今の自分は、本当に昔望んだ自分なんだろうか。「後編」

あなたは、「新宿の妹」というものをご存じでしょうか。

そのドアを開けようとしたとき、男が聞いた言葉とは!?

 

というわけで、こんばんは。ゆうきゆうです。

昨夜の更新に多くのレス、ありがとうございました。
せっかくですので、続きの掲載を。

中途半端もアレですので、一連の流れだけ完結させたいと思います。

昨夜の前編の続きとなります。


「あの…」

 

そう言いながら、ドアを開けようとしたときのことだ。

「先生、本当にこんなんで、来るんですか?」

女性の声だ。
それも、二人で会話をしているらしい。

「来るわよ!」

もう一人の女性の、たしなめるような声が、響く。

「だってホラ、今ってアキバ系が大流行じゃない!? 妹って書いておけば、脊髄反射的につられた男たちがやってくるわよ!」

「でも、来るのって、とにかく妹求めてるような男たちですよね…?」

「でもね。妹を求める男性ってことは、それだけ自分に逆らわない女性を求めてるってコト。
それは、日常でストレスを抱えていて、色々思い通りにいかないことによる反動…とも考えられない?」

「………ま、まぁ…」

「だったらすなわち、『潜在的に、うつになりそうな男』にも通じない?」

「なんか、拡大解釈しすぎてる気がしますけど…。
まぁ、うまく行けばいいんですけどね…。とにかく患者さんが減りすぎてる現状に歯止めを…」

「あああああああっ!」

「え?」

その瞬間、二人は僕に気がついたようだった。

「あ、あの…」

「………」

「すみません。かえりま…」

そう言いかけた瞬間、『先生』と言われた女性は、こう言った。

「は…」

「え?」

「はじめまして! お兄ちゃん」

今さら。

というか、「お兄ちゃん」なのに「はじめまして」。
この言葉の矛盾について、彼女は何も感じないのだろうか。

声の方向を見ると、美しい女性が、白衣に身を包んで立っていた。

知性的で、でも子供のようなあどけない瞳。
髪は黒く、美しい。年は20代にも見えるし、30代にも見える。

しかし彼女はなぜか、頭に小学生の女子がつけるようなリボンをつけていた。
それだけが、激しい違和感を発している。

「お、お兄ちゃん」

声が少しうわずっているように聞こえる。
おそらく、こんな言い方をしたのは、はじめてなんだろう。

「きょ、今日は、どうしたの?」

いや、それはこっちのセリフだ、と思った。

「な、何なんですか? ここは…?」

その瞬間、側にいたもう一人の女性が、言った。

「ここはね、疲れたお兄ちゃんを、安らがせてあげる場所なんです」

彼女はナースの恰好をしている。
立ち振る舞いからして、本当にナースなんだろう。

彼女は「先生」よりも練習しているのか、発声がより自然に思える。
しかしナースなのに「お兄ちゃん」を連発しているのが、ありえないくらいに怪しい。

僕は言葉の内容に気がつくのに時間がかかったが、慌てて聞き返した。

「疲れたお兄ちゃん…って、僕のこと?」

「うん。顔からして分かるわ」

先生と呼ばれる女性が、すぐに答えた。

「………」

「疲れてるよね? 仕事にも恋愛にも、何ら希望を見いだせないでしょ?」

確かに。
あまりにハッキリ言われるのが少しイラッと来るが、事実ではある。

「私はね、そんなお兄ちゃんに、幸せを…」

「………」

そこで、彼女の言葉が止まった。

「………」

「………」

「お兄ちゃんって話すの、もう限界だから、やめていい?」

だったら最初からしないで欲しかった。
僕は心からそう思った。

ナースが言う。

「先生、普通に話すんですか?」

「えぇ。もう釣れたから、いいでしょ?」

釣れた、て。

「い、いや僕、もう、帰りま…」

僕はそう言いながら、ドアに向かって回れ右をする。
そして、ノブに手を掛けた瞬間、こんな声が響いた。

「本当に、いいの?」

「え?」

「お兄ちゃんとか妹とかなんて、キッカケに過ぎない。
大切なのは、あなたが私のこの診療室に訪れたという事実。
そしてそのあなたが、ストレスを抱えているということ」

「………!」

彼女の言葉に、僕の動きが止まる。

確かに僕は、ストレスを抱えていた。
それは間違ってない。

「で、でも…!」

そう言おうとした瞬間、彼女の質問が、僕の心に飛び込んできた。

 

「あなたが朝に起きるのは、何のため?」

理由。
僕が起きる、理由。

仕事は退屈で、疲れるだけだ。
恋人もいない。趣味もない。

起きることほど、苦痛なことはない。

 

いったい僕は、何のために、起きるんだろう。
何を思い描いて、夜に眠るんだろう。

 

「あなたのやりたいことは、何なの?」

たたみかけられる質問に、僕は言葉を失う。

僕の、やりたいこと。

繰り返す日々の中で、いつのまにか忘れてしまった気持ち。
どこかに失ってしまった夢。

「………」

僕はそれに、明確な答えを出すことができない。

   

すると、彼女は言った。

「でも、そんな毎日を、私が変えてあげられる、と言ったら?」

「……!!」

彼女の言葉は真剣で、さっきまでの「お兄ちゃん」と言っていたときの不安さは、カケラもなかった。
その瞳には、何とも言えない真実味がある。

「ただ、私の話を、聞きなさい。
そうすれば、あなたの明日を、大きく変えてあげるわ」

「………」

僕は思わずノブにかけた指を下ろし、彼女の方に向き直った。

「………き、聞かせてください」

 

この決断は、正しかったのだろうか。

迷いに満ちた僕の眼差しを見ると、彼女は静かに微笑みながら、口を開いた。

「じゃあ、そこに座って」

 

これから、何が始まるのか。

彼女の言葉によって、僕はいったい、どう変わるのか。

不安だ。恐い。
でも僕の心の中に、少しだけワクワクする気持ちが生まれている。

それだけは、確かだった。

 

そう。

彼女の言葉を待つまでもなく、僕は予感した。

この決断は、決して間違っていなかった、と。

「…あ、でも、その前に」

「…え?」

「まずはリボン、取っていい?」

早く、取ってください。

僕は自分の決断が正しいのかどうか、微妙に迷い始めた。

 

これは、その夜に、僕と「先生」のあいだに起こった物語である。


………という感じで、物語が始まっていきます。

 

なんだか、まったく興味のない方には微妙な話で本当に申し訳ありません。
書き上げてしまったので、まぁ、どうせなら…という感じで。

明日からまた通常更新に戻ります。 

それはそれとして、最近読者さんにお教えいただいた、「ネコを捕まえるゲーム」。

ヒマつぶしに。

ネコを囲ったら勝ちです。2回に1回しか勝てません。
たまに勝ちが決定すると、嬉しくてこんなことをします。

自分の中のサディスティックな一面をちょっぴり感じる瞬間です。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA