藤子不二雄先生のマンガの、今と昔の表現の違い。

藤子不二雄先生のマンガの表現が、今と昔で大きく変わってるのをご存じでしょうか。
 

ゆうきゆうです。こんにちは。

 

今回は、僕がもっとも尊敬するマンガ家、藤子不二雄先生のマンガを紹介しましょう。

 

さて先生の作品では、たぶんたいていの方が、「ドラえもん」を読んだことがあるのではないでしょうか。

そんな藤子先生、「SF短編集」という、大人向けのSFマンガも描きました。

自分にとってはバイブルのような作品なのですが、つい最近、再び買って読み返してみたところ、
以前に持っていたものとは表現が違う部分がありましたので、比較してみたいと思います。

ご紹介するのは、「ポストの中の明日」という話。

主人公である少年が、「次の日の新聞を読める」という特殊能力を得てしまうことから、始まる物語です。

未来が読めるわけで、一見便利なんですが、実際はそこまで幸せではありません。

宝くじも買えなかったり。
火事が分かっても、どうにもできなかったり。

最終的には爆弾犯にまで間違えられてしまいます。

結局、自分自身だけが何かを分かっても、何にもならないという切ない状況になります。

さて、今回のメインはこのあと。

彼はこのことを、マンガ家であるおじさんに相談します。

「そりゃあれだな、心理学で既視感とか、熟知感とかよばれてる現象だ」

 

このあとが重要です。

「精神分裂症の初期によく見られる症状だよ」

「じゃあぼく、狂ってるの!?」

「まぁまぁ、ふつうの人にもよくあることなんだ」

結構ダイレクトに来ます。

ちなみに正確には「精神分裂病」(現在は統合失調症)なんですが、まぁ、そこはどちらでもいいかもしれません。

やはり「精神病である」ということがインパクトが強かったのか、最近のマンガでは、こうなっていました。

1コマずつ行きます。

「これは錯覚なんだ。」

ソフトに来ました!

確かにこの「既視感」という精神症状。
「間違った認識」なわけで、もんんんんのすごくソフトに言えば「錯覚」です。

間違ってはいません。

短くなりすぎて、フキダシの余白が大きすぎる気がするんですが。

そして次のコマです。

「じゃあ、ぼく、へんなの!?」

「狂ってる」⇒「へん」

こっちもソフトに来ました!

すんごくソフトに来ました!

でも!

でもですよ!?

なんで「錯覚」とソフトに伝えたにも関わらず、主人公は、

「じゃあ、ぼく、へんなの!?」

と、全力で驚いているのか。

「錯覚」と言われたなら、そこまで驚く必要ないじゃないですか。

たとえば、錯覚といえば、こういうものがありますが。


「ほーら、上と下の直線は、実は同じ長さなんだよー。違う長さに見えるのは、錯覚なんだよー

これにたいして、

こういう反応しないですよ普通。


普通なら「あー、錯覚なんだー」で終わると思うのですよ。

やはり「精神分裂症と言われたから驚いている」わけで、その前をソフトにしたなら、ここでの驚きを説明するセリフにしないと。

ただ言い換えただけだから、こう不自然になってしまう。ムキー。

そして最後にこう言います。

「まぁまぁ、だれにもよくあることなんだ」

「普通の人にも」⇒「だれにも」

やはり「普通の人」と言うことで「普通じゃない人」みたいなのを感じさせちゃうのがダメだと思ったのかもしれません。

いずれにしても、色々と言葉に気を遣うものなのだなと。

まぁ、この言葉を変更することで、この作品のすばらしさが何の影響を受けるわけでもないんですが。

それでも、何か微妙にさびしくなってしまった感じでした。

 

ちなみにせっかくなので、この話の結末まで紹介します。 (結末を知っても、読めば十分楽しめます)

彼は「友達と一緒に遭難してしまう」という未来が分かっていつつも、友達を止めることができず、
だからといって見殺しにもできず、一緒に遭難してしまいます。

しかし途中で、明日の太陽を見ることができ…

必死に走った結果。

遭難から抜け出すことができたのです。

色々な苦難がありつつも、最終的に、努力と前向きさによって、救われる。

根底に流れる藤子不二雄先生の思想は本当に素晴らしいなぁ、と思いつつ、今回の紹介を終えたいと思います。

 

 

 

ちなみに自分のバストへのこだわりが、普通の人よりも強かったということに気づいたときの、僕の気持ち。

 

みなさま本当にありがとうございました。

(コメントでのご感想、ご指摘なども本当にありがとうございました。少し変更いたしました)

 


コメント

  1. 匿名 より:

    今は昔と比べて色々大変ですね…。

  2. 匿名 より:

      精神分裂病って今じゃ統合失調症って呼び名変わったでしょ。

  3. Bee より:

    最後の一コマ、車に轢かれて死んだのかと思ったの僕だけですかね・・・?
    太陽と思ったのは車のライトで、この日以後明日を見ていないのは死んだから・・・

    自分で言っといてなんですけど、暗すぎるわー、ないわー・・・

  4. 匿名 より:

    できればいつごろ出版されたものかも書いてくれると面白いかなあと思います。
    ちなみに私の手元にあるSF短編PERFECT版(2000年9月20日初版)では
    「精神障害の初期によくみられる症状だよ。」
    「ぼく、へんなの?」
    となっています。
    結構細かく変えられているのかもしれませんね。

    あとSF短編が藤子・F・不二雄の晩年の作というのはちょっとどうかと思います。
    紹介されている作品は1975年の作ですし、ほとんどが80年代前半までの作品です。

  5. 匿名 より:

    昔のマンガだとよくありますよね
    放送コード的に引っ掛かるんでしょうがどうしても違和感が

  6. 名無し より:

    ポストの中の明日 1975年

    大長編ドラえもん 1980年-1996年

  7. 匿名 より:

    昔と違って、今はナンバーズがあるからなぁ。
    金持ちにはなれそうだ。

  8. 匿名 より:

    人間、苦労して得たお金は大事に使うけど、宝くじや、ギャンブルで得たお金は直ぐになくなるよ。

  9. 匿名 より:

    結末は、主人公が轢かれたのかと。。。
    藤子不二雄先生のまんがのタッチの優しさに気づかせてもらいました。似てるけど手塚先生とは違うのですね。

  10. 匿名 より:

    さいごw

  11. 匿名 より:

    なんとも思わなかったけどコメント見て
    ガクブルした

    努力がむだになるどころか
    一歩間違えたら死んじゃうってことじゃないか

  12.   より:

    F短編にそういうシニカルなオチはよくあるけど
    この話は流れからして普通に「車が通ってる=助かった」でいい

  13.   より:

    そういえば、ドラえもんでも「狂時機」が「驚時機」に変えられていましたね。
    いくらなんでも言葉狩りがすぎるだろうとおもうのですが。

  14.   より:

    狩る側はやたら頑張って活動しちゃう
    でも狩られる側を誰も助けず適当に現状を憂うフリをしてるだけ
    それならこうなるのも当然だよ

  15. 匿名 より:

    藤子・F・不二雄さんの短編には特に、
    シニカルな作品が多いですよ。

    「ミノタウルスの皿」や、「気楽に殺ろうよ」、「絶滅の島」とオススメです。

  16. 匿名 より:

    あのバスって見た所、後ろの部分が描かれているから「車が通っている道に出れた」という意味じゃないですかね?

  17. 匿名 より:

    >狩る側はやたら頑張って活動しちゃう
    こういうのをよく聞くけど実際に圧力をかける団体を見たって人はほとんどいない。
    森達也の『放送禁止歌』にあるように、一番の要因は思考停止の末の自主規制の連鎖でしょうね。

  18. マーゴ より:

    最後のオチが。

  19. 匿名 より:

    ラストだけ見ただけなのに、うわ超良い話じゃんと思った

  20. 匿名 より:

    SF短編集全4巻と少年SF短編集全2巻を、このサイトを見て衝動的に買ってしまいました。面白い!

  21. 匿名 より:

    >結局、自分自身だけが何かを分かっても、何にもならないという切ない状況になります。
    ギリシャ神話の登場人物、カサンドラがこういう状況に置かれますね。
    アポロンに愛されて予知能力を与えられますが、カサンドラはアポロンを裏切って人間の男を愛してしまいます。
    アポロンは怒り、予知能力はそのままに「誰も彼女の言うことを信じない」呪いをかけました
    トロイの住人であった彼女はギリシャ連合の来襲やその戦術を予知しますが、信じてもらえません。
    敗戦後は奴隷として連れ去られ、そこで主人の妻に嫉妬されて殺害されるのです

  22. 時代と共にNGワードが変わっちゃったんですね。
    仕方ないこととはいえ、原作の味が損なわれるのは少し寂しいです。(´・ω・`)

  23. 匿名 より:

    私の手元にある「藤子F不二雄SF短編集 分岐点編」(2004年6月25日初版発行 コンビニコミック)では

    「精神障害の初期によくみられる症状だよ。」
    「ぼくもそうなの?」←
    「まあまあ。ふつうの人にもよくあることなんだ。」

    となっていました。

    読み返してみて、たしかに少年の不自然な余白が気になります
    出版社も試行錯誤しながらセリフを変えているんですね

  24. いんちょー より:

    手塚治虫先生のBJでも言葉狩りがあったことを思い出します。
    「カタワ」という言葉を「病気」に置き換えられており、ニュアンスが捻じ曲げられて違和感を感じました。

    過去の作品を現代の感覚で書き換えるのは、歪んだ人権感覚が引き起こした罪だと思います。

  25. 漫画描き より:

    漫画編集に、10数年前に持ち込みした時にいわれたのですが、
    狂ってるという言葉は、使ってはいけないといわれました。後、き がつく言葉とか・・たとば、き○がい とか、きがへんだととか・・

    なので、たぶん、狂ってるという単語が真っ先に違う言葉になっているのは
    そのせいだとおもいます。

    こういう昔の作品まで、言葉をなおしてしまうのはどうかと思いますね。その当時しか使われていない言葉ならいざしらず、今でも普通に見かける言葉ですからね。

  26. 気狂い王子 より:

    藤子不二雄愛蔵版「みどりの守り神」(絶版)を持っていますが、それには精神分裂症となっています。

  27. 匿名 より:

    今ならロト宝くじあるから儲け放題♪
    でも当選人数と賞金変わるからパラドックスで始めに明日の新聞で見た辺り番号は外れなんだろか?