豆を食べられないお坊さんの話。

あるお坊さんが、豆のスープを出されました。
しかしそのお坊さんは、そのスープを見た瞬間、泣き出し、食べることができませんでした。

あなたは、この理由が分かりましたか!?

今夜は、徒然草から、知性の話をお届けします。

こんばんは。ゆうきゆうです。
今夜は、みんな大好き(たぶん)徒然草から、こんな話をお届けします。

◆ 6つの感覚、キレイにしましょう。

今夜ご紹介するのは、第六十九段。

数が微妙にセクシーなのは偶然です。たぶん。

昔々、円教寺というところに、性空上人(しょうくうしょうにん)というお坊さんがいました。

うん。
性空。

英語にすると、セクシー・イン・ザ・スカイです。

まぁ、とにかくこのお坊さん、とても熱心にお経を読んで修行をしたので、「六根浄」の域にまで達しました。

「六根」というのは、目・耳・鼻・舌・体・心という、6つの感覚のこと。
まぁ、五感+第六感みたいなものです。

昔、「聖闘士星矢」というマンガで「セブン・センシズ(第七感)」という設定が出てきましたが、それはここでは関係ありません。

まぁ、とにかくこの6つの感覚。

一般人は、普段の生活で、これらの感覚が汚れてしまっているそうです。

しかし!
この性空上人は、修行を積むことで、その感覚の汚れをキレイにすることができました。

すなわち、すべてをクリアに見たり聞いたり嗅いだり舐めたり触ったり感じたりできるようになったわけです。

うん。
会ってみたいような、会ってみたくないような。

クリアに何見られるか分かりません。

いずれにしても、この「素直でクリアな感覚になる」ことこそが「六根浄」なわけです。

さて、ここからがメイン。

このお坊さん、旅行中に、ある家に泊めてもらうことになりました。

そこのご主人、有名なお坊さんが来たということで、張り切って食事を作らせました。

まず、豆の皮(豆がら)をむいて、ツルンとした豆の中身を出します。

その豆の中身を鍋に入れて、スープを作ったのです。
そして火を起こすために、いらなくなった豆がらを燃やしました。

さて、それでできあがったのが、豆のスープ。

しかしお坊さん、それを食べようとしたところ、突然に涙を流しました。

「ど、どうしたんですか!?」

慌てて聞く家の主人。

あなたは、なぜこの上人が泣いたか、分かりますでしょうか。

  

◆ その答えとは?

実は、すべての感覚がクリアになった上人には、こんな声が聞こえたそうです。

豆(女性の声をイメージしてください)

「ああっ…。熱い…。こんなスープの中で煮られ、殺されるなんて…! この火を起こしてるのは、ついさっきまで、私の体を包んでくれていた、皮のあなた…! 今まであんなに一緒に過ごしたあなたが、どうしてこんなにヒドイことをされるの…!?」

豆がら(男性の声をイメージしてください)

「ううっ…。そんなことを言わないでください…。私だって、燃やされ、苦しんでいるのです。それに私だって、ずっと守ってきたあなたを、こんな目に遭わせたくないんです…」

だから、それがかわいそうで、性空上人は、豆のスープを食べることができなかったそうです。

うん。

いいから黙って食べろ。

なんか、食べなくてムダにしちゃう方が、よっぽど豆がかわいそうだと思うんですが、そう思うのは僕の六根が汚れているからでしょうか。

そう思うと、「あの動物を食べるのはかわいそう」という運動をする人も、もしかしてみんな六根浄しちゃっているのかもしれません。

とはいえ、まぁ、「豆がただ単に煮られてるなー」だけで終えるのではなく、
「見方を変えてみると、こんなドラマもあるなぁ」
ということを思いつくのは、心の余裕の証。

心理学的には、こういう発想ができる人ほど「知性が高い」と考えられています。

そう考えると、まぁ、意味のあることかもしれません。
答えが分かった方はステキです。

ぜひその道を進んでください。
周囲に引かれない程度に。

◆ 役に立つことも、たまには…?

ちなみにこの「豆がらで豆を煮る」話。
実はさらに古く、三国志の中にも出てきます。

かの曹操には、曹丕と曹植という子供がいました。

ここで、帝位を継いだ曹丕は、弟である曹植にたいして、
「七歩のあいだに詩を作れ」
と命じました。それができなければ殺そうとしたのです。

そこで曹植が作った詩が、この豆と豆がらの話。

これによって、「同じ血を分けた兄弟が殺し合うことの虚しさ」に気がついた曹丕は、自分の気持ちを恥じ、殺すのをやめることにしました。

まぁ、命が助かったわけですので、六根浄が実生活に役だった究極の例だと思います。

ですのでたとえば、リストラされそうになった場合、この豆の話をして、
「同じ組織に属してるあなたが、なぜ私を苦しませるんですか?」
みたいに言えば、リストラの危機は回避されるかもしれませんが、たぶん無理だと思います。

-----------------------------------
◆ 今回のまとめ。
-----------------------------------

○ 物事をクリアに見てみると、新たなドラマが生まれるかもしれません。

○ それは心の余裕と知性の証です。

○ タイミングさえ間違えなければ、実生活で役に立つかも。

○ 性空上人が栄養失調で死ななかったのかどうかが気になります。

というわけで、徒然草は第六十九段から、性空上人の話。

いかがでしたでしょうか。

人生に、心の余裕や遊び心は大切かもしれません。
時と場合を選びますけども。

 

最後に、自分自身も、六根浄にチャレンジしてみたいと思います。

僕のキーボードの「は」のキー

「ああっ…! どうして僕ばかり、こんなに削れてしまうんだ…! ただでさえ使われる機会が多いのにも関わらず、さらにこの持ち主が『バスト』という言葉ばかり打ち込むからだ…! 隣にいる『ひ』がうらやましい…」

 

僕のキーボードの「ひ」のキー

「そんなこと言わないで…! 私だって最近、持ち主が『美乳』って言葉ばかり打ち込むから」

………。

こんなことばかり考えてしまう自分は、間違っても人間としてクリアじゃない。

そんな事実に愕然としつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. オレンジ より:

     いつも楽しく拝見させていただいています。要するに、今回のお話は想像力がある人ほど心理学的には知性が高いと考えられているということでしょうか。最近、僕は勉強には想像力が重要だと考えていたので、今回のお話は興味深かったです。

  2. まぬ より:

    ものすごく意外で知的な答えを期待しすぎていたようですw
    ミステリの読みすぎでしょうか

  3. ゆりこ より:

    ・・・ええと。
    徒然草がこんなほんのりセクシー感漂うエッセイだったなんて。
    ・・・違いますねすみません。

    ゴールデンウィーク二日目昼にして既に(遊びすぎて)疲れ切った頭に心地良いお話でした。

  4. 匿名 より:

    キーボードで削れるのは、ローマ字変換なら「B」(「ば」すと、「び」にゅう)じゃないかなぁ、と思いつつ。

    そんなことはどうでもいいんですが、六根浄。
    興味深いです。

    「すべてをクリアに見たり聞いたり嗅いだり舐めたり触ったり感じたりできる」という表現がエロティックに感じられた自分は、6つの感覚全てが歪んでいる気がします(…)

  5. KAKERU より:

    どうなんでしょうね?
    彼は、結局どのように生活をしていたのでしょうか?
    ものを食べたら、それはそれで……
    「助けてくれ、俺の腹の中から叫び声が……」
    『酸で溶けるよー、苦しいよー』って聞こえるんだよ。
    という話ですよね。
    何をしてもだめじゃないですか。
    水を飲んでも、わずかに微生物とかいるはずですから……とこで割り切るんでしょうかね?

    無駄にたらたらと書いてみましたが……
    すばらしい感性で、物事を見たいと思います。

  6. 匿名 より:

    こんなことを言っていたら、何も食べられないとお思いのあなた

    霞を喰らい、気で気を養えばいいのですよw

  7. 匿名 より:

    ・・・・ううん。。。
    やっぱね・・・なんでも食べる現代でも。
    とうもろこしでクルマ走らせるのはエコじゃないなあ、と。。。

    と。
    思うんですけど、ガソリン撒き散らして走ってるんです・・・・。

    罪悪感かあああ。。。

  8. 匿名 より:

    ゆう先生は平仮名入力ですか-。ウチの職場にも平仮名入力の人、居ますよ。「絶対にこのほうが速い!」って自慢してますけど実はその人、ロ-マ字表記がわからないみたいです。大汗。( ̄□ ̄;)!!ま、まさかゆう先生も!?(笑)

  9. JUNKER より:

    例えば生きてる魚が包丁でさばかれるのを見るとつい
    「痛い 痛いよ」とその魚の気持ちを考えるようになっています。
    「獲れたての魚ですよ」と差し出されても
    「つい最近まで生きていた命なんだな…遺体をこんなばらばらに引き裂かれて…かわいそう」
    と考えていたりしています。
    (ものが食べられなくなる、ということはないですが)
    自分はなに余計なことを考えているんだろうって思っていたけど、
    心に余裕があるって見てもいいのか…^∇^;
    ちょっと気が楽になりました。

  10. より:

    いや!恐らくもともとはローマ字入力なんだけど、何かのはずみに平仮名入力になってしまい、元に戻す方法が分からなくなったのだと思う!昔の僕みたいに。

    なお六根浄で表すと
    平仮名入力「・・・なぜ、なぜそんなに私を嫌うのですか?ええ、私は確かに入力も遅いしグズな女ですし、人気の無いシステムですよ。でも、でも・・・貴方の指で叩いて欲しくて・・・」

  11. ラリックマ より:

    バ○○のピンクの豆なら喜んで、いや悦んで食べることでしょう。
    性上人の名にかけて

  12. 匿名 より:

    動物愛護なぞ無かった100年前に、狩られるキツネ側から狩猟を見て本を書いたE・T・シートンがこれなんでしょうね。精神的余裕。
    これが行き過ぎると「でも」ばっかし言う嫌なやつ、批判ばかりのマスコミみたいになるんですかね。

  13. ゆうこ より:

    youtubeで バスト占いの歌 で検索。ゆう先生好み。わたしはmiyazaki tomuさんのが1番好きです。耳から離れません。

    ソース:なんだ礼央化ダビンチ版。この人も今週はバストの話をしてます。 お友達になれるのでは? 

  14. テケトー より:

    画鋲が入ってたのかと思った。

  15. ダーツ より:

    これに関しての問題を作ってみました。
    会話をしているペアが分かったら、割と
    あなたは冷静な性格です。

    「ああ!いやっ!なめないで!なんで私が先になめなれなきゃいけないの!?あなたは私を抱いてくれる存在じゃなかったの!?いやああああ!!なめないでええええええ!!」
    「ああ・・・僕も君と同じく食べられてしまうんだよ・・・だけど、早くしないと君の液体が僕の体に染み渡って・・・だから、早く君はなめられ続けて・・・」

    正解はソフトクリームです。
    クリームが前者で、コーンが後者です。
    ・・・。
    誰か睡眠薬下さい・・・。

  16. VIPがお送りします より:

    箸がなかったから泣いたのかと思ったお
    坊さん繊細すぎwww

  17. 匿名 より:

    相手の立場に立って物をいったときに、それを聞いた相手の立場になって考え、逡巡し・・なんてやっていたら日が暮れるのでどこかで線引きをして「憎まれても」何かを選ぶのが普通の人だと思いますね。

    打算が入るからはっきり自分の立ち位置をいえないというのはあると思いますけど。

  18. 匿名 より:

    私は、「そのままの姿」が残って食卓に出てくるものが
    食べられません・・。子供の頃、煮魚、焼き魚、足つきの鶏肉など、
    焼かれたり煮たりする姿をリアルに想像してしまって、吐いて
    しまったことがあります。大人になった今でも食べられません。

    ただ、どういうわけか、野菜は全部平気です。肉や魚も形が変化
    してるとパクパクいけます。なんとか直したいとがんばってきましたが、
    それがとても心の負担になっていました。
    今日のお話を読んで、ちょっと気がラクになりました;;。

  19. namamonogakari より:

    ゆう先生は欲望にたいして、或る意味きわめてクリアな気がします。
    ただ、それが人として正しいかどうか確信が持てませんが。

  20. かとゆ より:

    >いいから黙って食べろ。
    >なんか、食べなくてムダにしちゃう方が、よっぽど豆がかわいそうだと思うんですが、

    御意御意!
    無駄にするほうが余計豆に失礼。
    もしも食べたくない場合、だったらはじめから宿を借りた際に、自分は何も食さない旨を告げるべきだと思います!
    べつに、わたし、六根が汚れてたってかまいません!

  21. てことは。 より:

    ゆう先生のIQ300軽く超えるんじゃ?
    >心理学的には、こういう発想ができる人ほど「知性が高い」と考えられています。

  22. アッキー より:

    コメント読んでて、4人のタイピング対決を思い出しました。「モーニング女医」(今は「女王日記」になってるんですね)でベスト5に入る面白さでしたよ。

  23. 0川 より:

    性空上人さんは豆が嫌いで嫌いで泣くほどなのかと・・・好き嫌いがあるなんて修行が足りませんって思っちゃいました。

    招待されて、嫌いな食べ物を出されたときに役に立つかも。っていうか、間違いなく友達なくしそう。

    あたしのことわざ小事典に
    「豆を煮るに萁(まめがら)をたく」
    「七歩の才」
    って載ってました。

  24. mako より:

    >これによって、「同じ血を分けた兄弟が殺し合うことの虚しさ」に気がついた曹丕は、自分の気持ちを恥じ、殺すのをやめることにしました

    「心理学的に、こういう発想ができる知性が高い」弟を理解できるのは、お兄さんも知性が高かったからでしょうか。

    六根浄が出来て知性が高くても、やっぱり、理解してくれる人がいないと、切ないような気がする・・・。

    ・・・お坊さん、切ない・・・。

  25. ya より:

    日本の古典ってパクリ多いよね
    勉強すればするほど思う
    パロディって言ってしまえば終わりだけど

  26. ああああ より:

    親指シフトだと「は」と「ひ」は隣同士なんですねー。
    未だにローマ字入力から脱却できません。

  27. きゃめ より:

    まめ…(´∀`)

    そう考えると、
    親子丼は、ちょっと残酷ですわね

  28. 匿名 より:

    豆?!
    ゆう先生もいよいよBからCへ関心が移ってきたか‥
    特に>豆の皮(豆がら)をむいて、ツルンとした豆の中身を出します。
    なんぞ豊川悦司の「ヤラシイやろ」という声が聞こえてきそうです。

    なに?豆の声が聞こえた?
    期待はずれ‥

    話はもっとずれて
    昔、男女の付き合う段階でA~B~C~Dというのがありましたね、そういえば。
    Cの後はD(妊娠でお腹がぽっこり出た状態)。昔、彼女のが止まって一緒になるつもりも無かったので青くなったのを思い出しました^^;

  29. ゲスト より:

    >物事をクリアに見てみると、新たなドラマが生まれるかもしれません。
    着衣をクリアに見れるのであれば、確かにすばらしい人生が送れると思いますよね!ゆう先生!!!
    こう思った方は既に本能にクリアな目を持ってるんですね
    がんばって修行でもしようかな・・・

  30. ぎんぎん☆ より:

    妄想がはげしくなりそうです。。。豆だけでここまで考えるだなんて!

    食べ物を大切にする心も大事ですけど、文句いわずに食え!と思います。

  31. 匿名 より:

    n k o のキーが一番テカテカで、
    t i m a u が次いでテカテカです。

  32. ksuk より:

    単純に「泊めてもらった上に食事までいただいた」ことに感激したのかと思った。
    泊めてくれた人が食事も出してくれるのを当然だと思ってはいかんよ。ねぇ?