お姉さんとユウくんのビジネス用語解説「確定申告」

あなたは、確定申告が何色あるか、ご存じですか?

今夜あなたは、税金の隠されたシステムを知る!
うん。たぶん。

 

こんばんは。ゆうきゆうです。

今夜もセクシー心理学から、しつこくも、お姉さんとユウくんの、ビジネス用語解説をお届けします。

◆ ビジネス用語解説 「確定申告」

お姉さん「今日は、確定申告について、学びましょう」

ユウ「珍しくまともなテーマなんだね」

お姉さん「うん。微妙に時期をハズしてるんだけどね」

ユウ「それは言わないお約束だよ」

お姉さん「さて、確定申告には、色の種類があるの、知ってる?」

ユウ「あ、聞いたことあるよ。青色申告とか、白色申告とかいうんだよね」

お姉さん「ユウくんのくせに生意気にもよく知ってるわね。じゃあ、具体的にどんなのか、知ってる?」

ユウ「………ううん、それは分からない」

お姉さん「青色申告っていうのはね、恐ろしく簡単に言うと、記載が面倒だけど、その分、税金が安くなる方式なのよ」

ユウ「へぇ」

お姉さん「生活が苦しくて、顔が青色になった人がしょうがなくやるから、青色申告って言うの」

ユウ「そ、そうなの!?」

お姉さん「それで、あとは白色申告」

ユウ「うん。それはどういうの?」

お姉さん「色白の人だけが、この申告ができるのよ」

ユウ「なに、その微妙な差別」

お姉さん「雪女くらい色白じゃないとダメなの」

ユウ「それ、普通の人にはムリだと思う」

お姉さん「あとはね、一般的には知られてないけど、申告方法は他にもあるのよ」

ユウ「そうなの?」

お姉さん「たとえば、黒色申告」

ユウ「………」

お姉さん「これは、ものすごい色黒の人が申告するときに使うの」

ユウ「うん。すごい想像ついたけど、どのくらい?」

お姉さん「ガングロギャルのレベル」

ユウ「僕、ガングロって言葉、ひさしぶりに聞いたよ」

お姉さん「おかげで渋谷税務署は、黒色申告でいっぱいよ」

ユウ「彼女たち、律儀に渋谷で納税してたんだね…」

お姉さん「これがレベルアップすると、『松崎しげる色申告』になるわ」

ユウ「その申告、日本で一人しかできないよね」

お姉さん「ちなみに私は、桃色申告」

ユウ「え?」

お姉さん「セクシーな人間にだけ許された申告用紙よ。他にも、たとえばキャバクラのナンバーワンホステスさんとかね」

ユウ「…叶姉妹も?」

お姉さん「叶姉妹は、少しくすんだ桃色申告」

ユウ「細かいんだね」

お姉さん「あと、紫色申告もあるの」

ユウ「どんな人がやるの?」

お姉さん「プールから上がって、唇が紫色の人」

ユウ「えー! いや、いるけれど! なんかもう、税金申告なんかしてる場合じゃないよ!」

お姉さん「他にもね、青色申告を書いている隣で、緑色申告・赤色申告・黄色申告・桃色申告、というように5人合わさると」

ユウ「まさか」

お姉さん「5人そろってゴレンジャー申告よ」

ユウ「うん、僕、ものすごくオチが読めたよ」

お姉さん「5人の力を合わせると、税金が3倍になるわ」

ユウ「それ、全然いいことないよね?」

お姉さん「ちなみに昔は『デンジマン』とか『ダイナマン』とか『マン』中心だった戦隊モノが、最近は『○○レンジャー』に変わってきたのは、『女もいるのにマンとは何ごとだ!』みたいな抗議があったかららしいわ」

ユウ「うん。心から関係ない豆知識、本当にありがとう」

お姉さん「あとはね、違う色が7人そろうと、虹色申告」

ユウ「うん。もう何でもアリだよね」

お姉さん「虹色は、子供達に夢を与えるのよ」

ユウ「税務署で何の夢を与えるの?」

お姉さん「頑張れば、脱税できるよ、っていう」

ユウ「最悪な夢だね」

お姉さん「ユウくんのパパは、ちゃんとドドメ色申告した?」

ユウ「うちのパパは、そんな色じゃないよ!」

お姉さん「ユウくんは将来、何色申告するのかしら?」

ユウ「うーん…」

お姉さん「透明申告、かしらね」

ユウ「え! 嬉しいな。それってクリアな性格してるから、ってこと!?」

お姉さん「ううん。存在感がないから」

ユウ「………」

(完)

-----------------------------------
◆ 真面目な用語解説
-----------------------------------

白色申告…領収書・売上伝票・請求書などの記録に基づいて申告する方法。

青色申告…固定資産台帳などの記帳義務が発生するが、税金が安くなるなどのメリットがある方法。

セクシーでもなければ心理学でもない内容でしたが、僕は元気です。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

(完)

コメント

タイトルとURLをコピーしました