頭がいいと思わせたいなら、セルフツッコミをすること。

あなたは、頭がいいと思われたいですか?
実際に心理学では、「知性的である」ことの重要な要素として、「メタ認知ができること」が挙げられています。

そしてメタ認知とは、「セルフツッコミ」をすることなのです。
 

こんばんは。ゆうきゆうです。今夜もセクシー心理学から、こんな話を。

◆ 知性的な人って、どんな人?

実は心理学では、「知性的である」ことの重要な要素として、「メタ認知ができること」が挙げられています。

またアメリカの心理学者であるジェームスも、「コミュニケーションにおいて何より大切なのは、メタ認知の視点を持つことである」としています。

ではメタ認知とは、いったい何なのでしょうか?

カンタンに言えば、「認知をしている自分を、客観的に認知すること」。

たとえば!

ダジャレを連発する人がいたとします。

これが周囲に寒く感じるのは、本人が、「それが面白いと信じて疑わない」から。
言ってみれば、「自分を客観的に見ることができない」からですね。

こういう人は、あまり知性的には見えません。
同時に周囲も困ってしまいます。

すなわち、

「自分は面白いと思うけど、ハタから聞いて、これって面白いのかな…?」
「突然、ダジャレを言う自分って、みんなからどう思われるんだろう」

というように、冷静に自分と周囲の状態を見つめられることが、大切だというわけです。

まぁ、そんなメタ認知ができる人なら、そもそも「ダジャレを言ってもウケない」ということが分かるので、最初から言わないと思うんですけども。

◆ 自分で自分にツッこもう。

ただこれ、ギャグでなくても、会話全般について言えます。

とにかく口説く!
とにかくセールストーク!

勢いは確かに大切ですが、ひたすら同じことばかり繰り返していては、相手もウンザリしてしまうはず。
あなたが「いくら言っても伝わらない」と言うのなら、それが原因です。

自分の主張だけに夢中になり、「自分がどんな状態にあるか」を考える余裕がないわけです。

そんな場合は、とにかく「メタ認知」。

一歩うしろから、全体像を眺めることが大切です。

では、具体的にはどうすればいいのでしょうか?

それこそが、「セルフツッコミ」なのです。

◆ 客観的に、見てみよう。

たとえば、誰かにはじめて声をかけた場合。

「あの、すみません! ちょっとお時間ありますか? あなたと話したいんですが、少しだけいいでしょうか? 僕の名前は…」

というように連続で話されては、相手も不安になり、心を閉ざします。
それよりは、「一歩さがった客観的な視点」を告げること。

 「あの、すみません! ちょっとお時間ありますか?」

⇒「自分でも、いきなり声をかけてしまって、悪いなと思うんですけど…」

こう告げると、相手は少し安心します。
そしてもし可能であれば、さらにその上でのダメ押しをすること。

⇒「ただ、それでもどうしても話したくって」

こう言えば、相手は少し安心した分、ダイレクトにこの言葉が入ります。

この「主張」⇒「客観的な視点(セルフツッコミ)」⇒「ダメ押し」という言い方は、すべてに応用できます。

 「僕は君を幸せにする!」(主張)
⇒「…って、根拠ないのにこんな断言してる自分が微妙だけども」(ツッコミ)
⇒「でも、今の本音の気持ちなんだ」(ダメ押し)

 「つきあってください!」(主張)
⇒「…って、●回目のデートで言うのは早いかもしれないけど」(ツッコミ)
⇒「でも、本気なんです」(ダメ押し)

 「ぜひ弊社の商品を試していただけませんでしょうか?」(主張)
⇒「突然こんな話をして、申し訳ないと思っているんですが…」(ツッコミ)
⇒「ただ、本当にオススメなんです」(ダメ押し)

相手の反応が悪いかも…と思ったら、とにかく一歩ひいて、セルフツッコミ。

こう話すだけで、相手はあなたの言葉に余裕を感じます。
一つ覚えで同じことを繰り返すより、知性的に見えるかもしれません。

◆ 近いけど違います。

ちなみにセルフツッコミと言っても、微妙なギャグがスベったあとに、

「…って、違うか!」

と言うのは、まったくもって知性的ではないので注意してください。
というか、相手をさらにイラッとさせる効果があります。
気をつけましょう。

他にも、

「…なーんちゃって!」

もダメです。

いずれにしても、ギャグがウケなかったときは、ヘタにセルフツッコミをすると、より致命傷になります。

それよりは、

「…意味不明すぎました。すみませんでした」

などのように、完全に謝って、自分を落とした方がマシだと思います。
参考にしてください。

ここはお笑いタレント養成学校か。

◆ やり過ぎはダメです。

ただ実際、そういう「メタ認知」の視点が強すぎても、あまりよくありません。

「こんなところで告白して、困らないか…」
「自分みたいな人間に告白されて、イヤにならないか…」
「僕みたいなゴミ以下の人間と一緒にいるだけで、彼女にとって拷問なんじゃないか」

という発想は、行きすぎると被害妄想以外の何物でもないので注意しましょう。

ただ大切なのは、相手の反応をよく見ること。

その上で、もし相手が少しでも引いていたり、思ったほど相手が感動してくれないなら、

「…って、こんな言い方をして…」

というように、一歩ひいてみる。

このスキルを知っているか知らないかだけで、コミュニケーションは大きく変わってくるものですよ。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ ひたすら主張するだけでは心はつかめない!

○ 自分が思うほど相手が反応しないなら、ちょっと「客観的な視点」でセルフツッコミをすること。

○ とはいえ、やりすぎは危険です。はい。

 

というわけで、いかがでしたでしょうか。

ぜんぜん関係ないんですけども。

僕、昔、スキーしていたことがあったんです。

そのときに、ふと手に持っているものについて、考えてしまいました。

そうです。

ストックです。

「これ、最初に『バ』をつけたら、『バストック』じゃないか!」

そう思ったら、なんだか、ものすごくいとおしく思えました。

そのまま夢中になり、気がつくと恐ろしい勢いで木にぶつかっていました。

それ以来、スキーをしていません。

あのとき、少しでもメタ認知をしていたら。

スキー中にひたすらストックを愛でている自分に、ちょっとでも客観的に違和
感を抱いていたら。

色々と切ない思い出を思い出しつつ、ここまで読んでくださって、本当にあり
がとうございました。

(完)

 

編者注… 冷静になってあまりにアレだったので、ラストのオチを少しソフトに変更いたしました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA