あなたは若さを売りたいと思いますか?

あなたは、若さをお金で売りたいと思いますか?
今夜は、ちょっぴり自分の好きなモノの紹介です。

こんばんは。ゆうきゆうです。

僕、ときどきコンビニでマンガの立ち読みをするんです。
それで昨日は、ビックコミックスピリッツをふと読んだんですけども。

その中に、偶然にも僕の好きなマンガ家さんが掲載されていたので、つい読み入ってしまいました。

マンガ家さんの名前は、戸田誠二先生。ご自身のHPも持っていらっしゃいます。

 

今回掲載されていたマンガは、こんな内容でした。

あまりに良かったので、それだけのためにスピリッツを買って、ちょっとした紹介をします。

とりあえずあらすじだけ。

スキエンティア。

まぁ、タイトルは読んだあとも意味不明だったので、とりあえずスルーです。

ポイントは内容。

主人公である香織は、自殺をしようとして、「自殺」でネット検索。

その結果、「自殺願望者募集」というバイトを見つけます。

半信半疑ながらも、彼女はそこに向かいます。

そのバイトは、「四肢マヒのおばあさんに、自分の体を貸して欲しい」というものでした。

彼女の意識によって、自分の体を操作させる、というわけです。

おばあさんは働き過ぎで、今の状態になってしまいました。
彼女は香織に高額の謝礼を提示します。

「もう一回! もう一回働けたら私は納得して死ねるんだ!」

香織は、「どうせ自殺する自分だし…」と、その申し出をOKしました。

おばあさんは彼女に乗り移り、ある会社で働き始めます。

そしてバリバリ働き、そして約束の期間である一ヶ月後、会社を退職します。

  

退職の日。

別れ際、おばあさんは、「初恋の人と似ている」という社長にキスをします。

「………ああ、もう十分だ。もう十分…」

彼女はそう言いながら、もとの場所に帰ります。

最後に彼女は、香織に「あんたもやるんだ」と言います。

 

それを聞き、彼女は自殺を思いとどまり、もう一度やり直そうと思う…。
そんなストーリーです。

これ、かの藤子不二雄先生のマンガにも、同じようなストーリーがありました。

タイトルは「未来ドロボウ」。

やはり人生に悲観した若者が、老い先短い大金持ちと人生を交換する、という内容です。

 

このマンガと基本構造は非常に似ています。
が、両者それぞれに甲乙つけがたい内容。

藤子先生は起承転結あり、ドラマとして非常にキレイに短編としてまとめています。
戸田先生は、一つのテーマを中心において、とても熱く描ききっています。

自分は立ち読みしながら泣きました。

戸田先生のマンガは読むたびに心が洗われます。
興味ある方は、とりあえず今週(12/17週)のスピリッツの真ん中へんを立ち読みください。

さらに気になる方は、↓の書籍かWEBを。サイトですとこのあたりが読みやすいかもです。  

 

ちなみに僕の場合ですが。
たぶんおじいさんになったら、「今の自分に戻りたいか?」という質問に、
間違いなく「イエス」と答えそうです。全財産払っても戻ると思います。可能なら。

あのじいさん(老人の自分)なら絶対にそう言う。
そして戻って今以上にバストを追求しはじめると思います。もう120%読めます。

世界がいくら変わっても自分の僕のこの情熱だけは(マイナスな意味で)変わらないことを感じつつも、
ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。 

しあわせ

posted with amazlet on 07.12.18
戸田 誠二
宙出版 (2004/06)
おすすめ度の平均: 5.0

5 静謐な絶望
5 上質のショートムービー
5 感受性がなくっても買う!

生きるススメ

posted with amazlet on 07.12.18
戸田 誠二
宙出版 (2003/12)
おすすめ度の平均: 4.0

5 人間を深く見つめてサラッと描いた漫画
2 今後のレベルアップの方向が課題

Amazon.co.jp で詳細を見る


コメント

  1. n-oppaj より:

    ゆう先生は、年をとったらどんなバストが好きになるんだろう
    今と変わらないのか
    おばあさんのバストがいいのか

    ってゆうか今の守備範囲はどのくらいなんだろう

    自分もバストがかなり好きながら、その内容に関して常に問い続ける

  2. 高s より:

    おくが深い漫画ですね。まあ実際自殺願望がある人ってそんなサイト探さないで自分で勝手に死にますよね・・・・

  3. みゆ より:

    ああ良い話。
    戸田さんのマンガ良いですね。
    今度読んでみます。

  4. みちこ より:

    テレビで偶然ゆう先生見ました?!
    あまりに嬉しくて膝たたきながら声出して笑っちゃいました(笑)。

    12月3日のテレビの仕事ってこれだったんですね。(テレビではバストネタ無いんですね・・。)

    姉が「この人の心理テクもっと知りたい!」と言っていました。
    『右は正しい』の説明を、またここでも詳しく聞かせてほしいです。ぜひ!

  5. 匿名 より:

    >自分は立ち読みしながら泣きました。

    ・・・

  6. ck より:

    今回は私も
    このサイトを読みながら
    泣いてしまいました。

    今を生きる、大切さ。

    ありがとうございました。

  7. 匿名 より:

    戸田さんだー!
    先生もご存知だったのですね。
    私も大好きです。

  8. 匿名 より:

    ああ、戸田さん。旧サイトの方でもリンクありませんでしたっけ?
    先生好きなんですねー。青髭の話が印象に残ってます。

    この手の話(老人・動けない人が若さ・動ける体を、というの)はよく見ますね。
    百鬼夜行抄(今市子)にも出てきました。
    文庫版の5巻以降だったと思うけど、面白い話でした。

    胸に来る鋭い視点という意味ではサイト
    あそばない(旧down to 1999)の短編も戸田さんに
    近い部分がありましたね。
    もっともあちらは「古い作品は恥ずかしい」と削除したまま音信普通になったと記憶してますが。
    ススメ大魔王さんちの漫画も主題的にぐっときますね。
    あと、豊満な胸↓ とかww
    ttp://www.charamuse.net/sagon/haevest/season1/season1.html
    時代の流れを感じます。

  9. カドミス より:

    おじいさん先生がいつ出てくるか、
    いまかいまかと待っていたのに…
    裏切られました(泣)。

    是非勇気を出して、ゆう先生から聞いてみてください。

    ゆーワケで、続編期待してます!

  10. ひーちゃん より:

    この心理学ステーションで戸田誠二先生と藤子・F・不二雄先生がいっしょの話題に出るとは、嬉しくて大興奮です。
    戸田先生のことは、大学時代、パソコン系の授業中に暇で『ドラえもん』関係で適当にネット検索しているときに知りました。
    戸田先生なりの『さようなら、ドラえもん』で…(今は、戸田先生のサイトから消えていますが。)
    うまく表現できませんが、わたしの心に残るとても深いものがありました。

    本当にうまく表現できませんが、今回の話は、わたしの「好き」に深く響きました。
    やっぱり、藤子先生の話をするゆうき先生が大好きです。
    いろいろ感動のある中でも、バストは外さないところも…好きです。
    『スキエンティア』“第1話”ということは、これからもスピリッツに掲載の予定があるのでしょうか、
    楽しみですね。

  11. 匿名 より:

    スキエンティア(Scientia)というのは、ラテン語で知識という意味だったかと思われます。

  12. ラリックマ より:

    泣きながら立ち読みしているところをマヤ先生やリオ先生に見つからなくてよかったですね。

  13. 匿名 より:

    戸田誠二さんのサイトで短編漫画が読めますよね。好きです。

  14. マーチのコアラ より:

    感動して、泣いちゃいました。
    こんないいお話があるんですね。

  15. はじめまして より:

    犬上すくねさんというマンガ家さんの短編集にも
    似た話があります。宇宙人だったか未来人だったかが、
    自殺志願者の体を買い取って、貸し出す商売をしているってストーリー。
    単行本になってないようなのが残念、、