遺書で判明する自信。~ロスの調査

アメリカの心理学者であるロスは、女子高生を対象にして、こんな実験を行いました。

内容は、「ここに、本物の遺書と、偽物の遺書があります。どれが本物で、どれが偽物なのか当ててください」というもの。

しかし。
この実験には、ワナが隠されていたのです。

こんばんは。ゆうきゆうです。

今夜もセクシー心理学から、こんな話をお届けします。

さて、さきほどの実験。

実は遺書は、すべて適当に作られたもの。
すなわち女子高生は、まったく意味のない判断をさせられたわけです。

無駄な判断を必死にしている女子高生が少し萌えます。

そして女子高生たちが当てたあとで、ランダムにこのような結果を知らせました。

A「あなたは25回中、24回当てましたよ」
B「あなたは25回中、10回しか当たりませんでしたよ」

言うまでもありませんが、これ、完全なウソです。

しかしAの人は「え、私、スゴくない!?」と大喜び。
逆にBの人は、ちょっと自信を失います。

さて、ここからがポイント。
そのあと、実験者は、

「実はさっきの結果、すべてウソだったんです」と告げました。

Aの女子高生は微妙にぬか喜びですし、Bの人は「なぁんだ…」と、ちょっと安心しました。

そしてその上で、

「もし、もう一度同じことをして、今度は本当に本物・偽物の区別をマジにつけるとしたら、そのときはどれだけ正解すると思いますか?」

と聞きました。

すると。

Aの女子高生は、『67%は当てられる』と答えました。
しかしBの女子高生は、『52%しか当てられないかも』と答えたのです。

すなわち。

人間は、『一度作られた自信や不安は、なかなか変わらない』ということです。

そう。『たとえウソだったと修正されたとしても』です。

ぜんぜん関係ないですが、「女子高生」の連発に実験内容が頭に入らなかったあなたは、男として正常です。僕も同様です。

◆ 勝ってるときは、気をつけよう。

ここであなたは「賭博サギ」というものをご存じでしょうか。

ある人を引き込んで、「ギャンブルをしよう」と持ちかける。
しかしその場にいる全員がグル。
彼らはイカサマをして、最初はカモに勝たせてあげます。

そして、その上で大きく賭けさせて、有り金を巻き上げる…というものです。

海外でよくあるサギです。
みんなでそこまでするのなら、もう最初から強奪しちゃえよ、といつも思うんですが、やはり目立つ犯罪は避けたいのでしょうか。

とはいえこれ、この実験から考えると、非常に納得できるかもしれません。

最初に勝つことで「自分はデキる!?」と自信を持ち、そのまま突っ走ってしまうわけですね。

パチンコなどで、最初に勝ってしまった人ほどハマりこんでしまうのにも似ているかもしれません。

◆ だって、受かったんだもの。

そういえば最近、「教員採用試験で、結果に関係なく、コネで合格が決まっていた」という事件がありました。

それが判明したあと、実は成績が悪かったのに、コネで合格した人が取り消しになりました。

それにたいして彼らは「納得できない!」とコメントしていましたが、これも今の考えでいくと、何だかその気持ち分かります。

たとえ「試験結果はウソだった」「本当はできなかった」と言われても、なかなかその自信は消せないわけです。

また他にも、新興宗教の教祖が逮捕されたりしたとします。

しかしこのとき、信者がすべて離れていくわけではありません。

「教祖がそんなことをするわけがない!」
「あの人のことを、私は信じている…!」

という人だってたくさんいるでしょう。

芸能人だってアーティストだって同じ。何かのスキャンダルでファンが少し減ることはあっても、「完全に消える」ことはありません。

ある人によって作られた好意や自信などの感情は、どこかで「ウソでした」と言われたとしても、そう簡単にひっくり返ることはないのです。

◆ 一度でも、プラスになると…?

この事実、個人的にすごく面白いと思うのですが、いかがでしょうか。

すなわち「人生って、意外にオセロではない」のです。

白をたくさん積み上げてきても、最後にちょっとはさまれただけで、すべてが黒に変わることはないのです。

いえ「だから逆転できないよ」というつもりはありません。

ただ大切なのは、「プラスを積み上げていたのに、それが突然、完全にひっくり返ることはない」ということ。

たとえば、大好きな恋人が、浮気をしたことが発覚したとします。
もしくは何か、重大なウソをついていたとしましょう。

この瞬間、すべての気持ちが冷めるかというと、それは違うはず。

たくさんの幸せな積み重ねは、心の奥に、しっかりと刻まれています。
それはさきほどの実験の「あなたは優れている」という気持ちと一緒。

あとからたとえネガティブなできごとが起こっても、その幸せな記憶が、すべて消えてしまうわけではないのです。

もし「浮気が発覚したので別れを決意した」というのなら、それはほとんど「最後のひと押し」。
そこまでにマイナスを積み重ねてきたからこそ、起こった事実です。

もちろん「かわいさ余って憎さ百倍」ということもあるかもしれません。
ただそれは、「たくさんの白の上に、黒が一枚重なった」だけの状態。

プラスの気持ちが捨てられないからこそ、表面だけマイナスに振る舞っているのです。

◆ ちょっと応用。

ですので、誰かに自信を付けさせたいと思うのなら、方法はシンプル。

たとえ演技でもいいので、何回も「自分は君のことを、いいと思う」と言ってあげることです。

人がキャバクラやホストクラブに通い続けるのも、それが原因。

誰かに「あなたってステキ」と言われたら、あとから「仕事だったのでは?」「作戦なのでは?」と考えたとしても、容易には修正されません。嬉しさと自信はずっと残るのです。

演技でもわざとらしくても、とにかく「プラスを味あわせる」ことが大切です。
覚えておいてくださいね。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 最初に自信や好意を与えられた場合、あとからそれが全否定されても、その気持ちは簡単には消えない。

ですので。

あなたが誰かに感じた好意や、感謝の気持ちは、ためらわずに告げてあげればいいんです。

そのあとに、誰に何を言われても。
あなたが見損なわれてしまうことがあったとしても。
どんなできごとが起こっても。

今あなたの伝えた気持ちは、相手の中で、必ず残り続けるんですよ。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. くろーば より:

    いつも楽しく読ませていただいています。
    実は初コメントです。
    とてもいい話ですね。少しふさぎこんでいたときに元気のでる話を聞けて、やる気が出てきました。
    お礼の代わりにコメントさせていただきます。
    これからも楽しみにしています。

  2. 匿名 より:

    今日も笑って読んでしましました。楽しい記事をありがとうございます。

    >>無駄な判断を必死にしている女子高生が少し萌えます。

    同意です。もえもえですね。

    >>ぜんぜん関係ないですが、「女子高生」の連発に実験内容が頭に入らなかったあなたは、男として正常です。僕も同様です。

    大爆笑でした。こんな簡単な言葉で動揺してしまう男って単純ですよね。女子高生=エッチな妄想になるのはもう自然のことなのかもしれません。

    >>人がキャバクラやホストクラブに通い続けるのも、それが原因。

    みたいですね。だから、僕はキャバクラには誘われても行きません。僕の性格上はまると思うので。

    ためになるお話ありがとうございました。他人に対する自信だけでなく、自分が自信をもつ時にも使えますよね。例えば、勉強ができないと悩んでいる時に1つの教科だけ絞って勉強し結果を出せば、自信がつくので、他の教科で結果が出ないことがあっても落ち込むことなく勉強し続けることができます。その結果その教科も結果が出せるようになるということですね。自信のインフレですね。

  3. バラバラ より:

    そーなんですか。
    そーですよね。

    ほめられてうれしい気持ちはいつまでも残りますよね。

    でもネガティブな言葉もまた残ってしまいますよね。

    今朝のTVニュースで、おばまさんのねがてぃぶきゃんぺーんを相手陣営が始めたって言っていました。
    確かにこのCM見ると「おばまさんやっぱりやめようか」って気持ちになるからすごい・・・
    (海の向こうの自分が思ってもしょうがないか)
    ねがてぃぶな言葉を言い続けるときっと心の成長によくないんだなって・・・

    おそるべし心理学!

  4. pika より:

    褒めて誉めてほめるのが重要なんですね!
    (あれ?ちょっと違う?)

  5. KAKERU より:

    ワナをワキと読んだ時点で、自分への自信はなくなり……
    この時点で、この人はワキの下に偽者の遺書を挟んでいたに違いないと……

    なんだか、すごいことをイメージしていたなーと……

    で、自信があると良いってことですね。
    ということは、「逃げちゃダメだ!」発言は、ネガティブですかね。

  6. 匿名 より:

    うん・・・いいお話なんですが。。

    わたし10回しか正解しなかった・・後で、その設問自体がウソだったら。
    自分の真実を見抜く力を感じるし。
    そのウソの設問した人を、なんとなく信用しないから、「今度は本当の設問だ」と同じ人に言われても、その人間に対して懐疑的になって、正解する自信をなくすと思います。。

    ちょっと視点が違うんですが。。

    だからきっと・・今の不安な世の中のように、新興宗教や政治団体がもっともらしいこと言っても、なんかおかしい;;と疑ってかかるし。。
    なにかそういう団体にマスコミがバッシングしたとしても。。
    それにはウラがある・・と考えてしまうし。。。

    騙されないとは思いますが、悲しいです;;

    信じたいです・・・☆

  7. 匿名 より:

    うちにあったオセロは磁石が中に入っていて、
    白の上に黒を乗せようとしても反発して
    乗せられなかった。

    そんなことが頭をめぐってしまいました。

    いい記憶を悪い記憶で上書きするわけではない
    逆もまた然り
    それぞれ厳然とした別のものとして存在する
    …っていうオセロからのメッセージかなぁ。

  8. クロ より:

    若いときに一度「自分はできないやつなんだなあ」と思ってしまったから今でも自分に自信がもてないんでしょうかね。
    そう納得するとなんとなく自信が出てきました。

  9. 匿名 より:

    ちょっと複雑…

  10. より:

    え~と…
    これは最初に悪い印象を持たれたら、その後良いことがあっても挽回不可能ってことですか?

  11. KeN より:

    「女子高生」をわざわざ太字で強調させるあたり、さすがセクシーだな、と思いました。

  12. りゅうりゅう より:

    タイムリーでした!「あんなこと言っちゃったけど、それ、良かったんだろうか」とくよくよしていたので、メルマガの最後の「今あなたの伝えた気持ちは、相手の中で、必ず残り続けるんですよ」って言葉、すごく励まされました。
    さすがゆう先生ですね。いつも「バストバストってさ」(貧乳の僻みだな)って思ってましたが、もうそんなこと、いいです、って思いました。

  13. より:

    男子高生って変換されませんね。日本オワタ
    すっごく分かります。
    就職先を迷ってたんですが
    普通に一般企業を進めてくる担任
    ↑             ↓
    コースからデザイン系を進める進路担当
    に挟まれ、めっちゃ迷いました。
    持ち上げられたり貶されたり。最後にゃ泣きました。
    結局一般に行きますが、いい経験と割り切りたいです。

  14. より:

    あれ?今回は最後に落としませんね。
    いつもいい話のあとは落として終わっていましたがw

    本当に伝えたい話だと思っておきます。

  15. 匿名 より:

    自信満々な太った困ったさんは
    どっから自信をつけてくるのでしょうね…劣等感の裏返しかと思っていましたが、
    なにかきっかけがあるのでしょうかね…
    みんながあえてフォローするからだろうか

  16. あやめ より:

    最近、元気をもらえるお話が多くて勇気づけられています。
    今の私はオセロの黒の積み重ねのように思えてならないです。ネガティブ状態なので。でもこれから『白』を増やして行けばいいじゃん!という気になれました。
    最後まで読んで、ほんわかしました。☆バスト☆(ありがとうございますの意)

  17. 匿名 より:

    自分なら自信をうしなって、当たる気がしないような・・・

  18. サファイア より:

    女子高生・・・ww

    似ている字を飛ばして読んでしまう脳の仕組みw
    流石です(笑)

  19. yo より:

    ・・・ということは、子供の頃に自信をなくしてしまうと一生そういう生き方をしてしまう、ということですね。親として、心しておかなければと思います。

  20. ピカチュウ より:

    5歳の時に失敗ばかりしている自分にとってはそこからもうほとんどマイナス思考に・・・・・w
    オセロでいうかどっこがもう既に取られた状態で試合開始みたいな・・w

  21. ぶぶたん より:

    久しぶりに感動の域まで達しましたのでコメントを残します。
    最近自信喪失気味だったので、とてもためになりました。
    ありがとうございました。

  22. 愛子 より:

    本当にうなずけるお話です。
    茂木教授が、「人の脳はほめられればほめられるほどやる気がでる。
    だから子どもにはくどいほどほめるくらいでちょうどいい」と、
    あるテレビ番組でおっしゃってました。
    残念なことに、私自身は両親にほめられた記憶がありません。
    別にものすごい不良だったわけではなくて、きわめて優等生だったのですが。
    でも、テストで100点とっても当然、絵が二科展に入選しても当然、
    という顔をされて育ちました。
    夫も結構、批判や注意はするだけでほめることがないので、
    私ができるだけほめるようにしています。
    もう、無理やりでも、何があってもほめちぎります。
    犬なんかにも、ほめことばは絶大な効果があります。
    人間は、まあ長い目で見ています。

  23. 匿名 より:

    『味あわせる』に違和感・・・。
    これ正しいんですか?
    『味わう』だから『味わわせる』なのでは?

  24. 31 より:

    教員試験をコネで合格してしまった人が「信じられない!」と言っていたのはゆう先生の言うとおり、この実験のような気持ちから来るところもあるとは思いますが、既にクラスを受け持って生徒と信頼関係を築けていたのに…、知らないところで自分の親がそんなことをしていたなんて…、と言う意味合いでの「信じられない!」と言う方が多いのではないでしょうか。
    彼らは自分の実力が否定された事ではなく、自分の夢や立場を奪われた事に対して憤っているように私には思えたので生意気ながら書き込ませて頂きました。

    非常に為になるお話をいつも分かりやすく紹介・解説して下さり、ありがとうございます。いつも楽しんで読んでいます。これからもお元気で頑張って下さい。

  25. アフロ波平 より:

    ブログの内容とはぜんっぜん関係ないですが9/9のnumeriで「バスト」の話が出ていました。正確には「パイオツ」なので、響きがセクシーではないかもしれませんが…バスト好きのゆう先生としてはpato氏と共感するものがありますか?

  26. 匿名 より:

    >すなわち「人生って、意外にオセロではない」のです。

    なんか格好いいす、このセンテンス!
    意外にオセロでない。

  27. 匿名 より:

    そーなんです。大好きな人が嘘をついていた とわかって 自殺したくなるほど胸が痛くてどうしようもないのに、楽しかった思い出がたくさんあって憎めないんです。 これは虚像だったと思っても無理なんです。。。。
    これって・・・苦しいですよね
    どっちが本当でどっちがうそなのかわからなくなってしまう。
    だから何も信じられなくなってしまったのですねぇ~。自分の事がよくわかりました^^;

  28. 匿名 より:

    「人生意外にオセロではない・・・」
    って表現がなんともアーティスティック!

  29. 匿名 より:

    >27さん

    あーなるほど~
    芸術の秋っぽいですね!

  30. りこ より:

    あぁ、なんか人生観が変わる気がします。確かに!
    ちょっと逸れますがホリエモン、色々な面で叩かれていたみたいだし捕まっちゃったけど、寄付もいっぱいしていたし多くの人に元気を与えていたことも事実。・・・ホリエモンに感化された若者達って逮捕された時のインタビューとかでも結構エール送っていましたよね。不正は×でも、その前に救われたとか元気付けられたって人いっぱいいるんじゃないかなぁと思って見ていました。
    黒の部分って頑張ってても嫌でも増えていくし・・・白の部分増やしていきたいなー☆