道に迷ったときのヒント~最小単位の思考

「自分は何を求めていたんだろう」
「何で生きてるんだろう…」

こんな風に考えてしまうことは、誰にでもあります。

実際に人間はネガティブになったときほど、物事を「大きく」考えてしまうとされています。
ではこんなとき、いったいどうしたらいいのでしょうか?

今夜は「道に迷ったとき」の回復法です。

  

あらためましてこんばんは、ゆうきゆうです。

僕、ときどき、コンビニでオニギリやサンドイッチを買うんですけども。

たとえば、カツオブシやコンブ、さらに梅干しのオニギリはありますよね。

でも、それらが入ったサンドイッチってないですよね。
これ、なぜなんでしょう。

さらに、タマゴサンド、ハムサンド、トマトサンドなどはありますよね。

でも、タマゴオニギリや、トマトオニギリってないですよね。
特に、ときどき「フルーツサンド」とか目にしますが、「フルーツオニギリ」なんて、想像しただけで気持ち悪いです。

そう思うと、オニギリとサンドイッチって、かなり異文化だな、と。
ある意味、いまだに日本と海外で鎖国してるみたいです。

そう考えてみると、どちらでも通用する「ツナ」のスゴさを、あらためて感じます。
まさにペリーです。黒船です。ツナ・ディゾンです。

このことに気がついて以来、ツナの立ち位置は、僕の中で最大級です。

そのため「もっともいい」という意味で「ツナ」を使います。

「ツナのようにステキ」
「ツナ的にすごいね」
「君ってすごくツナだね」

などの用法があります。
言うまでもなく、通じたことはありません。

原材料で言ったらどうなんだろう、と思ったのですが、
「君ってマグロだね」はより表現としてダメなんじゃないかと思っています。

ツナ的に切ない人生を生きつつも、今夜もセクシー心理学から、こんな話をお送りいたします。

◆ 迷ったときに。

「自分は何を求めていたんだろう」
「何で生きてるんだろう…」

こんな風に考えてしまうことは、誰にでもあります。

実際に人間はネガティブになったときほど、物事を「大きく」考えてしまうとされています。
ではこんなとき、いったいどうしたらいいのでしょうか?

かのデカルトは、「困難は分割せよ」と言いました。

これは、この場合でも同じ。

実は心理学的にベストな方法こそが、「迷いを分割すること」なのです。

大切なのは、あなたにとって、

「もっともシンプルに求めているもの」

を考えること。

とにかく最小単位。
ただ小さく、「自分はこれを求めてるんだ」という、プチ幸せを考えることです。

◆ 小さな向かう方向を。

たとえば僕の場合で考えてみましょう。

・ 人と会話をするのが好きです。

・ 何かを書いて、人に読んでもらうのが好きです。

・ マヤ先生、リオ先生とのことを書くのが好きです。

・ 特に僕との会話や文によって、人に楽しんでもらえたりするのは、さらに嬉しいです。

・ 温泉に入るのも好きです。

・ バストのことを考えるのも好きです。

・ 妄想しながらひたすら一日ボーッとするのも好きです。

後になるほど微妙になっていきますが、とにかくそれが自分の「好き」です。
こう考えてみるだけで、「原点」に変えることができます。

「あぁ、だったら今日の過ごし方はこれでいいじゃないか」とか、
「だったら、僕の今、進んでいる道は正しいじゃないか」

というように考えられます。

あなただったら、いかがでしょうか。
内容は何でも構いません。

・ 一人でお茶を飲むのが好き。

・ おいしいものを食べるのが好き。

・ ゆっくり寝るのが好き。

などなど。

そして「あぁ、じゃあ自分は、それを求めて生きてたんだな」と考えればいいのです。

大きく広がりすぎてしまった視野を、本当に小さく戻してみる。
このことを考えるだけで、気持ちはスーッと楽になっていきます。

◆ 今の自分は。

自分の話で恐縮ですが。

思い返してみれば、今の自分の「メルマガ発行者」と「精神科医」という2つの立ち位置も、先ほどの「プチ幸せ」から見ると、かなり納得できるものに思えます。

自分の欲求にかなり忠実に、今の自分がいるような気がします。
(特にセクシー心理学におけるバスト比率など)

あなたの「今」も、いかがでしょうか。

考えてみると、その「プチ幸せ」が関連している場所にいませんでしょうか。

そう思うと、道に迷ったときに、少しだけ今の自分を受け入れられるはずです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 自分が何を求めているのか迷ったときは、
 「自分のプチ幸せは何だろう?」と考えてみること。

○ さらに「自分はそれが好きだ。それで、いいじゃないか」と思うこと。

○ それだけで、少しだけ気持ちが楽になる。

◆ さいごに。

結局、人間が一生かけて求める道というのは、「小さな幸せの延長線」に過ぎません。

今考えた「プチ幸せ」を小さなブロックとすると、そのブロック一つ一つで積み重なったピラミッドのようなもの。

遠くからピラミッドを見ていたら、その小さな構造が分かりません。

「自分は何を求めてるんだろう?」
「何で生きてるんだろう?」
「何を目的にしてるんだろう…?」

そんな風に悩むのは、まさにその状態です。

大切なのは、もう一度、小さなブロックを思い出して、ただそれを積み重ねること。

ドイツの哲学者であるショーペンハウアーは、こんな言葉を残しました。

「幸せを数えたら、あなたはすぐ幸せになれる。」

あなたの、すごく小さな幸せは、何ですか?
本当に小さな、進みたいベクトルは、どちらですか?

そのことを思い出すだけで、簡単に幸せになれるんですよ。

 

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ゆうきゆう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)