あなたが評価されない、たった一つの理由。「嚢中の錐」

さてあなたは、「嚢中の錐」という言葉をご存じでしょうか。
読みは「のうちゅうのきり」です。

ひらがなでも漢字でも同じくらい分かりにくい言葉だと思うんですが。

今夜はこの言葉の解説から、あなたの毎日で少し役立つ話をお届けします。
 

あらためましてこんばんは。ゆうきゆうです。

さて今夜も、メルマガ「セクシー心理学」から、こんな話を。

 

嚢中の錐。

まず「嚢(のう)」というのは、袋のことです。

「錐(きり)」は、大工道具でよくある「キリ」です。棒の先にとがったものがついている、アレです。

すなわち、「嚢中の錐」とは、「袋の中に、キリが入ってるよ」という状態。キリ in the フクロとなります。英語にする意味はナッシングですが。

ではこれ、どういう意味なのでしょうか?

実はこの由来となる話があります。

昔、中国の趙(ちょう)という国に、「平原君」という人物がいました。

読みは「へいげんくん」です。すべて含めて人の名前です。

日本のお友達の「平原(ひらはら)くん」とかではありませんのでご注意下さい。

さて彼は、数千人以上の有能な人々を、食客(しょっかく)として招いていました。

食客というのは、ひと言で言うと、居候です。
ご飯をタダで食べさせてあげ、いさせてあげる、という状態です。
そのかわりに何かあったらその人の知恵を借りるワケですが、しかしそれが数千人。スゴい規模です。

さてその趙の国の都市が、秦という国に攻められました。

そこで趙の国王は、楚の国に救援を出してもらおうとして、平原君を使いに出しました。

そのため平原君は、その食客たちの中から、自分のお供を20人連れていくことにしました。
19人まではスンナリ決まりましたが、ラスト一人が決まりません。

そのときです。
食客の中にいた「毛遂(もうすい)」という人物が言いました。

「あの、私を連れて行ってくれませんか?」

すると平原君は、言いました。

「あなたは私の食客になってから、どれくらいですか?」

毛遂は答えました。

「もう3年になります」

ここで平原君は、言ったのです。

「優れた人物というのは、鋭いキリのようなものです。鋭いキリは、たとえフクロの中にしまっておいたとしても、すぐにフクロを突き破って、先っちょが出てきて見えてしまうものです。

これと同じで、優れた人物というのは、どんな場所にいても、何らかの鋭さが外に見えてくるもの。

しかしこの3年間、私はあなたが素晴らしいというウワサ一つ、聞いたことはありません。

そのためあなたを連れて行くことはできません」

まぁ、結構ヒドいこと、言ってるんですけども。
「嚢中の錐」という知的な言葉で包みつつ、ひと言で言うと、

「え、キミ、評判ゼロでしょ?」

と言ってるわけです。

しかしまぁ、それでも何か、納得できる部分はありませんでしょうか。

これこそが「嚢中の錐」という故事です。

すなわち嚢中の錐とは、

「優れた人物は、どんな場所にいても、どんな状況になっても、その鋭さが周囲に見えてくるものだ」

という意味になります。

さて、この話には続きがあります。

こう言われた毛遂は、言い返しました。

「いえ、だからこそ私は今日、嚢中に入りたいのです! もし私がもっと早く嚢中に入っていたら、キリの先端だけでなく、棒の部分まで突き出ていたはずです!」

すると平原君。

「………ま、まぁ、そこまで言うのなら………」

と、毛遂を連れて行きました。

そうするとビックリ。

楚の国での交渉で、毛遂は大活躍。
最初はイヤがっていた国王にたいして熱弁をふるい、ついに援軍の約束を取り付けたのです。

言ってみれば、この毛遂の場合、

「3年間何もなかったけど、今回の行動まで含めて広く考えると、フクロからキリが突き出てきた」

と言うことができます。

あえて「自分がやります!」と申し出たことも含めて、彼には行動力があり、やはりキリだった、と考えてもいいかもしれません。

いずれにしても、

「優れた人物は、どんな場所にいても、どんな状況になっても、その鋭さが現れてくるもの」。

これ、結構色々と学ぶところがあると思うのですが、いかがでしょうか。

◆ フクロのせいでは、ありません。

大体において、うまく行っていない人というのは、「責任転嫁」がうまいものです。

「上司が止めるから」
「立場がまだヒラだから」
「みんながジャマをするから」
「表現の規制があって、言いたいことが言えないから」などなど…。

でも。

それはすべて、「フクロ」です。

本当に優れた人間なら、どんなフクロに入れられても、キリとして鋭く外に出てきます。

あなたが今、突き出ていないのなら、それは「フクロ」のせいではありません。
ただ単に、あなたが鋭く磨いていないのです。

いつのまにか気持ちがたるみ、磨くのを忘れ…。
キリの先が、丸くなってしまっているのです。

◆ キリなら、必ず。

ですので。
あなたがもし今、「自分はまだ認められていない」と思うのなら…。

それはもう、間違いなく、「あなたの磨きが足りないせい」です。
上司のせいでも、環境のせいでも、社会のせいでもありません。

たとえば仕事をいくら頑張っていると思っても、まったく周囲から認められないなら、同じく、実は仕事の価値がそこまで高いわけではない可能性もあります。

また、あなたが小説を書いても人気が出ないなら、それは間違いなく、
「知名度が足りないから」
などではなく、その小説がまだその域に達していないのです。

さらにあなたが今後、モノを書いたり表現したりする場合、

「表現の規制があって、書きたいものが書けない」
「色々と制約や批判もあるので、言いたいことが言えない」

ということだって、当然あるでしょう。

しかし。
それだって、同じく「フクロ」です。

あなたの内容が本当にキリなら、そんなことはまったく関係ありません。

どんな規制などに縛られたとしても、必ずあなたの作品は評価されるはずです。

逆に言えば、「規制のせいで表現がうまくできず人気が出ない…」と思っているのなら、それは大間違い。

それは間違いなく、「キリではない」ということになります。

いずれにしても、あなたの行動が「キリ」ならば、「フクロ」は関係ないのです。
環境のせいにするのではなく、ただその場での全力を尽くす。

それこそが大切なのです。

◆ 行動するなら、それはキリになる。

もちろん、
「いや違う! オレも大きな舞台に立てば…!」
「みんなが分かる場所に行けば…!」
と言うのなら、いえもちろん、それが間違っているとは言いません。

だとしたら、今この瞬間に、すぐにその場面に立つこと。

それができるなら、毛遂と同じく、その行動も含めて、あなたは「キリ」です。

逆に言えば、「いや、まだいいよ…」とためらうのなら、それは「キリではない」と確定するわけです。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 本当に優れた人物、また優れた内容なら、どんな場所にいても、フクロを突き刺します。

○ ただ僕たちにできるのは、「キリを磨くこと」だけ。

○ 鋭く突き出ていないのなら、磨きが足りない。それだけなんです。

◆ さいごに。

実業家である、小林一三という人物の言葉に、こんなものがあります。

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。
そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。」

大切なのは、ただ今、目の前にあることを全力でやりぬくこと。
そうすれば、必ずキリは突き出ます。

「環境」のせいにしないでください。
「才能」なんて言葉を、言い訳にしないでください。

ただひたすら、磨く。
ただひたすら、今目の前のことを、楽しみつつ、続けていく。

それこそが、何より大切なんですよ。

 

ちなみに自分自身もこの言葉を信じて、日夜バスト連発しています。
優れたバストはいくら包んでも突き出てとか何でもありません。

自分のこの方針は間違ってないことを固く信じつつ、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)


コメント

  1. 正しく理解することが必要 より:

    「嚢中の錐」は袋を破ろうという意志なくしても、突き出してしまう、
    つまり才能は隠せない
    という意味になります。
    どのようにして袋をつきやぶる錐に
    なればよいか考えよということではありません。
    袋を突き破ることを目的としよう
    というのではなく、
    自分を磨き、錐となれば
    すなわちおのずと
    袋が破られるように
    人から評価されるでしょう
    というものです。
    ゆう先生のお話ししたいことを
    誤解している方が多すぎると思うのですが。

  2. 匿名 より:

    自分を錐と自負しながら嚢のせいにするな
    鋭い錐ならとうに嚢は破れているはずだし
    破れてないなら磨いて破ればいい
    ということ

    磨いて錐になり得る一部の優れた人間以外にまで
    磨け錐になれとは言ってない
    ゴミはゴミとして好きに生きるなり死ぬなりすればいい

  3. 匿名 より:

    「出る杭」とここでの「錐」は
    意味するところが全く違います。
    突き出るというイメージが
    同じ概念を意味するように
    とらえてしまうのは安易な発想です。

    「諺に左右されるのは滑稽」とあるのは、
    自分に生かす言葉としての紹介であって、
    左右されるという表現こそが共感している人の状況を的確に理解し表現された言葉ではありません。
    ましてや「嚢中の錐」は単なる諺レベルではなく、(諺とは誰も言っていない)故事成語です。
    古典の中に真理を見いだし
    学ぶことを伝えているのです。
    文章の意図が正確に読み取れない人は
    本当に多い。。。

  4. 匿名 より:

    嚢中の茎。どんなに優れた人でも、下腹部が興奮すればパンツがもっこりとふくらみ、先っちょが目立つことを表す故事成語の一つです。

  5. ちょこ より:

    よその嚢を突いてしまって辛い思いをしました。
    今は別の嚢に入りなおしています。
    自分を信じてがんばります。。。

  6. セルム より:

    100さんに全く賛成。

    メディアの「夢」「自己実現」「オンリーワン」「ナンバーワン」、つまり「何者かになれ!!」というメディアの洗脳に気づかずに悩んでいる人が、かなり多いような気がします。

    今も昔も日本社会を支えているのは目立たないけど、普通に真面目に不器用に生きている大多数の人たちです。

    その中にいるのが悪いのでしょうか?

    しかし最近、嚢をついてないので年内には一度ぐらい突きたいです。

  7. みのり より:

    評価されたい人は錐を磨けばいいし
    そうでない人はそのままでいいんじゃないでしょうか。

    ただ、やたらと噛みついてる人は
    誰よりも評価されたいんだと思います。

    それが「投影」ってやつでしょう?

  8. かさお より:

    うーん、この話しって、「平原君」は「嚢中の錐」の考え方では「毛遂」を見つけられてないですよね?それってだめなんじゃ・・・

    「嚢中の錐」は故事成語として、「有能な人はどんな所でも目に付く」と言う意味で使われるかもしれませんが、この故事から得られる教訓としては、「チャンスを逃すな!屁理屈をこねてでもくらいつけ!」もしくは「まず嚢中に入れ!」ってことじゃないでしょうか。

    環境のせいにするなと言いますが、有能な毛遂も「もし私がもっと早く嚢中に入っていたら」といっていますしねぇ。

  9. 匿名 より:

    >20さん
    この袋がいやなら、飛び出してみてはいかがでしょうか?
    自分が『錐』たる人物だと思うのであれば。
    錐って、自分ひとりで袋の中から飛び出せるのでしょうか?周囲の人の後押しや自分の実力があって、初めて飛び出すものなのでは?

  10. 匿名 より:

    できないという固定観念にとらわれないで、ということじゃないか
    というのはどうでしょうか。

    逆にいえばそれをした瞬間に才覚がある人になれるわけですよ。
    錐とか、そうである人物じゃないかは私はわからないですが、普通に人であれば嚢なんていつでも突ける可能性を持ってると思いませんか。

    時を待つべきだと考える人は待って、自分に最良なことをしていいと思います。
    ことわざはあくまで言葉ですから、自分の思うようにすればいいんです。
    私は骨折したのでちょっと休んでからにします。
    先生いいことわざをありがとう。
    いつかやって見せます。どうすればいいのかまだ何も考えてないけど。

  11. 匿名 より:

    >20さん
    私もかつてひとりとんがって孤立していました。
    孤独でしたが、人からの評価は気にせず自己満足で乗り切りました。
    仕事をきちんとやっていれば問題ないかと。
    周りの人を攻めたくなる気持ち、すごくよくわかります。

    そこで過ごしていくには表面的には合わせていかないといけないですが、心の奥の火は消さないように頑張ってください。

    応援しています。

  12. キャサリン より:

    とっても良いお話でした◎
    ただひたすらに自分の目の前の仕事に邁進する。言うよりも難しい事かもしれませんが、それこそが大事な事ですね。
    これだけやったのだから、その見返りがあって当然・というのとは違いますね。
    今日のお話は、ゆう先生の真髄を見た気がしました。落ちも程ほどにゆう先生らしさが効いていたと思います(それでも初めてこのメルマガを読んだ方は「??」かもしれませんが。ウフフ)
    今、私事で、ある一大事に遭遇しておりますが、励まされました。
    ゆう先生、ありがとうございます★

  13. 匿名 より:

    今ちょうど、色々と躓いて頭打ちの連続だったので、自分に言われてる気分です(笑
    良い刺激になりました、前を向けそうです

  14. 匿名 より:

    101番さんの尺度が一番気に入りました。
    自分を正しく磨くこと。

    それは結果的に、
    どこかで人の役にたったり、
    自らを助けたりすることに繋がるのですね。

    人って、自分が周りの人より一段上の幸せでいられることに快感を得たりもするけれど、
    自分の力をもって誰かを幸せにすることにも快感を得るから、おもしろい。

    まぁそれで相手が自分より一段上の幸せに届いたと思ったら、
    しまったイヤだなと思うわけですが。(笑)

    それでも、人と自分の格付けにとらわれず、
    自分を正しく磨き続けたいです。

    自分にも周囲にも、いい影響が出るように。

  15. より:

    こんにちは、昨日テレビ東京の所さんの番組で、初めてご尊顔を拝し・・・
    なんかあまりにもイメージがぴったりだったので、書き込んでいます。

    今回のことわざ
    「何者かになろうとして なれなくて
    腐っている人」にはとても励ましてくれる感じです。

    でも 別に 何者かにならなくてもいいんですよね

    そういう自由もあるんです

    市井の中に埋もれて 平々凡々と暮らしていく自由というのもあるんです

    いいんじゃないですか
    人それぞれでね

  16. 匿名 より:

    おもしろく読ませていただきましたけれど、ユーモアのセンスが少しマンネリ化しています。もう少し、ブラックユーモアとか、深く味わえるものをお願いいたします。期待しております。

  17. 匿名 より:

    自然発生だ
    的な話ですね。
    そういうの大好きです

  18. 匿名 より:

    日本一のブスはただのブスだ
    日本一の路上生活者もただの路上生活者だ

    もし鋼鉄の袋に入っていれば錐は絶対出てこれない。鋼鉄に磨られて丸くなってしまう。
    完璧な例えは存在しない。
    環境のせいにせずやるべきことをきちんとやるとだけ言えばよい。

  19.   より:

    >>118
    鋼鉄をも貫く錐になれば良いだけ、くだらん

    昔々、マチルダという戦車が居てだな、持ってきた37・57対戦車砲が全く通用しない。戦車砲もどこ吹く風、
    で、どうしたかって言えば、88高射砲を直撃させて撃破したと

    戦車が固いので撃破不能って言うのは高射砲に敵わない雑魚の言い訳、
    57「俺はそこの37よりも強いんだぜ!でも、貫けない、じゃあ貫けない相手が悪い!!」
    88「寝言は寝て言え。」
    確かに固い相手もいるが、どんな相手でも貫く奴は貫くんだよ

    最初に戻った訳だがなw
    ま、限界があるのも事実だから、37でも通用する場所で働けば良いんじゃない?
    そういう見極めも大事だろ、
    背伸びしたって結果は付いてこね~よ

  20. 匿名 より:

    自分が錐だと思っているなら、袋のせいにするなってことでしょ

  21. 評判について、調査してみたんですけど。 | 話題の商品の口コミ,評判,レビュー より:

    […] あなたが評価されない、たった一つの理由。「嚢中の錐」 | 〓 心…うと、 「え、キミ、評判ゼロでしょ?」 と言ってるわけです。 しかしまぁ、それでも何か、納得できる部分はありませんでしょうか。 これこそが「嚢中の錐」という故事です。 すなわち嚢中の錐とは、 「優れた人物は、どんな場所にいても、どんな状況になっても、その鋭さが…はてなブックマークより […]

  22. ぐるぐる より:

    いや~、ためになる話でした。爪は研いでおけ、とうことですね。

    ただ、能ある鷹は爪隠すともいいます。優れた人は爪を隠すが、もっと優れた人は隠れた爪を見出す、ということでしょうか。

  23.   より:

    >>119
    で、結局貫けないわけだな。
    色々と変な例え話を言ったけど結局118の反論になってない
    お前さんのやったことは、
    ただ気持ち悪い例え話聞かせて結局118の言うとおりなことを認めただけ、惨めな人ですね。

  24. 匿名 より:

    有能さをキリの鋭さにたとえてるのは分かるけど、
    それだと評価の基準が一元的に過ぎる感じでやだね
    人間にはキリになる以外の道もある
    例えば「正確な物差し」がなきゃキリでどこに穴をあけたらいいかわかんねーし

  25. 匿名 より:

    本当に優れた人物とは何か。
    これについての定義がない限り現在に当てはめるのは不可能でしょう。

  26. 匿名 より:

    私がこの話を読んで学んだことは、
    自分を認めてもらいたいなら、能力を開花させたいなら。
    まず、「自分の持つキリであけられるフクロを見つけろ」
    ということです。

  27. […] あなたが評価されない、たった一つの理由。「嚢中の錐」 | 〓 心… 、メルマガ「セクシー心理学」から、こんな話を。 嚢中の錐。 まず「嚢(のう)」というのは、袋のことです。 「錐(きり)」は、大工道具でよくある「キリ」です。棒の先にとがったものがついている、アレです。 すなわち、「嚢中の錐」とは、「袋の中に、キリが入ってるよ」…はてなブックマークより […]

  28. 匿名 より:

    うーん。ちょっと違うのでは、「嚢中の錐」=評判ゼロって読める様な書き方になっていない?

  29. 匿名 より:

    はじめまして。こんばんは。
    夜分に恐れ入ります。人が評価を受けにくい理由は誰もが自分の甘さや言い訳しがちというわけではないと思います。
    彼女達もおとなしめで企業の事情における要因もかかわって夢半ばでつぶされた友人が少なからずいました。どこの企業でも社員をつぶしてしまう悪質な因子が無数にあることは否定できません。

  30. 匿名 より:

    でっていう

  31. 匿名 より:

    まぁ袋の中にしまっておいた方がいいような内容だなww

  32. […] 中でも、「嚢中の錐」を題材とした書き込みが印象的だったので紹介させて頂きます。 […]

  33. K.SAKURAI より:

    読解力のある人間がいないんだなと、この故事を取り上げたブログ主を含めて正直がっかり。

    評価されたいんだったらまずは袋の中にはいらないと評価の対象にすらならないってことだよ。

    だから、「空いた一人に入れて連れてってくれれば、俺の本当の価値が分かるんだ!」と毛遂は言ったのだ。

    要するに、「すべては土俵に上がれてからの話」ってこと。

    教訓にするのであれば、人の評価は土俵の上に上げて、初めて測れるものということだよ。

    評価される側としては、土俵に上がっただけなら、それ自体はキリでもなんでもない。土俵で目立つことこそキリ(本番)なのだ。

    そう言えば、例の「人財・人在・人罪」というのは、面接採用のいい加減さを示した皮肉とも言えるだろうね。

  34. 匿名 より:

    いや、環境のせいってやっぱあるよ。ていうか、他人の評価なんかどうでもよくね。