お姉さんとユウくんのビジネス用語解説「ランチェスター戦略」

こんばんは。ゆうきゆうです。

あなたは「ランチェスター戦略」というのが、どういう意味かご存じでしょうか。
今夜は性懲りもなく、そんな話です。
 

お姉さん「みなさんこんばんは! 今日はランチェスター戦略について学んでいきましょう」

ユウ「はーい!」

お姉さん「突然だけどユウくん。ランチェスター戦略って、どういうものか、分かる?」

ユウ「わ、分からない…」

お姉さん「ハード・ハーダー・ハーデスト!」

ユウ「えっ!?」

お姉さん「ビッグ・ビッガー・ビッゲスト!」

ユウ「はぁ!?」

お姉さん「英語の授業で習ったでしょう? 形容詞の、比較級・最上級の活用」

ユウ「あ、あったね。そういうの」

お姉さん「じゃあ、ランチ(lunch)の活用は?」

ユウ「………ランチって、形容詞なの?」

お姉さん「活用は!?」

ユウ「ラ………ランチ・ランチャー・ランチェスト?」

お姉さん「そうよ!!」

ユウ「いいの!?」

お姉さん「すなわちランチェスターというのは、『ランチェストする人』のこと!
lunch+est+erよ!」

ユウ「ど、どういう意味なの?」

お姉さん「最上のランチを食べる人」

ユウ「そのまんまだね」

お姉さん「だからランチェスター戦略というのは、最上のランチを食べる人の考えた戦略よ」

ユウ「ぐ、具体的にはどうするの?」

お姉さん「お昼休みに、近くの吉野家に行くか、それともちょっと歩くロイヤルホストに行くか」

ユウ「そういうレベルなんだ」

お姉さん「びっくりドンキーでハンバーグ食べるか、もしくは妥協して、セブンイレブンのオニギリで済ますか」

ユウ「どの食事も、ぜんぜん最上のランチだと思えないけど…」

お姉さん「どんな企業にも、必ず一人はランチェスター戦略を考える人がいるのよ」

ユウ「………たとえば?」

お姉さん「『鈴木君の考えたランチェスター戦略は、サラダつきでお得だったなぁ』とか」

ユウ「そういうレベルなの?」

お姉さん「『田中君のランチェスター戦略は、ちょっと昼には重かったよ』とか」

ユウ「平和な会社だね」

お姉さん「まぁ、昼ご飯は午後の仕事にとって重要だから」

ユウ「うん。それはそうなんだけど」

お姉さん「そういう意味で、非常に大事な戦略なのよ」

ユウ「……ふうん……。それはそうと、僕が読みかじったランチェスター戦略の本にあったんだけど」

お姉さん「なぁに?」

ユウ「『装備が同じであれば、必ず兵力の多い方が勝つ』
って書いてあったんだけど、これってどういう意味なの?」

お姉さん「そうきたかぁ」

ユウ「………」

お姉さん「あのね、営業部と総務部が、同じ日のお昼に、同じ大きなレストランを目指したとしましょう」

ユウ「………」

お姉さん「そんなとき、営業部が一人、総務部が五人だったとするわよね?」

ユウ「…うん」

お姉さん「そしたらもう、人数が多い総務部の方が、そのレストランを占有しちゃうのよ。営業部は一人で肩身が狭いったらもう」

ユウ「………」

お姉さん「そういう意味」

ユウ「えー! なんか中途半端につじつまあってるー!」

お姉さん「なんか言った?」

ユウ「何でもないよ、お姉さん」

お姉さん「営業部の一人、つらいわよ?」

ユウ「………」

お姉さん「総務のコに、『ヤマダさん、一人でご飯食べてるー』『営業にお友達いないのよー』みたいに後ろ指さされるのよ。さびしいわよー?」

ユウ「軽くイジメだよね、それ」

お姉さん「だからヤマダさんはね、とりあえずレストランに行っちゃダメなの」

ユウ「え? 何なのその人権剥奪みたいなアドバイス?」

お姉さん「一人のときはね、立ち食いそばみたいな、狭い店に行くのよ」

ユウ「どゆこと?」

お姉さん「すると総務のコも、店が狭いから、一人ずつ入らなきゃダメなのよ」

ユウ「ていうか、帰るよね、そうだったら」

お姉さん「するとヤマダさんも、『あぁ、一人ぼっち』みたいに言われないですむのよ」

ユウ「………」

お姉さん「まぁ、さびしいのは変わらないんだけどね」

ユウ「変わらないんだ」

お姉さん「これが本当の意味でのランチェスター戦略よ」

ユウ「なに、本当の意味って」

お姉さん「というわけで、みんなも分かったかな?」

ユウ「う、うん…。なんだかかえって混乱した気がするけど…」

お姉さん「ちなみに今日のランチェスター戦略は?」

ユウ「吉野家で、ブタ丼とか…」

お姉さん「却下」

(完)

-----------------------------------
◆ 真面目な用語解説 「ランチェスター戦略」
-----------------------------------

イギリス人であるランチェスターが、第一次大戦において発見した、戦いの法則。

「武器の性能が同じであれば、必ず兵力数の多い方が勝つ」
「味方の戦力が少ないなら、狭い場所で戦え」

など。

たとえば一人で五人を相手にして銃撃戦をした場合、はじまった瞬間に蜂の巣にされ、相手の一人すら倒せない。
しかし狭い場所で一人一人を相手にすれば、勝つ目も出てくる。

同じように小企業の場合、大企業と同じ分野で戦うと絶対に負けてしまうため、『ニッチ市場』を狙った方がいい…というような戦略のこと。

僕が多人数VS多人数の合コンがあまりスキではない理由も、ここによるのかもしれません。

色々と切ない思い出をよみがえらせつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)


コメント

  1. KAKERU より:

    形容詞の、比較級・最上級の活用を読みながら、どこのスタンドの名前? って思った人は、いませんよね?
    最初に漫画を思い出すのは、ダメですかね?

    しかも、ランチって言う単語を比較級とか最上級の活用には出来ないのに……
    ランチェスター戦略、心理学が色々な分野で使えるということですよね。
    ニッチ市場は経済ですしね。

  2. 匿名 より:

    >銃撃戦をした場合、はじまった瞬間に蜂の巣にされ、

    蜂の巣・・・。
    ってなんかゴルゴっぽい!

  3. 匿名 より:

    兵の装備や質が同じなら戦果は兵量の2乗の比となるのがランチェスターの法則でしたね

    たとえば兵量が1:5なら1:25になりますが
    攻撃力も1:5で5倍早く倒されるわけだから言われてみれば当たり前の法則なんですよね

  4. 大江 より:

    昼メシを喰わない、というスイス式ランチェスター法則も……
    あ、でもスイスは国民皆兵か。

  5. バラバラ より:

    らんちぇすたーの法則とか、まーふぃの法則とか・・・・
    う~ん、法則見つけるのヨーロッパ系の民族の方は好きなんですね。

    にっち市場・・・・スイカ売ってるのかな?え!いちばじゃないって?

  6. ろかる より:

    多人数対多人数なら、
    少数派(にっち)な人がいる可能性は増えますから、
    ニッチな戦果を期待するなら
    多人数対多人数の方が良さそうですが、、、、

  7. より:

    信長は河原で石を投げあう子供たちを見て

    「人数の少ない方が必死になるから勝つ」といいました。

    そしてそのとおりになりました。

    まあ、私は「根性」と「戦略」で大体の戦況をひっくり返そうとします。(主に根性)

  8. ふぁいあ より:

    最初、「イギリス国内の地名」のことでも言ってるのかと思いました。<それはマンチェスター

    つまりは、多数には多数の、少数なら少数の戦い方があると言う事ですね。
    うーん、なるほど。。。

  9. じょろろ より:

    ゆうさんの会話をまじめに読んだら
    頭がオーバーヒートしますた
    理解力の低いボクは理解不能でした\(^o^)/

  10. 匿名 より:

    こんなお姉さん絶対結婚できない!

  11. コットン より:

    ゆう先生の話はいつ読んでも、たとえば(;_;)でも、吹き出さずにはいられません。謝謝。

    ランチェスターの法則
    ディナーだったらディナラー・ディナレストになるのでしょうか。ランチェスターの法則からランチの話に発想が飛躍するのが天才的だと感じます。はじめは何の話か、話の筋がまったく読めませんでした^^

     笑い+知的なお話、で適度なお勉強にもなって、涙や落ち込みは吹っ飛びます。笑い涙は出ちゃうかも~

  12. 匿名 より:

    謝謝とか中華乙

  13.   より:

    >>7
    記憶違いだったら申し訳ないのですが、家康ではなかったでしょうか。あの場合は、数が多い方が驕り、少ないほうが必死だったことを瞬時に見抜いたためにああなったのでしょうね。

  14.   より:

    >>7
    とはいえ、流石に数百人VS50人と言うわけではないでしょうし、飽くまでそれは少人数VS少人数の場合ではないでしょうか。

  15. 匿名 より:

    ぐふっ、さすが言葉のマジシャンゆうせんせいならではの云い回しが炸裂!
    ランチの比較級・最上級ってーーー!(爆)