小説「胸をもむたびに、お金がもらえる仕事があればいいのに。」第2回

僕の名前は、鈴木ケイ。25才のフリーターだ。
どんな仕事も長続きしない僕は、恋人であるマユの前で、つい、つぶやいた。

「胸をもむたびに、お金をもらえる仕事が、あればいいのに。」

そして彼女の胸を何度ももんだ、次の日…。

僕の口座は、5000円ほど増えていた。

小説「バスト・ワーク」、第2回です!


こんばんは。ゆうきゆうです。

さて、「マンガで分かる心療内科」ですが、第2巻が11月22日に発売します!

内容は、

バウムテスト
色彩心理学
適応障害
パニック障害
露出症
オイディプス・コンプレックス
季節性うつ
窃視症
不眠症
後悔を抱えたとき

などなど、心療内科や精神科の知識が満載です!

今回は、あすなの姉、いやしさんがセクシーに表紙を飾ります!

アマゾンならこちらから。

もちろん裏表紙にも、描き下ろしマンガが!
本屋さんで見かけたら、裏表紙だけでも見てみてくださいね。

というわけで今夜のセクシー心理学は、前回の続きをお届けいたします。

◆ バスト・ワーク 前回のあらすじ 前回はこちら。

僕の名前は、鈴木ケイ。
25才のフリーターだ。

どんな仕事も長続きしない僕は、恋人であるマユの前で、つい、つぶやいた。

「胸をもむたびに、お金をもらえる仕事が、あればいいのに。」

そして彼女の胸を何度ももんだ、次の日…。

僕の口座は、5000円ほど増えていた。

◆ バスト・ワーク 第2回

見間違いでは、ない。
間違いなく、5000円ほど、多い。

ここ最近バイトはしていないから、給料の振り込みなんて、ありえない。

「仕送りを求めるくらいなら家に帰る」という条件で上京してきたため、親からの振り込みということも、ないだろう。

そう考えると…。

本当だろうか。
あの晩、話した、冗談。

いや…。冗談ではなく、結構本気だったけども…。

あれが現実になったのか?

増えた額は、5000円…。

昨日、何回くらい、もんだだろう。

10回…?
いや、そんなモンじゃない…。
50回…? いや、それ以上…?

正確な数は覚えていない。

当然だ。

「今までもんだバストの回数を覚えているのか?」

そんな質問に、すぐに答えられる人間はいないだろう。
思い出すだけ無駄だ。

大急ぎで、僕はマユにメールをした。

「今日も…会える?」

「えっ? 本当?」

返信が来る。
二日連続で会うことはマレだったため、彼女は驚いた。
僕はメールを打つ。

「うん…。また、会いたくてさ」

「また、もみたくてさ」とは言えない。

彼女からメールが来た。

「うん、いいよ♪ 楽しみ」

楽しみなのは、僕の方だった。

◆ 

その晩は、ハッキリと数えた。

「35、36、37、38…」

「え? 何の回数?」

「………え、口に出してた?」

「うん…。かなりハッキリと」

「いや、実際、何回くらいもんでるのか、数えてみたかったんだ」

「数えてどうするの?」

「………」

「………」

「一説によると、成功者って、自分の行動のことごとくを記録する人が多いんだって」

「へぇ…。知らなかった。ちなみに胸をもむ回数の他に、何を記録してるの?」

「………」

「………」

「いや、胸だけ」

「だよね」

彼女はそう言いながらも、笑う。

「ふふっ…。面白いね。じゃあ、回数数えてみて。1万回くらいになったら、なんか記念品とか、出るのかな?」

「…あははっ。表彰されるかもしれないね。二人で」

「その表彰式は、ケイ一人で出てね」

彼女はにこやかに微笑む。
そんなやりとりを繰り返しながら、僕は数を数えた。

ちょうど、300回もんだ。

複雑な数だと忘れてしまうため、キリのいい数にしたのだ。

次の日に口座を確認する。

15000円、増えていた。

間違いない。
胸をもんだ数だけ、金が増えている。

僕は割り算をする。

15000÷300=50

そう。
すなわち、彼女の胸を1回もむごとに、50円が手に入るのだ。

まさに天にも昇る気持ちだった。

◆ 

それから、毎日のように、試してみた。

まず「片手でもむ」だけではカウントされないことが分かった。

右と左、両方もんではじめて、「1回」としてカウントされる。
両手で2倍、みたいなサービスはないようだ。

神様だけに、「右の胸をもんだら、左の胸ももみなさい」みたいな平和主義的な考えがあるのかは分からない。

もちろん、
右→左→右→左
と交互にもむのも効率が悪いので、両方同時にもむことにした。
まぁ、元からずっとそういうスタイルではあったのだが。

そして、回数。

「よっよっ…。よっよっ…」

普通にもんだ場合、だいたい1秒で2回くらい。
すなわち1分で、120回。

「よっよっよっ…。よっよっよっ…」

急いでもんだ場合、1秒で、3回だ。
同じく1分で180回。

しかしこの場合、1分で手がしびれてくる。
俗に言う「もみ疲れ」だ。
俗に言うのかは分からないけども。

マラソンと同じで、大急ぎは禁物ということが分かった。

すなわち無理ないペースで、1分に100回前後。

しかしこれですら、5分あたりが限界ということが判明した。

どんなにもむことが楽しくても、やはり筋肉疲労には勝てない。

特に指というのは、なかなか鍛えられる場所ではないようだ。

実際、指は腕などに比べて筋肉の繊維が細いため、鍛えづらい。
どんな格闘家だって、ボディビルダーだって、指をねじりあげられたら、なかなか抵抗できないはずだ。

そのため指だけで、長期間の運動を続けるのは、とても難しい。

また、自分のことだけを考えていられない。
彼女にも限界がある。

しばらくもむのに夢中で気づかなかったが、彼女の表情が少しだけ固くなっていたこともあった。

「…よっよっ…。………? あ、だ、大丈夫…?」

「う、ううん…。少しだけ…」

「少しだけ?」

「少しだけ…。い、痛いかな…」

そう言われたら、もちろんそれ以上、もむことはできない。

くわえて「もめる雰囲気」というものもある。

「待った?」

「ううん。大丈夫」

「そっか。じゃあ、もむね」

………。

ありえない。
さすがに会った直後は、なかなか雰囲気的にも気分的にも、もめないことが分かった。一度やってみたが、かなり気まずい空気が流れた。

当然だが、性的な色々の前後くらいが、もむのにふさわしい時間のようだ。

いずれにしても、以上から…。
だいたい、一度のデートで500回くらいが限界のようだ。

すなわち1日で25000円。

決して、悪いビジネスではない。

もし週休2日と考えたら、週に5日のお仕事。
すなわち月に20日くらい。

そう計算してみれば、月収50万円だ。
夢のようだ。

少しずつ収入を得ることで、東京で生活を続けることが可能になった。
これで実家に戻らなくて済む。

「今日は、僕がオゴるよ」

「…!? あ、ありがとう…」

そんな振る舞いもできるようになった。
彼女は驚きながら、僕に聞く。

「な、何か…。仕事を始めたの…?」

「あ、あぁ…」

「どんな仕事?」

「………」

もちろん、本当のことは言えない。

「そ、ソフト系の仕事かな?」

ウソはついていない。
胸はソフトだ。

「へぇっ! スゴいね! プログラマーみたいな?」

………。
プロ+グラマーという意味では、今の仕事と、当たらずとも遠からずな気がする。

「ま、まぁ…。そんな感じ…。」

「そっか、良かったぁ…!」

彼女は本当に嬉しそうだった。
僕もそれを見て、幸せだった。

大好きな女の子の胸をもむ。
そして、それがお金になる。
こんなに幸せでいいんだろうか。

しかし…。
それが机上の空論と気づいたのは、それから何千回ともんだ後のことだった。

◆ 

彼女の胸が、心なしか柔らかくなってきた。

もしかして。
もみ続けることで、脂肪組織が少しずつ柔らかく変化するのかもしれない。

最初にあった押し返すような感覚が、少しずつ減ってきた。

トランポリンというものがある。
その上なら、何十回飛んでも、そんなに疲れない。
しかし弾力がない床で何十回も跳ねるのは、結構大変だ。

押し返す弾力があるかないかで、もみやすさが大きく変わってくる。

それだけではない。
くわえて彼女の胸にも、少しずつ疲労が蓄積されてきたようだった。

「ごめん…。最近ちょっとだけ、痛いかな…」

「えっ…? まだ100回くらいだよ…?」

その言葉に、彼女はしばらく考え、言った。

「……………。なんか最近気づいたんだけど、回数にこだわってない…?」

「えっ!? い、いや…。そんなことは…」

「それにね…。な、なんか前と、触り方が違うっていうか…」

「え、えっ…?」

「前はもっと、ゆっくり優しかったのに…。最近は、ただ回数ばっかりにこだわってる感じがある…」

ギクリとした。
確かに無意識に、仕事であるかのような意識が生まれてきた。

そういえば。
昔、読みかじった、心理学の本に書いてあった。

子供たちに、ある工作をさせる。
そのとき、Aグループには、何もご褒美をあげない。
しかしBグループには、工作のご褒美として、ちょっとしたプレゼントをあげる。

もちろん、Bグループは、喜ぶ。

しかし、それからしばらく後。

ご褒美がなくなったあとも、工作を続けていたのは、圧倒的にAグループの子供だった。

そもそも楽しいものに、あえて「ご褒美」を与えてしまう…。
それによって、内面的な喜びが減ってしまったのだ。

「…そ、そんなこと、な、ないよ…」

僕はそう言うのが精一杯だった。

◆ 

それから、二人のあいだの空気が変わってきた。

なぜか、胸をもむことに、気まずさがある。
500回なんて、もちろん無理だ。

少しずつ…。少しずつ…。

せいぜい1回のデートで、10回くらいになってしまった。
すなわち、500円くらいだ。
たぶん、最低賃金を割っている。

それが態度にも出たのかもしれない。
さらに関係が悪化してきた。

あるとき、ついに彼女が言った。

「いったん…。離れてみようか…」

「……!!」

予想はしていた。
しかし…。

それでも、つらかった。

「その方が、いいよね…?」

彼女は僕の顔を見る。

ダメだ…!
このまま、彼女と離れたくない…!
僕は言う。

「い、いやだ…。別れたくない…」

その瞬間、彼女の顔が、少しだけ明るくなったように見えた。

「…どうして?」

その問いかけに。

思わず僕は、口にした。

 

 

「胸が………もめなくなる…」

 

 

言い終わったとき、彼女は、いなかった。

(つづく)

次回、最終話です。

ここまで読んでくださってありがとうございます!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA