客さん。

仲介する人がいなくても、「すでにお金を払って、次回の仕事を待っている人がいる」というのは、いい意味でのプレッシャーになります。

———————————–
・仲間ができる
———————————–

仕事になり、お金が入れば、多くの人に手伝ってもらうこともできます。
その仲間の存在により、簡単にその仕事をやめづらくなります。

それもまた、前向きなやる気につながります。

◆ つまらなくなるのなら…?

よく「仕事になった瞬間、つまらなくなることもあるでしょ? 趣味の方が、気楽じゃない?」と反論されることもあります。

しかし、それは間違い。
そうなるのなら、それは結局、「向いていない」のです。

一流のプロは、仕事としてお金をもらいつつ、同時に楽しみながら、その職務を行います。

こんな言葉があります。

「最高の仕事とは、遊びと同じである。もし今の仕事をそのように感じられないなら、それは純粋に、レベルが低いからである。」

本当に向いている仕事なら、お金が発生したり、義務になったからといって、やる気が減るわけではないのです。

くどいですが、もし「仕事にした瞬間やる気がなくなった」のなら、それは「向いていない」ということ。

このことは、仕事にしない限り、分かりません。
「いつか、やりたいなぁ…」と思いながら何も行動をしないより、ずっと効率的です。

◆ 仕事は、何でもいい。

くどいですが、とにかく「仕事にする」ことが第一歩。
それこそ、年に10円しか稼げないレベルであっても、「タダ」とは雲泥の差です。

ブログで何かを書いてみる。
メルマガを発行してみる。
それこそ「教える」立場に立ってみる。

内容は何でも構いません。
ネットから何かが始まることもあるでしょう。

「いつかやりたい」を、「とにかく仕事にするしかない」と言い換えて下さい。

極端な話、「とにかく恋人がほしい」のなら、

「巷で流行っている恋人マニュアルは、本当に正しいのか実践をするブログ」

などを立ち上げてもいいでしょう。
もちろん広告バナーを貼り付けて。

どんな形でもいいので「仕事にする」。
そして、可能な限り「多くの人を巻き込む」ことです。

自分の部屋で、お金が何もかからないまま、漠然と空想しているだけでは、100億回死ぬまで何もできません。

◆ 100円を、投資してもらおう。

さらに!

それすらもなかなかできないあなたに、最後のテクニックを。
それこそが、「知り合いに100円をもらう」ことです。

「○○という仕事をしたいんだけど、100円投資してくれない?
この仕事がうまくいったら、1000円にして返すから!」

家族でも奥様でも旦那様でもご兄弟でも恋人でも友達でも、身近な人なら誰でも構いません。

目の前の相手を「スポンサー」にするのです。

相手も行きがかり上、またスポンサーである立場上、
「で、どんな仕事?」と聞いてくるでしょう。

無視もしくは無言で100円を投げてくる場合、関係性が悪化しすぎている可能性があります。その場合、別の人を見つけてください。

いずれにしても、この質問にたいして、

「こんな仕事なんだ」
「こんな夢があるんだ」

と話すこと、すなわち「プレゼン」することこそが、最初の仕事です。
この時点で、十分に仕事なのです。

さらに話すことによって、方向性がより明確になるはず。

また話せば、相手もおそらく100円くらいは払ってくれるはずです。それすら払ってくれなかったら切ない運命を呪ってください。

ここで100円をもらったら、すでにある意味、「プロ」です。
その仕事に関して、お金がすでに生じているわけですから。

そうなると、「1000円にして返す」という約束を守るために、さらに真面目に行動するエネルギーになるはずです。

本当に仕事になったら900円くらいの差額は余裕なはずですし、また、「何もしなかったら、期待に添えないだけでなく、900円が丸損」と思えば、気持ちもより発奮するはず。

試してみてくださいね。

ちなみに言うまでもありませんが、「恋人を見つけたい」などで投資を要求す
るのは危険です。
相手が配偶者さんだと死にますし、親だとしてもかなり切ない事態になります。
新しい仕事限定とお考えください。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 何かの夢や、やりたいことを達成する、もっともシンプルかつ最高の手段は、「仕事にする」こと。

○ 仕事の規模はまったく関係ない! プチ副業レベルでも、タダや趣味でやっている人とは、雲泥の差!

○ ただ身近な人に100円をもらうことから始めよう!

というわけで、いかがでしたでしょうか。
何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

人は一人では、なかなか頑張れません。

「仕事」として、多くの人に求められている。望まれている。

だからこそ、人は一生懸命、頑張れるのかもしれません。

 

ちなみに自分は、バスト情熱がそのまま仕事(もちろんこちらのブログの方)になっています。
どれだけ望んでいる人がいるか不明ですけども。

人として成功なのか失敗なのか分からなくなりつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)


コメント

  1. より:

    とても為になりました。
    ありがとうございます。

    たとえ挫折しても、失敗もキャリアとして残りますから、それも人生の糧ですね。それを今後に生かせば、そのマイナスもプラスになりますね。

  2. バラバラ より:

    ソウなんですよね~
    お金に換える。
    大事です。
    頑張ります。
    やりますよ!
    見ていてくださいね。
    ・・・・
    いいえ見るのはバストではありませんよ~

  3. 閲覧とコメントのみ より:

    私もバスト望んでいる1人です。配信続けて下さい。

    100円の投資はしませんが。

  4. てったん より:

    そう言えば、無料でPCを初心者に教えていたら、対価として1000円を数回貰いました♪

  5. tmt より:

    最高の仕事=遊び
    遊び=最高の仕事、ですか?

  6. ラケル より:

    このことが書かれていたメールマガジンが、迷惑メールに振り分けられてしまいました(爆)。

  7. さと より:

    100円をもらって、何かを始めてしまったら、その活動は、ずっと報酬をもらわないと続けていけないことにならないでしょうか。

    人に何かをやってもらう時は少額の謝礼を渡すより、ボランティアでやってもらった方が、やる気も高いそうですし、長くやってくれるそうです。

    ほんとうに好きなこと、向いていることなら大丈夫でしょうが、それはそれでレアケースかもしれません。

    賞と罰にまみれて、育ってきているために、賞無しで何かを続けることが出来ない人間になってしまったのかな、と寂しく思ったりもします。

  8. GrSilCoin より:

    昔、「100円(10円でしたっけ??)を捨てる、もしくはあげる」ことで何かを始めるきっかけにする、という記事を書いていらっしゃったのを思い出しました。

  9. 新しいフォルダ より:

    今回のメルマガの一番最後に、
    「●本物の運命の人=ソウルメイト に出会える幸せな法則」
    という広告があったのですが、

    ソウメイト

    と読んでしまいました。

    イラストの影響を受けているなと実感した瞬間でした。

  10. KAKERU より:

    もらっているつもりでも、効果はあるのかな?
    架空の人から、お金をもらっているという状況であると、仮定し、仕事を行う。

    まあ、「架空の人間からお金をもらう」と書いていて、別のものをイメージしてしまいましたが……

    そういえば、友人なんかに協力してもらうと、ダラダラせずにすんだりしますよね。

  11. 小桜 より:

    ああ…わかります。と、珍しく素直なコメントを。
    7,8年前に、ある書評で幾ばくかのお金を頂いていたことがありました。そのきっかけはやはりメルマガ。嬉しかったものの、『お金を頂いているのだ!』という意識をするあまりに文章はかなり堅くなりました。orzそして、さらに、その依頼先は数年で倒産してしまい……。orz個人的に三番目くらいに切ない体験でした。人生いろいろ、バストもいろいろ。

  12. 匿名 より:

    でもやはり、
    好きで始めた→つまらなくなった→向いてなかったんだ!じゃあ止めよう

    ではいつまで経っても仕事を理解することなく、転職と挫折を繰り返す人生になってしまう気が・・・

    楽しく仕事できればいいんでしょうが、仕事していて常に良いことばかりじゃないはず。やなことも楽しいこともひっくるめて好きになれるのが、本当の最高のしごとなんじゃないでしょうか。
    仕事にしたらつまらなくなった、向いてないからじゃあ違う仕事を・・・、ではちょっと思考回路が短絡すぎる気がします。

  13. 匿名 より:

    12さんへ

    向いてなかったんだ!じゃあ止めよう
    の前に、
    向いてないのかな?レベルが上がるまでもうちょっと頑張ってみよう!
    を取り入れてみるのはいかかでしょう☆

    レベルが上がることで視点は広がりますし、本当に好きか、本当に楽しいか、本当に向いているか、判断基準も高まると思います。

    私は女26歳で靴職人をしていますが、手が傷だらけになっても、神経質なお客様のご要望に対して胃が痛くなりつつも、この仕事が好きで最高だと思っています。

    新米の頃は何度も失敗し、お客様に泣かれた(!)こともあり、この仕事向いてないのかな・・、と思っていましたが、止めずに頑張り続け、レベルが上がるごとに自信と、お客様に喜んでいただける嬉しさ、楽しさは増えていきました。

    『向いていないからじゃあ違う仕事を・・』という思考回路は本当に短絡的だと思います。(そしてゆう先生はおそらくそういった意味合いでは言っていないんじゃないかなと思います。)

    好きならレベルが上がるまで頑張り続けられ、プロになるんだと思います。

    そして最高の仕事をしようと究極まで突き詰めていく感覚は、なぜか分かりませんが『遊び』に近いものがあります。
    寝食を忘れるほど打ち込んでも苦にならなかったり・・。

  14. 陸霞 より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。
    タイやマレーシアの人と間違われるのですね…。実は私も日本では中国人に、中国では韓国人に、韓国では日本人に、台湾では「名前がヨーロッパっぽい」と言われてきました。
    どこでもいいから、仲間に入れて欲しいですね…。
    お互いに母国を探して頑張りましょう!

  15. さら より:

    今回のメルマガ、彼に読ませたくなりました…。

    はぁ~…。
    うちの彼が、その仕事で食べていきたいと言い始めてはや2年半…。
    3年で結果が出なければ、スッパリ諦めてもっと稼げる仕事に就く!と言っていたのですが、そんな兆候もなく3年目を迎えもう半年が経とうとしています…。
    それなのに今、彼は別の趣味で日々遅くまで時間を割いて、疲れて他のことは何もできない状態。

    本当にやりきる気持ちがあるなら、それ以外のことを断って没頭するくらいじゃないと!

    断れないって彼は言いますが、断れないからって、自分が何もできないことを相手のせいにして、文句ばっかり言ってたら何にもならないと思うんですよね。

    正直、最近ホントに彼がわからない…(T_T)

    感想を言うはずが!
    こんなところで…すみませんm(_ _)m

  16. 小渡重成 より:

    沖縄の小渡と申します。

    ホントなら趣味こそ最も集中して打ちこめるはずなんですけどねぇ。。

    なぜか日本人は趣味は適当、仕事は絶対ってとこあります。

    僕もその一人なんでしょう。。

    仕事だと思うと責任とお金がちらついて本気モードになります(爆)

  17. ふぃぐれ より:

    まじめな話だ・・・(゜д ゜)

    でも、またひとついいことを知れました。

  18. シンジ より:

    今の仕事を遊んでるのとあまり変わらないと思ってました。 
    そんな自分をいつも責めてましたが、間違ってなかったのですね(涙)w

  19. めい より:

    「自分の心を絶対にやる気にさせる心理術」を読みました。
    とても心が軽くなりました!
    ありがとうございます。

  20. 高校生からはや云年 より:

    高校生の頃友達がリクエストしてきたイラスト描いて100円もらっていたのを思い出しました~
    100円貰っているんだからもっと上手くならないとなと思って頑張った記憶があります!
    今は趣味で仕事にはしていませんが…

    私は韓国人が多い街で白人の人に『ニーハオ』と、すれ違いざまに挨拶されました
    場違いな人に場違いな挨拶も結構切ないものです

  21. 匿名 より:

    ゆう先生の顔は本に付いている写真しか知りませんが、お笑い芸人のジャングルポケットの斎藤にそっくりな気がします。初めて見た時はゆう先生なんじゃないかとさえ思いました。

    いろいろ反論されてる方がいますが、お金をもらうのはあくまでも自分をやる気にさせるための1つの手法なので、疑問を持つ方はやらなきゃいいだけのことだと思います。

  22. より:

    ジャングルぽけさんを知らんのですが
    ゆうせんせぃはあのひとに似てる・・・
    山本こうじさんって俳優ぅ。

  23. しゃるん より:

    なんとなく今回の文体はいつもと違う印象でした。良い悪いではなく。

  24. 寅ちゃん より:

    こころと脳の対話
    河合隼雄/著 茂木健一郎/著

    出版社名 潮出版社

    この本は、オススメです。臨床心理士たちと、無意識領域の対話を進めましょう。

  25. もる より:

    バスト情熱w

    好きな仕事を探して年月を重ねるより、現在の仕事を好きになれば、いいですよね。小さなことに喜びをー。
    (内容が違ってないことを祈りつつ)

  26. おほー より:

    お金が絡むと真剣になります。
    昔、賭ウノでは負け知らずでしたが、
    今子供たちと普通に遊ぶと
    負ける負ける(^^;

  27. なっちゃん より:

    以前、趣味で着ぐるみを作ってました。
    趣味で作ってるって言うと体裁が悪いので製作依頼も受けるようにしました。(=仕事化)
    その後、作ったものを皆に見て欲しくて、大道芸を始めました。
    結果として、趣味ではできない冒険と失敗をたくさん経験しました。

    お金を払っても出来ない経験をお金をもらう(=仕事にする)と経験できると言う事実。

    今は、やりたいことは全部仕事にしてみようと思ってます。w

  28. 匿名 より:

    今回、コメント欄も含めてなかなかおもしろい!
    興味深い。

  29. 匿名 より:

    >>20さん

    私も本でゆう先生の顔を知っているだけですが、今ジャングルポケットの斉藤っていう人を調べたら本当に似ていてびっくり!!

    特にこの上の写真なんか雰囲気でてる気がします。

    http://gekidan.laff.jp/blog/2009/06/post-595f.html

  30. 3どす。 より:

    27さん、同意。

    13さんとか、24~26さん。

    (24さんは( )の中味、不要ですよ!)

    6さん、サイコー!

  31. さぶちゃん より:

    好きなことを仕事にする、簡単なようで難しいんですよね~。

    私もバスティブなので、胸専門マッサージ師でも目指そうかな…。
    まずは資格からかな…。

  32. ゆずママ より:

    夢のある専業主婦です。
    早速、実行してみました。

    旦那さんに「100円投資して☆」
    と、お願いしたら
    「夢が叶ったら100円投資する。」
    と、言われてしまいました。
    「1000円払うより、100円でも貰った方が得でしょ?」とも。

    …確かに。

    これは、関係が悪化しているのでしょうか?

  33. 匿名 より:

    23さんが紹介している本、
    『茂木健一郎』さんて、たしかTVの
    『ベストハウス1,2,3』でよく(?)登場される脳科学者の人ですよね!?
    サヴァン症候群とかプレゼンされてて・・。

    その本買おうかなぁ。気になるなぁ。

    いや、もちろんゆう先生の本も気になってますけどね(笑)。

    両方買っちゃおうかなぁ・・★

  34. 匿名 より:

    27さんの
    >お金を払っても出来ない経験をお金をもらう(=仕事にする)と経験できると言う事実。
    との言葉。

    なんだか、俄然やる気が出てきた。
    ありがとう!

  35. 昨日の夜は29だった今30の元3どす。 より:

    何か1番ずつずれてる?ゆうマジック?

  36. より:

    >プチ副業レベル

    なんだかとぉーても可愛い表現です!
    クスクス(vv)

    わたしは来世に政治家を目指すつもりでぇ・・・。
    ゆうせんせぃが「バス党」党首なら、その向こうをはって「ウエス党」党首。
    でもって解散総選挙後のそーりの座を・・・

  37. のり より:

    これはためになりますね
    早速やってみたいと思います

  38. 匿名 より:

    7月17日(金)職場の20年表彰をもらいました。いろいろあった20年でしたが、ゆう先生の本やメールなどで勇気付けられて続けてこれたと思います。
     有難うございました。出来れば、30年も狙いたいです。
     メール、本楽しみにしています。
    それでは失礼します。

  39. みー より:

    こんにちは!いつも楽しく拝見しています☆

    今回の話はとても参考になりました。
    早速試してみました。
    私のやってみたかったことはまだ投資をしてもらうレベルではないので、無償で教える人になります。
    プチ講習会のお誘いをしてみたら結構乗り気の人が多く、開催が楽しみです。それが仕事になるかはわかりませんが、まずは第一歩。この経験が私の糧になるかなと思いつつやってみます☆

  40. はぶ名人 より:

    茂木さんってオバQに出てくるラーメン
    ばぁーかり食べてる小池さん、
    に似てる人ですよね?

    のび太くん似の羽生棋士の本「決断力」なんかもよさげですよ。
    もち、ゆうせんせぃの本を購入の上。

    ものの捉え方が、ゆうせんせぃと羽生名人って似てるぅーと思うのはわたしだけではないはずです。

  41. Rula より:

    お初です^^
    めっちゃ刺激受けました!!なっちゃんさん(27さん)なんか、もう最高ッス!!!!また来ます^^

  42. 匿名 より:

    報酬の発生によりプレッシャーが与えられるることで、それがやる気に変るとはあまり思えませんが、
    (自分はプレッシャーでつぶれるタイプなので)

    >「最高の仕事とは、遊びと同じである。もし今の仕事をそのように感じられないなら、それは純粋に、レベルが低いからである。」

    とにかくレベルが低いと言われたことに、俄然闘志がわきました。

    >「仕事にした瞬間やる気がなくなった」のなら、それは「向いていない」ということ。

    自分に今の仕事は向いていないかもなとはチラリと思いますが、
    レベル低いからだと言われて黙って転職するなど…!

    違う方向性だとは思いますが、とてもためになりました、ありがとうございます。