フリガナとふりがな。

———————————–
ふがりな
名前
———————————–

マヤ「↑こう書いてあったら、何て書く?

今夜は、おそろしくライトな話を、日記形式でお届けいたします。

さて、今回の内容。
一応ジャンルは心理学ですが、ビックリするほどほとんど関係ないトピックです。
すごく真面目に心理学の話を期待されている方は申し訳ありません。

忙しくて忙しくてたまらない!

という方は、ラスト部分のみお読み下さい。

◆ 斉一性への圧力。

マヤ「よく市役所とかで書類を書くとき、『ふりがな』を書けってあるわよね」

ユウ「ありますね」

マヤ「そこで『ふりがな』って書いてあったら、ひらがなで書けってことで、
『フリガナ』って書いてあったら、カタカナで書けってことよね」

———————————–
ふりがな  やまだはじめ
名前    山田 一
———————————–
フリガナ  ヤマダハジメ
名前    山田 一
———————————–
ユウ「そうですね」

マヤ「これって、よく考えるとおかしくない?」

ユウ「は?」
マヤ「だって別にハッキリ『どちらかで書け』とは言ってないわけでしょ?
『オレがひらがな(orカタカナ)で書いてるわけだから、お前はマネしろ』
って主張してるのと同じじゃない?」

先生、それは考えすぎです。
マヤ「だから破っても、法的には間違いじゃないのよ」

常識的には間違っていると思います。

 
マヤ「ちなみに『ひらがなで書いてあったらひらがなで、カタカナで書いてあっ
たらカタカナで』というのは、心理学では『斉一性への圧力』というの。
人間は無意識に、周囲の行動に従ってしまうようにできているのよ」

ユウ「なるほど」
マヤ「じゃあそれを応用したら、色々なパターンができそうじゃない?」

ユウ「は?」

マヤ「私はあえて、別のバリエーションを考えてみたのよ」

ユウ「たとえば?」

マヤ「そうね。たとえばこんな記入欄とか」
———————————–
フリがな
名前
———————————–

あの、意味が分かりません。

マヤ「もちろん、こう書くわ」

———————————–
フリがな  ヤマダはじめ
名前    山田 一
———————————–
こう書かせる必然性を教えてください。

 

マヤ「他にも、こんなのもいいかもね」

ユウ「え?」

———————————–
ふリがナ
名前
———————————–

ものすごく電波系です。

マヤ「もちろん、こう書くわ」

———————————–
ふリがナ  やマだハじメ
名前    山田 一
———————————–
だからこの必然性を心から教えてください。

マヤ「でもね、考えてたら、さらに色々とできそうなの」
できなくて、いいです。
僕はそう思いましたが、先生は続けます。

マヤ「ほら、たとえばこんなの」
———————————–
フリガーナ
名前
———————————–

何ですか。
その中途半端なアレンジは。

マヤ「これはね、こう書くの」

———————————–
フリガーナ  ヤマダハジーメ
名前     山田 一
———————————–

どこの外国人ですか。

 
マヤ「さらにね」

———————————–
ふがりな
名前
———————————–

微妙に順番違わないですか、それ。

マヤ「ここは、こう書いてほしいわね」

———————————–
ふがりな   やだまはめじ
名前     山田 一
———————————–

山田さん、対抗しないでください。

 
マヤ「他にもね」

———————————–
ふり☆がな
名前
———————————–

何ですか。
この今流行の萌えな書き方は。

マヤ「もちろん、こう書くわ」

———————————–
ふり☆がな  やまだ☆はじめ
名前     山田 一
———————————–

山田さんの場合、萌えというより「つのだ☆ひろ」みたいになってませんか。

ツ? 

マヤ「他にも、こんなのもアリよ」

———————————–
腐離我那
名前
———————————–

その、かろうじて「ふりがな」に読めるそれは、何を求めてるんですか。

マヤ「もちろん、こう書くの」

———————————–
腐離我那   邪馬駄 恥眼
名前      山田 一
———————————–

暴走族ですか。
というかその山田さんのノリの良さは何なんだ。

マヤ「最後に、こんなのがあるわね」

———————————–
不利かな?
名前
———————————–

誰に聞いてるんですか。

 

マヤ「正解は、こうね」

———————————–
不利かな?  いや、有利だよ。
名前     山田 一
———————————–

何で会話しちゃってるんですか。
マヤ「というわけで、さすがにここまでやったら、誰もマネしてくれないかな、
って思うの」

ユウ「…はい」

マヤ「斉一性への圧力にも、限界があるということが分かるわね」

ここまでしないと分からないんですか。
僕は心からそんな気持ちになりました。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 人は周囲の手本や行動に、無意識に従ってしまうようにできています。

○ でも限界がありますので注意してください。

マヤ「………」

ユウ「………」

マヤ「まぁ、この話を通して」

ユウ「はい」

マヤ「これを読んだ人が、市役所とかで書類を書くときに、一瞬でもこの話を
思い出してくれたら」

ユウ「………」

マヤ「これ以上の幸せはないわね」
これ以上の不幸はない気がします。

 
そんなことを思いつつ、みなさまここまで読んでくださって、本当にありがと
うございました。

まぁ、ハシ休めとお考えいただければ幸いです。いつハシを動かしているのか分かりませんが。

今後ともよろしくお願いいたします。


コメント

  1. イケダケイ より:

     こんばんは。
     これを読むと、限りなく一人芝居のように思えてしまったのは、私だけでしょうか・・・

  2. 匿名 より:

    おじいちゃん、それは言わない約束でしょ?

  3. マジュニア より:

    I think so too,,,
    でも面白いからスキです

  4. ひもの女 より:

    面白すぎて笑っちゃいました♪
    確かに気がつかないところで、
    『斉一性への圧力』がある気がしました。

  5. 個人的には「フリガーナ」が一番よかったです。

    またの更新を楽しみにしています。

  6. ちぷ より:

    私も「フリガーナ」で吹きました(笑)

  7. 別府 より:

    窶披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?貼r
    ふがりな 
    名前      
    窶披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?貼r

    マヤ「↑こう書いてあったら、何て書く?」

    ツッコミどころ?

  8. ハセ より:

     ダ○ンタウンのガキの使いでやってた「○○の限界」を思い出しましたねー。

    「アイスコーヒーの限界」とかやってましたよね?覚えてる方いるかな。
    「アイスモーヒー」とか注文の仕方を少づつ変えていく企画でした。

     ひらがな・カタカナ混じりでは
    「り」のひらがな、カタカナの判別に間違いがでるかも。なんてマジメなコメントをしてみたりして(笑)

     あは「不利かな?」はもう何もいえないですね、楽しいけど。

  9. どぼん より:

    大爆笑しました!!
    個人的には「ふがりな やだまはめじ」がツボでしたw
    マヤ先生、素敵過ぎます(〃▽〃)

  10. ふーみん より:

    >「アイスコーヒーの限界」  

    オーヤン・フィーフィー!

  11. ちゅーりっぷ(*^-^*) より:

    わ♪
    私の好きな『らき☆すた』みたいな
    萌え要素が組み込まれててすっごく嬉しいです☆

    マヤ先生の思考回路はユウ先生を
    上回るすごさですね☆

    さすがです!

    >腐離我那   邪馬駄 恥眼

    は、ふりがなの意味をなしてないところがまた最高でした♪♪♪

    今の時代、特殊な読み方をする名前が多くなって「ふりがな」記帳が多くなりましたよね。

  12. 逆さ より:

    超ウケました(笑)
    でも『斉一性への圧力』ですか?……。
    勉強になりました。

  13. はじめての株 より:

    昔ふりがなと書いてあったところを
    おもいっきりカタカナだ書いており、
    母親に「常識がないわね!」と叱られた記憶があります。

    まず常識を教えるのは母親の仕事だとおいうことに1つっこみと、
    常識がない以上に、人として一般的な法則があてはならない自分にもう1つっこみしたいと思いました。

  14. ハニー より:

    ァ’`,、’`,、’`ヾ(,,-∀-,,シ ,、’`,、’`,、

    名前がひらがなの人は【フリガナ】は書いても【ふりがな】は書かなくていいのか・・・(-ω- ?)

  15. ニコ より:

    話の展開の凄さには、脱帽ですねー。

    不利かな?  いや、有利だよ。
    名前     山田 一

    ここで吹き出しましたが・・・

    不利かな?  はい。不利です
    名前     山田 一

    意味も無く
    擬似例も書いてみたくなりました
    すみません♪

  16. 不幸になる人 より:

    近々、住民票を取りに行かなければなりません。
    不幸になるかも。。。

  17. sage夫 より:

    心理学では、周囲に同調することを仰々しく『斉一性への圧力』などと僭称しているわけですか?

    自然科学の分野では「同じような状況のもとでは必ず同じ現象が起こるはずだ」という仮定をもとに、仮説を積み上げているわけですが、こんな様ではいつまで経っても自然科学のスタートラインにすら立てませんね。

  18. ぬこ より:

    窶披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?貼r
    ふりなが
    名前      
    窶披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?披?貼r
    先週苦しくなって医者に駆け込んだら、問診票がコレでした。
    一瞬迷いましたが普通に名前を書きました。

  19. haru より:

    あぁ、来月市役所に住民票取りに行かないといけないのに・・・
    ゆう先生たちのおかげで、申込書記入も楽しくなりそうです♪

  20. ミセス・デップ より:

    今回の感想ではありませんが、下記の商品を見てぜひゆうきゆう先生にお知らせしなければ!と使命感に燃え上がりました。
    (もちろんとっくにご存知でしょうが)

    http://blog.mag2.com/m/log/0000229595/108956023.html

  21. ろぶ より:

     「斉一性への圧力」というものに屈することなく、ふりがなは必ずカタカナで記しております。
    書き易いし、読み易いですから。

  22. トモリン より:

    先日結婚し、区役所で書類を書いた時の事…夫がアメリカ人なので改姓したところ、アルファベットは駄目と言われカタカナ表記に。フリガナとあったけどカタカナ姓なので姓のフリガナを書かずに提出したところ、「フリガナも必ず書いて下さい」というので、「カタカナの姓なんですけど」と聞いたところ、「全てカタカナでフリガナ書いて下さい!」と
    叱られました。!変でしょう!と思うのは私だけでしょうか…f^_^;

  23. ジャスミン より:

    スミマセン、面白すぎて爆笑しました!
    笑いすぎて涙が出てきました。ついでに顔の筋肉もお腹も痛くなりました。(笑)

    というわけで、類似例をもひとついかが。
    ーーーーーーーーーー
    ふりがな。
    名前
    ーーーーーーーーーー

    もちろん、
    ーーーーーーーーーー
    やまだ はじめ。
    山田一
    ーーーーーーーーーー
    ですかね。

    >腐離我那   邪馬駄 恥眼
    ほどはインパクトありませんが・・(爆)

  24. まぬ より:

    オンエアバトルにこのネタで出てみてくださいw

  25. yuma より:

    これ、「斉一性への圧力」の例として適切なのでしょうか?

    私は、義務教育時代に(夏休みの図工展の出品とか、高校入試の願書とか)
    「振り仮名の欄は、先方がそう書くようにと示した凡例だから、
    平仮名なら平仮名で、片仮名なら片仮名で書くのが『社会の決まり』です」と
    明示的に幾度も学校で指導を受けました。
    “明文化されていないだけで、不文律の共通認識として
    既に確固として確立されている世間の慣習”は、
    「べつに同調しなきゃいけない必要性はないけど、なんとなく先の例に倣っちゃう」
    という“斉一性への圧力”とは、ちょっと性質が別物の気がします。
    あくまで、当然に知っているべき基本知識だから注意書きを省略しているだけで。
    (他の暗黙の共通知の例を挙げるなら、
    ハガキの住所は漢数字で書いたとしても、郵便番号は必ずアラビア数字で、とか…。)

    もし「不文律は明文法じゃないから、従わなきゃならない必要はない!
    従う義務がある事なら、ハッキリ文章でそう書いとくべき!」とやっていると、
    世の中のあらゆる「記入上の注意」が
    アメリカの取扱説明書みたいにやたら分厚くなっちゃいそう…。

  26. 匿名 より:

    ありえないことを仮定する奴って相当に頭が悪いと思ってる
    たとえば「時間を止める能力と透明人間になれる能力どっちがほしいか」を考えてる奴
    それと同じレベル
    —————-
    レスありがとうございます。なつかしい記事でした。