お姉さんとユウくんのビジネス用語解説「確定申告」

あなたは、確定申告が何色あるか、ご存じですか?

今夜あなたは、税金の隠されたシステムを知る!
うん。たぶん。

 

こんばんは。ゆうきゆうです。

今夜もセクシー心理学から、しつこくも、お姉さんとユウくんの、ビジネス用語解説をお届けします。

◆ ビジネス用語解説 「確定申告」

お姉さん「今日は、確定申告について、学びましょう」

ユウ「珍しくまともなテーマなんだね」

お姉さん「うん。微妙に時期をハズしてるんだけどね」

ユウ「それは言わないお約束だよ」

お姉さん「さて、確定申告には、色の種類があるの、知ってる?」

ユウ「あ、聞いたことあるよ。青色申告とか、白色申告とかいうんだよね」

お姉さん「ユウくんのくせに生意気にもよく知ってるわね。じゃあ、具体的にどんなのか、知ってる?」

ユウ「………ううん、それは分からない」

お姉さん「青色申告っていうのはね、恐ろしく簡単に言うと、記載が面倒だけど、その分、税金が安くなる方式なのよ」

ユウ「へぇ」

お姉さん「生活が苦しくて、顔が青色になった人がしょうがなくやるから、青色申告って言うの」

ユウ「そ、そうなの!?」

お姉さん「それで、あとは白色申告」

ユウ「うん。それはどういうの?」

お姉さん「色白の人だけが、この申告ができるのよ」

ユウ「なに、その微妙な差別」

お姉さん「雪女くらい色白じゃないとダメなの」

ユウ「それ、普通の人にはムリだと思う」

お姉さん「あとはね、一般的には知られてないけど、申告方法は他にもあるのよ」

ユウ「そうなの?」

お姉さん「たとえば、黒色申告」

ユウ「………」

お姉さん「これは、ものすごい色黒の人が申告するときに使うの」

ユウ「うん。すごい想像ついたけど、どのくらい?」

お姉さん「ガングロギャルのレベル」

ユウ「僕、ガングロって言葉、ひさしぶりに聞いたよ」

お姉さん「おかげで渋谷税務署は、黒色申告でいっぱいよ」

ユウ「彼女たち、律儀に渋谷で納税してたんだね…」

お姉さん「これがレベルアップすると、『松崎しげる色申告』になるわ」

ユウ「その申告、日本で一人しかできないよね」

お姉さん「ちなみに私は、桃色申告」

ユウ「え?」

お姉さん「セクシーな人間にだけ許された申告用紙よ。他にも、たとえばキャバクラのナンバーワンホステスさんとかね」

ユウ「…叶姉妹も?」

お姉さん「叶姉妹は、少しくすんだ桃色申告」

ユウ「細かいんだね」

お姉さん「あと、紫色申告もあるの」

ユウ「どんな人がやるの?」

お姉さん「プールから上がって、唇が紫色の人」

ユウ「えー! いや、いるけれど! なんかもう、税金申告なんかしてる場合じゃないよ!」

お姉さん「他にもね、青色申告を書いている隣で、緑色申告・赤色申告・黄色申告・桃色申告、というように5人合わさると」

ユウ「まさか」

お姉さん「5人そろってゴレンジャー申告よ」

ユウ「うん、僕、ものすごくオチが読めたよ」

お姉さん「5人の力を合わせると、税金が3倍になるわ」

ユウ「それ、全然いいことないよね?」

お姉さん「ちなみに昔は『デンジマン』とか『ダイナマン』とか『マン』中心だった戦隊モノが、最近は『○○レンジャー』に変わってきたのは、『女もいるのにマンとは何ごとだ!』みたいな抗議があったかららしいわ」

ユウ「うん。心から関係ない豆知識、本当にありがとう」

お姉さん「あとはね、違う色が7人そろうと、虹色申告」

ユウ「うん。もう何でもアリだよね」

お姉さん「虹色は、子供達に夢を与えるのよ」

ユウ「税務署で何の夢を与えるの?」

お姉さん「頑張れば、脱税できるよ、っていう」

ユウ「最悪な夢だね」

お姉さん「ユウくんのパパは、ちゃんとドドメ色申告した?」

ユウ「うちのパパは、そんな色じゃないよ!」

お姉さん「ユウくんは将来、何色申告するのかしら?」

ユウ「うーん…」

お姉さん「透明申告、かしらね」

ユウ「え! 嬉しいな。それってクリアな性格してるから、ってこと!?」

お姉さん「ううん。存在感がないから」

ユウ「………」

(完)

-----------------------------------
◆ 真面目な用語解説
-----------------------------------

白色申告…領収書・売上伝票・請求書などの記録に基づいて申告する方法。

青色申告…固定資産台帳などの記帳義務が発生するが、税金が安くなるなどのメリットがある方法。

セクシーでもなければ心理学でもない内容でしたが、僕は元気です。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

(完)


コメント

  1. すず より:

    ウチの親がやってる
    青色申告ってそういうことだったんですね。

  2. もけ より:

    ドドメ色というのは紫色のことですよ。
    昔は堤防の土を留めるのに桑の木を遣っていて
    その花の色だから、土留め色です。

  3. 匿名 より:

    >『女もいるのにマンとは何ごとだ!』

    えっ! そうなんだ!
    早速みんなに話してこよー。

  4. ゲスト より:

    ドドメ色と聞くとフジリュー版の封神演義を思い出すのは私だけでしょうか。。

  5. あき より:

    ドドメ色申告に興味がありすぎて困ります。

    今日紀伊○屋本店の電光掲示板?(あの巨大テレビみたいなやつです)にゆうき式ストレスクリニックの宣伝が流れてたので驚きました。

  6. kddi より:

    用紙が青いから青色sh・・・、おや、誰か来たようだ・・・。

  7. 匿名 より:

    >>『女もいるのにマンとは何ごとだ!』

    >えっ! そうなんだ!

    ソースなんなんでしょうね?
    ネットでちらっと調べてもなんかわかりませんでしたw

    ttp://hccweb.bai.ne.jp/~hci59301/miki/ronko/ronko.htm

    マンとレンジャー五分五分に見えますね
    レンジャーのが英語っぽくてカッコいいとかそんな理由かと思ってました。

    ttp://maimaiblog.cocolog-nifty.com/blog/2008/04/post_0416.html

    特撮オタクに女性隊員ファンが多く出てという話も。

  8. 匿名 より:

    >>『女もいるのにマンとは何ごとだ!』

    >えっ! そうなんだ!

    ソースなんなんでしょうね?
    ネットでちらっと調べてもなんかわかりませんでしたw

    調べたHPを見ると

    マンとレンジャー五分五分に見えますね
    レンジャーのが英語っぽくてカッコいいとかそんな理由かと思ってました。

    特撮オタクに女性隊員ファンが多く出てという話も。

  9. 匿名 より:

    以前は戦隊ものはピンクが女性となっていましたが、色で性別の固定観念を植え付けるのはよくないというクレームがあったそうです。
    行き過ぎたジェンダーフリーという感も無きにしも非ずですが。

  10. 匿名 より:

     ドドメ色というと、パタリロのパンツを思い出します。

  11. ゆりこ より:

    >9
    激しく同意です。

    勝手に同志と思うことにしました。(迷惑)

  12. とっつい より:

    君なかなかいいよ。

  13. KAKERU より:

    マンって、男って意味じゃないですよね。
    人っていう意味ですよね?
    つまり、同じマンでも、そういった違いがあるものなんですけどもね。
    まあ、それも宗教とかから派生した単語。
    男から女が生まれるということでもあるわけですが……

    この時期に確定申告の話をするとは……ゆう先生も疲れているんでしょうか?
    それともネタ切れ?

  14. ゆりこ より:

    あら?コメント数がなんかずれて・・・

    >ドドメ色というと、パタリロの・・・
    こちらに。

    くどいですね。すみません。

    でも9のゲストさんにも同意です。

  15. あゆみ より:

    開業に向けて、確定申告のことを悩んでいるゆうき先生の顔が思い浮かびます(笑)税理士さんがつくんでしょうけどね。

  16. kddi より:

    野口悠紀雄先生の「超納税法」という本をお薦めします。実用書ではないですけど、面白いと思います。でも、だいぶ昔の本なので、確定申告には、別の本が必要かもしれません。

  17. にん より:

    私も青色申告です。
    これは「生活が苦しくて、顔が青色になった人がしょうがなくやるから」でもありますが、
    「申告書を作成している間に、顔色が青くなるほど面倒くさいから」もあると思います。

    毎年1,2,3月は身体を壊します。

    これからゆう先生も仲間ですね♪
    心強いです。

  18. もも より:

    青色申告でも、貸借対照表と損益計算書がなけりゃ白色と変わりませんけどねー

    っていう 失敗談www

  19. まかろん より:

    >マンって、男って意味じゃないですよね。
    人っていう意味ですよね?

    そういう意味もあるけど、英語でThat(Thisでもなんでも良いけど)man is … と言えばやはり男を指すのであって、女性を指すことはあり得ません。

    こんなことを言うと皆様に袋叩きにされそうだけど、私はやっぱり男性を念頭においた言葉の使い方は、女性の社会進出促進のためには良くないと思います。

    ただし、現代日本において女性が女性らしさ、男性が男性らしさを放棄しつつあることにより、社会が活力を失いつつあるのではないか、と私は思うのです。
    簡単に言えば、男は良い女にもてようと頑張るのだし、女は良い男にもてようと頑張るわけです。
    鶏が先か卵が先かはともかく、女性差別を排除しつつ(~つつ、という表現が多くなってしまいましたね)、魅力的な男性・女性が多くなることを心より願っています。
    (おっと、おもろいオチがないぞ)