1000人の胸を吸った男。~継続の大切さ

あなたは、仲田祐一という人物をご存じでしょうか。

今や誰でも知っている、ベビー用品を作っている「ピジョン」という会社があるのですが、その創業者の方です。

この人の話を、最近聞いたのですが。

いや、スゴイんです。もう本当に。
 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

そんなこんなで、今夜もセクシー心理学から、こんな話をお届けいたします。

 

さて、ピジョンの創業者、仲田祐一さん。

彼がピジョンを作ったのは、1957年のこと。
当時、赤ちゃんの「ほ乳瓶」は、あまりいいものがありませんでした。

実際、赤ちゃんはもっとも「ダマされにくい」消費者です。

お母さんの胸を吸えるかどうかというのは、まさに「生きるか死ぬか」。

ニセモノに吸い付いてしまったら、栄養が取れず、死んでしまう可能性だってあります。
そのため本能的に、ちょっとでも「本物」と違うほ乳瓶だと、見向きもしないそうです。

いずれにしても、当時のほ乳瓶では、赤ちゃんがうまく吸えず、世の中のお母さんたちは、大変苦労していたのです。

ここで立ち上がったのが、彼、仲田祐一!
とにかく理想的なほ乳瓶を作ろうとしたのです。

えー。

ここで、ですね。

彼が何をしたか、分かりますでしょうか。

いや、うん。
たぶん、僕が話すからには、だいたいそのあとの展開が分かるかと思うんです
が。

彼は、日本中を旅して、子供がいるお母さんたちに、胸を吸わせてもらったそ
うです。

理想の乳首を制作するため、「本物」を研究しようとしたわけです。

その数、何と、約1000人だとか。ギャア。

………。

まぁ、吸わせてあげるお母さんも、スゴいと思うんですが。

「あの、すみません。吸わせてほしいんですが」

「………は?」

「胸を、吸わせてほしいんです」

「…ヘ、変質者…?」

「いやいやっ! 違うんです! 私、ほ乳瓶を作ってる会社のモノで!
理想の乳首を作るために…」

「助けてー! 誰か助けてー!!」

みたいな。
どう説明しても、OKしてもらえる目が想像できない。

これで大丈夫なら、もう日本全国、明日からピジョンの社員ですよ。
僕も間違いなく入社ですよ。

まぁ、実際彼も、謝礼は払っていたそうですが。

でも払ったにしても、よく吸わせてもらったな、とか思うわけです。

お母さんも、右に赤ちゃん、左にピジョン社長、みたいな。
お父さんもホント困ると思います。

ていうか、どんな顔して吸ってたのか非常に気になります。

仕事という名目だけに、真面目な顔して吸ってないとダメだと思いますし。
僕だったら無理だと思う。

絶対にその顔、続けられる自信がありません。

実際、当時の反応も同じだったようで、週刊誌に「おっぱい社長奮戦す」という記事で取り上げられたそうです。

いやコレ、どう考えても偉人伝的な記事じゃないと思うんですよ。
「おっぱい社長」とか言うなと。

いずれにしても、彼の研究のおかげで、理想的なほ乳瓶が完成し、世の中の赤ちゃんたちは、すごく助かったわけです。

「うわコレ、すっごい吸いやすいでちゅ~!」
「固すぎず柔らかすぎず、ちょっと吸っただけであふれてくるでちゅ~!」
「まろやかで、それでいてしつこくなく、舌の上で踊るようだちゅ~!」

みたいな感じだったと思います。
赤ちゃんたちの感想。

うん。
なんか今回、特に調子に乗ってるようです。

◆ 外的よりも、内的な。

しかし現在、言うまでもなく、そういうお姉さんの写真とか、本でもネットでも、あふれてると思います。

そのため、ビジュアルだけでなら、たくさんのサンプルが集まるのではないでしょうか。
吸うのは無理ですが。

しかし1950年代、間違いなく、そこまでメディアが発達してはなかったと思います。
そのため、「実際に」旅して、日本中で吸わせてもらうというのは、ある意味、しかたのないことだったのかもしれません。

でも、それでもですよ!?
さすがに、1000人も吸って回るのは、スゴイと思うのですよ。

何より偉大なのは、「思いつくだけでなく、実際にやっちゃった」ことだと思います。

おそらく誰でも、「理想の乳首のためには、本物を見ないとダメかもねぇ」と考えるとは思います。ここまではたどりつくはずです。

しかし!

それを実際に、やっちゃうかどうか。
それも、1000人も、行っちゃうかどうか。

だってたぶん、間違いなく、みんな、好奇の目で見たり、笑ったりすると思うんです。週刊誌の記事が、実際にそうだったわけですし。

また心理学的には、

「ある人の行動を見たとき、たとえどんなに外的な理由づけがなされていても、それを内的な理由づけで判断してしまう」

とされています。

たとえば分かりやすい実験として、こんなモノがあります。

人をランダムに分けて、ある人には「クイズの司会者」、ある人には「クイズの解答者」の役をさせます。

そして司会者に、クイズの問題を出させ、解答者に答えさせます。
で、その答えを、司会者が発表するのです。

ここで、その風景を、多くの被験者に見せます。

同時に「彼らはランダムに選ばれた役として、司会者・解答者をやっているだけですよ」と説明するのです。

すると、そう説明された上でも、「司会者役をやっている人は、解答者役をやっている人よりも、知的である」と判断されることが多かったのです。

いや、役ですので、クイズの答えを知っているのは当然なんですが、それでも、「知的」だと判断されたわけです。

どんなに!
どんなに外的な理由があると説明しても、これは「本人の内面的なものだ」と判断してしまう…というわけです。

◆ たとえ演技でも…。

そういえば昔、「時計仕掛けのオレンジ」という映画がありました。

まぁ、結構、ハードで残酷な映画だったのですが。
その主役を演じた俳優は、その後しばらく、オファーがなかったそうです。

どんなに、決まった脚本のもとに演技をしていると説明されても、

「あの俳優自身が、残酷な人なんだ」

というイメージがついてしまったからだとされています。

この論理から言いますと。

そのピジョンの社長さんも、どんなに「仕事のため!」「赤ちゃんのため!」
と言ったとしても、間違いなく周囲は、

「うふふっ…。そう言いつつも、本当はスキなんでしょ?」

と思ってしまうと思います。

でも!
どんなに説明しても、やはりそう思われたとしても!

それでも、仕事として貫徹し、1000人も吸い続け、さらに商品として完成させ
たという行動こそが、偉大なのです。

僕は彼の行動に、敬意を表します!

うん。表されても困ると思うんですが。

 

◆ とにかく行動をやり遂げよう。

実際、ペンシルバニア大学の心理学者であるダックワース博士によると、

「一回決めた目標を変えない」
「興味の方向をあまり変えない」
「一度開始したら、最後までやると決めている」

という人ほど、何かを継続し、成功する可能性が高いそうです。

ただ、吸い続ける。

内容が内容だけに、なかなか評価されにくいとは思うのですが、彼の行動にこそ、成功の大原則が隠されていると思います。

僕は彼の存在を、偉大な人間として、後世に伝え続けたい。

子供向けの学習マンガにして、ナイチンゲールとかエジソンとかの隣に並ばせたい。

たぶん、9割くらいのページを使って、吸い続けるシーンを入れると思いますが。
成人指定ですか。

◆ 今回のまとめ。

○ 一度決めた行動を、何があってもやり遂げることこそが、成功のために一番大切なことです。

○ 周りが何を言っても気にしないで吸い続けてください。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

その行動が、最終的に良かったか悪かったかなんて、あなたにも僕にも、100年先の人にも、判断することはできません。

大事なのは、とにかくあなたが信じた方向に向かって「進み続ける」こと。

それこそが、何よりも大切なことなんですよ。

 

ちなみに自分自身もここでよくバスト連発しています。

そのためか、実際に会った人に「本当にバスト好きなんですねぇ」と言われます。

いやいやいやっ! これ、ネタですよ!?

みなさんに楽しんでいただくために、ギャグとして言ってるだけですよ!?
仕事ですよ!?

本当は大の苦手です。

あまりに苦手なので、誰か鍛えるためにバストお願いいたします。

………。

この道を突き進むのはかなりイバラの道っぽい気がしつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)


コメント

  1. かめ より:

    >まとめ
    >周りが何を言っても気にしないで吸い続けてください

    よくまとまっているような、いないような…

  2. ASIOS より:

    その正攻メゾット使用者を追跡調査したら面白いのではないかと思うわけですけれど、悪趣味ですかね。かなりの確率で数年後には失敗していたりするわけです。

    話は変わりますが、20~30代で受診増「大人の発達障害」
    「就職を機に問題が表面化することが多い」、そして「(学生時代は)障害が見過ごされやすい」とも伝えられています。要するに学生生活を送る上では何の支障もない人でも、昨今の就業環境においては障害者となってしまうわけです。果たしてこれは、本人の障害の問題なのでしょうか? 超・買い手市場に甘やかされた雇用側が従業員に完全無欠であることを要求するが故に、職場で「欠陥」を露呈する人が増えているだけではないでしょうか。「コミュニケーション能力」と称して社員にエスパー並みの「気の利かせ方」を求めるなら、それに適応できない人が続出するのは当たり前の話です。

  3. ねんねこ より:

    ASIOSさん正攻メゾットじゃなくて成功メソッドじゃないですか

  4. ASIOS より:

    ねんねこさん
    御指摘のとおりです。
    ×正攻メゾットを
    ○成功メソッドに訂正します。
    ありがとうございました。

  5. ai より:

    ピジョンの話は大分前から
    何度もテレビでやってるから
    鮮度がねぇ・・・

    >お母さんも、右に赤ちゃん、
    >左にピジョン社長、みたいな。
    >お父さんもホント困ると思います。

    そういうお話じゃないし。
    私の感動が台無し。

  6. ねんねこ より:

    いつも拝読してます。
    この記事がとても面白くて、リアル知人に勧めたいのですが、実行しきれないのは自分が悪いのでしょうか、おっぱいが悪いのでしょうか。

  7. Tweets that mention 1000人の胸を吸った男。~継続の大切さ | 〓 心理学ステーション 〓 世界一セクシーに心理学を学べるサイト -- Topsy.com より:

    […] This post was mentioned on Twitter by ゆかた, ゆかた. ゆかた said: 例の大先生の記事だhttp://sinri-net.check-xserver.jp/sinrigaku/811.html#more-811なんともけしからn・・・羨ましい!! […]

  8. 匿名 より:

    とうとう就職するときがきたか

  9. 匿名 より:

    時仕掛けのオレンジ
    確かにすごくハードな映画でしたよね
    主人公凄いかっこよかったんだけどなあ
    はまりすぎたのが逆効果だったとは・・・
    逆にティーバッグは人気を博しましたよね 不思議

  10. 匿名 より:

    偉大な先人の話に鮮度も何も・・・笑

    私は今回の話、初めて聞きました。感動しました!!

  11. 匿名 より:

    女なので、吸ったことがありません(赤ちゃんの時の記憶なし)。
    どんなのが、良い○○○なんでしょう。

  12. 匿名 より:

    本人の信念が成功へと導いたのでしょうね。
    『念ずれば花開く』という言葉を思い出すエピソードです。

    規模が大きかれ小さかれ他人の風評に流されない信念を持って生きていきたいなと思いました。

  13. 立つんだジョー より:

    乳首つながりで別ネタですが、皆さんは「母乳」の味の記憶がありますか?
    私はどうしても確かめたく、子供が生まれた時に嫁さんにお願いして、念願の「母乳」を味わいました。当然、吸い付いてです。甘くて美味しかった。粉ミルクも試しに飲みましたが、やはり母乳には勝てませんね^_^;

  14. ねこじゃらし より:

    その社長の話は初めて知りました。
    でも、最先端のシリコンの乳首はどう見てもチソチソそっくりです…
    ホンモノの乳首とチソチソなんて全然見掛けが違うのに、口に入れると感触が似てるんでしょうか??

  15. 匿名 より:

    「1000人の○を吸った男」とかいって想像させておいて、実は無難なものを吸っていたという話かと思ってました。認識が甘かったです。

    継続する人が成功する、というのも事実でしょうが、継続するタイプの性格に生まれた人が成功するってことなら悲しい。でも実際そうな気がする。継続って行動というよりも性格だと思います。
    発達障害で一つの事に興味を持ち続けられない人は、200人くらいで飽きるかも。でも「もう飽きたからいいや。研究終わり」とは流石に言えないか^^;

    実際に母乳の出る人に協力をお願いしたのでしょうか。大変だなあ。。でも母親たちも、赤ちゃん用品の発展のためなら、喜んで協力するかもしれませんね。それこそ自分の子供の生命がかかってる事だし。

    >>14様
    友人(♂)が、夢で女性の乳首を吸っていたら、それがだんだん男性器に変わっていって怖かったそうです。彼はリアルでは男性のを吸った経験がないそうです。

  16. ひなた より:

    すごいですね。
    というか、自分の願望も満たしつつ世の中に貢献されたのではないでしょうか社長。
    と、やっぱり思うけれど。

    ただ、お父さんの嫉妬を買わないように注意です。まじ注意です。

    趣味だけではできない、かなりリスキーな偉業をなされたのではないでしょうか。

    まあ、私は母乳派な気がしますが、でもねえ、
    母乳でないとか色々で哺乳瓶の力ってほんと大事だと思いますしね。

    男が吸うのが問題なら、女性が開発すればいいじゃん、とも一瞬おもったのですが、
    人のを吸うたびに、自分のおっぱいと比べてしまいそうで、
    それも難しいなと。
    つーか、吸いたいという欲求もないしなそもそも。

    ・・うん。男性だからこそできたのかな。なあんて。ふふ。

    「何をやるか決め、やり続けること。」大事ですね。

    こんな話wのなかにちゃんと成功メソッド盛り込んでる所が素敵です。
    いつも楽しませて貰っています。ありがとうございます♪

  17. 楸梛 より:

    一度決めた行動を、何があってもやり遂げることこそが、成功のために一番大切なこと
    その行動が、最終的に良かったか悪かったかなんて、あなたにも僕にも、100年先の人にも、判断することはできません。

    今悩んでる事があり、もうやめてしまおうかと思う事もあったんですが。。

    この言葉を聞いて、もう少しガンバってみようかなと思えました。。

    ありがとうございます^^

  18. 匿名 より:

    この話は昔、TV番組の「雑学王」で見たことがありますが、この吸い倒した社長さんは全国各地のキャバクラに言って、ママさんホステスにこっそり依頼して吸わせてもらったらしいですね。

  19. ピジョン使ってるママ より:

    以前、テレビで見て感動し、
    育児の時は迷いなくピジョンを
    選びました!

    だって、乳首吸っちゃった社長が
    作った哺乳瓶ですよ?!!

    旦那も迷うことなく
    「哺乳瓶はピジョンだ!!」と
    言っていました(笑)

    こんな販促効果もあるようです(^^)

  20. 匿名 より:

    ウォッシュレットを開発した人も「便座に座った時のアナタのお尻の穴の位置を調べさせてください」と
    ありとあらゆる男女に頼み込んだって話がありますからね。
    どんな発明にしても第一人者の人は大変なんだなぁ…としみじみ思いました。

  21. 匿名 より:

    でも考えてみると、大人と赤ちゃんとでは口の大きさと吸引力が違うので、その差を埋めるのも大変でしたでしょうね。

  22. ASIOS より:

    この成功メソッドのもとの話はこれですかね。
    ペンシルバニア大学の心理学のアシスタント・プロフェッサーであるアンジェラ・リー・ダックワースとその同僚は忍耐強さの価値の数値化を実際に行ってきた。The Journal of Positive Psychologyの2009年11月号に掲載された研究において、彼らは390人のティーチ・フォー・アメリカの教員達を一年間の授業の前と後で評価した。忍耐強さや長期的な目標への熱意として定義され、そして短い多数回答選択方式のテストで測られた「根気」について最初の段階で高く評価されたものは、根気について低く評価されたものよりも、生徒の学業の成長を促進する可能性が31%も高かった。根気のある人々は、よりがんばって働き、そしてその目標により長くコミットするからではないか、と考えられている。  つまり、教師などの話で、投資とか意気込みだけで何とかなるとは限らないわけですね。

  23. 匿名 より:

    ゆう先生こんにちは。
    いつもためになったり特にならなかったりするアンビバレンツな記事をありがとうございます。

    いつも仕事で疲れたときなんかにお邪魔しています。

    『一度決めた行動を、何があってもやり遂げることが成功のために一番大切なこと』

    仕事に忙殺されて、忘れてしまっていた初心を思い出した気がしました。
    あんまり感動したので、手帳の中表紙に書きとめておきました。

    子供ができたら是非ピジョン製品を購入しようと思います。

    ゆう先生、これからもバスト一筋がんばってください。

  24. リー より:

    何を思ったのか批判的なことを書かれている方がいますが、この記事は仲田祐一氏を誹謗しているわけでもないし、その成功の影には偏見に耐え並々ならぬ努力を続けたからだというテーマがあるわけです。

    諦めたらそこで試合は(ry

    的なことですね。
    夢を持ち続けるのも、追い続けるのも大変ですが、継続しないことには実現しないなんて素敵じゃないですか。

  25. 匿名 より:

    ウォシュレットのビデ機能開発の為にストリップに通っていた人の話を思い出しました。
    やっぱりバストの方が皆さん協力しやすいんですかね。
    バストだったら協力してもいいよ、という人が先生の前に現れることを願っております。

  26. futoQ より:

    哺乳瓶の乳首を作るために1000人の乳首を吸うことが必要かなぁ~?という気はしないでもないけど(数十人程度で十分じゃない?)がむしゃらに頑張って信じた道を進むという姿勢は大いに見習うべき!
    …では、私も…♪

  27. jun より:

    下世話な話ですが女性の乳首吸って勃起しなければ本物だと思う。でも別の意味で病気かもしれない。

  28. 負けた母 より:

    おっぱいといえば
    2人息子がいるハハですが。
    うちの長男の赤ん坊時、母乳の出が足りなくなって来て粉ミルク足したんですが、次第にハハの貧弱な母乳より一回り大きい外国製のダイナマイツ乳首の哺乳瓶を好むようになり、生後半年で粉ミルクオンリーに。現在、様子を観察すると金髪セクシー女優大好き・巨乳好き。
    一方、次男は未熟児で生まれたのにピジョン未熟児用乳首(普通のより柔らかくて小さめ)を受け付けず、母乳の出が悪かろうが自分が上手く吸えなかろうが生乳首に執着し続け、離乳食が済んでも完全に断乳できたのは2歳近く。
    兄とは逆にフェロモン女優が苦手らしく好きな芸能人から察するに貧乳派の気配。

    巨乳派とか貧乳派ってそういう風に生まれついてくるもんなんでしょうか?

  29. ASIOS より:

    呼ばれた気がした。容赦のない質問をあえてする者も、また必要でしょう。
    成功した企業が偏見に耐え並々ならぬ努力を続けたからだというのは本当かもしれないが、
    だからといって、偏見に耐え並々ならぬ努力を続ければ必ず成功するということにはならない 。
    製品開発に長く固執したため、(成長機会を逃し、新しいものを取り入れたライバル企業に水をあけられ、)
    業績不振で経営幹部退任へ とかね。
    成功の要因を知るためには、成功していない企業と比較しなければならないのである。

    ペン大のアンジェラ・リー・ダックワース心理学准教授のメソッドと
    『その科学が成功を決める』リチャド・ワイズマン著 文藝春秋 (2010/1/26)
     ┗自己啓発本のメソッドの真偽を科学的実験で実証
    どのくらい正解なのでしょうか。とあらゆる疑問点がわき、矛盾がある文献「二重思考論」や、
    有害かもしれない影響への懸念(ワーカーホリックになるデメリット)に思い当たる。

    「一万時間勉強すれば、専門家になれる」その専門分野で稼げるかどうかは別問題。
    「自己啓発研究家―マンガで分かる理想と現実の115の違い」

    オレたちはこれに信念を持って人生を賭けているんだ。世の中の役に立てると思ってやっている。
    モノ作り屋として恥じることなど何一つしていない。 TENGA論より
    この話が嫌いなわけではありません。むしろ拝見した感じでは好感がもてる方でした。

  30. 匿名 より:

    1000人のおっぱいを吸って
    質の高い哺乳瓶を開発した
    仲田祐一氏も凄いけど
    仲田氏におっぱいを吸わせてくれた
    1000人の乳飲み子を育児中の
    日本のママさん達も凄い!と
    感心してしまいます。

    今の時代だったら仲田氏が
    セクハラや痴漢で訴えられそう。

    その頃の日本は
    おおらかな時代だったんだなぁ。

  31. ちこたん より:

    1000人のおっぱいを吸って高品質の哺乳瓶を開発した
    仲田さんって人も凄いけど
    おっぱいを吸わせてくれた1000人の
    日本のママさん達も凄い!

    今の日本でもし
    哺乳瓶の開発のために
    乳をじかに吸わせてくれなんて言ったら
    たとえ謝礼を払うにせよ
    セクハラや痴漢で訴えられそうだもの

    当時の日本は
    おおらかな時代だったんですねぇ
    (´ー`)

  32. 匿名 より:

    すごいですね。
    1000人全員美人で想像してしまいがちですが現実は違うと思いますし。他人の体液を吸うというのも色々な病気の可能性やあるいは純粋な生理的嫌悪もあり大変なことだと思いますね。
    実際自分で吸ったことで何かがいかされてちゃんとした哺乳瓶が生まれたのかとくにそうでもなかったのかは知りませんが・・・。
    なんらかの力にはなったのでしょうね。「ここまでやったからには成功しなければ」みたいな。

  33. 匿名 より:

    逆ですよ。当時の方が、当然古風な女性が多く、即座にNG。
    警察に通報されそうになったこともあるそうな。

    だから、キャバレーなどのシングルマザーに協力を得た。

  34. 匿名 より:

    >だから、キャバレーなどのシングルマザーに協力を得た。

    なるほど。
    当時はシングルマザーだとキャバレーなどでしか見つからない(=働けない)風潮があるほど古風だったんですね?
    今のほうがましですね。
    シングルマザーだろうが×イチ父さんだろうが祖父母が育ててようが個人の資質そのものにはとくに関係ないというのわかってますからね。
    大変な時代だったんですね。

    けどこういった人たちの貢献があって今の日本があるんですね。

  35. ちこたん より:

    すみません
    31と32では
    二度書き込みになってしまいました

    >34-35
    >キャバレーなどのシングルマザーに協力

    なるほど、納得しました。

  36. 匿名 より:

    見えない努力が云々では、ありがちな偉人伝になってしまうところをなかなか良い切り口でまとめられましたね

    ゆう先生のダメ人間っぷりが遺憾なく発揮されていると思いました

  37. ぱんつなー より:

    地震後も、自粛しないでくださいバスト道

  38. 匿名 より:

    ゆう先生にわたしのおっぱい吸ってほしいです♪

  39. 匿名 より:

    人間関係でも仕事でも趣味でも
    続けることが必ず大切