ゆうきゆうの作曲した日々。

レコード大賞に向けて、作曲しました。

ゆうきゆうです。こんばんは。

よく音楽を聴くたびに、「作曲」ができる人ってすごいなぁ、と思います。

ですのですごく時間のあるときに、自分も作曲にチャレンジしてみることにしました。

すると思いのほか、すごくいいメロディが浮かんだのです!

あ、これはもう、レコード大賞、もらったな、と。

もちろん楽譜なんて書けないので、とにかく何度も繰り返して記憶します。
僕は気をよくして、普段から鼻歌で歌っていました。 

 

「フーフフーン、フーン♪ フフフーフーフーフーフフーン♪」

(マンガに埋もれながら歌うゆうきゆう)

 

何度聞いてもいい曲です。 

すると、Yさんが言いました。

  

「ミスチル、いいですよね」

 

………。

「あるの?」

  

「ミスチルの『抱きしめたい』のサビですよね?」  (サビ…1:20から)

 

 

うん。

すでに、あったみたいです。

 

「え、でも、すでに歌詞までつけてみたんだけど」

  

 

「どんなのですか?」

「つつまれーたいー 君の胸にぃーー おたがいー 若いー うーちにーでもー♪」

 

「全国のミスチルファンに謝ってください」 

 

 

無意識にミスチルの曲を心で再現していたようです。

かのユング先生は、「人間の心はすべて無意識でつながっている」と言いましたが、
もしかしてそれが起こっていたのかもしれません。
 

うん。

「無意識にパクった」を学術的に言い換えてみました。

心から、作曲できる人はスゴイと思いました。 

 

 

それはそれとして、最近読んで面白かった本。 

ブログちっくにつづってみたいと思います。

  

二松 まゆみ
スターツ出版 (2007/07)
売り上げランキング: 7266

夢をかなえるゾウ

posted with amazlet on 07.12.10
水野敬也
飛鳥新社 (2007/08/11)
売り上げランキング: 16

コメント

  1. みゆ より:

    先生カワイイなぁ(*´ω`*)ww

  2. あじさい より:

    わーかーるーーー(笑)
    ちょっと違うけど、あたし『桃色片想い』を初めて聞いたとき
    「これ聞いたことある!うおーーデジャブってこういうのかっ!」
    と無駄にテンション上がったのを覚えてます。だから何。

  3. あるふぁ より:

    作曲家さんの知り合いがいますが、
    その方に言わせると、
    “子どもの頃から、万物が歌う歌が聞こえた”そうです。
    「みんなそうだと思っていた」と言われ、
    私は音楽の道に進むことはないなと思いました。

  4. きる より:

    これ、同じことしました。
    小学生くらいだ丹で、今では記憶の奥深いところに一生懸命うずめて、思い出さないように思い出さないようにしてるんですけど……
    なので、先生の恥ずかしさが自分のことのようにわかりますです。
    …ご愁傷様です。

  5. 岡村銘 より:

    そういうこと、よくありますよねー。

    でも、「赤とんぼ」って曲も、作者の山田耕筰さんの「無意識のパクリ」でできた曲らしいですから、別に無意識な分にはいいんじゃないですか?

  6. ちこくおう より:

    素晴らしい曲でも最終的に歌詞がバストになってしまうゆう先生に乾杯です。

  7. あば より:

    バストを燃やしてしまうなんてとんでもない!

  8. 匿名 より:

    >「無意識にパクった」を学術的に言い換えてみました。

    ゆう先生の、こういう言い回しが激しく好きです。

    そういえば「R25」の記事に紹介されてましたね!
    普段からバストバスト連呼している先生自身から
    曖昧な褒め方を勧められるとは。
    http://r25.jp/index.php/m/WB/a/WB001120/id/200711291109

  9. ゆりっぺ より:

    はじめてコメントします★
    ゆうき先生の心理学はおもしろいので、ファンです?!
    なんか「あるある!!」なこといっぱいで楽しいです。
    オフとかお仕事でなければいきたいのに??涙
    またお邪魔します♪