トビー・テンプルの口説き方。

あなたは、シドニィ・シェルダンという作家をご存じでしょうか。

「ゲームの達人」「明日があるなら」などの本を書いた、アメリカの小説家です。
もう亡くなってしまった方なのですが、個人的に大好きで、ほぼすべての小説を読みました。

その中で、

「私は別人(A Stranger in the Mirror)」

という本があるんです。

ひと言で言うと、トビー・テンプルというコメディアンが、アメリカの芸能界で成り上がっていく、という話です。
その彼の口説き方が、またスゴいのです。
 
こんばんは。ゆうきゆうです。

本題に入る前に、こんな話を。

かなり昔のことなんですけど、聞いていただけますか。

診察中のできごとなんですが。
ある方の過去の病歴についてお聞きしていたところ。

その方が、バスケの練習中に骨折してしまったことがあると話されました。

ですので、そのままカルテに記載しました。
そして診察が終わってから、少しだけ休憩していましたところ。

受付のお姉さんが、

「先生、カルテで少し書き間違いがあるようなんですけど…」と。

何だろう、と思って、カルテをざっと見てみましたが、特に間違いらしきところは発見できませんでした。

「え、どこですか?」

するとお姉さんは、少し顔を赤らめて言いました。

「た、たぶんあの、練習中のくだりかなぁ、と」

え?

と思って、見てみました。

「バスケの練習中に骨折」が、

「バストの練習中に骨折」と書いてありました。

あぁ、これはもう、ダメだ、と。

これ書いた人、もう人間としてダメだ、と。

すっごく客観的な目で判断できた自分がいます。
もう第三者的な視点で。

ざっと見て何の違和感も抱かなかったのもさらにダメだと思います。

ていうか、バストの練習中に骨折。

バストの練習だけでも意味分からないのに、さらにそこで骨折。
どんだけハードな練習だったんだ、と。

ものすごく濃厚なイメージトレーニングだったんでしょうか。
もしくは石か何かで練習して、「これを揉めるようになったら本物は完璧!」みたいなトレーニングだったんでしょうか。
そりゃ骨折するわ。

そこまで思いつつ、受付の方と見つめ合いました。

「………」

「………」

「これをバスケに直したら、厳密にはカルテ改ざんになるのかな」

「たぶんこのレベルなら、許されると思います」

「ですよね」

「ていうか直さない方が、色々とマズいと思います」

心から同感でした。

しかしカルテを直す場合、やはり「改ざんをした」となってしまうので、修正液を使ったり、真っ黒に塗りつぶしたりすることはできません。

そのため、

「バス(「ト」に二重線)ケの練習中に骨折」

という、後々まで残る悲惨な状況に。泣けました。

それ以降、仕事中は間違ってもバストとは書かないように気をつけています。
みなさんがたぶん幼稚園児くらいのときに学んだことを今さらたどってます。

それこそ患者さんが本当に「バストの悩みが」と言ったときですら「バスケの悩みが」と書くくらいの勢いです。

どちらに転んでも微妙な人生を歩みつつ、今夜もセクシー心理学の世界をお届けします。

◆ トビー・テンプルの口説き方。

さて、冒頭に出てきた、「私は別人」。
これは、トビー・テンプルというコメディアンが、アメリカの芸能界で成り上がっていく、という話です。

で、このトビー。
ものすごいプレイボーイです。

まぁ、シドニィ・シェルダンの小説は、9割方プレイボーイが出てくるんですけども。

別の作品に出てくるプレイボーイは、
「浮気をしたら女性に引っかかれ、それが本命にバレるのを避けるために、ネコを買ってきて、それに引っかかれたことにした」
という行動を取っています。

いや、普通にバレるだろ、それ、と思うんですが、作中ではまったくバレてませんでした。

そんなステキなプレイボーイが満載のシドニィ・シェルダン小説です。

それほどまでにアメリカではプレイボーイがあふれかえっているのか、もしくはシェルダン先生にどんな願望があったのか、それは分かりません。

いずれにしても、トビーはスターなので、芸能界で、さまざまな女性と関係します。

その中で、彼の「口説き方」を説明した部分を引用します。

-----------------------------------
トビーの口説き方はシンプルだ。
女性に向かって、たった一球だけ、ど真ん中ストライクを投げてやる。

相手がホームランを打ったらOK。
打ち損じたら、さようなら。
-----------------------------------

この本は学生のときに読みましたが、いまだに記憶に残ってます。

いや、別にいいとか悪いとかでなくて、それだけインパクトがあったのです。

これ、意外に恋愛の奥義なのではないでしょうか。

いや、もちろん女性にとっては、「ハァ!? 何それ!?」みたいに思えると思います。

どんだけ大上段なんだと。
ていうかそんなに簡単に「さようなら」と言えるなら、最初から口説くな、と。

しかし考え方によっては、納得できる部分もあるのではないでしょうか。

実際、女性からしてみれば、
「明らかに相手のストライクボールに気づいた上で見逃し三振している」
にも関わらず、それでもしつこくボールを投げてくる男性だっているはず。

そう言う意味では、トビーみたいにあきらめがいい方が助かると思いませんでしょうか。

また、好きな相手がいて、告白できず悩む男性に、

「当たって砕けろ!」

とアドバイスをすることがありますね。

さらにフラれたあと、

「女なんて、星の数ほどいるさ」

と言い聞かせることがあります。

この2つのアドバイスを合わせたものが、

「女性に向かって、たった一球だけ、ど真ん中ストライクを投げてやる。
相手がホームランを打ったらOK。打ち損じたら、さようなら。」

なのではないでしょうか。

結局、分かりやすくまとめると、そういうことだと思います。

とにかくウジウジと、告白なのか何なのか分からない、あいまいなアプローチをダラダラと繰り返すなら、もうとにかく分かりやすく、

「誰が見ても、ストライクとしか思えない球を投げる」。

男はそれが大事です。

そして女性が打ってくれなかったら、しょうがない。
しつこくダラダラつきまとうより、とにかく「あきらめよう! まだ次がある!」と切り替えること。

こういうセリフと考えると、結構うなずけるものもあるのではないでしょうか。

◆ 打ちとるのではなく。

さらにこのセリフの重要な部分は、もう一つ。

「打ち取ってやろう」ではなく「打ってもらおう」と考えている点ではないでしょうか。

実際に恋愛の場合、とにかく相手を「説得しよう!」「やりこめよう!」と思う人も多いかもしれません。

「いかに自分がスゴイか説明する」
「相手の良心を刺激して、自分と恋愛するように仕向ける」
「相手が思いも付かなかった口説き文句で、相手のハートを突き刺す」

などなど。

これはすべて、「とにかく打てないタマで、ストライクを目指す」「打者を打ち取る」という発想をしている可能性が大です。

しかし恋愛、相手をやりこめてもしかたありません。
相手はイヤな気分になって、去ってしまいます。

大切なのは、それこそ接待スポーツなどのように、「打たせてあげる」こと。

たとえば、バットを持って、打席になってみた場合を想像してください。

どんなに打つ気がなくても、「すんごくふわっと、ど真ん中のボールが飛んできた」ら、ついつい無意識に打ちたくなってしまいませんでしょうか。

そう思わせることこそが、最高の「口説き」なのかもしれません。

相手を「追い詰めろ!」「打ち取れ!」ではなく、とにかくいい気分にさせて、ふんわりと「打ちたい気持ちにさせる」こと。

これこそが、恋愛に限らず、仕事や人間関係など、すべての「口説き」「お願い」の奥義なのかもしれません。

それでダメだったら、もうとにかく「相手が恐ろしくヘタだった」と考えて、自分がキズつかないようにする。

そう思うことが、一番だと思います。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ まずは、ど真ん中ストライクを投げよう。

○ それでダメなら、もうしょうがありません。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

大切なのは「ストライクを投げること」。

やりたい仕事があったけど、やれなかった…。
好きな人がいたけど、うまく行かなかった…。

そんなあなたに、もう一度、聞きましょう。

あなたは、ちゃんと「この仕事をさせてほしい」と言いましたか?

「好きだ」と言いましたか?

「つきあってほしい」と言いましたか?

それこそが、何よりも大切なんですよ。

(完)

ちなみに自分の場合、ど真ん中ストライクを投げたはずなのに、なぜかデッドボールで強制退場させられます。切なすぎます。

世界一切なさを感じつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

ちなみにプレイボーイであるトビーは、最終的にある女性に気持ち惹かれ、
「彼女だけは他の女と違う」
と結婚します。

その女性は、清純なふりをした悪女。

彼女が使ったのは、
「ホームランを打ちつつも、ホームランボールが突風でスタンドに入らない」
というような手法でした。

このあたりの詳細が気になる方は、まぁ、小説をお読み下さい。

私は別人〈上〉

posted with amazlet at 09.04.22
シドニィ シェルダン
アカデミー出版
売り上げランキング: 137629
おすすめ度の平均: 4.5

5 逆境から這い上がる女性の強さ
4 交錯する運命
5 洋書に慣れていない方でも楽しめます。
3 Really a Sheldon-piece?
5 はまりました!


コメント

  1. なお より:

    確かに、回りくどいやり方よりも、
    「好きだ」
    とまんま言われたほうが、なんの曲解なく伝わりますよね。

    時間も手間もかからないし(笑)

    シンプルだけど美味しいご飯みたい。

    飾りすぎは、かえって逆効果かもしれませんね。
    参考になりました。

  2. バラバラ より:

    「女は怖い」って事でしょうか?
    そうかもしれませんね。
    なんたって子どもを生み育てるというプログラムが入っているので。
    良い遺伝子と良い環境を手に入れたいという遺伝子のささやきが知らず知らずに行動にでるのかも知れません。
    結局、人間も地球上にいる生物なんですよね。

  3. 匿名 より:



    最近はこのマークだけで特別な意味を表すらしいのですが、
    それはそれとして参考になったと思います。

  4. より:

    結局、男は女に弱いという事ですね。わかります。
    まぁ、子育てもそうですし…相手をその気にさせるにはそれなりの手回しが必要ですね。
    その代わり、その気にさせたら最後まで責任を持って欲しい…。最近は無責任な人が増えていますからね。見抜く目も必要ですが…。

  5. 匿名 より:

    清楚に見えて本性隠してる女っていますよね。
    真面目に見えて不倫してる男もいますが。
    女はできるだけ良い遺伝子を残そうとする本能があり、男はできるだけたくさんの女に自分の子どもを産んでもらいたいという本能がありますが、いきすぎると自分も周りも無残になりますね。

  6. saddy より:

    この口説きの心得(?)はわりと、というか、かなり真理かと
    会っていきなりど真ん中投げても、相手は意表を突かれてポカーンとなるだけなので、それは論外ですが
    フラれたらスパッ諦める。
    これが出来る男性がモテる人なんでしょう
    未練タラタラ男でモテる男を見たことありませんから…。

  7. とーます より:

    「ト」に、「ノ」を足せば、「ケ」にできると思いました。これも改ざんになっちゃいますか?

    ストレート投げて、ピッチャーライナーだったら、どうすればいいんでしょう?取って「アウト!」でしょうか?

  8. 匿名 より:

    「ト」を「ケ」にするなんて簡単なのに~。
    「ト」の横線延ばして縦線付け加えれば…。私のミミズ文字なら可能です。

    一球勝負で諦められる男性は少ないですよね。いろんな女性にインコース投げてばっかりな人とか。

  9. 匿名 より:

    ぇえ、みなさん潔いんだな・・・
    あぁ自分はそんな風になれないや。
    みなさんえらいなぁ。

  10. 匿名 より:

    私は女性なんですが、直球すぎるらしいです。それも超剛速球…とか?
    ストライクでも「ふんわり」が大事なんですね。了解です。

  11. めぐぴー。 より:

    バットを持って、打席になってみた場合を想像してください。

    バットを持って、打席になってみた。。。打席にバットが刺さってる。。。(笑)
    Mではないので打席にはなりたくないです。

  12. きらりん より:

    あ~、ど真ん中投げてないな、私。

    ただし、投げられないのは恋愛においてのみ。

    仕事になるとガンガン投げられるのですがね。

  13. 匿名 より:

    随分長いことメルマガ愛読させていただいていますが、
    今回の導入部はツボにはいりました。
    腹筋痛くなるほど笑わせていただいたのは初めてかもしれません。
    お腹イタイです^^

    思わず感想を送りたくなってしまいました。
    今はメールでの感想ではなくなっているのですね。

  14. きょろ より:

    「バスケ」の文字が目に入った瞬間にオチがわかってしまったゆうファンです。

    私は女性ですが、若い頃はカーブもシュートも結構嬉しかったりするのですが。こちらもホームラン打てるのにわざとファールにしてみたり・・・
    最近はやはり直球ど真ん中ストレートが好みです。
    勿論ホームラン返しです。
    場外に打ち過ぎて外までとりに行ってもらうなんてこともあったり。

  15. 匿名 より:

    いつもど真ん中投げてるのに必ず空振り三振です。
    奪三振王です。
    たまーに変化球を投げると今度は見逃し三振です。
    こんな僕はどうしたら良いでしょう。

  16. 匿名 より:

    >>15
    競技を変えればいいんじゃないかな

  17. あっこ より:

    こんにちは。
    久しぶりにコメントさせていただきます。私もシドニィ・シェルダンの小説は読み始めるとどんどん引き込まれて、「ゲームの達人」「明日があるなら」「真夜中は別の顔」など、恐らくほぼすべての小説を読みました。何となく、先生とは年代が近いのかなと感じています。

    さてさて、今回は口説きのテクニックですね。ちなみにこのテクニック、、、女性からの口説きにも通用するものなのでしょうか・・・。

    ○ まずは、ど真ん中ストライクを投げよう。

    ○ それでダメなら、もうしょうがありません。

    ここ最近はこういう経験がありませんが、恋愛は人生において大事なことと感じます。

    ただ、あまりに恋愛と無縁の生活を送っているのでいい恋愛がどんなものかよく分かりません。いつか話題でとりあげていただけたらなあーと切に願っております。

  18. 新しいフォルダ より:

    相手が男・岩鬼のよーな悪球打ちだったらあかんやん

  19. DQN吏員 より:

    >バストの練習中に骨折

    こんばんは。かつての部署にて、厚生
    労働省と合同で病院の個別指導をして
    いたことがあるのですが、一度でいい
    から、そんなカルテに出会いたかった
    なあと思います。(あー腹筋が痛い。)

    >バス(「ト」に二重線)ケの練習中に
    骨折

    あ、訂正印を打っとくと安心ですよ。
    (元・医療事務指導官からでした。 )

  20. 匿名 より:

    「私は別人」今、本棚に積んであります。
    早速読んでみようと思います。

  21. 匿名 より:

    >洋書に慣れていない方でも楽しめます。
    > Really a Sheldon-piece?

    カスタマーレビューの上段は5つ星、そして下段は3つ星。
    邦人には満足で西洋人にはちっとばかり不満?なんでしょうかぁ・・・

    因みにシェルダンの本を買った人はこんな本も一緒に買ってますの中に、ゆうせんせいの本も載ってました。

  22. 匿名 より:

    内容と関係ないのですが、
    ゆう先生のおかげで知ったネウロが最終回を迎えました。
    また面白い本があったら紹介して下さいね^^

  23. アリス より:

    私の場合、いつもバズーカ砲を放ってました。

    そうか、ボールにすればよかったのか。

  24. より:

    何度か感想を送っている男です。

    今回は前座と本編の絶妙なギャップがとてもよかったです(笑)
    とは言え、

    > 「好きだ」と言いましたか?
    >
    > 「つきあってほしい」と言いましたか?
    >
    >
    > それこそが、何よりも大切なんですよ。

    というのは真理だと思います。

  25. うにゅう より:

    まず、そのど真ん中を投げる相手をですね、

  26. 匿名 より:

    打席に立ってくれないことにはボールも投げられません。

    というのは論外ですね、そうですね。

  27. より:

    >「バスケ」の文字が目に入った瞬間にオチがわかってしまったゆうファンです。
    ちょwww きょろさんすごいな。私はワカランかった。
    にしてもすごい間違え方ですねw たった一文字ですが、『ゆうきゆう(先生)』という存在が一目でわかる間違いですねw

  28. 匿名 より:

    なるほどね。納得。

    このお話のホームランっていうのは、つまり、女性からいうと、結婚以前の最終段階。

    そしてその後は?
    そう。さよならです。
    目指すは、さよならホームラン。

    女性の皆様、気をつけましょうね!

  29. ぴろ より:

    ゆう先生にお勧めの記事です。

    巨大なおっぱいが見られる教会 – GIGAZINE
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090408_miracle_does_happen/

  30. 匿名 より:

    >巨大なおっぱいが見られる教会

    ぅう~ん巨大だし形が美しいではないですか♪

  31. だんご より:

    私、いつもどんなピッチャーの変化球も打てるように構えてるのですが、バットに当たれど凡打ばかりです。。。
    フライアウト、ゴロアウト、ファウルフライもあります。。。
    ホームラン打てるボールを投げてくれるピッチャーに当たってないんだとゆう事を改めて知りました~☆
    人生まだまだ頑張りますo(>▽