平中、開けちゃダメェ! 落差の心理

時は平安。
都で有名なプレイボーイである「平中(へいちゅう)」は、「侍従の君」という女を好きになった。
しかし彼女は彼の気持ちに、まったく答えてくれない。
絶望した平中は、「彼女がトイレに行ったときに出したものを見れば、さすがに嫌いになるだろう」と、恐ろしいことを考える。

その結末は!?

  

というわけで今夜もメルマガ「セクシー心理学」から。 前編はこちらです。

◆ 箱の中には。

そう決めたら行動は早い平中。

彼は再び、彼女の屋敷に忍び込みます。

彼女のお屋敷も、二度も侵入を許してる時点で、なんら学習能力がない気がします。

大丈夫でしょうか。セキュリティ的に。

さてこの時代、「トイレ」なんてものはありませんでした。

そのため、ある程度身分の高い女性は、部屋の中で小さな箱の中にして、それを家来などに片付けさせるのが一般的でした。

ですので「流される」心配はありません。

さぁ!
条件は(嫌な意味で)そろいました!

彼は廊下に隠れて、家来が持ってきた箱を奪い取ります。
家来はもちろん抵抗し叫びますが、彼はそれを持って逃げ出します。

そして一人になると、深呼吸。

「やった…! ついに見られるぞ!」

たぶんこの瞬間、趣旨がかなり変わっていたような気がします。

「嫌いになる」というより、たぶん彼女が見せたくないものを見ることによる興奮が、彼のことを支配していたのは想像に難くありません。

僕自身、そういう趣味はまったくありませんが、それでもドキドキしてしまうんじゃないか、と思います。

そして彼は、震える手で、その箱を開けました。

すると!

中から、信じられないほどに、いいにおいがただよってきたのです…!

◆ 女の、行動。

確かに、見た目は、「それ」です。

でもとても甘い香りがします。

たとえるなら、高級なできたてデザートのような。

そう。
実はこの侍従の君。

彼の行動を「読んでいた」のです。

うん。
しかし読めるものなのでしょうか、今回の行動を。

「好いてもらえない」⇒「嫌いになりたい」⇒「それを見るしかない」

の思考に、かなり不自然感がある気がするんですけども。

読めたとしたら、たぶん同じ思考の持ち主だと思います。

そして!

「彼は見ようとしている」と気づいた彼女は!

「それ」を、お菓子で再現することにしたのです!!

………。

いやいやいやいやいやいやいや!

ちょっと待て、と!

お前それは絶対に違うだろ、と!

ここで問題です。

あなたのストーカーが、何とあなたの「それ」を見ようとしています!
さてこんなとき、あなたはどうする?

A「見られる前に捨てる」
B「トイレをガマンする」
C「警察に連絡する」
D「お菓子でそれを再現してすり替えておく」

答え…D

ないから!
それだけは、ないから!

いや、この発想、一周して天才だと思います。

とにかくここでは詳細なレシピは省きますが、とにかく「ものすごく形状がそれに似た」ものを、高級食材で再現したのです。

たとえるなら、ゴ○ィバのチョコを溶かして固めて、みたいな。
うん。ゴデ○バに訴えられたらどうしよう。

◆ まさか、まさかの男の行動。

彼は、あらためて目の前のものを見つめました。

形状は、どう見ても、それです。

しかし立ちこめる、すばらしい香り。
さらに光沢もあり、キラキラと輝いています。

ひと言で言えば、「美しい」のです。

彼はたまらずそれを、口にしました。

「その行動もおかしいだろ」と思いますが、それほどまでに、魅力的だったのです。

本当に、高級な焼きたてのお菓子を食べているような幸せな味わいが、舌に広がりました。

「完璧」でした。

そう。

この瞬間、彼がどう考えたのかは分かりません。

「普通の人間なら汚いものですら、ここまで素晴らしい。すなわち彼女は、完全無欠な存在である」

と感じたのか。

もしくは、さすがに作り物であることに気がついた上で、

「自分の行動をここまで察して、なおかつさらにこれだけの手段まで取れる、機知にあふれた女性」

だと知ったのか。

いずれにしても、彼は彼女に、さらに狂わんばかりに惚れてしまいました。

そしてその思いの深さに、ついに死んでしまったのです。

◆ ネガティブなときに、ポジティブを。

これが、平中の恋のすべて。

もし、この話から教訓を得るならば、

「ネガティブなものを期待していたときに、ポジティブな面を見せられると、その落差から相手は感動する」

ということ。

相手が連絡もなく遅くなってきたら、普通は「怒られる…!」と思うもの。

そこであえて、

「良かった…。遅かったから、事故にでもあってたんじゃないかと心配した…」

と言う。
これだけで相手は感激するはず。

またはメールや連絡が長く来ないとき。
相手はやはり怒られると思っているので、そのときにあえて、

「お仕事、大変ですね。無理されないでくださいね」

と言ってみる。

相手は確実に喜ぶはずです。

まぁ、「皮肉」との境目が微妙ですので気をつけて。

???????????????????????????????????
◆ 今回のまとめ。
???????????????????????????????????

○ ネガティブな言葉を想像している相手に、あえて優しい対応を。

○ だからといって、お菓子でそれを手作りする必要はありません。

というわけで、平中の恋の話。
いかがでしたでしょうか。

結果だけ見ると、「それ」が原因で死んだ男。
切なすぎます。

しかしよくよく考えると、この二人、もしうまく行ったら、結構お似合いだったように思えるんです。

結婚生活も幸せそうです。

「今日のメニューは?」

「今日のベースはクッキー生地で、ココアパウダーを使用してみたわ」

「おおっ! いいね。昨日のカリントウは少し安直だったからね!」

うん。
心からすみません。

なんか小学生のころに帰った気持ちです。

いつの時代も恋は危険なのかも、という無難なまとめをしつつ、今夜はお開きにしたいと思います。

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

 

そしてここからウラ話です。

 

この物語。

ただ、純粋に考えてみると。
この侍従の君、どうしてわざわざ、お菓子でそれを作ったのでしょうか。

先ほども言ったように、本当にイヤならば、「見せない」などの方法もあったはずです。
またそれこそ「本物を見せた」のなら、彼は彼女のことを嫌い、死ななくて済んだかもしれません。

なぜわざわざ、こんな手間のかかることを。

手間がかかるで言えば、前編で「見たという文字を貼り付けた」という行動もしていますが、
これもやはり、手間がかかっています。

もしかして。

彼女は平中に、嫌われたくなかったのかもしれません。

ある程度彼の気持ちを受け入れていたからこそ、「お菓子でそれを作る」ということで、
「歓待」していたのかもしれません。

すなわち彼女なりの愛だった………と考えるのも、アリかと思います。

 

………。

こんなことを考える自分自身、もしかして心のどこかですごく都合のいい発想をしているかもしれません。

女性の「いや、違うから」という声が聞こえる気がしつつも、みなさまここまで遊びに来てくださって、本当にありがとうございました。


コメント

  1. ぴろ より:

    結婚生活の食卓にカレーは付き物ですね・・・

  2. より:

    彼の気持ちは受け入れられないが、
    どんな人間からも嫌われたくなかった。
    んじゃないですかね。
    僕も、そういうタイプですから。

  3. ハイチュウ より:

    侍従の君のようにはっきりと断らないでいると、平中みたいなストーカーに狙われるんですね。平中は嫌いでも、自分がモテるのは嬉しくて、そういう変な対応をしてたのかもしれませんね。

  4. バラバラ より:

    ・・・だからぁ!
    ○○さんへ
    書けない理由を「忙しい」とか「毎日80通もメールが来るから」って言い訳はいりません。
    「返信はご負担になるから送らないでくださいね」って言うと
    何でポジティブな私のメールを皮肉に受け取るんだろう?

    ゆう先生・・・こんな人とはどう付き合っていけばいいんでしょうね

  5. ラリックマ より:

    家来にはこの戦法を知らされていなかったと
    思われるが、もしも家来がこの戦法の内容を
    知らされていたとすると・・・グッジョブ。

    というか助演男優賞もの。

    というか今流行の「組織ぐるみでの偽装工作」
    で死者を出した最初の事例。

  6.   より:

    単に意地悪なんじゃ、と思ってしまった私は若干人間不信に陥ってるのでしょうか……
    相手が「やりたい」と思っていることをやらせてあげない、それどころか逆の結果を生んでしまうなんて実に意地悪だなぁとw

    ……やっぱり時代的な感覚の違いですかね

  7. みゆ より:

    >>6 
    うあ、ホントだスゴイ!

  8. totoro より:

    この女性、世が世なら天下を狙えます。
    えぇ…若干、いやかなり黒い、でもそれがいいのです。

  9. Halle より:

    いつの時代も女性の方が強いのですねぇ
    ( ´∀`)ケラケラ

  10. まったり裏山 より:

    改めて「青空文庫」でこの平中が主人公の芥川龍之介の「好色」を読んでみました。
    http://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/90_14976.html
    これによると、どうやら「お菓子」というより「お香を練って作った」ようですが・・・
    でも「お菓子」だと「相手が食べることを想定している」のだから更に物凄さ倍増ですね。
    それにしても、平中のルックスは今で言うとドラドラの塚地みたいな感じだったんでしょうかw

  11. かとゆ より:

    >しかしよくよく考えると、この二人、もしうまく行ったら、結構お似合いだったように思えるんです。
    結婚生活も幸せそうです。

    ↑んー御意御意!!
    もともと平中はモテモテな男性だった訳で、なので侍従の君だって好みだったかもしれなく。人気者がこがれる美しい人ならば、相互のバランスがよいなーなんて勝手に想像しています。
    これで思い出したのですが、映画「大奥」でも恋の病で倒れて大病、なシーンが出てきます。

  12. yum より:

    お菓子でしたか・・
    私が高校のときの授業では、「香木(こうぼく)」と習いました。

  13. まぬ より:

    単に悪戯好きの女性だったんじゃないですかね?

  14. より:

    ここまで平中の心を読めるということは、実は平中のことで頭が一杯だったと考えられますし、
    感極まって死ぬことすた予測でき、そうやって殺す(一生付きまとわれないようにする)
    つもりでいたとも考えられますよね

    しかし、一番凄いのは、こんなとんでも話を考えた人ですよね

  15. 匿名 より:

    いい話だなぁ
    現代版でドラマ化希望

  16. 匿名 より:

    お菓子を食べただけで死んでしまうのは
    冷静に考えればありえません。
    つまり、何が言いたいかというと
    毒入りだったんじゃね?

  17. 賞味期限 より:

    これが「赤福」の生い立ちですな。
    ふんふん。

  18. 匿名 より:

    侍従の君が用意したという例のモノですが、
    山芋に香木(香料)を練りこんで、
    アマヅラで味付けをしたということなので、
    お菓子というのはなるほど名訳ですね。生徒に解説するときに使おうかな(笑

    説話の読み方なんて様々ですが、
    当時の感覚としてもこれはやっぱり異常なわけで、
    「そんなバカな!」とか
    「ゲェー、気持ち悪い理解不能」とか
    そういう反応を期待して書いてると思います。悪趣味ですね。
    「恋愛上手な女」ってどんな女だろうという事を極端に突き詰めていく事で、
    笑いをとろうとしたのでは。
    ニキータのアデージョやレオンのチョイワル親父が、
    一方ではギャグとして成立してしまうように、
    極端に理想を突き詰めていくと、かえって滑稽になることを楽しむというか。
    「プレイボーイの平中でさえ手玉にとるようなスゴイ女」を演出するために、
    平中はスカトロ変態扱いされちゃってる感がなくもないかと。

  19. KAKERU より:

    えぇっと……うぅんと、その……あぁー、ええぇー、そうですね。
    なかなか、考えを整理できないんですけどもね。
    だから、その……

    かりん糖を思い出しました。ごめんなさい。

  20. サロメ より:

    >手間がかかるで言えば、前編で「見たという文字を貼り付けた」という行動もしていますが、これもやはり、手間がかかっています。もしかして。彼女は平中に、嫌われたくなかったのかもしれません。

    いやいや。「見た」の文字を切り取った時点で、平中の手紙はズタズタですよ?侍従の君が、ストーカーな平中に嫌われようと頑張っているように感じますよ??

  21. ポポポ より:

    前編の”返事を欲すれば欲するほど、嫌われる”って部分、ズシンと来ました。

    で、この侍従の君は、平中のことが好きだったと思います。だって普通女性は、嫌いな男やどうとも思っていない男のことは、目の前にいない限り考えたりしないものですから。ここまで手の込んだことを考え、実行に移すならば、間違いなく好き、もしくは好意的に思われたいという想いがあったと確信します。

  22. stupid_git より:

    やはり、マイナスのストロークよりも無視のほうが手っ取り早いんですね。
    侍従の君はかなり面白い発想をなさる方で、平中が惚れるのもなんか納得できます。

  23. まるこ より:

    私も「嫌い嫌いも好きのうち」の方の「嫌い」のような気がしてしまいます・・・。
    手紙も読んでるみたいだし、無関心ではなかったということですよね?。
    敵としてでもココまで戦っているということは、
    素直になればコロッとプラスの恋にはまってしまうことはあり得たような気がします。
    なんか、私は小学生の頃を思い出しました!

    でももし私だったらですが、平中に心が動いていても、プレイボーイの軽い男なんて!という時点で素直になれなくて、
    あんたみたいな女の敵はこういう仕打ちを受ければいいのよと、
    あれこれ要らぬ方策を練ってしまうかもしれません。
    最後の作り物まではしませんが・・・

  24. めりい より:

    うう?ん、やっぱり「好きではないし、付き合う気はないんだけど、嫌われるのはイヤ」だったんじゃないですかねぇ……。
    断っておきながら「でも自分のことは好きでいてね」って、そういうタイプ。

    >>11
    それにしても、芥川も書いていたんですね。
    驚きました。
    一応、一通り(ちくま文庫のヤツ)は、読んだ(はず)だったのに……。
    今度、読み返してみます。
    できれば、元の今昔も……。

    ゆう先生のメルマガで読書の幅が広がりそうです。そうそう、三銃士も読みました! 子ども版だけど・・・。

  25. 女性 より:

    いや違うから。

  26. 匿名 より:

    この時代の高貴なヒトビトは
    いつも、そうしていたハズ。
    お菓子は初耳ですが。
    トイレを片付けるヒトもそれなりの地位があるヒトであったのと、高貴な人は自分は他人とはチガウと思わせたかったのではないかと。

    やはりホンモノは、こっそり自分で捨てるんでしょうねぇ。