悩み相談「貢ぎ癖を治したいです。」

ご相談したいことは、貢ぎ癖についてなんです。

小さいころから好きな人ができると、金額の大小関係なく貢いでしまう癖があり、大人になった今もその癖が治らないのです。
もちろん相手から求められるようなことは一切なく、逆に(歴代すべての)彼から、「もらいすぎてひけめを感じる」と言われる始末。

日常生活や貯金にひびく金額では決してないのですが、もらってばかりというのもあまり良い気がしないものですよね。
どうにかして治したいのです。アドバイスをいただけると嬉しいです。

 【ゆうきゆうの回答】

貢ぎグセがある。

周囲にそういう男の友人はたくさんいますが、女性でそういうのは非常に珍しい。
ぜひ僕にも何かください。

あまりに女性に何かをもらった記憶がないので、消しゴムの切れ端とかでも大喜びです。

さて、心理学では「好意の返報性」というものがあります。

好意には好意が返ってくる、という心理のことですね。
たとえば男性が好きな女性にプレゼントをあげたり、誉めたり、高級レストランに連れて行ったりするのも、すべて「同じだけの好意が返ってくる」ことを期待しているからです。

しかし、あまりにそれが強すぎるのも問題。

 特に、
「どうしてこの相手はこんなに色々とくれるんだろう?」 
⇒「それは、自分の方がそれだけ魅力が高いからだ! そのバランスを埋めるために、この人はこんなに尽くしてくれるんだ」

と考えられてしまう危険もあります。
切なすぎです。

特に女性から男性に何かを渡すのは、男性から女性に何かを渡すのに比べて、あまり一般的ではありません。

そのため、相手の男性は、より濃厚にその気持ちを抱いてしまうかもしれません。

とはいえ、「何かをプレゼントしたい!」という気持ちも分かります。

あなたの場合、「好意の返報性」以前に、「相手への好きな気持ちを、どうにかして伝えたい!」という思いがあるわけですよね。

大切なのは、その気持ちを、「自分にしかできないもの」で表現すること。

たとえば「誉め言葉」なんてベストです。 
相手はすごく嬉しく感じ、なおかつプレゼントのように重荷のあるものでもないので、純粋に喜びだけを感じられるでしょう。

また「手料理」「手作りクッキー」などでもOKです。 
相手は感激するでしょうし、同じく重荷はないので、やはり幸せな記憶だけ得られるはずです。 
どうか覚えておいてくださいね。何か少しでも参考になることがあれば幸いです。

ちなみに。 あなたは「おっ○いチョコ」というものをご存じでしょうか。 
そういう形をしたチョコレートです。ここまで同レベルのことを色々と話しながら、あえてそこだけ伏せ字にする意味がまったくないんですが、とにかくそんなチョコです。 

実際にある本に、「相手をセクシーな気分にさせると、深い関係になれる」と書いてありました。
 さらに「好意の返報性」。

僕はこれらの事実から、そのチョコを好きな女の子にプレゼントしたことがあります。 
言うまでもなく、次の連絡はありませんでした。

好意の返報性というより、行為の変態性でした。

あらゆる意味で切なくなりつつも、あなたの幸せを心より願っております。


岐路岐路クリニック過去ログはこちら。 お悩みのご投稿の場合、コメントではなく↑からお願いいたします。 ★サイトのカウンセリングはこちら 


コメント

  1. よもぎもち より:

    うあぁ・・・
    ☆っぱいチョコ 父にあげたことある

  2. バラバラ より:

    私も貢癖があるようでした。
    変わったものがあると「見てみて?」と持っていき・・・・あげてしまう。

    だって彼の、少年のように喜ぶ顔を見るのが好きだから・・・
    切ないですね。

  3. にゃん♪ より:

    好きな人からのプレゼントなら、例え100均のブレスレッド゙でも嬉しいですけど。
    消しゴムの切れ端・・・はいらないなぁ、さすがに。^^

    おoぱいチョコ、好きですよ。
    口の中で突起をルルルと舐め溶かすと、中の練乳がとろ?り♪

  4. 今日の記憶 より:

    たしかに安物でも心のこもったプレゼントは嬉しいけど…
    てづくりの趣味の悪い指輪をもらった時は
    反応に困りました。
    本人は満足げでしたが…、
    (結局色々思うところがあって別れました。)

    貢ぎグセが良いか悪いかはさておき、
    相手がそれで喜んでいるのかどうか、
    よーく観察した方がいいですね☆

  5. mani より:

    物理的に物を人にやることは無理だったし、考えたこともなかった。
    それもかなり切ないですぅ。

  6. もんさ より:

    私♀も基本が「貢ちゃん」です。
    恋愛感情の有無に関わらずほんの少しでも好意をくれた人にはお返しを・・・と、つい貢いでしまうのです。
    最大の貢ぎは結婚生活。
    気がつくと、カレは働かない男になり、最後には捨てられました。。。(;_;)
    捨て台詞は「オマエがやりたくて勝手にやってたんだ。俺は一度も頼んでない」
    ・・・おっしゃる通りです(T0T)

  7. hana より:

    私も昔ベルギーにいったときに、お土産にかいました!ふつうのとちがって、ちゃんと下着を着けたおっ☆いチョコでっすごぉく大きいんです♪

    たしか2種類ぐらいあって、白い肌に茶色のぶら、小麦色の肌に白いぶらとで真剣に悩んだ記憶が・・・。
    友達に一口もらったら、どのチョコより味もおいしくて、ちょっと切なくなりました^^

    おしりに下着バージョンもありましたが、ゆう先生にはもちろんおっ☆いをお勧めします!

  8. iincho より:

    > あなたは「おっ○いチョコ」というものをご存じでしょうか。

    ヴァレンタインズ・デイに、男性社員全員にこれを配った女性社員に対し、我々はどんな気持ちを抱けと?

  9. サファイア より:

    ホントに切ないw

  10. あっち。 より:

    >捨て台詞は「オマエがやりたくて勝手にやってたんだ。俺は一度も頼んでない」

    せつなっ・・。結婚生活って契約みたいなものだから、一方の人が責任感強くて片方が弱かったりすると悲しいですよね。うわん。

    私はバランスとるようにしているけど(もらいすぎと思ったらお返し・・あげすぎと思ったら何かやってもらう・・)難しいですよね。
    恋人でもそうですが、家族とか・・今まで育ててもらった分、返せているのか気になるものです。

  11. あめり より:

    多分、男女共に貢ぐ体質の人が付き合ってバランスが取れる人って自制心がある人でないと続かないと思う。
    貢ぐ人ってきっと何でもヨシヨシ言って相手を甘やかしてしまい
    骨の髄まで抜いてしまう恐ろしい性格の持ち主の様な気がします。。。
    …って私がそうだったからかな?。

    表現力が乏しいとモノに頼ってしまいますよね?
    まさしく「お金で買えない価値がある。買えるものはマス○ターカードで」

  12. コシュカ より:

    私の住んでる街には、色々なお店で

     『ペ☆ス・パスタ』

    が売られています。。。
    ゆぅ先生みたく男性から女性へ”おっ☆いチョコ”とかだと、女性は引きそぅですが
    女性から男性へ”ペニ☆・パスタ』なら、まさに更に深い関係になれるのではないでしょうか…?
    →人と場合による?!???

  13.   より:

    貢がれるとそれより高額なお返しをしなくては……という強迫観念に襲われそうな気もしますね