マンガで分かる精神科とカウンセリング 第四回「女を見たら」

 
精神科で出会ったナースたち! 女を見たら○○と思え!?

マンガで分かる精神科とカウンセリング 第四回「女を見たら」

「女を見たら妊婦と思え」という言葉があります。しかし。
精神科においては、「ナースを見たら子持ちと思え」という法則があります。気をつけて。

【精神科マメ解説】

精神科において、ナースを見たら子持ちと思いましょう。

よく「ドクターだったら出会いがたくさんあるんじゃないですか? ナースとか」
と言われることも多いのですが、精神病院のナースは、多くは年配の方ばかりです。

もちろん大学病院は別ですが、市中の一般的な精神病院に若いナースがいることはマレです。

たいていは、「子供もある程度大きくなったし、時間ができたから」という、少しお年上のナースばかりです。

実際にナースも、若いうちはバリバリやりたいと思いますので、やはり花形である外科や内科などを
志望することも多いもの。
それでなくても精神科は第一回で話したように地方にあることが多いものです。

これらより、新卒でいきなり精神病院に行きたいと思うナースは非常に少なくなります。

また患者さんの立場で考えてみても、

こういうナースが病棟内にたくさんいたら、ものすごく気になってしまい、
精神的に休養することができません。ていうか僕なら気になる。

そういう意味で、精神科に年配のナースが多いのは、必要不可欠なことなのです!
(自分にも言い聞かせるように)

また元々の「女を見たら妊婦と思え」という法則。

ある先輩ドクターが最初に僕に教えてくれたとき、「妊婦を見たら女と思え」と言い違えていました。

当たり前だ、と思いました。
男の妊婦がいたらそれはそれで素敵すぎます。

それはそれとしてナースというのは、精神科に限らず、離婚率が高いお仕事ではあります。

ある病院では、「ナースを見たら、バツイチ子持ちと思え」という、さらにグレードアップした法則を
告げられたこともありました。

その理由に関して、ナース(34才。バツイチ子持ち)と話していたところ、こう教えてくれました。

「やっぱり手に職があると、そうじゃない女性に比べて、離婚に踏み切りやすいのかもね」

僕が無言でいると、彼女はこう続けました。

「手に職があるのって、結果的にいいことなのか悪いことなのか、よく分からないわね…」

人生って難しいと思いました。

 

◆ 第四回…原案・企画  ゆうきゆう 湯島仁 Dr.さと

◆ 作画 ソウさん⇒ http://sosoh.fc2web.com/

◆ 登場キャラ紹介

官越ちよ (かんごし・ちよ)

看護師長。あすなの母親。
肝っ玉母さん。厳しくも優しい部分があり、患者やドクターからの信頼は厚い。
あすなはこの母親の影響でナースになった。
そして母と共に働いてみたいという気持ちからこの精神病院に入職。

ウラを返せばこの母親がここに働いていなければこの病院に就職することはなかったわけで、
若いナースが限りなく少ない精神病院において、ある意味レアモンスター的存在。

みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

というわけでまったり連載しております。
この物語はフィクションです。
実在の建造物・人物・団体などには一切の関係はありません。今回は特に。
またここでの内容は、いつでもすべての状況でも当てはまるわけではありません。
すべてを信じず、参考程度にお考え下さい。若いナースがいる精神病院もたまにはあるから。

コンセプトは「マンガで読むやさしい精神科談義」です。
普通に生活をしていたらなかなか接しない「精神科」を、ソフトな面からとらえてみようと思ってます。
どうかやさしく生温かな目で見ていただければ幸いです。

参照文献
精神医学ハンドブック(山下 格):2007年
こんなとき私はどうしてきたか (中井久夫) 2007年
精神・心理症状学ハンドブック(北村俊則) 1997年他

■ マンガで分かる精神科とカウンセリング シリーズはこちら。


コメント

  1. Der Teufel ist los より:

    (初カキ)
    先生はうまいこと現実を教えてくださいますね。

    ただひとつ気になるのは三次元の写真がでてきたときには
    いつも先生のうしろに美しい人が・・・いや、なんでもないです。

    ———————————–

    はいっ。
    みなさまいつもコメント本当にありがとうございました。

    感謝の気持ちこめて、たまにはレスをば。全部はムリですけども…。

    そして三次元の写真の場合に美しい人が。
    ありがとうございます。Kくんのことでしょうか。あれは美しい。

    いずれにしても、ありがとうございます。

  2. n-oppaj より:

    男の妊婦…
    素敵すぎます

    人間の進化型ですね

    ———————————–

    ありがとうございます。
    そうなると「妊男」とかになるんでしょうか。にんお。

  3. みゆ より:

    あすなちゃん、かわゆす。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    ソウさん心からありがとうございます。癒されます。

  4. 通りすがり より:

    今回の記事とは関係なくて恐縮ですが、ゆう先生この記事はご存知ですか?
    http://www.excite.co.jp/News/bit/00091200496794.html
    読んだ瞬間、これはゆうきゆう先生にお知らせせねば……!! と思ってしまいました。
    よその記事なので、もし不都合があるようでしたら削除してください

    ———————————–

    ありがとうございます。
    もちろん購入しております。
    非常に面白いのですがまだ読み切れておらず…。

    中でも「車の運転中に私の胸を見て『ナイスバスト』と叫んだ男が、そのまま電柱に衝突して、
    なぜか私にキレて怒ってきた」というエピソードが衝撃的でした。続きが気になります。

    即コメントのみなさま、本当にありがとうございました。

  5. ひな より:

    ところで入院施設のある精神科は体力のいる科だと思うのですが(認知症の高齢者がいたり、暴れる可能性のある患者さんがいたりで)こちらの病院では男のナースはいるんでしょうかどうなんでしょうか。

    ———————————–

    ありがとうございます。ほぼもちろんのごとく在籍しております。
    やはり暴れる患者さんへの対応は男性の力が必要なことはありますので。
    このマンガにおいてもそうなのですが、「影にひっそり男がいる」と思っていただければ幸いです。
    メインで出てくるのは女性です。定石です。

  6. コンビ二 より:

    なんか医者になりたいと思っていますけども、少し精神科に行きたくなくなりました。笑              嘘です♪

    ———————————–

    ありがとうございます。
    今はスーパーローテーションですので、全科をじっくり見ていただいた上でぜひ。全科のナースを。   嘘です。

  7. ミオ より:

    そっかー。
    あたしも妊婦だと思われていたのかも知れないんですねー。
    オーノー

    産婦人科以外でも妊娠が発覚する
    なんて事もあったりするんでしょうかね。
    病院恐るべし。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    恐るべしは病院なのかは分かりませんが、今後ともよろしくお願いいたします。

  8. ゆん より:

    毎日楽しみにしています☆
    ナースがバツイチ子持ち多いなんて。。夜勤の時お子ちゃんは一人でお留守番なのでしょうか。。複雑です(><)

    ———————————–

    ありがとうございます。
    その可能性も高いです。育児所があるところも。はい。

  9. より:

    「若くて美人のナースが!」
    のとこの、一番後ろの娘がいいです。
    ドジっ娘ぽい+ポニテですし。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    個人的には右から二番目がスキです。

  10. 匿名 より:

    うん・・・真ん中の方はおじいさんですね

    ———————————–

    ありがとうございます。
    ちゃんとおばあさまです。

  11. バラバラ より:

    血管の出ない私としては、点滴の時に、一発で入れてくれるナースが神様のように見えます。
    「若くてかわゆいナースを見たら、4回以上さされると思え」
    って法則が私にはあります。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    かわゆければOKでしょうか。難しいところです。ちょうどレベルの熟女さんが一番かもって何を言っているのか分かりません。

  12. 匿名 より:

    場合にもよりますが、若いナースや先生より
    少なくとも30代に達している人たちの方が
    患者は安心かもしませんねー。

    >11
    これ、よく聞きます。あとは、おねーさんに針を刺されたらものすごく痛くて、おばちゃんだと全然痛くない法則!ですね。

    ———————————–

    なるほど。まぁ、そうかもしれません。
    経験がある方が安心かもですね。ありがとうございます。

  13.   より:

    >、「ナースを見たらバツイチ子持ちと思え」というさらにグレードアップした法則を告げられたこともありました。

    この法則が私の母にドンピシャで当てはまっていて笑いました。
    やっぱり大変なお仕事ですから、家庭との両立が大変と言うのも離婚理由としてはあるんでしょうねー。

    ———————————–

    なるほど。お母様も。
    確かに時間的に色々大変なのもあるかもですね。本当にありがとうございました。

  14. KAKERU より:

    男の妊婦、両性が神様であるという原理からすると、その人はつまり神様であるということですね。
    そんな神様、見たくないですけどもね。

    そういえば、タツノオトシゴはメスがオスの体内に卵を産み、オスは体内でそれを孵化させて、生むらしいです。
    つまり、男の(というかオスの)妊婦の出来上がり。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    タツノオシゴ、恐るべし。それはそれでなんか興味惹かれる自分が切ないです。

  15. Seiko より:

    手に職があると・・・という法則、わたしたちの業界でも実感しています^^*

    ちなみに、演奏家:
    バイオリニスト・ピアニスト・フルートのお姉さん・・・☆

    そういう私も、バツイチです^^;

    ———————————–

    なるほどー。音楽業界も。
    貴重情報本当にありがとうございました。バニラムードもそうなのかも、と思ったり。

  16. より:

    てっきり、あすなも子持ちという設定なんだと思いました。

    おばちゃん(出産経験ある女性?)は紅に入らないんですね。微妙に泣けてきます。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    あすなの意見だとお考え下さい。あすなは子供はいませんが、性格はスゴイです。

  17. より:

    結構、おばちゃんの方が安心感がある事も多いですよ。

    >手に職があるのって、結果的にいいこ
    >となのか悪いことなのか

    そりゃあ、良いですよ。ロクデナシな男にはさっさと三行半(ちと違うか)突きつけられるくらいでないと、女性はいつまでも男性に依存する事になります。女性もおおいに働くべきです。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    なるほど。そうかもしれません。三行半を見ていると、いつもみこすり半劇場を思い出します。
    こんなことを言っている自分が一番ロクデナシかもしれません。

  18. ひめ より:

    あすなちゃん・・・!!
    もしかしてあすなちゃんも30年後には・・・!(泣

    ———————————–

    ありがとうございます。
    ありえます。気をつけましょう。みなさん。何に。

  19. エミ より:

    そういえば知り合いの母上が精神科のナースでしたがバツイチでしたな
    3人いる子供の長子が34歳だったので
    間違いなくおばちゃん(というよりおばあちゃん)だったでしょう。
    怖かったのが娘らのキャラがかな~り個性的だったということです。
    開いた口が塞がらないようなナルシストとか、自傷を繰り返す人とか。
    どういうことだ~~

    ———————————–

    ありがとうございます。
    娘さん、確かに個性的…でかたづけていいのか不明ですが、なるほど。
    その方によろしくお伝え下さい。

  20. ちこくおう より:

    妊夫でいいのでは・・・?

    個人的にはゆう先生と同じで経験の多い看護師さんの方が安心して受診出来ますよ!

    ———————————–

    ありがとうございます。
    夫。思いつきませんでした。さらにフォローまで大感謝です。頑張ります。

  21. あふろ より:

    男の妊婦・・・シュワちゃんのことか!

    ———————————–

    ありがとうございます。
    シュワちゃん、今もお元気でしょうか。
    僕もいつか都知事に立候補したいです。

    都知事になって、都バスをバス都にしたいです。

  22. かとゆ より:

    >もちろん大学病院は別ですが、

    若いムスメさんたちが多いのが↑ですね~

    なるほど納得ももんが医大!

    ———————————–

    はい。ありがとうございます。
    ももんが医大は若い方が結構いました。精神科でも。確か。

  23. より:

    地元の総合病院には若くて可愛い看護士さん(♀)が結構いるんですよ。羨ましいでしょう?(笑

    ———————————–

    ありがとうございます。うらやましすぎます。
    ちなみに士ではなく師かな、と。いずれにしても、うらやましいです。

  24. bob より:

    現に私の知人は、病院に行って妊娠が発覚したようです。
    うつを疑って受診し、薬をのめるかどうか調べてみたら、陽性だったようです。

    本当にあるんですね~。

    ———————————–

    ありがとうございます。
    そうですね。日常にさりげなく潜む陽性です。自分でも何を言っているのか分かりません。

    というわけでみなさま、コメント本当にありがとうございました!

  25. ひろ より:

    確かに子持ち多そうですね。
    産婦人科で入院してたとき独身ナースは2人(1人は半年後に結婚決定)みな子持ちでしかも産休とる人が次々と。
    私も子持ちで再就職するなら国家資格で離婚しても食べられるナースになろうかと思うし。でもバツイチなら出会いは見込みありますよね。結構20~30代もいるのでわ。

  26. のの より:

    妹が看護学生をしてます。
    彼女は卒業後に漫画とほぼ同じ環境の精神科病院に新卒で入ることが決まっています。

    そこで姉心から、一足先に現実を知ってもらおうと思い、先日このシリーズを読んでもらいました。

    妹の反応がとても面白かったです。

    彼女ならきっと素敵なあすなさん、のようなナースになってくれる・・・と願って止みません。

    ゆう先生、貴重な現場の情報をありがとうございました。

  27. yuma より:

    今さらながら、お初で拝見しました。

    「妊婦を見たら女と思え」という言葉、取りようによっては意外と深いかも(?)ですよw

    ともすれば妊婦へは「母」という立ち位置のみに周囲の意識が行き、
    「オンナ」としての側面を忘れ去られているフラストレーションがくすぶる。
    ママになることそれ自体は喜ばしく待ち望んでいた事でも、
    直前まで「恋人」から「妻」へと昇りつめ、幸せを一身に受ける「愛される女」だったのが
    一転して落差が大きい。
    (「恋人」や「新婚の妻」はエロチックな雰囲気が漂っているのに、夫婦愛が結実して「母」となると
    どういう訳か、「母性」には性とは対極にある「汚れなさ」のイメージがつきまとう。)
    妊婦であっても、夫には「女としての魅力」に対する興味を失って欲しくないし、
    世間の人々からも、単なる「子供の保護者」でなく「一人の女」としての自我を認めて接して欲しい。
    オシャレもしたいし、ときめきも必要。

    そういうついうっかり見過しがちな視点への自戒も込めて、
    「妊婦を見たら女と思え」は、なかなか含蓄がある教訓では!