心理学的に、「やらない後悔」は、「やる後悔」より強い。

あなたは何かを始めたときに、「始めて良かったのかな」と思うことはありませんでしょうか。

今夜はそんなときに役立つ知識をお教えします。

キーワードは「出産」です。
 
こんばんは。ゆうきゆうです。

そんなこんなで、今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

◆ 出産を思い出しながら。

あなたは何かを始めたときに、後悔したことはありませんでしょうか?

実際、自分自身の話なのですが。

「何かを始めるとき」の直前直後は、たいてい
「どうしようどうしよう…。本当に始めて良かったのかな…」
と思ってしまいます。

おそらくあなたも、そういう体験はあるはずです。

起業。入社。転職。入学。恋愛や結婚…。

人間、何かを始めたときというのは、たいてい、
「ブルブルブルブル…。良かったのかな良かったのかな…」
と思ってしまうものなのです。

そんなとき。

僕は常に「出産」を思い出します。

◆ 赤ちゃんは、戻れない。

赤ちゃんって、いますよね。

子宮から出て、「出産」されたら、もう絶対に、再び子宮に戻ることはできません。

これ、いや、スゴイことだと思うんですよ。

いや、お母さんもまた戻られても困ると思うんですが。

赤ちゃん「オギャー!」

産科医「生まれましたよ、お母さん!」

お母さん「はぁ…。はぁ…。は、はい…」

赤ちゃん「…オギャ……」

赤ちゃん「あー、なんか今日、少しノリ悪いんで、いったん戻ります」

お母さん「…は!?」

赤ちゃん「なお、次回の登場は未定です」

お母さん「あ、ちょ、ちょっとぉ!?」

みたいな。

いずれにしても、赤ちゃんは一度子宮から出たら、もう絶対に、戻れないワケです。

いや、たとえばヒヨコとかも同じですよね。
タマゴを割って出てきたら、二度とタマゴの中には戻れない、という。

この「一度出たら、もう二度と戻れない」という状況。

普段の生活にたとえてみると、分かりやすいかもしれません。

たとえば日本から、海外に旅行に出る人は多いでしょう。

しかし、「一度海外にいったら、もう二度と日本には戻れない」のと同じです。

また、もっと小さく、家でも一緒です。
いま、家から出たら、もう二度とその家には戻れない。

それって結構、恐ろしい状態だと思うのです。

いつでも、戻れる。
いつでも、帰れる。

こういう当たり前のことが、「出産」では通用しないのです。

もちろん「死」でも一緒です。
一度カンオケに入ったら、もう二度と戻れません。

これって、かなりハードなことだと、思いませんか?

ただ。
これって実は、普段の生活でも、同じではないかと思うのです。

新たな仕事を始める。
学校に入る。
新しい何かをスタートさせる。

一度始めたら、まったくの元の生活に戻ることって、そうそうできません。

「やった」という事実は残りますし、また一度戻ったとしても、時間も少し経っているわけで、まったく同じには戻れないはずです。

すなわち。

すべて、結局、「出産と同じ」なのです。

二度と、子宮に戻ることはできないのです。

◆ お土産は、買わないより…?

さらに、こんな心理調査があります。

ボストン大学の心理学者であるアベンドロスらは、
「旅行先で、あるお土産を買うかどうかで迷ったことのある人」
にたいして調査をしました。

こういう経験、あなたもあるはずです。

旅行先で見つけた、面白いお土産。

少し値段が高い。
さらに重そうだし、持って帰るのも大変…。

でもでも、ここで買わないと、もう手に入らないかも…。
あ、でも家の近くで似たモノが売ってたら最悪だし…。

そんな風に迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そして、ここでアベンドロスらは、

A「結局、お土産を買わなかった人」
B「結局、お土産を買った人」

に分けて、旅行から帰ったあとに、どれくらい後悔が強いかを調べたのです。

その結果。

A「結局、お土産を買わなかった人」は、

B「結局、お土産を買った人」より、ずっと高い後悔をしていたことが分かったのです。

「持って帰るのが大変だった」
「高くついた」
「帰ったら似たモノがあった」

などの可能性も含めた後悔より、

「買わなかった…」

という後悔の方が、ずっとずっと強かったのです。

これ、すべてのことについて、同じことが言えるのではないでしょうか。

「やる」か「やらない」かで迷ったとき。

「やった」方が、実は最終的に、後悔はずーーーーーっと少ないのです。

◆ ただ、前に進むこと。

すなわち。

とにかく迷ったときは、「やる」こと。

もちろんその後、後悔することはたくさんあります。
しかしそれは「やらなかった」後悔より、ずっと少なくなります。

もちろん。
始めた直後は、「やっぱりやらなかった方が良かったかも…」と震えてしまうこともあるでしょう。

しかし。
もうそれは、出産と同じ。

あなたはもう、生まれてしまったのです。

二度と、子宮に帰ることはできないのです。

そう思って、ただ前に進んでみてください。

いえ、「悪いことまで含めてすべてやれってこと!?」
などの解釈をされると本当に困ってしまいますが、何かに迷ったときに、一つの参考にしていただければ幸いです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 「やる」後悔は、「やらない」後悔より、ずっと少ない。

○ 何かを始めるのは「出産」と同じ。

○ 子宮に戻れないように、もう、前には戻れない。そう考えて進もう。

◆ さいごに。

カラの中でずっと過ごしても。
子宮の中にずっといても。

人は外に出たときと同じように、そのまま、老いていきます。

あなたが母親なら…。
あなたの子供に、子宮の中で老いていってほしいでしょうか?

それとも、外で色々な体験をし、育っていってほしいと思いますでしょうか?

それは、あなたの決断でも、同じことが言えるんですよ。

(完)

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. 匿名 より:

    「子供産んだことない男」が何いってんだか。
    「やらない後悔」と「やる後悔」、どちらがどうかなんて、どっちともいえない。

  2. セルム より:

    確かにゆう先生は子供を生んだことはない(あったら、おもしろいですが)
    体験者じゃない人が語っても、説得力が落ちることはよくあります。

    同時に先生は今まで約10万人の相談者のなかで、産むか産まないか?産んだあとの後悔や苦悩をたくさん聞いてきているのでしょう。

  3. 匿名 より:

    >「子供産んだことない男」が何いってんだか。

    政治家が、「政治をやったことない人間が何いってんだか」とか言い出しても納得しちゃうの?
    人が経験できるものなんてたかが知れてるのに、経験したことについてしか意見できないなんてすごく不自由なことだと思うよ。
    まあ無知なくせに的外れな主張をするのはいただけないけどね。

    今回のお話はすごく良かったと思います。
    だからって行動にはなかなか移せないですが。

  4. tk より:

    おっぱいネタじゃなく、
    久しぶりにいい話だと思いました。
    他人にも子供にも教えてあげれる、ためになる話ありがとうございます。

  5. 匿名 より:

    俺はやった後に後悔が多いなぁ・・・
    考え無しだったり、回りに流されて、みたいのが多いけど

    買い物とか後でも買えたじゃん!イラナイじゃん!とか、付き合いで映画とか飲みに行ってガッカリ・・・とか

    旅先での買い物なら買っちゃった方が良いと思うけど、リスクが少ないからみたいな(非日常的な環境だし、失うモノもせいぜい数万円)

  6. 匿名 より:

    1週間前に新しい事をはじめた者です。

    先生の言葉にすごく救われたし、

    私の決断間違ってなかったんだなって思えました。

    あのままでも何も変わらず辛かったし、
    出産してよかった。

  7. ななお より:

    やるかやらないかは現状によりますね。

    例えば極端な話、ちょっと社会に不満だからノリで革命起こしたら
    国が潰れちゃって食うに困る生活になったとか…
    そういう取り返しのつかない規模のはともかく、
    前例があると参考にできるので助かりますね。

  8. 匿名 より:

    ちょうど告白しようかどうか迷っていました。できるかは分かりませんが、先生の言葉を読んで前向きになれました。

  9. より:

    今ちょうどある資格取得のため、講座に通おうかどうか迷っていました。やった後悔よりやらなかった後悔のほうが大きい。。。本当にそうですね@
    とにかく前に進みます!
    ありがとうございます!
    先生の記事はいつも心をハッと
    させられます@
    これからも楽しみにしております♪

  10. 淡麗辛口 より:

    はじめておたよりします。ゆう先生の書かれるものは、かつてはよくうなずいていたものですが……出産→土産物→やらないよりやったほうがいいというのは、いくら何でも乱暴な持っていき方ではないでしょうか。人間、誰しも自分の経験に「冷静に」聞いてみれば、やった後悔とやらなかった後悔のどちらが多いかなどとは言えないということにたどりつくと思います。

  11. 後姿美人 より:

    いつもやろうかやるまいか悩んで、『今日はいいや』で過ごしてきた事があります。
    でも死ぬ時『やっぱりやっておけば良かった』なんて言わないために、今日から始めようと思います。

    ゆう先生、背中を押してくださってありがとうございました。

  12. セルム より:

    60さん、文章は丁寧ですがちょっと無礼にも程があるのではないでしょうか。
    あなたは少し前まで「無料」で冴えのあるメルマガをずっと受け取っていたわけですよね、「無料」で。
    あなたは週一で「冴え」のある文章を何年も書けますか?また一流といわれる作家が週一で「冴え」のある文章を、どれぐらいの期間書いているでしょうか?
    それにしても今まで「無料」でたくさんの良い文章を送ってくださった、つまり大変お世話になった先生に・・・・・・
    いかんいかん空気がずいぶん悪くなったぞ
    「バストバスト、バストバスト」
    これで少しはもどったかな。

  13. 匿名 より:

    あまりに60のコメントの頭が悪くてビックリした。
    乱暴なのはお前の頭だろ(笑)

  14. 心理学んでますが より:

    60の方の論理は間違いなく精神疾患の思考です。
    親からの遺伝でしょうね。かわいそうに。
    ご両親によろしくお伝えください。

  15. zaq より:

    60だけでなく63,64の方のコメントもひどいと思います。
    それにしても、やらない後悔か…
    自分は引きこもって学校になかなかいけなかったんです。もっと積極的にクラスメートと関わっていればなあと思いました。
    みんなに会う後悔よりも合わない後悔のほうが強いです。

  16. evance より:

    泣いた(;ω;)

    たまーに、ゆうき先生は本当にいい事言うから好きです。

    ちょっと悩んでましたが、自分もあきらめないでやってみたいと思います。

    この記事が読めてよかったです。お体に気をつけてお過ごしください。

  17. ねんね より:

    生まれる生まれないのくだりで芥川龍之介の小説の「河童」を思い出しました
    河童の国では生まれる前に親と子供が問答をして生まれたくないときは生まれないという場面があったのをなぜだか覚えています

  18. California より:

    今回のお話、とても良かったです!「やらない後悔」は、「やる後悔」より強い。本当にその通りだと思います。死ぬ間際になって、「あぁ、あの時やっぱりやっておけば良かったなぁ。」なんて思いたくないですよね。

    ゆう先生に背中を押してもらったような気持ちになりました。本当にありがとうございます!

  19. ラリアット より:

    やった後悔と、やらなかった後悔のどちらが大きいかという話ですが、個人的にはやった後悔は取り返しがつかないのでやった後悔の方が大きいように思います。

    半世紀以上長く生きていますと、案外、やっておけば良かったと思うことより、やらなければ良かったと思うことの方が多いのが自身の実感です。

    やって成功しても、時が経てばやらなかったのと同じになっていくものです。
    しかし、やって失敗と思うことは死ぬ間際まで後悔しますよ。

  20. 匿名 より:

    人生をかけた大勝負でも同じことが言えるのだろうか
    その選択で人生を不意にしたひとはやっぱりやらずに後悔したほうがよかったのではないだろうか

  21. 某大学講師 より:

    人生をかけ人生を不意にしたのは、それは後悔というより、自分の知識、経験の浅さ、将来を考えるための整理力などが問題。 自分で決め、人生を不意にしたのなら、仕方ないこと、その経験を活かし、前に進むべき。