シメキリまで、仕事をするな。 遅延と自信の関係

あなたは小学生の夏休み、どっちに近い子供でしたか?

A「とにかく宿題を後回しにして、まずは遊んでしまう子供」

B「とにかくまずは宿題を先に片付けて、そのあとに遊ぶ子供」

これで、あなたが「自信に満ちあふれているか」が分かりました。

こんばんは。ゆうきゆうです。

最近、花粉がひどいです。

本気で、スギ全部伐採すればいいのに、と思います。

スギの森林・資材としての価値は重要かもしれませんが、花粉症の治療にかか
る国民全体の医療費、また花粉による国民の活動性の低下を考えたら、絶対に
後者の方が高いと思うのです。

いや「でも花粉症で死なないじゃん」と思う人、甘いです!

たとえば花粉症で、一人の国民が、一日5分間(本当はもっとずっと多いです
が)仕事にならなかったとします。

すると花粉シーズンが、二ヶ月こと60日続いたとして、

5×60=300分。
すなわち総計、5時間がムダになります。

ここで現在、人口の15%くらいが花粉症とのことで、だいたい1500万人。

すると全体で、

1500万×5時間=7500万時間。

さらに7500万時間=だいたい300万日=だいたい1万年です。

人間の寿命が70年と考えると、それで割って、だいたい140人。

すなわち1年につき140人分の一生がムダになるのと同じ!

言ってみれば1年で140人が、花粉によって殺されるのと同じなのです!

ギャア! ひどい! 殺人者!

「日本のスギ全部伐採党」とかできたら、絶対に投票します。
何で誰も作らないんでしょうか。

もしそれがダメなら、日本のスギを全部一カ所でまとめて、カバーで囲えばい
いのに。
もうどこかの県とか一つあげるから。そこをスギの王国にしていいから。
そこから出てこないで。

それすらダメなら、すべてのスギを、完全一夫一妻制にしたいです。

雄花と雌花を、ひとつひとつ管とかでダイレクト直結。
花粉はその管の中しか通れません。
とにかくパートナーは世話してあげるから、もう精子を世の中にまき散らすな、と。

………。

こんなことを考える自分は、たぶん脳内まで花粉に侵されてるんだと思います。

とりあえずクラリチンなど飲みつつも、今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

◆ 延ばすことの、重要な意味。

さて、あなたはどうしてもやらなければいけない仕事を「先延ばしにする」人でしょうか。
それとも「早くからやろうとする」人でしょうか。

実はアメリカの心理学者であるチョイ・チューらは、200人以上の大学生を対象にして、行動パターンと性格の関係について調査を行いました。

その結果。

自信に満ちあふれて、勉強への集中力が高く、時間を有効に使っている人ほど、

「Active  procrastination を使うことが多い」

ということが分かったのです。

「Active  procrastination」とは、日本語にするなら、

「積極的先送り」もしくは「積極的遅延」。

すなわち、

「ある仕事や勉強を、ギリギリまでやらずに先送りすることによって、シメキリ直前になって自分を追い込んで完成させる」

こと。

たとえばテストで言うなら、テスト直前まで本気を出さず、前日に必死に勉強することを言います。

これを積極的に行っている人ほど、実は「自信が高く」「時間を有効に使っていることが多い」というわけです。

これ、個人的に面白いと思ったのですが、いかがでしょうか。

普通に考えたら、逆に思えるかもしれません。

童話「アリとキリギリス」は、夏のうちからコツコツと働き、食物を蓄えるアリを賛美する話です。
何もしてこなかったキリギリスは、冬に凍えます。

しかし実際「追い込まれるほど力を発揮する人」というのは存在します。

分かりやすく表にするなら、こんな感じです。
★がシメキリのある仕事、◎が関係のない仕事や遊びとします。

<先にやろうとする人>

1日目 ★★
2日目 ★
3日目 ★
4日目 ★
5日目 ◎
シメキリ

<積極的に遅延する人>

1日目 ◎
2日目 ◎
3日目 ◎
4日目 ★★
5日目 ★★★
シメキリ

結局、「前もってやっておこう」と思う人は、「シメキリはまだ先だ」という安心感から、ダラダラ過ごして、時間いっぱいかかりきりになり、他に何もできない人もいるはず。

逆に、ラスト近くに集中してやった人は、そこまでに遊んだり、別の好きなことをできていたわけで、総じて考えると「トク」です。

すなわち積極的に遅延する人は、あとで濃密に集中することになります。
だからこそ時間を有効に使えていて、同時にその充実感から、自信が湧いてくる…と考えられるわけです。

◆ シメキリに追われるから、天才になる…?

実際にマンガ家や作家さんなどで、

「シメキリにギリギリになってしまって、編集者さんに催促される」

というエピソードがよくあります。
かの藤子不二雄先生、手塚治虫先生もそういうタイプのマンガ家だったそうです。

そう考えると、

「天才ほどシメキリに余裕をもって仕事を終わらせる」

のではなく、

「天才ほどシメキリにギリギリになり、だからこそ天才を維持できる」

と考えられるかもしれません。

シメキリ前だからこそ、すべてが濃密になる。
逆にそれまでに好きなことをして、結果的にさまざまな体験から、ネタが生まれることもある…。

これを繰り返すからこそ、続けられるのかもしれません。

◆ あなたはどっちのタイプ?

ですので、

A「とにかく宿題を後回しにして、まずは遊んでしまう子供」

という人の方が、

B「とにかくまずは宿題を先に片付けて、そのあとに遊ぶ子供」

という人より、もしかして今、色々なことをこなすことができて、自信が強い人間の可能性があります。

とはいえ重要なのは「積極的」な遅延です。

「ダラダラしていて、結局シメキリ前に泣いてる」

のは、どちらかというと消極的な遅延です。

「ギリギリでやればいいんだ! それまでは好きなことをするんだ!」

という前向きな発想こそが重要です。
そのあたりを混同しないようにしましょう。

ただ言うまでもありませんが、この発想は周囲の人には言わない方がいいでしょう。

特にあなたが学生で、宿題をやらないでいて、お母さんに怒られたとして。

「違うから! これ、積極的遅延だから!」

とか言ったら、間違いなく殴られると思います。気をつけましょう。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ シメキリまで積極的に「先延ばし」にする人ほど、実は時間を有効に使い、「自信が高い」ことが多い。

○ 先延ばしできる義務は先延ばしして、今は積極的に好きなことをしてしまうことが大切。

「シメキリギリギリになることを正当化」するわけではありません。

ただ伝えたいのは、「仕事がうまい人、時間に余裕がある人は、意外にシメキ
リにギリギリになっている傾向がある」ということだけです。

くれぐれも「やってみたらシメキリに間に合わなかった! どうしてくれる!」
という結果には責任持てません。すみません。

◆ さいごに。

終わりに、かの大作家バーナード・ショウの、こんな言葉をご紹介します。

「年を取ったから遊ばなくなるのではない。
遊ばなくなるから年を取るのだ。」

シメキリなんて、ギリギリになってから頑張ればいいんです。

常にそのことを意識して、やりたいことをガマンする必要なんかありません。

それを繰り返していたら、一生何もできないまま、終わってしまいます。

大切なのは、今やりたいことを、今やってしまうこと。

それだけで、最後に後悔することは、なくなるはずですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. 匿名 より:

    花粉症対策には海外へ脱出。おすすめです。薬代や治療費を貯めれば海外脱出も夢じゃない。鬱で会社休養が認められるなら、花粉症で休養が認められる日が来てもいいんじゃないでしょうか?

    日本の桜が見たいけど、もう春の帰国は絶対しないことに決めました。

  2. HIRO より:

    mixiでもお世話になっております。

    ゆう先生の花粉症の計算すごすぎます。
    発想が違いますね。

    石原東京都知事が東京都のスギの木を全部排除するということを何年か前におっしゃたらしいですよ。

    なんでも石原都知事が花粉症とか言う話で・・・。

    とにかく早くやっていただきたいですね。

  3. 匿名 より:

    ええ花粉は酷いです

    花粉なんてものは植物の精子というか
    花粉から花粉管という竿が伸びてきて
    その管の中を精細胞が移動するわけですから
    むしろもう精細胞単品というよりワンセットですよ
    拒絶反応を起こさない方は相当アレだと思われます

    一部被害者が出ることを分かった上で杉を飼育なされてる方
    飼い主はそれ相応の対応をして頂きたい今日この頃

    むしろティッシュの使いすぎで地球温暖化に拍車がかかるので
    エコブームに託けて始末してくれりゃ良いと思います

  4. BOACK より:

    グラリチンを思い出してしまいました

  5. asuka より:

    いつも楽しく見させてもらってます。

    よくProcrastinationは使いますが、種類があったとは!!!発見です。

    前もって始めようとは思ってるのですが、結局ぎりぎりにならないとやる気が出ないというか、だらだらしてしまうんですね・・・

    時間を有効に使えるProcrastinatorを目指します!!!

  6. 匿名 より:

    昔は宿題しないダメな子だったけど
    今は早く仕事を終わらせて余った時間でさらに別の仕事もやってしまうようになりました。

  7. 幸せのワルい鳥 より:

    ゆう先生だいじょうぶですか?
    花粉症の人に言わせると鼻に塗るってブロックするやつが存外にイイらしいですが。。。
    お大事になさってくださいね。

    わたくし、夏休みの宿題は夏休みが完全に終わって登校日始まって、宿題提出しなきゃいけないものがある前の日にやってましたよ。激しく貫徹宿題小中学生でした。

    三国志英雄占い では司馬懿タイプでスゥー

  8. 匿名 より:

    毎日まだ大丈夫!そろそろやばい!と思ったりして何もしてないんですがいいんですかね。
    というよりもこれってそろそろやばいと思ってとりかかるタイミングを間違えるとだめ人間ですよね。本気で。
    受験勉強が怖いです。

  9. pam より:

    杉伐採のはなし
    まことに賛成です。
    給付金を杉伐採に使えば切れるはず。
    しかも木材伐採は負担のみじゃない
    少なからずお金になる
    また木材輸入で日本は熱帯雨林を破壊しているのだから、一石三鳥ではないか。
    真面目な話。

    新聞で花粉症は三割の国民だと言っていたが、うちの職場では半分以上が花粉症だし、もっと多いように思います。

  10. 小林 征司 より:

    楽しいお話でした。
    ただ、私は後者のほうでやるべきことが残っていると何か負債を背負っているようで楽しめないんです。小心者なんですね。これからも楽しみにしています。

  11. mio より:

    私は基本的に全部済ませてから遊ぶタイプですが、自分的に「宿題を3日で全部終らせる!そして遊び倒す!」と、自分で期限を決めて、それを絶対に守る感じでした。もう3日目に終りそうになければ2日から徹夜ででも、みたいな。

    こういうのはどんなタイプなんでしょうか。

  12. 匿名 より:

    私は後回しにして結局間に合わないタイプです…
    間に合っても、徹夜なので良くないです

  13. saku より:

    非常に面白いお話ですね。

    とある教育相談コラムに、
    「子供を思い切り遊ばせてから勉強させるのも一つの手です。」
    と書いてあったのを思い出しました。

  14. 匿名 より:

    私はモロに消極的遅延タイプで、長期休暇の間の宿題を完璧にして出した覚えがありません。おまけに、結局やっていないまま怒られながら進級するタイプでした。

    スレイヤーズなどで知られるライトノベル作家の神坂一氏も締め切りを守らずに発売を遅らせるなんてことがありましたねえ……。あの方も、果たした役割から考えればある種の天才だと、勝手に私は思ってますけども。

  15. やってやるぜ! より:

    ゆう先生の示した、自信のある追い込み型(期限に間に合わせ
    られる人)と、自分で期限を切って(&それがだらだら納期で
    なく、1週間以内程度)やり切る人、あと、手を抜いてるように
    見えても期限に絶対に(個別に)納期に間に合わせてきた57番
    さんみたいな人は、集中力が高くて仕事のデキル奴タイプですね。

    コツコツ型の人を否定するつもりはありませんが(計画的に
    物事を進められるのは一種の才能)、宿題と違って仕事という
    ものは外部要因により、急にやらなければならないことが増える
    ことが普通です。(しかも後から頼まれたことのほうが先に
    片付ける必要が高いのも普通。)

    よって計画的に物事を進められるんだけど、仕事(や宿題)
    以外のことも大事なので集中して遊ぶ期間もちゃんと織り込み、
    突発があっても大勢に影響のない余裕期間でこなしてしまって
    期限には必ず当初の仕事(や宿題)を片付けられる、スゴイやつに
    なれるようにみんな一緒に目指しましょう!

    ってことで良いですか?

  16. 真理 より:

    大好き、ゆうき先生。
    これからも沢山遊びたいと思います!!

  17. 匿名 より:

    どっちかがいいってのはおかしいと思う。あまり知らない人も多いが、「こち亀」の作者は週五日で仕事を終わらせ、必ず土日を休んでいるらしい。それに、ぎりぎりうまくいくとは限らないでしょう。締切のことが頭に残り、プレッシャーになり、日々を楽しめない可能性があります。だからといって、だらだらするのもよくありません。よって、自分にとって「最大限の」効率で、「最大限の」質となるよう、ある程度「遊び」のある予定を組みつつ、「明日はあれやりたいから、今日のうちになるべく終わらせておこう」といった適度なプレッシャーを自分にかけつつやっていくのがベストだと思います。

  18. 下衆徒 より:

    シメキリ が メシウマに見えた僕も
    前半だらだら、後半キツキツタイプです
    やらなきゃいけないことがあるときのゲームは面白さ√2倍!

  19. muun より:

    夏休みの宿題は、ラスト二日になった頃にようやく手をつけ
    しかも結局やり終えることができなくて
    始業式を休みました。

    自分に自信は持ってるけどそれに見合うだけの実力がない
    自分の性格がこんな頃から露呈していたんだと気付きました…。(^o^)

  20. aio より:

    最近は木を切った後の植林で、花粉を飛ばさない(飛ばせない)杉を植林しているらしいですよ。
    少しは楽になるといいですね。

  21. あめり より:

    杉は成長がどの木よりも早いんです。
    故に、木を欲した戦後に植えたはいいんですが、、
    今度は木の価格の下落で、木の単価も安いので、林業を継ぐ人が少ないですね。

    後、杉は動物の食料にならないんです。
    よく野生のシカやサル、クマ…etcが問題になってますが、
    雑木(ドングリとか椎の木)がないので、エサがない為、
    民家に下りてこないといけないんです。

    そして、、杉は大地に根をはらないんです。
    だから、、大雨がふると土砂崩れになりやすいし、
    木が水を蓄えられないから、夏に水不足が起きるんです。

    出来るなら、、杉は切り倒して、雑木を増やして欲しいです。

    ギリギリがいい…。。
    私もよく夏休みの宿題を8/31に徹夜してました^^
    確かに何故か1日くらいで宿題が終わるのいに、、
    夏休み始めは数ページしか進まない。。
    納得ですww

    あ、、でも究極なのは、、
    かの有名な水戸黄門。。
    あれに出てくる職人さんは皆一夜漬けで作品を完成させて、殿様に献上してますね^^
    あれは、きっと締め切りギリギリだったから良い作品に仕上がってたんでしょね~^^

  22. なるみ より:

    こんばんは。
    私はAタイプですが、今までそんな自分がイヤだったんです、、、
    お陰様で自信が持てました!
    ありがとうございます!
    これからは、欠点と思っていたところも良いことと捉えて活躍したいと思います♪

    ところでその、アメリカの心理学者というチョイ・チューさんが妙に気になります。

  23. アキラ より:

    いつも楽しく拝見しております。

    自分は締め切り間際にならないと動かないので、(なんてダメなんだろう、やる気がないんだろう)と悩んでいました。

    でも、今回のお話で、自分でも良いんだと思いました。ありがとうございました。

  24. ミスミ より:

    この理論もわからないことはないですが、
    ギリギリにやっても間に合う能力があることが前提で、ギリギリまでやる・やらない以前に、それだけの能力がある人ならどちらでも成功するんじゃないでしょうか。
    逆に、だらだら時間を使ってしまって締め切り前までなだれ込んでしまう人は、ギリギリになってやっても終えられない可能性能のほうが高いと思います。

    天才は生まれつき、天から授かった才能があるから天才なわけで、なろうと思ってなれるわけではないと思いますし、ギリギリ型の人に天才が多かったからといっても、天才でもない人がギリギリまで伸ばすのは危険なだけじゃないですかね。
    その危険な綱渡りをこなせた人だからこそ天才として世に名前も出るんでしょうし、ギリギリを狙って失敗した人も当然のように大量にいるでしょうね・・・。

  25. 家具屋秘女 より:

    同感です
    私も、ギリギリまで延ばします。
    後は、短時間でどないしょう・・・・と、自分を追い込んでいけば
    いろいろなアイデアが沸いてきます。
    失敗すれば、遅延ですけど・・・

  26. れいな より:

    クラリ・・・チン・・・
    チンにクラリ・・・

  27. 匿名 より:

    コメント後回しにしてたらこんなに遅くなっちゃいました