悩み相談「友人3人のうち2人がオタクで…」

【相談】今いっしょに学校で行動している友人3人のうち2人がオタクなのです。
私は周りの目の冷たさを感じているのでオタクにはなりたくありません。
もうどうすればいいか分かりません。

【回答】  心理的な距離と物理的な距離。
そのどちらかによって、あなたの進むべき道も変わってきます。⇒続きはこちら


コメント

  1. 匿名 より:

    出会いが物理的な距離が近い人としかない私に友達がいない理由が何となくわかりました…。

  2. 匿名 より:

  3. 匿名 より:

    よく5月までの中、っていいますもんね。

  4. バラバラ より:

    自己紹介のときに「良くある普通の女性です」なんて言おうものなら、友人たちの突込みがすごい!
    「普通じゃないから」
    「自分をもっとよく知ったら」
    そういえば・・・・
    仲良くしているかたたちはみんなふつうぢゃない!

    やっぱ「類友」って言葉はある意味・・・心理、いえいえ真理ですね。

  5. ラリックマ より:

    友達3人の内2人が大田区だと、
    どーして周りの目の冷たさを感じるのか

    と思ったら・・・違うのね。

    ま、全ての人が、形は違えども何らかの
    オタク的要素を必ず持っているから
    別に気にする必要はないと思いますが。

  6. 匿名 より:

    明るいオタクは敢えてメジャーなネタを使うから逆に受け入れられやすいよネー

  7. 匿名 より:

    オタクってどこからがオタク?
    今イチよく分かっていないのですが。
    漫画読んでたらオタクですかね?
    私の高校では、日々漫画の貸し合いがされてましたが。しかも、クラス全体で。
    まさか、全員オタク扱いされていたのだろうか……(笑)

  8. Halle より:

    思っている以上に周りの目は冷たくないですよw
    逆にオタクの子のほうが派手な子を嫌っていたような・・・。

    ミクシィ見てると、オタクの世界も楽しそうだなって思えますよw

  9. グスト より:

    やべ、これ読んで気づきました
    俺は実は隠れオタクなんですけど、周りにいる友人もタイプは違ってもみんな密かに隠れオタクっぽい感じがします・・・

    つまり隠れオタクは隠れオタクでも、お互いオタクであることは隠しつつ、でも心のどこかで相手も自分も隠れオタクであることに惹かれあっているのですね!

  10. 0川 より:

     オタクって男性だけなのかと思ってた。男脳・女脳のピーズ夫妻も「男の子はモノが好き、女の子はヒトが好き」って書いてたし。ヒトそっちのけでコレクション系に集中しはじめたら真性おたくなのかと。

     話題が漫画に偏りすぎってことなのかしら。きっと相談者さんはもっと他の話もしたいのよね。だから話が合う友人を見つけることだと思います。

  11. 匿名 より:

    ネットなら
    コメント欄がやばかった場合
    同類と思われたくないのでコメントしないとかそんな感じでしょうか

    自分も見てる(一緒にいる)けど違うから!やばくないから!何かのヘルプが必要な感じじゃないから!と内心思いつつ背後を気にするってやつですね?

  12. 匿名 より:

    >7 
    服装や外見が放置系で常に漫画の話をしていて、かつ中学以上なのにアニメを見ているですかね。
    購読雑誌がアニメージュとNEWTYPEで18禁という言葉や同人という言葉に激しく反応し、それらについて常に語り、アニメのキャラらしき台詞を掃除の時間に口走ったりする人ですか。
    さらに悪化すると定期入れにはキャラの写真?っぽいのが入れられていて、頭に包帯まいて登校してきてよくわからないことを口走るとかでは?

    そんな人いましたよ。なかなか個性的で面白かったけど席が離れて話さなくなってしまいました。

  13. 匿名 より:

    それより『進めべき道』って所のほうが気になる……

  14. KAKERU より:

    最近のオタクは分かりません。
    線引きが難しいです。
    最初は違っていたようですからね。
    岡田っていう、「オタク学入門」を書いた人がいろいろな本を出していますが……

    それでも、仲の良い友達というのは、やっぱりどこか似たものを持っているんですよね。

  15. ひな より:

    >10
    女性のオタクは「やおい」っつージャンルに代表されるやつばらを見るとよし。
    狭義のオタクはそれか「ドリーム系」かどっちかですね、女性の場合は。業が深いですよ。

  16. tata より:

    >>10
    それは飽くまで傾向であって、すべての男女に当てはまることではないですよ。
    もちろん例外もいます。
    また、同じオタクでも、ハマり方に男女差があったりします。

    オタクの定義は、ある特定の物事に詳しすぎたらオタクなんじゃないでしょうかね。
    漫画やゲームは誰だって好きですが、普通の「好き」の基準を通り越したらオタクかと。
    オタクの場合は周りにもオタクが集まりますから、
    普通の基準が一般とはズレてしまって、自分がオタクであると自覚出来ない人もいます。

  17. リカ より:

    類友とはよく言ったものだ、と教師をやっているとつくづく感じます。

    生徒たちが自然と作るグループはまさに似たもの同士。
    偏差値が同じくらいの子で集まる(ほとんどの場合同じ高校に進学する)、私服の趣味が似ている子で集まる、見た目がいい子はいい子で集まる・そうでない子は同じようにそうでない子で集まる(カオの系統が似ている)。

    それを確認したうえで、自分が学生時代につるんでいた仲間のことを振り返ると、自分は友達とは違うと思っていましたが、客観的に見ると同じ種類に見えるのかなぁと、少し震えが走りました。