涼風に埋もれてみた。

あなたは、「涼風」というものをご存じでしょうか。


これを聞いて、「すずかぜ?」と聞いた人は、間違いです。

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

さてこの「涼風」というマンガ。
涼風と書いて、正しくは「すずか」と読みます。

でも正直、間違えたといって気にすることはありません。

「すずか! 知ってる知ってる! もうそれナシじゃ生きられない!」

という人は、それはそれで正解じゃないように思えます。

 

この涼風、最近は鬼のような勢いで萌え化が進んでいる、週刊少年マガジンで連載されていたラブコメマンガです。

内容としては、主人公である少年が、多くの美少女とラブを繰り広げるというもの。
このヒロインが「朝比奈涼風」という少女で、その名前がタイトルになっています。

話としては、ある意味、王道ラブコメ。

しかし他のラブコメと違う点が、「舞台が女子寮・兼・銭湯」だということ。

とりあえず色々と詰め込んだ感じです。

はい。
激しくお色気なシーンが出てきます。

たとえば。

ヒロインが着替えるシーンは当たり前。

ムダに胸を触らせるお姉様も当たり前。(ムダじゃないですが)

 

女風呂に飛び込むシーンも当たり前。

さらに、 

「ぶつかった瞬間に、なぜか下にもぐりこむ」という、

「お前それ、偶然どころか意図的にやっても難しいだろ」

とツッコミたくなるシーンまで満載です。

二人の協力と息のあったコンビネーションなくしては不可能です。
よっぽど練習したのかもしれません。

そして、

さらにヒロインも、ムダにタオル一枚でサウナで倒れます。

ぜんぜん関係ないんですが、横になっているのにバストが直立。

形成外科的にはシリコン的なものを疑ってしまうのですが、
そういうリアリティはお呼びでないのかもしれません。

 

いずれにしても、お色気満載なラブコメマンガです。

たとえるなら、

お寿司屋さんでカッパ巻きしか頼んでないのに、
勝手に大トロ・ウニ・イクラなどが次々と
運ばれてくるようなマンガです。

もういいから!

純粋にラブコメだけで十分だから! みたいな。

とはいえ、まぁ、お色気がメインではあるんですが、ちゃんとラブコメ要素は成立はしており、
登場人物たちの心理もきちんと描かれています。(ここからの話へのフォロー含めた伏線)

さて、どうしてこの涼風をここで紹介するのかと言いますと。

少し前に、「この涼風に出てくる女性たちの心理分析を」というお仕事をいただいたのです。

うん。

この時点で、ビックリなんですが。

その流れで、あらためて全部を通読するために、涼風全巻を送っていただきました。

それも2セット。

積んでみました。

壮観です。

並べてみました。

激しいです。

せっかくですので、黄金のまぐまぐちゃん(景品)と、編集さま含め現場にいたみなさんで、神経衰弱をしてみました。

「お色気シーンが出てきたらその巻を取れる」

というルールだったんですが、どれを取っても出てきたのでゲームが成立しませんでした。

またせっかくですので、埋もれてみました。

これはこれで幸せ気分になれました。

世の中広しといえど、涼風に埋もれた人間 生き物は自分だけではないかと思うと
あらためて悲しみを感じつつも、みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

いずれにしても、涼風。

憧れの青春時代を思い出したい方はぜひ。

涼風公式ガイドブック湯けむり恋愛白書 卒業編 (KCデラックス)

posted with amazlet on 07.10.19

瀬尾 公治
講談社 (2007/10/17)

おすすめ度の平均: 5.0

5 公式ガイドブック第2弾

涼風 1 (1) (少年マガジンコミックス)

涼風 1 (1) (少年マガジンコミックス)

posted with amazlet on 07.10.19

瀬尾 公治
講談社 (2004/05/17)

ゆうきゆう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)