誕生月で、刺激を求める人間か分かる。

あなたの生まれた月は、いつでしょうか?

その答えによって、あなたの性格が分かりました。
 


こんばんは、ゆうきゆうです。

最近、日本漢字能力検定協会が「今年を象徴する漢字」を発表したそうです。

それこそが「偽」だとか。

………。

いいんだ。
こういう安直かつネガティブなのでも、いいんだ。

ちなみに理由は、耐震偽装や食品偽装などの事件が相次いだからだそうです。
それに際して、その協会が発表したコメントが、

「何も信じられなくなった『偽』の年だから」。

何も信じられなくなった、て。
一瞬、中学生のポエムかと思いました。

信じようよ! それくらいで信じるの、あきらめちゃダメだよ!

そもそも2005年を象徴する漢字は「愛」。2006年は「命」だったそうです。
しかし、ここにきて突然の「偽」。

2005年に結婚、2006年に第一子を授かるも、2007年に離婚した夫婦、みたいな切なさです。

いずれにしても、あまりにそのまんますぎると思います。

だったら、殺人事件が連発した年は、「殺」とかでもいいんでしょうか。
自爆テロがたくさんあったら、「爆」とかでもいいんでしょうか。
痴漢が多かった年は「痴」とかでもいいんでしょうか。

ていうかそもそも、一年を漢字一文字で表現すること自体が不可能すぎると思います。
名前の最初の文字だけ書いて息絶えた、ダイイングメッセージなみの尻切れトンボ具合です。

来年は、せめて2文字くらいに拡張してはいかがでしょうか。

たとえば2008年。

富士「山」が大噴火!
さらに今年のように偽装表示がなくなり、「本物」があふれる年だった!

二つ合わせて………

「山本」。

 
誰だよ!

たぶん山本リンダあたりが大活躍した年、みたいに思われます。
エンドレスでこんなことを考えているあいだに2007年が終わりつつも、今夜もセクシー心理学の世界をお届けいたします。

今回はとてもシンプルです。

◆ あなたは前? それとも後?

「あなたは、何月生まれですか?」

この質問、考えていただきましたでしょうか。

いや、考えたから結論が変わる質問でもないと思うんですけども。

実は。

イギリスの生物学者であるネトル(2005)らは、インターネットを通じて、400名以上の人物にたいして、生まれた月と性格傾向の相関関係を調査しました。

その結果、「10月?3月に生まれた人ほど、人生にたいして刺激性を求める」ということが分かったのです。

すなわち、

10月・11月・12月・1月・2月・3月 (ここでは後半期と呼びます)

に生まれた人ほど、「刺激を求める傾向が強かった」のです。

逆に言えば、

4月・5月・6月・7月・8月・9月 (ここでは前半期と呼びます)

に生まれた人は、「刺激よりも安定を好む傾向が強かった」というわけです。

………。

確かに。

身近な存在で考えてみますと。
僕は2月、マヤ先生は1月、リオ先生は12月です。

みんな、刺激を求める傾向が特に高いかもしれません。
ものすごく納得できました。

思い返してみれば、僕もバストバスト連発しているのは、刺激を求めているからかもしれません。

うん。
誕生月のせいにした。

◆ サッカー選手は、前半期が多い。

でも、これはいったいどうしてなのでしょうか?
その理由は、ネトルらも明らかにはしていません。

ただ、これに関連したデータはあります。

実は日本のプロのサッカー選手は、だいたい7割以上が「前半期」生まれなのです。

たとえばアテネ五輪のときなどは、日本サッカーチームのメンバーは18人中14
人が、前半期生まれ。
計算すると、約78%が前半期の生まれだったのです。

この理由は「子供のころ」にあると考えられます。

実際に大人になると、基本的に1年の差なんてたいした差ではありません。
(「先輩、30歳ですか? 私まだ29歳で20代ですから」
  みたいな場合はのぞきます。)

しかし子供は、1年で大きく成長します。
そのため、小学生などでも、前半期に生まれた子供の方が、体格が発達し、運
動能力も高いことが多いものです。

よってサッカーなどでも、後半期に生まれた子より絶対的に有利。
本人も「オレ、うまいんじゃん?」と自信をつけ、そのまま選手を目指すこと
も多いからではないかと分析されています。

この「子供のころの経験」は、日常生活全般にも影響を及ぼす可能性もありま
す。

実際に前半期の子供は、基本的に他の子に比べて強い立場にあることが多く、
余裕をもって生きてきたのかもしれません。

だからこそ、あえて刺激を求めず、そのままの安定した生活を求めるのかもし
れません。

逆に後半期の子供は、何とか逆転したい気持ちも強く、そのために今の生活と
は別の刺激を強く求めてしまう…。

そんな風に分析することもできるかもしれません。 

◆ 応用すると…?

もちろん単なる統計ですので、100%当てはまるわけではありません。
遊び程度、参考程度で覚えておくくらいでいいでしょう。

ただまぁ、相手の誕生日を聞き出したいときに使えるかもしれません。

「君、誕生日、いつ?」

「え、どうして?」

「いや、ちょっとしたテストがあるんだ」

「結果だけ教えてください」

「いや、ちょっと複雑だから、直接聞かないと」

「…2月です」

「あ、じゃあ刺激を求めてるんだよ。僕が刺激を…」

「間に合ってます」

みたいな。
そこまでしないと教えてもらえないのは僕だけですか。そうですか。

???????????????????????????????????
◆ 今回のまとめ。
???????????????????????????????????

○ 10月・11月・12月・1月・2月・3月生は「刺激を求める傾向が強い」。

○ 4月・5月・6月・7月・8月・9月生は「安定を求める傾向が強い」。

というわけで、いかがでしたでしょうか。

しかしそう考えると、まもなく来る、クリスマス。

12月25日と考えるなら、キリストは12月生まれ!

………すると彼は、実は刺激を求めてない!

すなわちメディアでは「恋人同士で過ごして刺激的な夜を!」みたいな風潮がありますが、実は彼はそういうのを求めてない性格だったのですよ!

という論理を展開しようと思ったんですが。

逆でした。願望が判断をゆがませました。
12月生まれなら、刺激求めるわ。

………。

しかしキリストが刺激を求めたとしても、こっちにも強制的に求めさせないでほしい。
そんな魂の叫びを発しつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

 

<追加情報>

申し訳ありません。
欧米は基本的に新学期が9月スタートということを見落としていました。
そう考えると途中の自分なりの分析理由が空中分解を。

ただ「日本のサッカー選手は、前半期が多い」というのは事実で、その理由に関しては
変わりありません。
しかしそこから「10月?3月生まれは刺激を求める」という事実への応用は隔たりがあったようです。すみません。

そうなるとやはり「冬に生まれた」ということに理由があるかと。
どなたか理由が思いつきました方はぜひお教え頂ければ幸いです。

ちなみに12月23日の日本橋でのオフ、多くのご応募ありがとうございます?!
締め切りまで、あと少しです! ↓


コメント

  1. ラリックマ より:

    「偽」って、人の為って書くんですけど。
    誰の為なのかが問題なのかも。

    「偽バスト」・・・人の為のバスト。
    さて、誰の為のバストなのか。

  2. 匿名 より:

    キリストは夏生まれらしいです

  3. かか より:

    確かに日本のスポーツ選手は前半期が多いようですね。
    ただ体格が小柄な人が多い、競馬のジョッキーは後半期の人が多いようですね。

    それはそうと、先生にとって今年の象徴する漢字はウン十年連続で「乳」だったのでしょうか?

  4. なぎさ より:

    それって10月1日からきっちり別れるんですかね!?!?私9月30日生まれなんですごくすっきりしないこたえなんですが・・・

  5. あじさい より:

    1さんへ
    本当は自分の為なのに『人の為』って
    言ってるから『偽』なんじゃないかなーと。

  6. Halle より:

    あぁ?!!
    5番さん、なるほどw

    安定性を求めてるのにサッカー選手ですか・・・
    少し疑問が残りますね。。。

  7. PIPI より:

    わたしの通った小学校は、2年生から3年生になるときと、4年生から5年生になるときに、クラス替えがあります。
    わたしのころは、小学校1年生から、暮らすには、4月生まれから3月生まれまで混ざっていました。
    でも、4歳年下の弟の時は、4クラスあったのですが、1組は4月から6月、2組は、という風に、月別になってしいました。
    6歳児では、4月生まれと3月生まれでは、違いすぎるからだそうです。
    この話を思い出しました。
    ちなみに、うちの家族は両親とわたしが後半ですが、安定を求め、9月乙女座の弟だけが、前半なのに、刺激を求めているのですが。

  8. サファイア より:

    あっ、でも欧米の新学期がそうでも、生まれた月や時間は変わりないから・・・いいと思うんだけどなぁ?。

  9. Lisa より:

    イエス・キリストの誕生をお祝いする日は12月25日ですが、実際の誕生日は分かっていません。
    イロイロ説はありますが、4月ぐらいではないか、という説が有力らしいですよ。

    となると、ゆう先生の理論が当てはまりますね。

  10. より:

    3月ですが、バッチリ刺激を嫌ってます。
    まぁ、うちの家族が全体的に刺激を求めてないのですけど。

    9月と8月あたりは傾向が弱まったりするんでしょうかね。

    欧米では、クリスマスは家族と過ごすのが一般的なので、
    その時期に欧米へ行き、大晦日前に日本へ帰ってくると良いですよ♪

  11. う゛ぁりとら より:

    被験者が400名程度だとすると、均等に揃えても各月誕生日の人は30数名くらいですね。
    そのくらいの人数で統計的に有意な差が出るとはあんまり思えないんですけども。
    そんな僕は後半期だけれども安定志向な人間であります。

  12. yoshio より:

    個人的には偽は「人の為」じゃなくて「人が為す」の方がしっくりくるような気がします

  13. ☆★☆ より:

    はじめまして。

    冬生まれであるとゆうことに理由があるのか・・・となると、北半球と南半球ではまた異なるというコトでしょうか・・・

  14. @イギリス より:

    こんにちは。いつも楽しく読んでいます。イギリスでの研究ということですが、イギリスでは新学期が9月なので、日本の4月の新学期で考えると子供の頃の体格の差というのは逆転する気がするのですが…。またイギリスには夏時間と冬時間があり、時間帯を変えないといけない程、冬は日照時間が短く、暗くて寒いというかなり陰気な環境で(夏目漱石か誰かが鬱になったとか…。日照不足による鬱、SADシンドロームという病気もあります。療法は光を見るだけだそうです。初期症状はチョコや酒など、甘いものや刺激物を欲しがるそうです)、刺激でもないとやっていけないので、夏時間生まれの人が快適な夏環境のまま安定を望むというのは何となく分かる気がします。日本で同じ研究を実施すると、結果は変わるのでは?これからも頑張って下さい☆

  15. Reiko より:

    ゆうき先生、とても興味深い内容でした。自分も科学に身をおくもので、すぐにこういうことを聞くともっと知りたくなる性分なのでGoogleしてみました。先生がリファレンスされたのはこの文献ですか?
    http://www.staff.ncl.ac.uk/daniel.nettle/season%20of%20birth.pdf

    生物学にはまったくの素人なのですが、なかなか生物学や心理学は面白いことをしているのですね!
    私自身は12月生まれ、子供の頃はいつも体格が小さめで力も弱く引っ込み思案でした。勉強は好きでしたがスピードが泣くいつものろのろといつまでも問題を解いている子供でした。刺激とは反対の人生を歩むかというところでしたが、なぜか20代中旬後半から新しい何かを求め始めて、なぜかいまでは外国で科学者に・・・(ところで、科学者とかエンジニアーになるというのは刺激を求めることと関係あるのでしょうかね)ゆうきせんせいがおっしゃるとおり、これはたんに統計の結果であって個人個人の理由はさまざまな要素がからみあっているので。。。文献をまだ全部読んでいないのですが、マウスやラット、猿などでも同じような調査をしたのでしょうか?人間の家族よりももっとシンプルに環境をコントロールできるのでどんな結果があるのかちょっと興味あります。

  16. @イギリス より:

    ご参考迄に…

    イギリスでSAD(Seasonal Affective Disorder)の起きる10月・11月・12月・1月・2月・3月は「冬時間」(日本との時差-9時間) なかなか朝日が昇らないので、国全体で朝の時間を1時間遅らせています。(早く暖かくならないかなぁ…)

    4月・5月・6月・7月・8月・9月は「夏時間」(日本との時差-8時間) 夏は遅くまで明るく、快適で過ごしやすく、みんな嬉しそうです。(ああ、このまま変わらないでほしい…)

    しかし、ネットを通じた研究と言うことは、環境の異なるイギリス国外の方々も参加されておられるのでしょうか? 時間の区切り方が思い切りイギリスの前期・後期(夏時間と冬時間)なので、国内リサーチかと思いました。

  17. Emma より:

    アメリカの学校は9月から始まりますけど誕生月は関係ありませんよ。
    学年は同じ年に生まれた子で構成されます。つまり、2000年に生まれた子はみーんな同い年っていうことです。
    私は12月生まれですが安定も刺激も両方求める欲張り者です。

  18.   より:

    「偽」はどうも直接的かつ安易すぎてピンと来ないのは私だけ……ではなくて良かったですw

  19. 匿名 より:

    >12 すっきりしました。

    >16
    >そうなるとやはり「冬に生まれた」ということに理由があるかと。

    安定した気候の時期に生まれたら落ち着いた子に。
    寒く厳しい頃に生まれたなら好奇心旺盛でたくましい子に。
    寒い中、食料を探して活動していた昔の(ry
    なんてなんでも根拠になるような気がしますね。

  20. みゅう より:

    そういえば前にスポーツニュースを観ていた時、そんな事を言っていました。そういった能力格差を無くすため、ある少年サッカークラブでは同学年でも前半期生まれと後半期生まれの2グループに分けて練習するとかなんとか・・・(うろ覚えですが)。自分も2月生まれで、体育の時など苦労した覚えがあるので、こういう風にして欲しかったです。

  21. より:

    俺も三月だし。

    ここの住人は後半期が多いという説が‥(俺は自覚してます)笑

  22. ダーツ より:

    「偽」というと、先生が考えつくのは豊胸手術や生理食塩水ですか・・・?

  23. みゆ より:

    私も3月ww

    ハッ!だから小中学校ではいつも成績が下からピー番とかが多かったのね!

  24. ハセ より:

     うーん、私は前半生まれ。
    安定志向というのは当たってるかも。
    そんな職業だし。

    でも刺激も好きですよ。

     なるほど、確かに誕生日を聞くための話題としては面白いですね(^_^)

     

  25. ぽむぽむ より:

    両親がクリスマスや正月、バレンタインやホワイトデー、ゴールデンウィークに子作りしちゃったら、
    その子は刺激を求めやすいってことですかね。
    なんとなく納得しました

  26. KAKERU より:

    キリストの誕生って言うのは偽りだらけですからね。
    うーん、ココに来て今年の漢字の意味が何となく分かったような気がします。

    まあ、宗教なんて偽りだらけですよ。

  27. いちご より:

    Wikiによると
    07:偽 06:命 05:愛 04:災 03:虎 02:帰 01:戦 00:金 99:末 98:毒 97:倒 96:食 95:震
    だそうで。
    で、
    「その年をイメージする漢字一字の公募を日本全国より行い」
    だそうなので「安直かつネガティブ」な事も普通にあると言う事でしょうか。
    ちなみに昨年の「命」ですが、自殺の増加や核実験など命が軽んじられたという意味でもあるらしく、決してポジティブな意味だけでは無いようです。

    そんな私は11月生まれです^^;

  28. あいり より:

    先生、ご安心を。
    私はヨーロッパで生活しているのですが、こちらではクリスマスは家族で過ごします。

    そのかわり年越しを恋人同士で、といった感じですが。
    なのでこの時期はこちらにゼヒ!

    ちなみに私は五月生まれです*

  29. あお より:

    後半期生まれなら
    「刺激を求めてるから僕が刺激を…」
    前半期生まれなら
    「安定を求めてるから僕が安らぎを…」

    先に教えてから聞いても同じ事では?w

  30. まこ より:

    なんだか、ゆう先生の記述を見てると、日本漢字能力検定協会が安直でネガティブな発想をしてるみたいに読めますが…

    実際は公募によって最も多く寄せられた漢字が今年の漢字になるので、「今年応募した人には安直でネガティブな発想をした人が多かった」ってことにしかならない気がします。。(笑)

  31. 匿名 より:

    『偽』にツッコんでくれたユウ先生に感謝。

    いろいろあった一年なのに「偽」って・・・。
    あまりにも子供っぽすぎますよね。

    「報道する人の匙加減」でいろんなことを決め付けられるのって何か嫌です。

  32. かとゆ より:

    >何も信じられなくなった、て。
    一瞬、中学生のポエムかと思いました。

    なるほど?
    おセンチってことでつね!?

    あの時期って香りのイメージとして柑橘系な感じが。

  33. はららん より:

    私立小学校の入試で、誕生月別に評価に差を付ける学校が最近あるらしいです。
    そんなことをしてなかった私の学校では、4月5月生まれが全体の3割ぐらいいるにも関わらず1縲怩R月生まれの子は各月1人ずつでした。

  34. えぇ より:

    半年先に生まれた人の方が少し成長しているから
    運動能力が高く有利?
    そうするとサッカーの代表選手はみんな上限年齢になるはず。
    20才以下のクラスはみんな20才とか。
    生まれ月に注目してるみたいだけど
    一年遅く生まれた人はどうなるの?
    単なる統計なので100%当てはまらないって、
    統計にすらなってないってば。

  35. 弩M より:

    >34
    小学校低学年の頃の半年差はでかいですよ・・・。72ヶ月と80ヶ月とか、だいぶ成長に差があります。

    二十歳にもなれば全く関係ないんでしょうがね。

  36. あらま より:

    私の住んでいるオーストラリアは新学期が夏休みの終わった1月末です。

    南半球も忘れないで下さいね。

    勿論その州でもって日にちが前後しますし、私立と公立でも日にちが一寸変わります。

    そして、決算年度の一年の初めが7月1日からです。

    今日はサマーホリデイの初日です。
    今日から自営業ですが、2週間休みます。

    今年は一寸寒い夏です。

  37. 匿名 より:

    前半期生まれの子は後半期生まれの子よりも多く褒められたり叱られたりするからではないのでしょうか。
    成長の差は当たり前のようにあるし、半年分の経験が前半期にあって後半期にはないっていうのは性格にも結構、影響がありますよ。
    自分、三月生まれですがやっぱり体小さいので低学年の頃は特に劣等感みたいなのもってました。下克上精神ですね。

  38. 英国人 より:

    今更この記事を読んだので、今更なコメントですが:

    コメント16の「冬時間」というのはちょっと間違ってます。16さんは実際イギリスにお住まいなのでしょうか?
    イギリス含め、欧州には、標準時間と夏時間しかありません。
    なので、いかに日本人から見て日照時間が短かろうとも、冬の時間は「標準時間」であり、「冬時間」というものに設定してあるわけではないのです。

    以上、こういった過去の記事を読む人もいらっしゃるでしょうから、ちょっと書かせていただきました。