道に迷ったときのヒント~最小単位の思考

「自分は何を求めていたんだろう」
「何で生きてるんだろう…」

こんな風に考えてしまうことは、誰にでもあります。

実際に人間はネガティブになったときほど、物事を「大きく」考えてしまうとされています。
ではこんなとき、いったいどうしたらいいのでしょうか?

今夜は「道に迷ったとき」の回復法です。

  

あらためましてこんばんは、ゆうきゆうです。

僕、ときどき、コンビニでオニギリやサンドイッチを買うんですけども。

たとえば、カツオブシやコンブ、さらに梅干しのオニギリはありますよね。

でも、それらが入ったサンドイッチってないですよね。
これ、なぜなんでしょう。

さらに、タマゴサンド、ハムサンド、トマトサンドなどはありますよね。

でも、タマゴオニギリや、トマトオニギリってないですよね。
特に、ときどき「フルーツサンド」とか目にしますが、「フルーツオニギリ」なんて、想像しただけで気持ち悪いです。

そう思うと、オニギリとサンドイッチって、かなり異文化だな、と。
ある意味、いまだに日本と海外で鎖国してるみたいです。

そう考えてみると、どちらでも通用する「ツナ」のスゴさを、あらためて感じます。
まさにペリーです。黒船です。ツナ・ディゾンです。

このことに気がついて以来、ツナの立ち位置は、僕の中で最大級です。

そのため「もっともいい」という意味で「ツナ」を使います。

「ツナのようにステキ」
「ツナ的にすごいね」
「君ってすごくツナだね」

などの用法があります。
言うまでもなく、通じたことはありません。

原材料で言ったらどうなんだろう、と思ったのですが、
「君ってマグロだね」はより表現としてダメなんじゃないかと思っています。

ツナ的に切ない人生を生きつつも、今夜もセクシー心理学から、こんな話をお送りいたします。

◆ 迷ったときに。

「自分は何を求めていたんだろう」
「何で生きてるんだろう…」

こんな風に考えてしまうことは、誰にでもあります。

実際に人間はネガティブになったときほど、物事を「大きく」考えてしまうとされています。
ではこんなとき、いったいどうしたらいいのでしょうか?

かのデカルトは、「困難は分割せよ」と言いました。

これは、この場合でも同じ。

実は心理学的にベストな方法こそが、「迷いを分割すること」なのです。

大切なのは、あなたにとって、

「もっともシンプルに求めているもの」

を考えること。

とにかく最小単位。
ただ小さく、「自分はこれを求めてるんだ」という、プチ幸せを考えることです。

◆ 小さな向かう方向を。

たとえば僕の場合で考えてみましょう。

・ 人と会話をするのが好きです。

・ 何かを書いて、人に読んでもらうのが好きです。

・ マヤ先生、リオ先生とのことを書くのが好きです。

・ 特に僕との会話や文によって、人に楽しんでもらえたりするのは、さらに嬉しいです。

・ 温泉に入るのも好きです。

・ バストのことを考えるのも好きです。

・ 妄想しながらひたすら一日ボーッとするのも好きです。

後になるほど微妙になっていきますが、とにかくそれが自分の「好き」です。
こう考えてみるだけで、「原点」に変えることができます。

「あぁ、だったら今日の過ごし方はこれでいいじゃないか」とか、
「だったら、僕の今、進んでいる道は正しいじゃないか」

というように考えられます。

あなただったら、いかがでしょうか。
内容は何でも構いません。

・ 一人でお茶を飲むのが好き。

・ おいしいものを食べるのが好き。

・ ゆっくり寝るのが好き。

などなど。

そして「あぁ、じゃあ自分は、それを求めて生きてたんだな」と考えればいいのです。

大きく広がりすぎてしまった視野を、本当に小さく戻してみる。
このことを考えるだけで、気持ちはスーッと楽になっていきます。

◆ 今の自分は。

自分の話で恐縮ですが。

思い返してみれば、今の自分の「メルマガ発行者」と「精神科医」という2つの立ち位置も、先ほどの「プチ幸せ」から見ると、かなり納得できるものに思えます。

自分の欲求にかなり忠実に、今の自分がいるような気がします。
(特にセクシー心理学におけるバスト比率など)

あなたの「今」も、いかがでしょうか。

考えてみると、その「プチ幸せ」が関連している場所にいませんでしょうか。

そう思うと、道に迷ったときに、少しだけ今の自分を受け入れられるはずです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 自分が何を求めているのか迷ったときは、
 「自分のプチ幸せは何だろう?」と考えてみること。

○ さらに「自分はそれが好きだ。それで、いいじゃないか」と思うこと。

○ それだけで、少しだけ気持ちが楽になる。

◆ さいごに。

結局、人間が一生かけて求める道というのは、「小さな幸せの延長線」に過ぎません。

今考えた「プチ幸せ」を小さなブロックとすると、そのブロック一つ一つで積み重なったピラミッドのようなもの。

遠くからピラミッドを見ていたら、その小さな構造が分かりません。

「自分は何を求めてるんだろう?」
「何で生きてるんだろう?」
「何を目的にしてるんだろう…?」

そんな風に悩むのは、まさにその状態です。

大切なのは、もう一度、小さなブロックを思い出して、ただそれを積み重ねること。

ドイツの哲学者であるショーペンハウアーは、こんな言葉を残しました。

「幸せを数えたら、あなたはすぐ幸せになれる。」

あなたの、すごく小さな幸せは、何ですか?
本当に小さな、進みたいベクトルは、どちらですか?

そのことを思い出すだけで、簡単に幸せになれるんですよ。

 

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. muika より:

    ちょうど、高校生になり、
    人生について悩んでいる所だったので
    とてもためになりました!

  2. KAKERU より:

    ツナという単語で、ジャンプの漫画であるリボーンを思い出しました。
    どこかに、それと勘違いしてくれる人はいなんでしょうかね?

    それにしても、今回もためになりました。
    困った時には使ってみますね。

  3. まぁしぃ より:

    ・バストのことを考えるのも好きです。

    ・ 妄想しながらひたすら一日ボーッとするのも好きです。

    ↑の二つはゆう先生のみ該当しますねぇ

    プチ幸せかぁ
    ・心理学ステーションを見ること
    かなぁ

  4. みゆ より:

    こういう考え方好きです^^

  5. より:

    何か、小さな幸せを考えると、楽になりました。
    明日から是非実践して行こうと思います。
    ありがとうございます(*ェ`*)❤w

  6. kaval より:

    自分のプチ幸せを考えると、そんなちっぽけなものの為に生きてるとは自分はなんて矮小な存在なんだろうと更に落ち込んでしまうのですが…

  7. 匿名 より:

    こころ暖まりました。

    ところで、「オムライスおにぎり」というものは販売されています。
    ちょっと「たまごおにぎり」かな?と。
    水を注すようですみません。

  8. たくや より:

    「おむらいすおにぎり」はおにぎりの形をしたオムライスであって、決しておにぎりではないと言う事にしましょうよ?

    僕の幸せは
    心理学ステーションをみること
    心理学ステーションを友達に紹介する事
    ですかねぇ

  9. Rance より:

    ×バストのことを考えるのも好きです。
    ○バストのことを考えるのが好きです。

    ゆう先生ったら恥ずかしがりやなんだから・・・

  10. まよいこびと より:

    わたくしには小さな好きすらありません。楽しみは寝ることです。なぜなら意識がなくなるから。こんなことが生きる目標となるのでしょうか…?

  11. JUNKER より:

    ちっぽけなことでも幸せを感じられるのはいいことですよね。
    意識していなくても後で気づく幸せもありますし。

  12. 匿名 より:

    10さん
    小さな好きもないなら、小さな好きを探すことを生きる目標にするってのはどうでしょうか?

  13. 匿名 より:

    自分の幸せが、誰かを傷つけるとしたら・・・?

  14. mako より:

    私もゆう先生のブログ読む事が大好きです。私の小さな幸せの一つですねー。
    大きな事をやろうとして、小さな幸せは、時間のムダかなー?とか、思ってましてました。確かに気持ちが楽になりました。

    ツナ・ディゾン・・・(笑)

  15. 匿名 より:

    自分が幸せになるために他人を傷つけるのは構わないでしょう。しょうがないことです。

    まぁ苦しませるのはいけませんが。

  16. M より:

    今回の話は妙に心にしみました。最近飛ばして読んでいることが多かったのですが(すみません)このところ仕事などで
    疑問が多くてつい大げさに考えてしまいがちだったので、参考になりました。

  17. めめ より:

    先生はツナのように素敵です。
    ちょっと気持ちが楽になりました。

  18. サファイア より:

    >13

    自分の事を気にしましょう♪

  19. ヒトデ より:

    ツナではなく、スターフィッシュと言われたことがあります。海外では「君ってマグロだね」は「君ってヒトデだね」になるみたいです。

  20. カトー より:

     4月12日のメルマガ「★セクシー心理学」拝見してコメントしています。
     まさかとおもいましたが、Googleにて“心理学 バスト”で検索したら、本当にこのサイトがトップで表示されました。バストトップの心理学です。
     すごいです。

  21. nodata より:

    小学時代のあだ名は「マグロ君」
    これがいじめ問題の一環として、
    学級会で取り上げられたことが^^;
    最初は嫌だったけど、
    いやはや慣れとは恐ろしいもので。

    最近、梅の入ったサンドイッチを見かけましたよ。
    買っていないので味は分かりません^^;

  22. momo より:

    仕事と結婚のことで悩んでいた時期でしたので、読んでいる途中で感情がぐっとこみ上げてきました。
    これからも辛い事、悲しい事があった時には、小さな幸せをもっと感じていい人生を歩みたいです。ありがとうございました。

  23.   より:

    これを現実逃避の手段に用いてはいけませんよね……。過ぎたるはなお及ばざるが如し。
    自分で言っていた言葉が沁みます。

  24. himi☆ より:

    いつも楽しく拝見しています。今回の件、つい1時間ほど前にそんな感じのこととかこれからのこととか考えて、へこんでいた所で、改めて救われました。ありがとうございます。

  25. ゆうこりん より:

    いつも楽しく拝見してます。プチ幸せほど、身近でかけがえのない大切な存在だったりするのに、思い通りに行かない日々が、その存在を忘れ、優しさをもてず、余裕のない自分がいる。勇気をだして原点に戻って、ささやかな幸せを思い起こすことで、深い感動や喜びが生まれるのかなあ・・・なんちゃって

  26. pon より:

    ゆうき先生。
    私が結婚する(予定)人はゆうきです。
    私はゆうこです。
    ゆうき・ゆうこ
    嫌です!!

  27. natsumi より:

    3月の後半半月の間、
    『私が生きていないといけない意味は なに?』
    『私が生きている価値は なに?』
    と思いながら泣き暮らしていました。

    最小単位。そうですね。
    あれも これも ごっちゃに考えると、雪だるま式に 未来への恐怖が膨れ上がって行きました。
    少し前まで、生きることが怖かったです。

    『今』の『私』が、『したいこと』『楽しいと感じること』が、
    私が生きていること なんですね。
    ありがとうございました。

  28. のり より:

    春って人事異動シーズンでもあり、辛い思いをしている人はおおいんじゃないでしょうか。
    そんなこんなで「ゆうき式ストレスクリニック」(の帯の可愛いナースちゃん)を書店で発見し、立て続けに何冊か読ませていただきました。
    おかげさまで何とか出社拒否しないで済んでおります。
    わたしもツナ式でいきますね。

  29. shun より:

    なんだか救われました
    ありがとうございます

  30. かずこ(ミooも同じ名です) より:

    色々クリックしているうちにここへたどりつきました。
    この様な力の出るお話は大好きです。
    もう一度自分の生き方を見直してみよう・・・って、思ってしまいました。
    読ん出くれて有難う?いいえ、書いてくれて有難う!
    又、どこかでお会いしましょう。

  31. 石垣眞人 より:

    「平成の黙示録」という表題の私説を公開しています。
    http://makoto-ishigaki.spaces.live.com にアクセスしてください。