パーティを終えて。

最近、六本木のパーティに行ってきました。

そこで出会った、衝撃の「名字」とは!?


 
ゆうきゆうです。いつもお世話になっております。こんばんは。 

つい最近、ドロップシッピング最大手、株式会社もしもの実藤さんに誘われて、六本木のパーティに参加してきました。

六本木のパーティという時点で微妙にアヤしい雰囲気があるあなたは、このサイト中毒です。すみません。

内容としては非常にシンプルな、IT業界の社長さんなどが集うパーティでした。
ヤフー・日経・クリスチャンディオールの方もいて激しく熱く過ごしました。
お誘いくださった実藤さん、本当にありがとうございました。

中でも芸能プロ社長の黒田美帆さんはとてもアクティブで魅力的な方でした。

彼女イチオシなのが、タレント見学奈緒さんのカキのうたのCMソング(音出ます)。

一瞬、果物のカキだと思ったんですが、海のカキだそうです。
ある意味、おさかな天国に近い歌です。
たぶん3秒で覚えられるだろう恐ろしくシンプルな振り付けが頭の中でこだましています。
中毒性がありますので、興味あります方はぜひ。

しかし何より驚いたのが「見学(けんがく)」という名字。

珍しい名前や言葉の組み合わせにセクシーさを感じてしまう変態性 特性を持つ自分としては、
かなり衝撃的でした。

だって「見学」ですよ?

社会科見学の見学ですよ?
それが名字ですよ?

これが許されるなら、「遠足(えんそく)明子」とか「授業参観(じゅぎょうさんかん)幸子」とか、
「移動教室(いどうきょうしつ)恵子」とか、そういうのもアリじゃないですか!?

  
そんなことを思いつつ、パーティを(別な意味で)楽しんでおりました。

ちなみに自分がいつかデビューしたら、「帰りの反省会(かえりのはんせいかい)ユウ」という
名前にしたいと思います。

いつも糾弾される側でした。

 

そういえば、小学生のときで思い出しました。
以前も書いたことがあるんですけども。

小学校のとき、授業で、

「給食のおばさんの白衣は、どうして白いのかな?」

と、先生がみんなに質問したことがありました。

僕は自信満々、手を挙げて答えました。

「牛乳をこぼしても、バレにくいからです!」

 

教室中が静まりかえりました。

ちなみに正解は、

「汚れても、すぐに分かるように」。

 

明らかに解答の方向性が逆でした。
あの瞬間、僕の人生が決定されたような気がします。

小学校の話を思い出すたびに、このことが思い出されて「あーあーあー!」となります。
みなさま今後ともよろしくお願いいたします。


コメント

  1. バラバラ より:

    家の近くにサラダさんとハムさんもいらっしゃいますよ。
    野球にオウさんがいらっしゃいますが、カミさんも小学校の知り合いに・・・
    館内放送で「おうさま、おうさま、お友達の神様が正面玄関で・・・」なんてあったらビックリですね。

  2. ハセ より:

    「見学」さんて明石家さんまさんの某番組にご出演されてませんでしたか?
    『〇のから〇ぎ』

    違いましたでしょうか?
    すみません、うろ覚えで

  3. エミ より:

    昔勤めていた会社のお客様に「奥」さんがいましたね?
    「支店長!奥様からお電話です」
    「は??」
    「・・・お客様の奥様からお電話です」
    「???」と苦労しました。

    結局「奥というお名前のお客様からお電話ですっ」て言ったらやっと通じました?

  4. 匿名 より:

    苗字といえば、むかーし、ゆうき先生と同じ結城という苗字に憧れていた時代がありました(w

  5. JUNKER より:

    兄の高校時代のクラスメイトの名前が…

    「入水」

    これで「いりみず」と読みます。

  6. アルカード より:

    女王(めのう)という名字もあるらしいです

  7. nadeko より:

    後夷(うしろえびす)さんとか
    宝蔵寺(ほうぞうじ)くんとか
    お金持ちな家はだいたい難しい漢字だったなぁ……

  8. Ley より:

    >「牛乳をこぼしても、バレにくいからです!」
    この回答を読んで爆笑してしまいました。
    つい最近、これと似たような経験をしたことが^^;
    子供らしくて、いい答えですよね。

    ゆう先生・・・実は私の息子??

  9. K より:

    いつも楽しく拝見させていただいております。

    苗字といえば…
    バイト先に「運治」さんという方がいらっしゃる…と従兄弟が嬉々として語っておりました…。
    読み方はまさかのその読み方です。

    世の中、広いですね。

  10. ダーツ より:

    逆に「太郎」というあまりにも普通すぎる、というより、手抜きの名前の人って周りにはいませんよね・・・・・・・・

  11. みる より:

    このYouTubeに中毒性って・・・そんなに無いと・・・
    バストだ・・・(泣

  12. ちこくおう より:

    動画がアップされた理由とバストを結びつけてしまった自分がすごく悲しくなってしまいました・・・。

  13. 匿名 より:

    がんばれ御手洗さん

  14. かとゆ より:

    >これが許されるなら、「遠足(えんそく)明子」とか「授業参観(じゅぎょうさんかん)幸子」とか、
    「移動教室(いどうきょうしつ)恵子」とか、そういうのもアリじゃないですか!?

    ぐふっ、なるほどですね?
    遠足さんは二文字で通常の長さですが、他のみなさんの苗字が妙に長いかと。
    でも目立つからいっか。

  15. より:

    昔なにかのTV番組で『一』と書いて「にのまえ」さんというのがあった気がする。とんち勝負か…

  16. sinn より:

    逆に「太郎」というあまりにも普通すぎる、というより、手抜きの名前の人って周りにはいませんよね

  17. sinn より:

    >>逆に「太郎」というあまりにも普通すぎる、というより、手抜きの名前の人って周りにはいませんよね

    すいません!上の16番私です;;
    間違えました。

    実はいます!
    大学の同級生に、太郎、けん太郎、せい太郎、の3人がいます?。

    すごいですよね。

  18. ユウ より:

    >>逆に「太郎」というあまりにも普通すぎる、というより、手抜きの名前の人って周りにはいませんよね

    大学生のとき、私が付き合っていた相手が「太郎」でした。
    そしてなんと、弟が、次郎と三郎でした。
    そこまで徹底してくれると、かえってカッコイイ気がしてきます。
    ちなみに、見た目は「シブイ!」とかではなく、普通に茶髪の今風の人でした。

    別れた後に、何回も留年していることは人伝で知っている。もう数年経ってしまったが、どうしているだろう・・・。

  19. ririan より:

    私の親戚(男性)が結婚した相手の苗字が

    ヤテマタ さん

    でした(漢字は忘却)

    名古屋では大ウケの苗字です。

    ヤテマタ・・やってまった・・

  20. 匿名 より:

    この前、呼び出し放送で
    「ももたろうさま、ももたろうさま…」

    名字とは関係ありませんが(汗

  21. あき より:

    そいえば私もこの前呼び出しで

    「マジックゴースさま、マジックゴースさま…」

    というのを聞きました。

    だだだだ誰!!????

  22. 弩M より:

    知人に「わたし」姓がいます。
    漢字は渡司。

    高校の頃、ピザの注文の電話で何度も聞き返され、結局伝票ではワタリ様になってたのを見ました

  23. パパン より:

    「本名」さんって知人がいます。
    読み方もそのまま「ほんみょう」。
    本名ゆう・・・普段はなんて名乗ってるんだろう。

  24. 月猫 より:

    友達で変わった苗字と言えば、『留守』(るす)さんと、『龍』(たばた)さんですね。

  25. 月猫 より:

    あ、あと『七篠』さん。読み方は?ななしの?。名無しの…